健康

健康

「健康」カテゴリには、家族の健康に関する情報をご紹介しております。
子どもはもちろん、これからママになる妊婦さん、妊娠を望まれる女性向けのあらゆる健康面の悩みや不安を解消する記事で構成されています。気になる症状や病名で検索してみてくださいね。

新生児との生活が始まると、母乳・ミルクの飲み具合、体重管理、乳児湿疹、沐浴・お風呂、温度調節、寝具など「どうしたらいいの?」「これって心配ない?」と気になることがたくさん出てきます。生後2ヶ月頃から始まる予防接種に関する知識やスケジュール立ては?1歳前からのはみがきや歯のケアはどうしたらいい?また、保育園・幼稚園・小学校といった集団生活が始まると、発熱・下痢・嘔吐・湿疹といった症状を伴う風邪や感染症がパパママの悩みの種に。こちらでは夏に増えるプール熱や溶連菌、冬に増えるインフルエンザ、RSウイルス等の症状、予防策もご紹介しています。
子どものお世話で大忙しのパパママですが、ご自身の体調管理や産後ケアもお忘れなく。おうちでできる産後ケア、家族で取り組みたい流行感染症からの予防などの記事もぜひお読みください。

また、子どもを授かった妊婦さんが気になる、お腹の赤ちゃんの発育状態やご自信の経過、妊娠中にしていいこと、悪いこと、分娩の種類などマタニティ中のお悩みや知っておくと安心できる妊娠・出産用語の解説といった情報も満載です。妊娠が発覚してまず直面するつわり、妊娠中期・妊娠後期の、腰痛やむくみ、体重の増減、臨月の過ごし方まで、大きくなっていくお腹と共に変化する疑問ににお答えする情報を載せております。自然分娩、無痛分娩、帝王切開って?逆子になったと病院で言われたら?破水したらどうすればいいの?いざその状況に直面した時に焦らないよう、事前に基礎知識を確認しておきましょう。
いざ陣痛がきて、いよいよ出産!その後の赤ちゃんとの生活をイメージできるよう、産後ママの体の状態もこちらで確認し、ご家族のサポート体制も考えておきましょう。

「健康」の記事(883件)

生理前後は、特にデリケートゾーンのトラブルが起こりやすいものです。自分なりの対処をしても治まらない、デリケートゾーンの痛...
デリケートゾーンの悩みは、なかなか相談しにくいものです。今回は、陰部にニキビや角栓が定期的にできることに悩む女性から相談...
「やってよかった予防接種対策」を先輩ママパパに聞いてみました。子育て中は困ったり迷ったりする場面がたくさんありますよね?...
思春期の頃に始まる生理とは、その後長い付き合いになります。生理の周期に乱れや生理時の体調不良には多くの女性が悩まされてい...
妊娠中はつわりをはじめとした体調の変化が起こりやすく、歯みがきがおろそかになりがち。特に妊娠後期になると、あおむけで椅子...
プールやビーチは直射日光にさらされるため、熱中症対策が不可欠です。風があっても熱中症になるのか、頭が熱くなっているときは...
目の下の茶色いアザについての質問です。赤ちゃんの時にレーザー治療をしたものの、現在はまた再発しているということですが、再...
スーパーフードとレシピのお店「BetterFor(ベターフォー)」を運営する株式会社POTTrading(本社:兵庫県神...
夏風邪の一つとされる「プール熱」。プールで感染が広がりやすいことからプール熱と言われていて、夏場に流行のピークが訪れます...
水いぼができたらどのような治療法があるのでしょうか。今回は4歳児のママからの相談です。スイミングで水いぼをもらい、皮膚科...
感染すると辛い下痢や嘔吐を伴うこともあるノロウィルスですが、妊娠中に感染した場合、お腹の赤ちゃんへの影響は無いのでしょう...
放射線に対する不安があるため、これまで一度もマンモグラフィー検査を受けたことがないという女性からの相談です。マンモグラフ...
40代後半になり、生理痛の症状が突然強くなったという相談が寄せられました。毎回服薬しないと生活に支障が出る程の生理痛があ...
生理は軽いのに、年に数回襲われる生理時の酷い関節痛に悩む女性からの相談です。痛みの緩和方法や、今後年齢を重ねるとどのよう...
生理の時期に、左足の付け根が痛くなるという悩みが寄せられました。婦人科で検査しても何も問題はなかったようです。生理痛でお...
子どもを授かると、ごく自然に未来のことを考えるもの。わが子が健やかに育つことは願うのはもちろんですが、親であるママパパの...
子どもがよくかかる病気に、手足口病があります。発熱や身体中にできる発疹が特徴ですが、医師により登園・登校の指示が違ったり...
花粉症と診断された15歳の子どもについての相談です。耳鼻科で処方された薬はあまり効かず市販の鼻炎薬の方が効くため常用して...
今回は30代の女性からの相談です。ストレスを受けるとおりものに血が混じったり、臭うこともあると悩んでいます。専門家からは...
今回は、20代の女性からの相談です。排卵日が近付くと、おりものの量が増えると悩んでいます。時々黄色くなることもあるようで...
春先だけ鼻水が出る場合は花粉症が疑われますが、症状だけみると風邪と区別しづらいこともあります。子どもの鼻水について単なる...
子どもがアトピー性皮膚炎だが、ステロイド剤を繰り返し使って大丈夫かとの相談に専門家はどのように回答しているでしょうか。
子どもの肌はデリケートなので、少しの乾燥や刺激でも痒くなることがあります。酷い乾燥肌で痒みも強くステロイド剤を使用してい...
風邪が治っても咳が治まらないという10カ月の赤ちゃんのママからの相談に、専門家はどのように回答しているでしょうか。
薬を飲ませた3日後に赤ちゃんが嘔吐を繰り返したことが心配なママから、鎮咳薬と嘔吐の関連について質問がありました。専門家は...
子どもの発熱で、気がかりなのが熱性けいれんですよね。相談者さんの友人の子どもは、熱性けいれんで救急搬送されたようです。け...
マイコプラズマ肺炎は6~12歳の学童期に起こることが多く、治っても繰り返しかかる可能性のある感染症です。マイコプラズマ肺...
マイコプラズマ肺炎は、乾いた咳や夜間の咳が特徴的です。マイコプラズマ肺炎の咳は、慢性化したり喘息を引き起こしたりするので...
マイコプラズマ肺炎は、多くの場合通院治療が可能です。しかし、お子さんの容態によっては、入院を勧められることもあります。マ...
ママが口唇ヘルペスウィルスに感染している場合、子どもにうつさないためには何に注意したらいいのでしょうか。医師はどのように...