目次

離乳食のキャベツはいつから食べることができる?

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)からOK!

離乳食初期のキャベツ,離乳食,キャベツ,

キャベツって離乳食に使えるのかな?と思うママもいるかもしれませんが、軟らかく煮てペーストにすれば、離乳食初期から赤ちゃんに食べさせても大丈夫な食材なんです。

加熱すると甘みが出るので、比較的赤ちゃんでも食べやすい味です。キャベツを茹でた時の茹で汁は甘みがあり、だしとしても活用できるので、離乳食の食材として大活躍しますよ。キャベツをはじめ、さまざまな野菜を一度に茹でて、野菜スープを作るのもおすすめです。

キャベツに含まれる栄養は?

ビタミンCやビタミンUが豊富!

キャベツの離乳食,離乳食,キャベツ,

キャベツは淡色野菜に分類され、含まれている栄養素はビタミンCやビタミンU、それに食物繊維などです。ビタミンCは体の免疫力を高めてくれるので風邪などにかかりにくくなりますし、また肌の調子を整えてくれるうれしい栄養素です。

またビタミンUはキャベツから発見された珍しい栄養素の一種で、胃や腸の粘膜を守ってくれる働きがあります。また食物繊維も多く含まれているので、便秘にも効果的です。

食べあわせの良い食材はご飯

離乳食初期にキャベツと食べあわせるなら、おかゆが1番お手軽です。いつものおかゆにペースト状にしたキャベツを混ぜるだけで、簡単に味の変化をつけたり、栄養価をアップしたりすることができます。

またキャベツは野菜スープを作るのにも向いています。野菜スープをおかゆに混ぜると、簡単に雑炊風にアレンジすることができます。

離乳食でキャベツを食べさせる際の注意点

アレルギーの心配は?

離乳食スプーン,離乳食,キャベツ,

キャベツは比較的アレルギーが出にくい野菜ですが、ごくまれにアレルギーを起こすこともあります。また、キャベツは食物繊維を多く含んでいるので、消化器官が未発達な赤ちゃんが一度にたくさん食べると、下痢をしてしまうこともあります。

初めてキャベツを与える場合は、小児科の開いている午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を見てみると良いでしょう。午前中に与えるのは、数時間経ってからアレルギーが発症することもあるためです。

また、万が一アレルギー反応があった時、どの食材が原因かわからなくなるので、初めて食べる食材を一度に複数与えないことも大切です。

芯やスジは取り除こう

離乳初期の赤ちゃんはまだ自分で噛むことができないので、そのままゴクリと飲み込めるようにスープやペースト状のものをあげます。キャベツの芯やスジは茹でても柔らかくなりにくいので、ペーストにするのには不向きです。

離乳食初期では、キャベツを茹でる前に芯とスジはあらかじめ切り取っておくようにしてくださいね。

葉っぱはしっかり洗って必ず火を通そう

キャベツの葉っぱには土や虫がついていることもあります。離乳食に使う時には、葉っぱを1枚1枚しっかり水洗いするようにしましょう。

またキャベツは大人だったら生でも食べられる野菜ですが、生のままだと離乳食初期の赤ちゃんは消化できません。必ず柔らかくなるまでしっかり加熱したものを使うようにしてくださいね。

離乳食のキャベツの選び方

重いものを選ぼう

畑のキャベツ,離乳食,キャベツ,

スーパーなどでキャベツを買う時、どこに注目して選べばいいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

キャベツはずっしりと重い方が中までぎっしりと葉がつまっています。また重いと水分の含有量が多く新鮮なので、選ぶ時は一度手に取って重さを比べてみてくださいね。

葉っぱの色が濃く芯が小さいもの

重さの次に注目したいのは、葉の青さと芯の大きさです。たまに白っぽいキャベツを見かけることがありますが、キャベツは葉がしっかりと緑色の方が新鮮でおいしいんですよ。

またキャベツを裏返して芯の大きさを見てみてください。芯が大きいと、葉っぱに占める芯の割合も自然と多くなります。芯は離乳食には不向きなので、芯の小さめのものでだいたい500円玉くらいの大きさのものを目安に選ぶとよいですよ。

キャベツの調理法/下ごしらえ方法/冷凍保存方法

加熱の仕方は?

