任意の予防接種

任意の予防接種

「任意の予防接種」の記事(29件)

妊娠中の風疹、胎児への影響は?|専門家の見解
妊婦が風疹に感染すると胎児に影響があると言われますが、具体的にはどのような影響があるのでしょうか。妊婦さんからの相談に、...
妊活の前に、風疹の検査をしておくべき?|専門家の見解
風疹は妊婦さんが特に注意すべき病気の一つです。前回の妊娠時に風疹の感染を疑われ、不安な思いをしたママから妊娠と風疹の検査...
妊活中の風疹対策、30代は特に注意が必要?|専門家の見解
妊娠中の罹患はなるべく避けたい感染症の一つに、風疹があります。今回は風疹の予防接種は妊活中の相談者さんだけでなく、ダンナ...
予防接種をしてない…ロタウィルスを防ぐ方法は?|専門家の見解
ロタウィルスの予防接種を受けない人もいますが、今回の相談者もその一人です。無理に受けなくてもいいと医師に言われ、接種しま...
子どものおたふく風邪の症状と治療法|重症化すると怖い感染症
子どもがかかりやすい、おたふく風邪。耳の下から顎の下までぷっくりと腫れることで知られている病気です。おたふく風邪は通常、...
子どものインフルエンザ|高熱等の症状・対処法・予防接種の回数
例年、冬になるとインフルエンザが流行します。赤ちゃんや小さい子どもは免疫力が弱いので、インフルエンザに感染すると重症化す...
予防接種をこなせるか不安…体調不良になったら?|専門家の見解
赤ちゃんが打たなければならない予防接種は、たくさんあります。体調不良で打てないことが続くと、スケジュールがこなせないので...
海外では聞かない、インフルエンザの予防接種|専門家の見解
海外のニュースではあまり見かけないインフルエンザなどの集団感染や予防接種。日本でだけ流行っているのでしょうか。日本で生活...
水疱瘡は予防接種をしても感染する?効果は何年?|専門家の見解
近年水疱瘡の予防接種は任意から定期接種へと変わり、生後12カ月から接種可能です。しかし、接種済みなのに水疱瘡に感染したと...
水疱瘡の予防接種。受けたかどうか忘れてしまった|専門家の見解
定期接種や任意接種を合わせると、子どもに受けさせる予防接種の数は結構多く、いつ何を受けたか忘れてしまうこともしばしばです...
赤ちゃんのインフルエンザ|予防接種の時期、薬、症状、潜伏期間
寒くなって、空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザなどの感染症が心配になってきますね。インフルエンザは生まれて間もな...
予防接種の効果はいつまで持続するの?|専門家の見解
病気予防のために、近年では赤ちゃんのうちに様々な予防接種を受けます。1歳の頃に受けた予防接種の効果がどれくらい持続するの...
生後3ヶ月の赤ちゃんも水疱瘡に感染する?|専門家の見解
風邪などの感染症は、家族の中で移し合いになることも珍しくありません。水ぼうそうの感染と予防接種に関する質問に、お医者さん...
水疱瘡の予防接種は1回でも免疫ができる?|専門家の見解
水疱瘡ワクチンは、通常2回接種が推奨されます。しかし1回しか接種していないにもかかわらず、水疱瘡にかかった兄妹と一緒にい...
症状の軽い水疱瘡でも抗体はできる?|専門家の見解
非常に感染力が強い水疱瘡ですが、その症状については個人差があります。状況からみて水疱瘡だろうなと思っても症状が軽かった場...
卵で蕁麻疹がでる子ども。ワクチン接種できない?|専門家の見解
インフルエンザなどの予防接種は、感染や重症化を避けるために有効な方法です。卵でじんましんが出る子どものワクチン接種につい...
保育士が教える!小学校入学前に準備しておきたいこと
保育園や幼稚園で、パパママ、先生に愛されて心も身体もすくすくと育った子ども達。保育の庭から学業の庭へと旅たつ時が迫ってき...
妊娠中のインフルエンザ感染。影響、リスクは?|専門家の見解
妊娠中のママの体は、一般の妊娠していない人と比べると免疫力が弱いためインフルエンザに感染すると重症化しやすくなっています...
水疱瘡の予防接種!昔と今では回数が変化している|専門家の見解
予防接種には定期と任意があります。接種回数は1回でよいものと複数回受けるものがあり、種類や回数は見直されることも。最近ル...
大人でもおたふく風邪の予防接種は受けるべき?|専門家の見解
大人になってからかかると、症状がひどくなると言われるおたふく風邪。大抵は幼少期にかかることが多いのですが、中には感染しな...
  • 1
  • 2