目次

赤ちゃんも食べやすい!バナナは離乳食に大活躍

バナナは栄養豊富!

まな板とバナナ,バナナ,離乳食,

バナナにはたんぱく質やマグネシウム、ビタミンBなどこれから体を作っていくのに必要な栄養素がたくさん含まれています。

更に、食物繊維も多く含むので、便秘予防にも効果的です。やわらかくて食べやすく、消化にもよいので離乳食初期の赤ちゃんにも安心してあげることができる食材ですね。

離乳食でのバナナの与え方と注意点

下ごしらえの仕方と加熱調理について

カットバナナ,バナナ,離乳食,

離乳食の進み具合に合わせて下ごしらえや調理方法を変えましょう。では、時期別の下ごしらえと加熱調理についてご紹介します。バナナの下ごしらえは、どの時期もとても簡単ですよ。

【離乳食初期(5~6ヶ月)】
最初の頃は、すり鉢などですり潰し、電子レンジ加熱して与えるのをおすすめします。500Wの電子レンジの場合、加熱時間は10秒程度が目安です。

【離乳食中期(7~9ヶ月)】
フォークやスプーンなどで荒く潰します。モグモグが上手になってきたら、小さな角切りでもOK。必要に応じて加熱してください。硬めのバナナの場合は、少しレンジ加熱するとやわらかくなって食べやすくなりますよ。

【離乳食後期(10~12ヶ月】
小さな角切りバナナが上手に飲み込めるようになったら、輪切りや手づかみでも食べやすいサイズにカットします。

【完了期(1~1歳半)】
食べやすいサイズにカットします。手先が上手に使えるようになってきますので、皮付きのままカットしたバナナを与えて、自分で皮を剥く練習に挑戦させてみるのもいいですね。皮に切れ込みを入れてあげると剥きやすくなりますよ。

どの時期もスジなど赤ちゃんが食べにくそうな部分は取り除いた方がよいでしょう。また、喉に詰まらせないように様子を見ながら与えましょう。

アレルギーに注意!

バナナは、アレルギー症状を引き起こす可能性がある食材です。食物アレルギーの「特定原材料に準ずる20品目」に含まれています。

どの食材も同様ですが、赤ちゃんに初めてバナナを与える際は、他の食材と混ぜないで小さじ1から始めましょう。万が一、アレルギー症状がでた場合、かかりつけの病院に診てもらえるように、平日の午前中にあげると安心です。

変色したバナナは食べさせてもいい?

バナナは、空気に触れることで酸化してだんだん茶色っぽく変色していきます。すり潰したり、裏ごしする過程で変色してしまうことがあるでしょう。

ただ、変色しても衛生上問題はなく、味や栄養に影響はありません。赤ちゃんに食べさせても大丈夫ですよ。

バナナの保存方法は?

冷凍保存できる?

バナナは、基本的に常温で保存しているご家庭が多いかと思います。離乳食で1回に使うのは少量ずつ。たくさん買ってきたら大人が食べても余ってしまうこともありますよね。バナナは痛むのが早いのですぐに使わない分は、冷凍保存するといいでしょう。

離乳食初期は、皮をむいて1本丸ごとラップで包んで冷凍するのがおすすめです。使う時に冷凍のまますりおろすと、なめらかなペースト状にできますよ。

中期以降は、まず皮をむき、スジをとってから輪切りにします。輪切りにしたバナナを1食ずつラップに包むか、ジッパー付きフリージング袋に入れて冷凍すると使いやすいですよ。

どうやって解凍する?

冷凍したバナナは電子レンジ解凍が手軽でおすすめです。初期は、凍ったまますりおろしたバナナをレンジ加熱して解凍します。火が通りすぎないように、10秒ずつ様子をみながら加熱してください。解凍できたら、粉ミルクや白湯などで食べやすい状態にのばしましょう。

中期以降は、冷凍した輪切りのバナナを必要な分だけレンジ加熱して解凍します。解凍できたらそれぞれの時期に合ったサイズに調整します。

レンジ加熱以外にも他の食材と一緒に火にかけて煮込むなどして解凍することももちろん可能です。レシピに合わせた方法を選んでみてくださいね。

バナナの好き嫌いを調査しました!