茹でたキャベツ,離乳食,キャベツ,

大人が食べる時にはキャベツは生はもちろん、焼いたり炒めたりと色々な調理法が使えますが、離乳食初期の場合、茹でるかシリコンスチーマーなどに入れて電子レンジで加熱するのが基本の加熱方法です。

キャベツがくたくたになるまでしっかり加熱すると、ペーストにしやすいですよ。

冷凍保存できる?

キャベツは茹でてペースト状にしたものを冷凍保存しておくことができます。また、キャベツは野菜スープの素としても使えますが、野菜スープも同様に冷凍保存しておくことができます。

離乳食を始めると、冷凍庫が色々な食材のストックであふれて飽和状態になってしまうことがありませんか?そんな時は製氷皿に1回で使う分ずつ分けて冷凍し、あとから凍ったものを保存袋に移動するとすっきり保存することができますよ。

調理に便利な調理道具は?

キャベツのペーストを一度にたくさん作る場合は、ハンディータイプのミキサー(ブレンダー)があると便利です。ミキサーで一度にかき回してしまえば、簡単に時間をかけずにペーストを作ることができます。

離乳食初期におすすめのキャベツを使ったレシピをご紹介

キャベツの好き嫌いを調査しました!結果は?

コズレの行った調査によれば、野菜の中でキャベツが好きな子どもは3%(男の子:3%、女の子:3%)。嫌いな子どもは3%(男の子:4%、女の子:2%)という結果となりました!

好きな野菜ランキングの14位でした。嫌いな野菜ランキングでも15位にランクイン。春キャベツ、冬キャベツという名前があるほど、季節によって食感やおいしさも変わり、毎日のお料理には欠かせない定番野菜ですよね。

子どもがキャベツを嫌いという方は、以下でご紹介するレシピを参考に、いろいろな食材との組み合わせや調理法で克服に挑戦してみましょう。

【1】離乳食@たっぷり野菜入りとろとろスープ

野菜たっぷりで栄養満点スープ

赤ちゃんに野菜を多く食べさせたい場合は、スープにすると一度に多くの野菜をとれていいですよ。キャベツなどの野菜を細かくカットします。キャベツの芯は硬いので避けてくださいね。

細かく刻んだ野菜を沸騰した湯に入れて、柔らかくなるまで茹で、ベビー用の粉末和風だしを入れひと煮立ちさせます。最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら完成です。

離乳食初期なら、野菜を茹でたあとブレンダーを使ってペースト状にして作るといいでしょう。豆腐は大豆製品でアレルギーの心配があるので、離乳食を始めて1ヶ月過ぎてから使用してくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食初期:とろーりじゃがいもとキャベツ

キャベツの甘味とじゃがいものとろみがおいしい

離乳食初期は1食分で使う野菜の量が少量なので、冷凍保存しておくと野菜を無駄にせず、離乳食作りも時短になっておすすめです。

キャベツは葉先の柔らかい部分を使いましょう。フードプロセッサーやブレンダーでペースト状にすると時短調理できます。

洋風だしで野菜ペーストを伸ばせば、とろーりじゃがいもとキャベツの出来上がりです。じゃがいもの甘味ととろみでキャベツも食べやすくなりますよ。パンがゆにしたり、お粥を混ぜてリゾット風にしたりと、アレンジてもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】初期 春キャベツのお粥♪

ごっくんデビューに!甘くて食べやすいお粥

離乳食初期の赤ちゃんは噛まずに飲み込んで食べるので、ごっくん期と呼ばれます。春キャベツはとても柔らかく水分たっぷりなので、ごっくん期におすすめの食材です。

葉先の柔らかい部分を使って、沸騰したお湯で30秒程湯通しすればOKです。食べやすいようにしっかりと裏ごしをしてあげましょう。春キャベツ以外の普通のキャベツを使う場合は、1~2分程度柔らかくなるまでしっかりと湯通ししてください。

