早産

早産

「早産」の記事(25件)

妊娠中期の尿蛋白は危険?改善方法は?|専門家の見解
妊娠中の定期健診で尿蛋白を指摘されたという相談が寄せられました。血圧が正常なら心配ないのでしょうか。それとも危険があるの...
子宮筋腫と妊娠の関係
妊娠してから子宮筋腫がはじめて発見されるケースと、妊娠を望んでいるのに子宮筋腫が原因で不妊になっているケースがあります。...
妊婦の過食嘔吐の胎児への影響
過食嘔吐がある状態で妊娠すると、出産時や胎児への影響はあるのでしょうか。以下で解説します。(監修:矢追医院院長矢追正幸先...
初産の妊婦 出産予定日は早まる?遅れる?陣痛はいつくるの?
初めての出産は、何から何まですべてのことが初めてで期待と不安でいっぱいですよね。しかもいつ起こるかわからないのが出産なの...
妊娠37週を過ぎればいつ出産しても大丈夫?|専門家の見解
正産期と言われる妊娠37~41週までの間なら、基本的にいつ赤ちゃんが出てきても問題ないようです。子宮頸管が短く子宮口を縛...
赤ちゃん・子どもの停留睾丸(停留精巣)症状、原因、治療法とは
男児の先天性疾患としても知られている停留睾丸。陰嚢におさまるはずの精巣が、お腹の中に留まってしまっている病気です。停留睾...
妊娠中に風邪薬は服用可能?妊娠周期別の注意点と胎児への影響
妊娠中に風邪をひくとママ自身もつらいですが、お腹の赤ちゃんに影響はあるのかと不安になりますよね。なるべく薬を飲まずに治し...
後期つわりの嘔吐、赤ちゃんへの影響はある?|専門家の見解
後期になっても終わらないつわりに悩んでいる妊婦さんは、少なくないようです。今回の相談者もそんな一人です。つわりで吐く度に...
妊娠中に起こりやすい「妊娠性歯肉炎」とは
歯肉炎は歯肉が炎症を起こしたり出血したりする口腔内の病気です。実は妊娠中に発症しやすい病気の一つでもあります。(監修:歯...
妊婦も積極摂取を!妊娠中のDHA摂取は胎児の脳を発達させる
美容と健康に効果的として注目を集めているDHA。実は妊婦が摂取すると、産まれてくる赤ちゃんにもとてもよい影響を与えてくれ...
妊娠中のオリモノの色・量・臭いが示す身体のサイン
「妊娠中のおりものが、いつもより黄色い気がする」「急に茶色いおりものが出たけど、大丈夫?」。そんな、妊娠中に出るおりもの...
妊婦は大丈夫?妊娠中のはしか(麻疹)の危険
妊婦さんがはしかにかかったときに現れる症状と、お腹の赤ちゃんへの影響についてお話していきます。(監修:おひさまこどもクリ...
帝王切開後の妊娠、いつからOK?自然分娩できる?子宮破裂のリスクも
出産はすべての人が自然分娩というわけではありません。逆子などで予定帝王切開となる人もいれば、自然分娩の予定だったのが、陣...
出産予定日の計算方法|妊娠週数の数え方や正期産について
妊娠がわかると、お医者さんから出産予定日が伝えられます。でも、実は予定日通りに出産する方は少ないのです。早めに出産したり...
妊娠32週|早産や逆子の心配、体重管理は?胎児は赤ちゃんらしく
妊娠32週は、いよいよ妊娠後期に入る時期。胎児の体重も急激に増え、見た目も赤ちゃんらしくなり、万が一産まれてしまっても、...
妊娠33週|ママは前駆陣痛や腰痛の症状も。胎児の大きさや胎動は?
9ヶ月に入って、1週間後が妊娠33週です。いよいよ赤ちゃんが出てきても大丈夫な時期である37週まで、残り1ヶ月となりまし...
早産の原因はストレスも?兆候は?妊娠したら知っておきたいこと
妊娠中は頭では「大丈夫!まだ動ける!」と思っても、実際は体力が落ちていて疲れがあとからドッと出たりすることがあります。あ...
妊娠中、危険の兆候を示すお腹の張りはどんなもの|専門家の見解
妊娠中のお腹の張りは、状況によっては流産や早産が懸念されるため、注意すべき症状の一つです。妊婦健診でお腹の張りについて聞...
妊娠9ヶ月|赤ちゃんの胎動が落ち着き、胃痛、腹痛などの症状も
妊娠9ヶ月は、妊娠32週~妊娠35週までのことで妊娠後期に当たります。お腹もさらに大きくなってきて、胃痛、腹痛、腰痛、便...
妊娠7ヶ月の赤ちゃんとママの状態、注意すべきこと、過ごし方は?
妊娠中期の最後になる、妊娠7ヶ月。週数でいうと24週~27週に当たります。多くのママがつわりもおさまり、胎動を感じている...
  • 1
  • 2