結果は?

コズレの行った調査によれば、バナナが好きな子どもは61%(男の子:62%、女の子:60%)。嫌いな子どもは4%(男の子:3%、女の子:5%)という結果となりました!

好きな果物ランキングでは堂々の1位!嫌いな果物ランキングでは5位にランクイン。どんな食材でも合わせやすいバナナは、おかずにもおやつにも欠かせない果物ですね。

子どもがバナナを嫌いという方は、以下でご紹介するレシピを参考に、いろいろな食材との組み合わせや調理法で克服に挑戦してみましょう。

離乳食初期(ゴックン期)におすすめのレシピをご紹介!

【1】離乳食初期☆バナナペースト

材料

離乳食初期☆バナナペースト,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 2cm程
・お湯 適量

作り方

1. バナナをすり潰します
2. お湯を加えてすり潰したバナナをのばし、なめらかなペースト状になれば出来上がり!

バナナペーストは、離乳食初期のデザートやおやつにぴったりです。お湯は一度にたくさん入れず、少しずつ入れながらのばすのがポイントです。離乳食が進むと、ヨーグルトに混ぜたり野菜と合わせたりと、アレンジも楽しめますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食初期 バナナミルク

材料

離乳食初期 バナナミルク ,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 中1/2本
・粉ミルク 20ml
・お湯 適量

作り方

1. バナナをすり鉢などでなめらかにすり潰します
2. お湯で溶かした粉ミルクをすり潰したバナナに加えて混ぜ合わせます
3. 電子レンジに20秒ほどかければ出来上がりです

離乳食の進み具合に合わせて、水分量は調整するといいでしょう。バナナに粉ミルクを合わせると甘みが増して、食べやすくなりますよ。簡単に作れるおやつにもぴったりの1品です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】<離乳食初期>バナナパン粥

材料

<離乳食初期>バナナパン粥 ,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 2cm程
・お湯でといた粉ミルク 大さじ2
・8枚切りパン 1/4枚

作り方

1. 食パンの耳を切り落とし、細かくちぎります

2. お湯で溶いた粉ミルクに食パンを浸します

3. 電子レンジでバナナを40秒程加熱した後、潰してパン粥の上にのせれば出来上がりです

あっという間に作れる朝食やおやつにぴったりの簡単レシピです。パン粥は冷凍保存も可能です。たくさん作って冷凍しておけば、時短になりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食初期★にんじんバナナがゆ

材料

離乳食初期★にんじんバナナがゆ,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナペースト 小さじ2
・にんじんペースト 小さじ3
・10倍粥 小さじ5

作り方

1. バナナとにんじんを加熱してペースト状にします
2. 10倍粥に1を合わせれば出来上がり

バナナやにんじんはペースト状にしたものを冷凍しておけば、あっという間にできちゃう時短レシピです。お粥にバナナは、大人からすると意外な組み合わせと思いがちですが、甘さが増してお粥が食べやすくなりますよ。

野菜はにんじん以外にかぼちゃやさつまいも、ほうれん草などもバナナと相性がいいのでおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食★さつまいもバナナ豆腐

材料

離乳食★さつまいもバナナ豆腐,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1/6本
・絹ごし豆腐 40g
・さつまいも 20g

作り方

1. さつまいもは皮を剥いてあく抜きし、やわらかくなるまでレンジなどで加熱し、潰します
2. 絹ごし豆腐は電子レンジで40秒ほど加熱し、すり潰します
3. バナナも電子レンジで加熱し、ペースト状に潰します
4. 全てを混ぜ合わせれば完成です

最初のころは、材料を裏ごしするとなめらかで食べやすいでしょう。豆腐はたんぱく質が豊富で、離乳食に積極的に取り入れたい食材のひとつですよね。

甘みがあるバナナとさつまいもを加えるとさらに栄養価が増しますよ。デザート感覚の食べやすいおかずレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食中期(モグモグ期)におすすめのレシピをご紹介!