いつも同じお粥だと赤ちゃんも飽きてしまうので、野菜を入れてアレンジしてみてください。甘味があってとてもおいしいですよ。ミルクがゆにすると更に風味も良くなります。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】【離乳食 初期以降】基本の野菜スーブ

野菜の下ごしらえも同時にできる!旨みたっぷりスープ

冷凍保存用に野菜を調理する際、野菜スープも一緒に作ってしまいましょう。にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツなど好みの野菜をコトコトと煮込んで、茹であがった野菜は離乳食の進み具合に合わせて刻み、1食分ずつ冷凍ストックしておくと便利です。

野菜スープはそのままスープとして使ったり、お粥やうどんの出汁にしたり、野菜を煮込む時に使ったりと万能です。優しい味わいで調味料なしでも充分おいしいですよ。

もちろん大人用としてもアレンジ自在です。赤ちゃんの離乳食を機会に、素材の味を活かした塩分控えめな食事を家族みんなで味わいたいですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食*初期 キャベツ

すりりんごでキャベツのおいしさアップ!

キャベツは、少し青臭さが残り苦手な赤ちゃんもいますね。そんな時は赤ちゃんの大好きなりんごを混ぜ合わせてあげると食べやすくなりますよ。

離乳食初期のりんごはすりおろしてからあげましょう。柔らかく茹でてペースト状にしたキャベツと、すりおろしりんごを混ぜ合わせて完成です。

食物繊維たっぷりなのでおなかの調子が悪い時にもおすすめです。キャベツは何にでも合うので、単品で食べるのが苦手な赤ちゃんは、フルーツやおかゆと混ぜて食べさせてあげてください。離乳食初期は無理強いして食べさせるより、食べる楽しさを教えてあげましょうね。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食:初期~キャベツと豆腐のポタージュ

豆腐のまろやかさで食が進む一品

離乳食初期のタンパク質デビューには、手軽に調理できる豆腐がおすすめです。アレルギー等の心配もあるので、初めてあげる時は1さじ食べさせて様子を見てください。

豆腐を加熱してペースト状にし、キャベツペーストと野菜スープと混ぜて、電子レンジで加熱します。最後に粉ミルクを加えて完成です。

ミルクの優しい甘味でとても食べやすくなります。ご飯やパンを入れてお粥にすれば、これ1食で栄養バランスもばっちりです。

野菜はにんじんや玉ねぎなど好みの物を加えれば、さらに栄養価も高まります。下ごしらえした野菜がない場合は、ミキサーにかければ簡単にとろーりと作れますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食取分け★野菜スープとミネストローネ

大人メニューから取り分け可能!野菜たっぷりご馳走スープ

離乳食初期は、大人用メニューからの取り分けが難しく、赤ちゃん用は別に作っているご家庭が多いのではないでしょうか。

このレシピなら、大人用ミネストローネの調理途中で、赤ちゃん用メニューに取り分けることができます。離乳食初期は煮込んだら味付けをする前に取り出して、ブレンダー等でペースト状にして食べさせてあげましょう。

赤ちゃん用を取り出したら、トマト缶、コンソメ、ローリエ、塩コショウ等で大人用に味を調えてミネストローネの完成です。

一度にたくさん作っておけば出汁も出るのでとてもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】<離乳食初期>コーンソースキャベツ

ベビーフードを使えばあっという間の時短レシピ

<離乳食初期>コーンソースキャベツ,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

感性が育ちはじめる離乳食期の食卓にぜひ添えてあげたい、彩り鮮やかな1品です。

柔らかくゆでて裏ごししたキャベツを、食べやすいようにお湯で伸ばします。裏ごしとうもろこしフレークをお湯でといてペースト状にしたものをトッピングして完成です。

離乳食に使うのは手間がかかるとうもろこしも、フリーズドライになった物なら簡単に取り入れられます。とうもろこしの甘みで、キャベツの味が苦手でべーっとしてしまう赤ちゃんも食べてくれるようになるかもしれません。

作り方も簡単なので、チャレンジしてみる価値のあるレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食初期~中期☆人参とキャベツの白和え

