調理法

調理法(2ページ目)

「調理法」の記事(113件中 2ページ目)

生後9ヶ月になると、離乳食は歯ぐきを使って噛む練習をするカミカミ期と呼ばれる、離乳食後期に入ります。そして、離乳食が順調...
離乳食を始めて少し慣れてきた頃に初めて与える果物といえば、バナナではないでしょうか。やわらかく甘みがあるバナナは、食べや...
お鍋や煮物からサラダ、スープにまで使える万能野菜、白菜。1年中手に入りますが、旬を迎える秋から冬に出回る白菜は、やわらか...
素材の味だけではなく、少しずつ味付けをして幼児食を食べる準備に入る離乳食後期。3回食にも慣れてきたけど、なんだかメニュー...
冷凍、後期、完了期、解凍、アレンジ、作り方、ふわふわ、ささみ、トマト、豆腐、スープ、手づかみ、取り分け
赤ちゃんのために毎食一から手作りすると、かなり手間がかかってしまう離乳食。赤ちゃんには手作りのものを食べさせたいけれど忙...
風味も口当たりもよく、どんな料理にも使いやすいじゃがいもは、赤ちゃんの離乳食作りにぜひ取り入れたいですよね。主食にもなる...
子どもが食べられるメニューが決まっていて食卓に並ぶのはいつも同じようなメニューばかり。忙しいママは献立に頭を悩ませますよ...
離乳食初期では食材を粒のない滑らかな状態に加工しますが、離乳食中期になると粒の形が少し残るくらいの状態で与えます。そうな...
秋の味覚、栗。独特の香りとほっくりした甘さがあり、子どもから大人まで人気がありますね。旬を迎えた栗を、離乳食のごはんやお...
大豆がまだ未成熟なうちに収穫されたものが、枝豆。冷凍食品もあり、お弁当にも入れやすいことから、常備しているご家庭も多いで...
離乳食では、早い時期から果物の果汁を赤ちゃんにあげることができます。果物は程よい甘味があり、大好きな赤ちゃんも多いでしょ...
身体に良いとされるネバネバ食材のオクラは、栄養もたっぷりの緑黄色野菜。では、赤ちゃんの離乳食には、いつから使うことができ...
離乳食期の赤ちゃんは食べる量が少なくて、普段使いのお鍋で作ると大きすぎて作りにくいですよね。おかゆや野菜などをとろとろに...
夏野菜の1つであるなす。さっぱりした食感で水分も多く、特に暑い時期にはぴったり。煮込むとすぐ柔らかくなるので、離乳食向き...
冬になると旬を迎え、脂がたっぷりのっておいしくなる「ぶり」。塩焼きや照り焼き、ぶり大根などにするとおいしいですよね。そん...
チーズは小魚に勝るとも劣らないほどカルシウムがたっぷり含まれている食材です。風味も豊かなので離乳食にも取り入れたいもので...
カルシウムやマグネシウム、食物繊維など様々な栄養素が豊富な食材と言えば、ひじきです。離乳食も後期になると、ミルクや母乳か...
梨は夏から秋にかけて旬を迎える果物。シャキッとした歯ごたえが特徴なので、好きなお子さんも多いのではないでしょうか?そこで...
生後5ヶ月~6ヶ月になると離乳食がスタートします。離乳食初期は10倍粥から始まりますが、次第に赤ちゃんがお粥に慣れてくる...
鶏肉のささみは比較的安価で調理もしやすいので、毎日の献立に役立てているママパパも多いのではないでしょうか。離乳食が始まっ...
わかめはミネラルが豊富で、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。大人のご飯でも、しらすやきゅうりと酢...
生後11ヶ月、もう少しで1歳ですね。ミルクしか飲まなかった赤ちゃんが、色々な食べ物を食べられるように成長しました。主食も...
毎日の離乳食作り、どうしていますか?離乳食初期~中期の頃は、赤ちゃんが食べやすいように、おかゆや野菜もすり鉢などでペース...
赤ちゃんが生後5ヶ月~6ヶ月頃になるとスタートする離乳食。成長はうれしい反面、毎回裏ごし器やすり鉢などでペースト状にした...
離乳食を作る時の葉物野菜は、いつから何を使っていますか?ほうれん草や白菜が多いかもしれませんが、小松菜を使ったメニューも...
ごぼうは食物繊維が多く、硬くてアクも強いので、離乳食に取り入れるのはなかなか難しいですよね。しかし、根菜ならではの身体を...
レタスは一年中手に入り、炒めてもスープにしてもおいしく食べることができ、様々な料理に使うことができる食材です。また、離乳...
大根は一年を通して手に入りやすく、煮物、焼き物、すりおろしなど、いろいろな料理に使って楽しめます。じっくり煮込むことでだ...
赤ちゃんの離乳食作りは、ペーストにしたり細かく刻んだりと下ごしらえが結構大変ですよね。だからこそ、手軽に作れて、栄養がし...