【1】離乳食に!納豆バナナヨーグルト

材料

離乳食に!納豆バナナヨーグルト,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 小さじ1
・納豆 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

作り方

1. 納豆とバナナを粗くすり潰します
2. ヨーグルトと1を混ぜ合わせればできあがり

バナナ+納豆??こんな組み合わせ絶対おいしくない!と、思うママも多いかもしれませんね。でも意外と赤ちゃんは好んで食べてくれますよ。

バナナと納豆はたんぱく質がとっても豊富で不足しがちな栄養もたくさん含まれています。バナナのとろみと納豆のねばねばで食も進むので、朝ごはんをあまり食べてくれないという赤ちゃんでも食べやすいメニューです。おやつとしてもいいですね。

バナナ納豆をメニューに組み込むことで、効率よくバランスのよい食事ができますよ。バナナアレンジがマンネリ化してきたら一度だまされたと思って試してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食 3分でなんちゃって豆乳×バナナプリン

材料

離乳食 3分でなんちゃって豆乳×バナナプリン,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1/3本
・豆乳 50mlくらい
・片栗粉 小さじ1

作り方

1. バナナを輪切りにします
2. 耐熱容器にバナナと豆乳と片栗粉を入れ混ぜ合わせます
3. 電子レンジで2分程加熱すれば完成です

手作りプリンと聞くと、少し手間がかかってしまいそうですが、こちらのレシピは簡単にできるプリンです。ここでは豆乳を使っていますが、お好みで粉ミルクでもOKです。

冷蔵庫で冷やしてから食べさせてあげると、更に喉越しも良く食べやすくなりますよ。バナナは柔らかい完熟した物を使った方が、甘味も出ておいしく仕上がるでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】【離乳食】じゃがいもとバナナのサラダ

材料

【離乳食】じゃがいもとバナナのサラダ,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 3cm程
・じゃがいも 3cm程
・野菜スープ 大さじ1

作り方

1. バナナはフォークなどで潰します
2. じゃがいもは皮を剥き、柔らかく茹でたらすり潰します
3. じゃがいもと野菜スープをよく混ぜた後、バナナを加え軽く混ぜ合わせて完成です

バナナでとろみと甘みがつくのでじゃがいもの食感が苦手な赤ちゃんも食べやすくなります。時期によってすり潰し方を変えたり、別の野菜を加えるなどアレンジもしやすいポテトサラダです。にんじんやホウレン草などを加えれば彩もキレイになりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】【離乳食】バナナとかぼちゃのヨーグルト和え

材料

【離乳食】バナナとかぼちゃのヨーグルト和え,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1/4本
・かぼちゃ 大さじ2
・プレーンヨーグルト 大さじ2

作り方

1. バナナを食べやすいサイズにカットします
2. かぼちゃは電子レンジでやわらかくなるまで加熱して、ペースト状に潰します
3. 1と2をヨーグルトで和えれば出来上がりです

プレーンヨーグルトの酸味が苦手な赤ちゃんには、バナナとかぼちゃで甘さを加えてあげると食べやすくなりますよ。

ヨーグルトは、腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘がちな赤ちゃんにおすすめの食材です。また、乳酸菌は免疫力アップにも効果的と言われています。

砂糖入りヨーグルトは買わずに果物の果糖でしっかりとヨーグルトを食べられるようにしましょう。バナナとかぼちゃを冷凍ストックしておけば、レンジでチンして混ぜるだけで朝食の一品が完成です。お手軽で栄養価の高いメニューなのでぜひお試しくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食後期(カミカミ期)におすすめのレシピをご紹介!