豆腐は良質のたんぱく質の宝庫

離乳食初期~中期☆人参とキャベツの白和え,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

離乳食が進んで、お豆腐を食べられるようになったらこんなメニューもおすすめです。キャベツと人参を柔らかくゆで、離乳食の進み具合に応じて食べやすく潰します。お豆腐も加熱して潰したら、先ほどの野菜と混ぜて完成です。

食べにくそうならば、とろみの素などを使ってあげると食べやすくなります。だしなどで味付けするのもおすすめです。人参、キャベツ、お豆腐の具で大人用のお味噌汁やスープを作る過程で取り分けると負担なく簡単にできそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【10】離乳食☆初期 野菜のバナナ和え

バナナの甘味で野菜嫌いの赤ちゃん大満足!?

離乳食☆初期 野菜のバナナ和え,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

野菜とバナナはスムージーなどなら組み合わせもありますが、おかずとしては別々に頂きたいところですよね。ところがこちらのレシピ、赤ちゃんにとってはバナナの甘さで野菜が食べやくすなる魔法のメニューなんです。

作り方は、人参とキャベツを柔らかく茹でてすり潰し、フォークなどで潰したバナナと混ぜて完成です。バナナはつぶすととろみがでるので、片栗粉などを使わなくても食べやすくなってくれるのもうれしいところです。

バナナは離乳食初期からOKな食材ですが、アレルギーが心配な赤ちゃんには、加熱して使う方がアレルギー症状が出にくくなって安心です。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食初期→中期◎トマトときゃべつ

フリージングして常備しておけばアレンジ上手に!!

離乳食初期→中期◎トマトときゃべつ,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

真っ赤なトマトが食欲をそそるレシピです。おかゆなどに添えても食べやすそうですね。作り方は、湯むきしたトマトと、柔らかく茹でたキャベツを合わせて刻みます。初期のうちは、ここでブレンダーなどでペースト状にしてあげましょう。片栗粉を少量入れてまぜ、フツフツするくらいレンジで加熱します。とろみがついたら完成です。

ペーストの状態までまとめて作って冷凍しておけば、解凍~とろみつけだけですぐ食べさせられるので、赤ちゃんを待たせることなく作れます。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食初期におすすめのレトルト食品のご紹介

【1】 野菜だし仕立てのおかゆ|キユーピー

野菜の旨みたっぷり!あげやすいビン詰め仕様

キユーピーベビーフード 野菜だし仕立てのおかゆ 5ヵ月頃から,離乳食,キャベツ,出典:www.amazon.co.jp

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格¥129
*メーカー:キユーピーベビーフード

商品の特徴
*【原材料】米(国産)、コーンスターチ、野菜エキス(たまねぎ、にんじん、キャベツ、食塩、ぶどう糖)
*【栄養成分】1瓶(70g)あたり…エネルギー:27kcal、たんぱく質:0.4g、脂質:0.1g、炭水化物:6.0g、ナトリウム:34mg
*5ヶ月から

【2】離乳食初期☆旨味たっぷり野菜スープ

弱火でじっくり煮出してゆっくり冷ますのがコツ

離乳食初期☆旨味たっぷり野菜スープ,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

野菜の甘みがたっぷり染み出した、雑味の一切ない野菜スープです。作り方は簡単で、大根、ニンジン、玉ねぎ、キャベツをそれぞれカットし、水と一緒に鍋に入れて煮立たせます。沸騰後弱火で10~15分アクを丁寧に取りながら煮込み、自然に冷めるのを待ちます。

冷ます間に野菜の旨味がスープに溶け出すので、急激に冷ますのではなくじっくりと自然に冷めるのを待つようにしましょう。キッチンペーパー敷いたザルなどで漉し、2・3日で使い切ります。

500~600ccとたくさんの量ができあがり使い切れないように思えますが、お粥に使っても、野菜などのペーストを伸ばすのに使っても良く、使い勝手が良いのですぐになくなってしまいますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食初期☆にんじん&キャベツ

目で見るおいしさを味あわせてあげて

離乳食初期☆にんじん&キャベツ,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

にんじんのオレンジ色とキャベツの緑が見た目にも鮮やかな、かわいらしい食事ができあがります。お皿にただ盛るのではなく、にんじんの形をかたどって盛り付けるとよりかわいらしくなりますよ。

