帝王切開

帝王切開

「帝王切開」の記事(38件)

出産はうれしいものですが、出産入院費用については分からないこともたくさん。出産入院費用はいくらくらい?いつ払うの?内訳は...
身体機能が低下している帝王切開後には安静期間が設けられます。手術後や産後の身体にとって休憩することは重要です。今回は、出...
出産を間近に控えたママにとっては、これから迎える出産がどのように進むのか、トラブル時の対処はどうするのか知っておきたいと...
帝王切開後の症状として、痛みだけではなく傷口の痒みが出ることもあるようです。痒みに未だ悩まされている女性からの相談です。...
帝王切開では長さ約12cm程の切開を要します。そのため、産後の傷痕は大きく残ることになります。帝王切開で出産した女性から...
第一子を帝王切開で出産されたママからの相談です。第二子を希望されており、妊娠のタイミングについて悩んでいます。帝王切開後...
できれば自然分娩したいと思っていても、人によっていろいろな問題があります。今回は、身長が低く出産が不安という妊婦さんの悩...
出産が終わるとホッと一息ですがその後もしばらくの間は、生理とは異なる「悪露」という出血が続きます。今回は帝王切開での出産...
帝王切開後、悪露の出が良くなく処置をしたり、大きな塊が出たりという事があり心配になっているママからの相談です。悪露の塊が...
逆子体操を指導され行っているものの、すぐにお腹が張ってしまうという相談がありました。無理に体操を行うのは危険ですが、帝王...
産後1ヶ月が過ぎると床上げする人が多いといわれていますが、帝王切開の場合も同じなのでしょうか。今回は、2人続けて帝王切開...
第1子を帝王切開で産んだあと、なかなか第2子を授からないという悩みが寄せられています。帝王切開後は妊娠しにくいのでしょう...
上の子がまだ赤ちゃんなのにもう妊娠、どうしよう…。きっと全ての年子ママがそんな不安を抱えた経験があるのではないでしょうか...
赤ちゃんが無事に生まれてきてほっとしたら、あの大きかったお腹ははたしてちゃんと元に戻るのかしらと不安がよぎるママも多いは...
妊娠を希望している方や現在妊娠中の方は、出産方法をどうするか考えることでしょう。病院、助産院、自宅?自然分娩、無痛分娩…...
帝王切開とは、何らかの理由で赤ちゃんが自然なお産によって出てこれない場合に、おなかを切開して赤ちゃんを取り出す手術のこと...
近年、不妊治療の普及などの影響で双子の出生率が増加傾向にあります。妊娠して双子とわかると、うれしさと驚きもありますが、出...
出産が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える期待とと共に出産に対する不安を感じる妊婦さんも多いと思います。特に初産婦さ...
計画出産という言葉を聞いたことはありますか?計画出産は、事前に出産予定日を決めて分娩を行う出産方法です。計画出産と一言に...
出産はすべての人が自然分娩というわけではありません。逆子などで予定帝王切開となる人もいれば、自然分娩の予定だったのが、陣...
日本では帝王切開による出産が5人に1人と言われています。第1子は母子の安全を守るために帝王切開を受けましたが、次の出産で...
双子の出産は単胎(胎児が一人)の時と比べ、大変なことが多いようです。二度目の妊娠が双子だった「krc0821」さんの場合...
医学の発展により分娩時・分娩後の異常出血による死亡率は、比較的減少傾向にあります。しかしながら分娩時の出血は妊産婦の死亡...
妊娠中期の赤ちゃんは、約半分が逆子であると言われています。自然と治っていくことが多いのですが、出産予定日近くなってもその...
妊娠28週以降を妊娠後期といいます。赤ちゃんがぐっと大きくなり、少しずつおなかが張ることも増えてきます。とはいえ「おなか...
出産はリスクが伴うものですが、高齢出産になるとそのリスクが更に高まると言われています。そんな高齢出産のリスクについて、看...
スイスといって思い浮かぶのは、アルプスの少女ハイジ?または国連などの主要組織の集まる先進国?そんな山奥の先進国スイスでの...
妊婦さんやそのママに陣痛促進剤の話をすると、顔をしかめられることがよくあります。なんだか「自然なお産じゃない」「医者の都...
産後のママの骨盤サポートや体型戻しのリフォームインナーは様々ありますよね。その中でも産後ニッパーは病院の入院準備品のリス...
スイスといって思い浮かぶのは、アルプスの少女ハイジ?または国連などの主要組織の集まる先進国?そんな山奥の先進国スイスでの...
  • 1
  • 2