治療

治療

「治療」の記事(48件)

出産はうれしいものですが、出産入院費用については分からないこともたくさん。出産入院費用はいくらくらい?いつ払うの?内訳は...
子どもだけでなく大人も気をつけたい病気の風疹。麻疹と症状が似ていて、麻疹より早く治ることから、三日ばしかとも呼ばれていま...
乳児がかかることの多い、細気管支炎。ウイルスが原因で起こる病気で、激しい咳や呼吸困難などの症状が現われます。生後6ヶ月未...
おむつをつけている赤ちゃんがなりやすい、カンジダ皮膚炎。症状が似ているため、おむつかぶれと間違ってしまった経験のあるママ...
「でべそ」とも呼ばれている、臍ヘルニア。赤ちゃんの5~10人に1人がかかる病気です。単純に皮膚が飛び出しているでべそと違...
免疫力の低い子どもや高齢者がかかりやすい肺炎。症状には、発熱、咳、痰、息苦しさなどがあり、子どもがぜえぜえヒューヒューし...
保育園や幼稚園、学校またはプールなどで感染することもある結膜炎。子どもがかかりやすい病気のひとつでもあります。結膜炎には...
子どもがかかりやすい感染症のひとつであるおたふく風邪。正式には流行性耳下腺炎という名称の病気です。耳の下から顎までが腫れ...
強いかゆみやかぶれ、湿疹が生じる皮膚の病気、アトピー性皮膚炎。近年、アトピー性皮膚炎を発症する子どもの割合は増加傾向にあ...
赤ちゃんがなりやすい病気のひとつといわれる腸重積。腸重積になると、それまで元気だった赤ちゃんが突然激しく泣き始め嘔吐する...
赤ちゃんの肌トラブルでよくあるのが乳児湿疹です。乳児湿疹の症状には、赤い湿疹、じゅくじゅくした湿疹、かゆみ、耳だれ、耳切...
男児の先天性疾患としても知られている停留睾丸。陰嚢におさまるはずの精巣が、お腹の中に留まってしまっている病気です。停留睾...
子どもがかかりやすい、おたふく風邪。耳の下から顎の下までぷっくりと腫れることで知られている病気です。おたふく風邪は通常、...
帯状疱疹と聞くと、大人がかかる病気でかゆみや痛みなどの症状がひどく出るイメージがありますが、実は子どもも発症する可能性が...
赤ちゃんの股関節脱臼について聞いたことはありますか?2016年の4月から、母子手帳の副読本に記載されるようになったので、...
赤ちゃんのきれいな肌にあざを見つけると、このまま消えないのか何か病気なのかと、とても不安になってしまいます。しかし成長す...
水疱瘡はほとんどの子どもがかかる病気で、発熱や発疹がでます。子どもの頃に水疱瘡になったという方もかなりいるでしょう。今回...
中耳炎といえば発熱や強い痛みがあることがよく知られています。しかし、そのような症状がない「滲出性中耳炎」という中耳炎もあ...
よく子どもがかかる病気のひとつとして、中耳炎があげられます。年齢の低い子どもは風邪を引いた時に鼻水をちゃんとかめないこと...
中耳炎はよく聞きますが、「滲出性中耳炎」はあまり聞き慣れない病気ですよね。滲出性中耳炎はきちんと治療をしないと再発してし...
妊娠や出産に伴うからだの不調は様々ですが、中でも痔に関しては、誰にも相談できずに悩んでいる方も多いと思います。でも実は、...
産後、子宮を妊娠前と同じように戻すため子宮が収縮し、「悪露(おろ)」と呼ばれる血などの混じった分泌物が出ます。通常、悪露...
妊婦健診で初めて、トキソプラズマという言葉を知る人も多いと思います。妊娠中にトキソプラズマに初感染すると胎児への影響がで...
赤ちゃんの場合、体調の変化がなかなかわかりづらいですよね。特に耳の病気は、痛かったり何か違和感があったりしても伝えられな...
妊娠糖尿病は、妊娠中に気をつけたい病気のひとつです。これまで糖尿病を経験したことがない場合でも発症する可能性があります。...
妊娠するとさまざまな身体の変化があらわれますが、その1つに“膀胱炎になりやすくなる”というものがあります。頻尿や腹痛など...
あまり聞きなれないRSウイルス感染症。実はとても身近な病気で、生涯何度も感染と発症を繰り返しています。年長児以降は咳、発...
妊娠してから、出産予定日までお腹の中ですくすくと育てられることが1番理想ですが、やはり日常生活の中で思いがけないきっかけ...
赤ちゃんが生まれてほっとしたと思ったら、「黄疸」という言葉を聞くことがあります。黄疸とは体中が黄色っぽくなっていることで...
子どもが咳をしていたり、ゼーゼーと息苦しそうにしている場合には、喘息になっている可能性があります。喘息を放っておくと、症...
  • 1
  • 2