目次

離乳食初期のトマトのポイントは?

●トマトは離乳食初期から与えることができる食材。ただし、消化器官が未発達な小さいうちは種や皮は取り外して与えることが必要
●含まれる栄養素は豊富で、リコピンをはじめ、ペクチン、カリウム、ビタミンCやビタミンEなど
●アレルギー品目には含まれないものの、ヒスタミンによる、かゆみが起こることもあるので注意
●トマトはおかゆをはじめ、ピューレを混ぜるだけで離乳食の定番レシピにアクセントをつけられるので、レシピの種類が非常に豊富


詳細と、おすすめレシピを以下、ご紹介していきましょう!

トマトはいつから食べられる?

初期からOK!ペースト状にして食べさせよう

トマト,離乳食初期,トマト,出典:www.photo-ac.com

トマトは離乳食初期から食べさせることができる野菜です。消化器官が未発達な赤ちゃんにはトマトの皮と種は負担になるので取り除いてあげましょう

トマトを食べてくれるようになると、普通のトマトだけではなく、ミニトマトや無塩のトマトジュース、トマトピューレも使えるようになります。離乳食のメニューもぐっと広がり、アレンジレシピが増えて作るのもラクになりますよ。

トマトに含まれる栄養は?

緑黄色野菜は栄養まんてん!

トマト,離乳食初期,トマト,出典:www.photo-ac.com

緑黄色野菜の代表格トマトは、とっても栄養豊富!塩分を体内から排出してくれるカリウム、ビタミンCやビタミンEなどが含まれていますが、そのなかでも有名なのが「リコピン」です。

リコピンは抗酸化作用があるので、抵抗力がアップしたり、花粉症などのアレルギー症状を抑えたりする効果があると言われています。

また、整腸作用や便秘予防も期待できる、ペクチンという栄養も多く含まれています。家族みんなで摂りたい栄養たっぷりな野菜ですね!

トマトを食べさせる際の注意点

ヒスタミンによる、かゆみが起こることも

離乳食,離乳食初期,トマト,出典:www.photo-ac.com

トマトはアレルギーが起こりやすい食物ではありませんが、もちろん可能性はゼロではありません

アレルギーとは別に、ヒスタミンというかゆみの原因となる物質の影響で口のまわりが赤くなることがあります。これは茄子やホウレン草も同じです。ヒスタミンは、体が弱っていて体調が悪いときや、古いものを食べたときに症状が起こりやすくなります。

初めてトマトを与える場合は、小児科の開いている曜日の午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を見てみると良いでしょう。午前中に与えるのは、数時間経ってからアレルギーなどの症状が出ることもあるためです。

また、万が一反応があった時、どの食材が原因かわからなくなるので、初めて食べる食材を一度に複数与えないことも大切です。

この記事に関連するリンクはこちら

皮と種を取り除いて加熱調理

離乳食用調理器具,離乳食初期,トマト,出典:www.photo-ac.com

離乳食にトマトを使う時は、皮をむいて種を取りのぞいてから与えるようにします。これにより消化が良くなり、飲み込みやすくなります。

できれば、離乳食完了期である1歳を過ぎて幼児食になるまでは、皮と種は取り除いてあげると安心です。皮のむきかたはのちほど詳しくご紹介しますね!

トマトの選び方

完熟して甘みのあるトマトが食べやすい

トマト,離乳食初期,トマト,出典:www.photo-ac.com

離乳食に使えるトマトは、普通のトマト・ミニトマト・無塩のトマトジュースやトマトピューレなど色々な種類があります。

トマトを選ぶときは小玉~中玉で硬くてずっしりとしている、なるべく赤く完熟しているものを選びましょう。形が角ばっているものよりも、できるだけ丸いもののほうが甘さがあるそうですよ。

普通のトマトはあまり食べてくれないという方は、甘みの強いフルーツトマトを選んでみてはいかがでしょうか。

トマトの下ごしらえ 皮むき/冷凍方法

トマトの皮むき方法(1)大きなトマトの場合

離乳食にトマトを使うとき、初期だけでなく1歳を過ぎるまでは、皮を湯むきしてあげるほうが食べやすいです。

湯むきの方法はいくつかありますが、ヘタの反対側に切り込みを入れ、フォークに刺してガスコンロであぶるだけで、皮がむきやすくなる方法もあります。わざわざお湯を沸かしたり、冷水につけたりしなくていいので、手軽でおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

