小児科

小児科

「小児科」の記事(48件)

子どもの水疱瘡|どんな症状?外出していい?潜伏期間や予防接種
水疱瘡はほとんどの子どもがかかる病気で、発熱や発疹がでます。子どもの頃に水疱瘡になったという方もかなりいるでしょう。今回...
舌小帯短縮症で発音に影響。施術を受けるべき?|専門家の見解
生まれつき舌のひだが通常よりも短いことがあり、これを舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)と言います。症状がひど...
6歳半で体重15キロ。小柄な娘が心配です…。|専門家の見解
子どもの成長は個人差がありますが、他の子と比べ不安になるママもいるようです。相談者の方の6歳になるお子さんは、4歳児と間...
大人と同じでOK?2歳の子どもの食事について|専門家の見解
2歳の子供に大人用に作った食事を取り分けて与えていますが、もっと薄味にしたほうが良いのでしょうか。また、甲殻類などのアレ...
母子手帳ケースの人気ブランド10選|海外メゾンから激安まで!
妊娠した時に受け取る母子手帳、出産した後も子どもの健診や予防接種などでずっと使っていきます。そんな時におすすめなのが母子...
ポリオワクチン。接種回数には理由がある?|専門家の見解
きちんと決められた回数だけ予防接種を受けさせたいけれど仕事でなかなか病院に行けずにいる忙しいママから、不活化ポリオワクチ...
水疱瘡は予防接種をしても感染する?効果は何年?|専門家の見解
近年水疱瘡の予防接種は任意から定期接種へと変わり、生後12カ月から接種可能です。しかし、接種済みなのに水疱瘡に感染したと...
水疱瘡の予防接種。受けたかどうか忘れてしまった|専門家の見解
定期接種や任意接種を合わせると、子どもに受けさせる予防接種の数は結構多く、いつ何を受けたか忘れてしまうこともしばしばです...
小児喘息は大人になったら治る?|専門家の見解
咳や呼吸困難で、子どもも周りの大人もつらい思いをする小児喘息ですが、大人の喘息とはどこが違うのでしょうか。また、大人にな...
人食いバクテリアって何?溶連菌と関係がある?|専門家の見解
溶連菌は子どもに多い感染症で、保育園など集団生活の場で感染しやすく何度もかかることもあります。相談者の方は、この溶連菌が...
RSウイルス感染症とは?咳、発熱に注意!気管支炎、肺炎など重症化も
あまり聞きなれないRSウイルス感染症。実はとても身近な病気で、生涯何度も感染と発症を繰り返しています。年長児以降は咳、発...
扁桃腺の風邪。のどが痛くて水も飲めない。|専門家の見解
子どもが扁桃腺の風邪にかかり、飲み込むときに喉が痛むため水も飲みたがらないという相談が寄せられました。唯一食べられる飴を...
赤ちゃんの中耳炎|症状や原因、切開や抗生物質、チューブなどの治療法も
中耳炎は、乳幼児がかかりやすい病気です。言葉を発しない赤ちゃんは、痛みで泣いたり、夜泣きをしたり、耳を頻繁に触るといった...
子どもの皮膚病とびひと水いぼ|原因・症状・薬など治し方は?
夏はプールや花火、夏休みなど、子どもの楽しいことがいっぱいある季節ですね。でも、夏になると高熱などの症状を伴う「夏風邪」...
熱性痙攣の子どもに解熱剤の使用はOK?NG?|専門家の見解
子どもが発熱して辛そうな時、解熱剤で楽にしてあげたいと思うものです。しかし熱性痙攣がある子どもの場合、薬の効果が切れた時...
子どもの手術にセカンドオピニオンは必要?|専門家の見解
重い病気を持つ子どもたちには、できるだけ最良の治療を受け治癒してほしいと願わずにはいられません。我が子の大きな手術を控え...
水疱瘡の予防接種!昔と今では回数が変化している|専門家の見解
予防接種には定期と任意があります。接種回数は1回でよいものと複数回受けるものがあり、種類や回数は見直されることも。最近ル...
咳が出た!喘息が心配な子の受診のタイミングは?|専門家の見解
子どもは体調が急変しやすく、症状が出たときに受診のタイミングを図るのは難しいもの。喘息の心配があり、咳が出たときの受診に...
子どもの熱性けいれん。予防薬の判断基準は?|専門家の見解
熱性けいれん、身体への影響は心配ですが、けいれん予防薬の副作用も心配です。2カ所の小児科で異なる指導を受けたというママか...