子どもの健康

子どもの健康

「子どもの健康」の記事(53件)

皆さん、こんにちは!(株)フレーベル館です。私たちフレーベル館は創業以来、「子どもたちの健やかな育ち」を支えるため、様々...
手にしたものをなめたりかんだりする傾向のある赤ちゃんへの衛生面の悩みはつきません。赤ちゃんがいるご家庭にとって、除菌対策...
赤ちゃんが生まれて1年、ねんねしていた赤ちゃんも、離乳食は完了し、歩きだす子も出てきます。初めて迎えるお誕生日を、盛大に...
子どもたちや忙しい子育て世代にも、もっと身近・手軽に健康的な和食を食べる機会を増やしてもらい、和食文化の保護・継承につな...
花粉やハウスダスト、PM2.5など、空気の汚れが健康に及ぼす影響は小さくありません。赤ちゃんを迎えるお部屋の空気はきれい...
これから暖かくなってくる季節。冬の間はおうちにいることが多かった赤ちゃんも、おでかけする機会が増えることでしょう。でも気...
赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、発熱することもしばしば。でも、赤ちゃんの平熱は大人より高いことが多く、個人差もあるの...
妊娠がわかると、医療機関からの指導のもと受け取れる「母子手帳」。妊娠中のママの健康状態やお腹の赤ちゃんの様子、そして、誕...
離乳食が始まると栄養バランスや進め方、毎日の献立などに頭を悩ませるママパパも多いのではないでしょうか?今回のテーマは、納...
退院後で生後間もない新生児の時期や、おっぱいやミルクしか口にできない月齢の赤ちゃんの場合、ちゃんと飲む量は足りているのか...
妊娠中から注意しておきたいのが、カフェインの入っている飲み物。コーヒーはできるだけ少なく、紅茶や緑茶にもカフェインが入っ...
朝起きて赤ちゃんや子どもの体に赤い虫刺されのような跡を見つけたら、寝具にダニが繁殖してしまったかと焦りますよね。ダニは、...
日差しが強い日に外遊びをする際には、日焼けや熱中症対策として子どもに帽子を被せる方も多いですよね。帽子は年中欠かせないア...
身体に良いとされるネバネバ食材のオクラは、栄養もたっぷりの緑黄色野菜。では、赤ちゃんの離乳食には、いつから使うことができ...
赤ちゃんは成長とともに、うんちの回数や硬さに変化が出てきます。特に、離乳食初期の赤ちゃんのうんちが、母乳やミルクだけの頃...
葉酸やカルシウム、鉄分など、妊娠中や授乳中のママが摂っておきたい栄養素にはいろいろなものがありますよね。中でも摂りにくく...
夏になると、保育園、幼稚園、小学校などでプールが始まり、病気をもらってくる可能性が高くなります。また、薄着になるため虫刺...
「でべそ」とも呼ばれている、臍ヘルニア。赤ちゃんの5~10人に1人がかかる病気です。単純に皮膚が飛び出しているでべそと違...
赤ちゃんの健康管理には日々とても気を遣いますよね。とくに初めて赤ちゃんを育てる家庭にとっては、病気に敏感になりがちです。...
免疫力の低い子どもや高齢者がかかりやすい肺炎。症状には、発熱、咳、痰、息苦しさなどがあり、子どもがぜえぜえヒューヒューし...
強いかゆみやかぶれ、湿疹が生じる皮膚の病気、アトピー性皮膚炎。近年、アトピー性皮膚炎を発症する子どもの割合は増加傾向にあ...
帯状疱疹と聞くと、大人がかかる病気でかゆみや痛みなどの症状がひどく出るイメージがありますが、実は子どもも発症する可能性が...
保育園や幼稚園などに通う子どもがいる家庭で、耳にする機会も多いウイルス性胃腸炎。ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイル...
赤ちゃんのきれいな肌にあざを見つけると、このまま消えないのか何か病気なのかと、とても不安になってしまいます。しかし成長す...
ごまは栄養満点で、健康や美容にいいと注目されている食材ですよね。ほうれん草のごま和えや黒ごまきなこなど大人にも人気のメニ...
子どもが毎日楽しみにしているおやつ。でも、おやつは内容や与え方次第で虫歯や肥満の原因になったり、食事量に影響してしまうこ...
赤ちゃんは風邪をひくとよく鼻水を出しますが、鼻水をそのまま放っておくと、風邪症状が悪化してしまう可能性もあります。しかし...
子育てエール!医師や栄養士などのDoctorsMe専門家による、新米ママパパに向けた応援コラムです。大人の野菜摂取はがん...
赤ちゃんが産まれて7ヶ月。おすわりやずりばいができたり、人見知りが始まったり…動きや表情もずいぶん活発になってきたのでは...
玉ねぎは、離乳食初期から食べさせることができる食材の1つです。中期になると、いっそうバリエーションが増え、じゃがいもやキ...
  • 1
  • 2