手術

手術

「手術」の記事(26件)

胞状奇胎の症状は強いつわり以外にも!治療法や次の妊娠は
異常妊娠のひとつ「胞状奇胎(ほうじょうきたい)」の症状や治療法、次の妊娠の可能性についてドクター監修の記事で解説します。...
放置すると10kg以上になることも!?子宮筋腫の原因と症状
子宮筋腫とはどのような病気なのか、その症状や原因について説明します。また、閉経後に子宮筋腫はどうなるのかについてもお話し...
チョコレート嚢胞、治療せず経過観察でも大丈夫?|専門家の見解
卵巣に腫瘍ができるチョコレート嚢胞は、重い生理痛や不妊の原因になることもあるようです。チョコレート嚢胞と診断されたが、悪...
赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)|手術は必要?治療法まとめ
「でべそ」とも呼ばれている、臍ヘルニア。赤ちゃんの5~10人に1人がかかる病気です。単純に皮膚が飛び出しているでべそと違...
赤ちゃんの腸重積 早期発見が鍵!便、泣き方からわかる見分け方
赤ちゃんがなりやすい病気のひとつといわれる腸重積。腸重積になると、それまで元気だった赤ちゃんが突然激しく泣き始め嘔吐する...
赤ちゃん・子どもの停留睾丸(停留精巣)症状、原因、治療法とは
男児の先天性疾患としても知られている停留睾丸。陰嚢におさまるはずの精巣が、お腹の中に留まってしまっている病気です。停留睾...
玉袋に睾丸が1つだけの赤ちゃん。治るのはいつ?|専門家の見解
ごくまれに睾丸が片方しか入っていないままで、生まれてくる赤ちゃんがいます。今回は20代のママからの相談です。産後すぐの検...
赤ちゃんの顔や背中の青、赤、茶色のあざ|原因は?治療は?
赤ちゃんのきれいな肌にあざを見つけると、このまま消えないのか何か病気なのかと、とても不安になってしまいます。しかし成長す...
子どもの滲出性中耳炎|症状、原因、治療方法、薬について
中耳炎はよく聞きますが、「滲出性中耳炎」はあまり聞き慣れない病気ですよね。滲出性中耳炎はきちんと治療をしないと再発してし...
舌小帯短縮症で発音に影響。施術を受けるべき?|専門家の見解
生まれつき舌のひだが通常よりも短いことがあり、これを舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)と言います。症状がひど...
帝王切開後の妊娠、いつからOK?自然分娩できる?子宮破裂のリスクも
出産はすべての人が自然分娩というわけではありません。逆子などで予定帝王切開となる人もいれば、自然分娩の予定だったのが、陣...
切迫早産|症状と原因、切迫流産との違い、入院、自宅安静の過ごし方
妊娠してから、出産予定日までお腹の中ですくすくと育てられることが1番理想ですが、やはり日常生活の中で思いがけないきっかけ...
赤ちゃんの中耳炎|症状や原因、切開や抗生物質、チューブなどの治療法も
中耳炎は、乳幼児がかかりやすい病気です。言葉を発しない赤ちゃんは、痛みで泣いたり、夜泣きをしたり、耳を頻繁に触るといった...
妊娠中に便秘だと痔になりやすい?産後も注意すべき原因と治療法
妊娠中から産後のママの悩みとして多いのが、「便秘と痔」です。便秘をすると、お腹が苦しくなったり、お肌が荒れたり、痩せにく...
子宮外妊娠とは|症状と原因、時期はいつ頃?痛みや出血の見分け方は?
子宮外妊娠という言葉、ご存知でしょうか?痛みや出血などの初期症状が生理に似ている為、気づかずに放置してしまう場合がありま...
いつまで逆子だと帝王切開に?原因や手術内容、逆子体操について
妊娠中期の赤ちゃんの約半分が逆子であると言われています。自然と治っていくことが多いのですが、出産予定日近くなってもそのま...
妊娠初期の中絶|手術方法や費用、後遺症などのリスクまとめ
妊娠は喜ばしいことだけとは限りません。さまざまな事情があり、妊娠しても残念ながら人工妊娠中絶という方法を選ばざるを得ない...
耳の横の穴を塞ぐ手術、痕が残らないか心配|専門家の見解
小さい子どもの手術は、身体の負担が大きいこともあり心配になります。また、女の子の場合、痕が残ることを心配される親御さんも...
子どもの手術にセカンドオピニオンは必要?|専門家の見解
重い病気を持つ子どもたちには、できるだけ最良の治療を受け治癒してほしいと願わずにはいられません。我が子の大きな手術を控え...
帝王切開の時の手術に手足を縛られるって本当?|専門家の見解
自然分娩でも帝王切開でも、出産は経験してみないとわからないことがたくさんあります。妊婦さんからの質問に産婦人科の看護師さ...
  • 1
  • 2