【1】離乳食☆バナナとお芋のおやき

材料

離乳食☆バナナとお芋のおやき,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1/4本
・小麦粉 大さじ1
・きな粉 大さじ1
・さつまいも 大さじ2
・ミルク 大さじ1

作り方

1. さつまいもをよく茹で、潰します
2. バナナはフォークなどで粗く潰します
3. 潰したさつまいもとバナナ、小麦粉、きな粉、ミルクを混ぜ合わせます
4. 3を食べやすいサイズに成形し、フライパンで両面焼けば完成です

離乳食後期の手づかみ食べには、手が汚れにくいおやきがおすすめ。子どもの手で持って食べやすい量とサイズで作ってあげてくださいね。

さつまいもはあくがあるので、使う前に水に浸してあく抜きをするといいでしょう。バナナは粗めにつぶした方が食感が出ておいしく仕上がりますよ。

さつまいもとバナナの自然な甘みたっぷりでとても食べやすい1品です。食が細い子どもや、手づかみ食べが苦手な子どももパクパク食べてしまいそうな味ですよ。冷凍保存も可能なので、多めに作っておくと忙しい時に助かります。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食◆ほうれん草&バナナ蒸しパン

材料(3個分)

離乳食◆ほうれん草&バナナ蒸しパン,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 10g
・ほうれん草 5g
・薄力粉 40g
・ベーキングパウダー 2g
・ミルク 40g

作り方

1. ほうれん草はやわらかく茹で、すり潰します
2. バナナはなめらかにすり潰します
3. 全ての材料をしっかり混ぜ合わせ、型に入れます
4. 蒸し器で蒸せば完成です

とてもヘルシーでお手軽な蒸しパンです。手づかみ食べもしやすく、バタバタ忙しい朝ごはんにもおすすめです。

バナナの自然な甘さでとっても食べやすいので苦手なお野菜を入れても気づかずにもりもりと食べてくれそうですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食★バナナフレンチトースト

材料(2~3人分)

離乳食★バナナフレンチトースト,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 小1本
・食パン 2枚
・粉ミルク 200cc分
・お湯 200cc
・油 少々

作り方

1. バナナを薄く輪切りにします
2. 粉ミルクお湯で溶かします
3. 食パンを半分に切り、厚みを半分にするように耳を残したまま切り込みを入れます
4. 食パンの切り込みにバナナを挟みます
5. 食パンをミルクに浸します
6. フライパンに油を熱し、食パンの両面を焼けば完成です

フレンチトーストが好きな赤ちゃんは多いのではないでしょうか。砂糖なしでもバナナを入れると優しい甘みでとてもおいしくなります。手づかみでも食べやすく、朝食やおやつにぴったりのレシピです。

赤ちゃんだけでなく、ママのおやつにもおすすめです。大人はお好みでシロップやシナモンシュガーなどで甘みを足すとさらにおいしくなりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】【離乳食後期】バナナパンケーキ

材料

【離乳食後期】バナナパンケーキ ,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1/2本
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 大さじ2

作り方

1. バナナを潰します
2. 潰したバナナに小麦粉と牛乳を加え混ぜます
3. 食べやすいサイズで両面焼けば完成です

材料はバナナと牛乳と小麦粉だけ!たったそれだけの材料なのにとってもおいしいパンケーキの出来上がりです。バナナの自然な甘みで赤ちゃんも喜んで食べてくれますよ。

砂糖を使っていないので、小さなお子さんにおすすめのおやつになります。ママが食べてもおいしいですよ。たくさん作って、一緒におやつの時間に食べるのもいいですよね。

更にヨーグルトや果物を使ってデコレーションすると、すてきな赤ちゃん用ケーキができあがります。クリスマスや誕生日に手作りケーキを作ってみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食☆まるごとバナナロール

材料

離乳食☆まるごとバナナロール,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 2/3本くらい
・ヨーグルト 大さじ1
・食パン 1枚