初期の離乳食は素材の味そのままのペーストが多いので、せめて見た目や色どりを気にしてあげたいですよね。柔らかく茹でたにんじんとキャベツを裏ごしし、お湯でのばせば完成です。

お湯ではなく、野菜を茹でた際のゆで汁でのばすとより香りがたちますよ。にんじんもキャベツも火を通すと甘みの出る野菜なので、初期の離乳食向きですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】〈離乳食初期〉白身魚キャベツ大根

茹でて裏ごししたキャベツと大根に、湯冷ましで戻したフリーズドドライの白身魚を加え、状態によっては片栗粉を混ぜてできあがりです。白身魚は脂肪が少なく、良質のたんぱく質を含むので離乳食向きです。味も淡泊でくせがないので、いろいろな食材と合わせやすいですよね。

レシピではフリーズドドライのものを使っていますが、鯛やヒラメ、カレイなどはお刺身の一切れ分が一食分、皮や骨を取り除く手間もなくて便利ですよ。加熱してすり潰してあげましょう。鮭は白身魚に分類されますが、脂肪分が多いので離乳食初期には向きません。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】〈離乳食初期〉バナナキャベツ

バナナの甘さでキャベツの青臭さを抑える

<離乳食初期>バナナキャベツ,離乳食,キャベツ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

甘くて柔らかなバナナはトロッとして口当たりがよく、食べやすさが抜群です。腹持ちもよく、ごはんやパンと同じ糖質が主な栄養素なので、主食代わりにあげられます。多くの赤ちゃんが好む味なのもあげやすさの一つですね。やっぱりパクパク食べてくれる姿を見るのはうれしいものです。

電子レンジで30~40秒加熱して潰したバナナに、茹でて裏ごししたキャベツを混ぜ合わせます。野菜特有の青臭さもバナナの甘い香りが消してくれます。

加熱することでバナナのとろみが増し、喉越しも良くなって一層食べやすくなりますね。糖分が多いのであげ過ぎには注意しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】〈離乳食初期〉りんごキャベツ

<離乳食初期>りんごキャベツ,離乳食,キャベツ,

小さじ1杯の裏ごししたりんごに、小さじ2杯の裏ごししたキャベツを加え、小さじ1杯のりんご果汁でのばしたらできあがり。キャベツのサラダにりんごを入れることもありますし、この二つの相性はとても良いですよ。キャベツは加熱するとほんのりとした甘みが出てクセも少ないので、りんごのような繊細な香りや味のものと合わせても邪魔をしません。
りんごはたくさんの種類があって香りや味もさまざまです。いろいろ試してお気に入りを探してみてもいいですね。裏ごししたペーストをのばすりんご果汁は、ベビー用のものを使うようにしましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食初期◎小松菜とキャベツのミルクがゆ

茹でて水気をしぼったキャベツと小松菜の葉先を棒状に伸ばし、冷凍庫で凍らせます。大さじ4杯の10倍粥にすりおろした小さじ1杯のキャベツと小さじ2杯の小松菜、小さじ1杯の粉ミルクを入れてよく混ぜ合わせます。簡単に栄養満点の青菜粥のできあがりです。
キャベツと小松菜を茹でてから棒状に凍らせることがポイントです。こうすることで手軽に使いたい分だけすり下ろすことができますよ。ペースト状にしてから1回分ずつ凍らせるより手軽で効率的です。
おかゆに入れることでとろみもつき、裏ごししたペーストを湯冷ましなどでのばす必要もありませんね。粉ミルクがコクと甘みを足してくれるので食べやすくなりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

キャベツはビタミンや食物繊維がたっぷりで、味もほんのり甘みがあって食べやすいので、離乳食初期の赤ちゃんにもおすすめの食材です。アレルギーの心配が少ないところも安心ですよね。

芯やスジを取り除かないといけないので、下ごしらえは少し面倒ですが、一度にたくさん作って冷凍しておくと調理の手間が省けて便利ですよ。

おかゆの後、赤ちゃんが野菜の味になれる第一歩として、キャベツを離乳食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。