皮膚

皮膚

「皮膚」の記事(29件)

子どものアトピー性皮膚炎は何をもって完治と言える?|専門家の見解
アトピー性皮膚炎は何をもって完治となるのでしょうか。症状がほとんど現れていない場合、治療はいつ終了となるのでしょうか。専...
赤ちゃんのカンジダとは|原因や症状、おむつかぶれとの違い
おむつをつけている赤ちゃんがなりやすい、カンジダ皮膚炎。症状が似ているため、おむつかぶれと間違ってしまった経験のあるママ...
母子感染で起こる「先天性梅毒」とは
梅毒は、性行為がもっとも多い感染ルートですが、お腹の中にいるときに母子感染して起こる「先天性梅毒」もあります。今回は、先...
赤ちゃんのお肌の保湿|おすすめ市販クリーム&ローション10選
赤ちゃんの肌は大人の肌よりも薄く、とってもデリケートです。カサカサと乾燥する冬に限らず、湿疹などが気になる夏場もしっかり...
子どもの帯状疱疹|水疱瘡の後でかかる?かゆみや痛み・治療法は
帯状疱疹と聞くと、大人がかかる病気でかゆみや痛みなどの症状がひどく出るイメージがありますが、実は子どもも発症する可能性が...
赤ちゃんの顔や背中の青、赤、茶色のあざ|原因は?治療は?
赤ちゃんのきれいな肌にあざを見つけると、このまま消えないのか何か病気なのかと、とても不安になってしまいます。しかし成長す...
蕁麻疹と間違いやすい!妊娠中の皮膚症状「妊娠性痒疹」とは?
100人に1人程度の割合でみられるといわれる「妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)」は、蕁麻疹の症状と似ているため、よく間...
妊娠線ができるメカニズム
妊娠と同時に気になってくるのが妊娠線についてではないでしょうか。妊娠線は妊婦さんのうち、およそ半数程度に現われてくるとい...
人食いバクテリアって何?溶連菌と関係がある?|専門家の見解
溶連菌は子どもに多い感染症で、保育園など集団生活の場で感染しやすく何度もかかることもあります。相談者の方は、この溶連菌が...
赤ちゃんの顔やお腹に湿疹!症状と原因、対処法は?
赤ちゃんは肌が敏感で未成熟のため、乳児湿疹をはじめとした皮膚トラブルが起こることは珍しくありません。赤ちゃんの体や顔にで...
とびひを繰り返す5歳。再発防止はできる?|専門家の見解
とびひになりやすい肌を、丈夫な肌に改善することはできるのでしょうか。虫に刺された後がとびひになりやすいという5歳の子のマ...
子どもの皮膚病とびひと水いぼ|原因・症状・薬など治し方は?
夏はプールや花火、夏休みなど、子どもの楽しいことがいっぱいある季節ですね。でも、夏になると高熱などの症状を伴う「夏風邪」...
ベビーカーの虫除けは必要?ネット・吊り下げ式など人気の16選
お祭りやバーベキューなど野外のイベントが増えるこれからの時期。おでかけで怖いのが「虫さされ」です。大人でも虫にさされると...
妊娠線ができるのはいつから?消す方法は…|専門家の見解
妊娠してお腹が大きくなると、妊娠線ができることがあります。一度できると治らないと言われる妊娠線に不安を感じるママからの相...
ひどい乾燥等の肌荒れ…その症状は妊娠の影響?|専門家の見解
妊娠中は、様々な心身の変化が起こります。ひどい肌荒れに悩むママから、妊娠と肌荒れの関係について質問がありました。看護師さ...
妊娠初期に下腹部や脇腹の痛み…原因や注意点は?|専門家の見解
妊娠すると、これまで経験したことのない様々な異変が身体に起こります。急激な体重増加やお腹の痛みなどの不安を抱える妊婦さん...
ハーブが香るボディソープ~親子で作るアロマクラフト編~
アロマテラピーで使う精油は、お部屋で焚いて香りを楽しむだけでなく、コスメ作りにも活用できるんですよ。精油にはさまざまなハ...
赤ちゃんの湿疹にステロイドの処方…使っても平気?|専門家の見解
赤ちゃんの皮膚はやわらかく、トラブルを起こしやすいもの。皮膚の炎症に処方されることの多いステロイド外用薬について、その副...
生まれつきのあざ「血管腫」の種類と特徴について|専門家の見解
血管腫は、皮膚や皮膚の下などに血管が増えたり広がったりして起こる、先天性のあざです。ほとんどが良性で、種類には単純性血管...
「亀頭包皮炎」とは? 男児の性器のケアの方法|専門家の見解
生まれてきた赤ちゃんは、おちんちんの先が包皮に覆われた「包茎」の状態です。これが正常であり、年齢とともに少しずつ亀頭が出...
  • 1
  • 2