作り方

1. 耳を切り落とした食パンをひろげたラップの上にのせます
2. 食パンにヨーグルトを塗ります
3. 2の中央にバナナを置き、ラップごと食パンでバナナをくるっと巻きます
4. ラップを外し、食べやすい大きさに輪切りにしたら完成です

離乳食後期になると手づかみ食べが上手になってきますね。歯も少しずつ生えてきて少し噛みちぎれるようになってくるので、噛み切る練習にもおすすめのレシピです。

耳を落とした食パンでバナナをくるっと巻くだけのとっても簡単レシピです。食べやすい形状なのでお弁当メニューにも活用できますね。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食完了期・幼児食におすすめのレシピをご紹介!

【1】離乳食完了期♪ブロッコリーとバナナの蒸しパン☆

材料

離乳食完了期♪ブロッコリーとバナナの蒸しパン☆,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ つぶした状態で大さじ1
・ホットケーキミックス 50g
・ブロッコリー 大さじ1(みじん切り)
・牛乳 大さじ2くらい

作り方

1. ブロッコリーをやわらかく茹で、みじん切りにする
2. バナナは潰しておきます
3. ボウルにホットケーキミックスと牛乳、下ごしらえしたブロッコリーとバナナを加え混ぜます
4. 型に流し込み、蒸し器で10分程蒸せば出来上がりです

ホットケーキミックスを使った簡単蒸しパンレシピです。こちらのレシピは卵を使っていないので卵アレルギーのあるお子さんにも安心ですよ。砂糖やバターも未使用なのでとてもヘルシーな一品です。

ブロッコリー以外に、にんじんやさつまいもを使ってもおいしくできます。野菜入りだと栄養バランスもよくなりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食完了期☆いちごと甘夏とバナナの粉ミルク☆

材料

離乳食完了期☆いちごと甘夏とバナナの粉ミルク☆,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・バナナ 1本
・甘夏 1/8個
・いちご 6粒
・粉ミルク 100cc
・水 大さじ2

作り方

1. バナナ、甘夏、いちごを一口サイズにカットします
2. 1と水を合わせ、マッシャーなどで潰します
3. 2に粉ミルクを加え、更にマッシャーなどで混ぜ合わせれば完成です
※ミキサーを使ってもOKです

赤ちゃんにもおしゃれなスムージーを作ってみませんか。主食ではなかなか取りづらいビタミン類が一度にたくさん取れますよ。

季節に合わせて、好みのフルーツを使ってあげましょう。バナナを入れることで甘みが加わり、赤ちゃんの便秘解消にもなりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】〈離乳食.幼児食〉*グラノーラクッキー*

材料

〈離乳食.幼児食〉*グラノーラクッキー*,バナナ,離乳食,出典:recipe.rakuten.co.jp

・完熟バナナ 1本
・フルーツグラノーラ 1/2カップ
・小麦粉 大さじ2

1. バナナを潰します
2. 潰したバナナと小麦粉、フルーツグラノーラを混ぜ合わせます
3. オーブンは180度で予熱しておきます
4. オーブンの天板にクッキングシートを敷き、スプーン等で2を落とし一口サイズに形成します
5. オーブンで20分程焼けば出来上がり

砂糖や油分を使わない安心&ヘルシークッキーです。グラノーラとバナナには、食物繊維がたくさん含まれています。便秘解消にもおすすめですよ。

混ぜ合わせて、スプーンで落としていくだけで簡単に作れます。お子さんと一緒に作ってみるものいいですね。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価を集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。バナナはとても栄養が豊富なので赤ちゃんにはぜひ食べてもらいたい食材です。

そのまま食べるだけでなく、料理に取り入れると離乳食の幅が広がりますよ。赤ちゃんがパクパクと離乳食を食べてくれるとママもやる気がでますよね。

バナナを離乳食に取り入れて、赤ちゃんのお食事タイムがもっと楽しくなるといいですね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。