トマトの皮むき方法(2)ミニトマトの場合

続いてミニトマトの湯むき方法をご紹介します。ぐらぐらと沸騰したお湯のなかにヘタをとったミニトマトを入れ、皮がむけてきたらお湯からあげて、冷水の中に入れるだけで簡単に皮をむくことができます。

大量に皮を取りのぞいておいて、そのまま冷凍保存でストックしておけば、離乳食作りの下ごしらえが楽になりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

トマトの皮むき方法(3)冷凍するだけでつるっと簡単

ミニトマトの皮むきは、火を使わずもっと簡単な方法もあります。皮がついたままのミニトマトを水洗いして冷凍し、使う時に冷凍のまま流水で洗ったり冷水につけたりすると、皮がはじけてつるっと簡単に皮をむくことができます。

普通の大きさのトマトは冷凍し、電子レンジで解凍するだけで皮がむきやすくなるんですよ。トマトソース作りなどでまとめて使う時や離乳食を一食ずつ作るときなど、用途によって使い分けると便利ですね。

この記事に関連するリンクはこちら

一食分ずつ小分けに!おすすめの冷凍方法

トマトはそのまま冷凍保存できますが、解凍をすると食感が変わってしまうため、サラダのように生で食べる料理には向きません。離乳食用のトマトは、よく洗ったあと湯むきをして種をとりのぞきます。

裏ごししたペースト状のものを、製氷皿などに入れて冷凍保存することをおすすめします。大きなトマトがあったらまとめてトマトピューレにしてから冷凍しておけば、離乳食を作る時に手早く簡単に使うことができますね。

また、先ほどご紹介したように、たくさんミニトマトが手に入った時には一度にそのまま冷凍しておくのもお手軽です。

この記事に関連するリンクはこちら

必ず加熱調理を!電子レンジでの加熱方法は?

離乳食♪初期♪レンジで簡単♪トマト ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

生のトマトを食べられるのは1歳を過ぎる頃からです。離乳食初期は、しっかりと加熱調理をしてから与えましょう。よく洗ったトマトの皮をむき、種を取り除いて裏ごしして鍋で煮てもいいですが、1回分が少量のためレンジでの調理もいいですね。

トマト1/4カットのものであれば、耐熱容器に入れてレンジで約1分半加熱します。ドロっとした形状になればOKです。ご自宅にある電子レンジによって加熱時間は異なるので調節しながら行ってくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

トマトの調理に便利な調理器具をご紹介します

【1】裏ごし 小|貝印

手のひらサイズの裏ごし機

貝印 ステンレス 裏ごし ( 小 ) 12.5cm サビにくくお手入れしやすい Kai House Select DL-6266,離乳食初期,トマト,出典:www.amazon.co.jp

離乳食調理キットなどでも裏ごし器はついていますが、こちらの裏ごしは本格的な形でありながら手のひらサイズで収納にも便利です。ステンレス製でさびにくく、熱湯消毒もできるので、衛生的に使えていいですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 918
*ブランド:貝印(KAI)

商品の特徴
*サイズ:13.3×13.3×4.9cm
*素材・材質:側面/ステンレススチール、網/18-8ステンレススチール
*生産国:日本

口コミ

・離乳食用に購入しましたが、使い勝手のいいサイズでした
・食材をきれいに裏ごしできるので、とてもよかったです

【2】わけわけフリージングブロックトレー|リッチェル

少量ずつが離乳食にちょうどいい

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 1ブロック容量25ml,離乳食初期,トマト,出典:www.amazon.co.jp

一般的な製氷皿に比べて、ひとつひとつのくぼみが25mlと小さめです。ちょっとだけ使いたいトマトの裏ごしなどを保存するには大変便利なアイテムですね。

プラスチック製の製氷皿より柔らかい素材でできていて、冷凍しても一つずつ取り出しやすくなっています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 356
*メーカー:リッチェル
*サイズ:容量25ml

口コミ

・硬い製氷皿に比べると取り出しやすくて便利
・少量ずつ使いたい分、冷凍できるので使いやすい

離乳食初期におすすめのトマトを使ったレシピをご紹介!

トマトの好き嫌いを調査しました!結果は?

コズレの行った調査によれば、野菜の中でトマト・プチトマトが好きな子どもは25%(男の子:21%、女の子:30%)。嫌いな子どもは20%(男の子:19%、女の子:21%)という結果となりました!

好きな野菜ランキングの4位ですが、嫌いな野菜ランキングではなんと1位にランクイン。トマトは独特の酸っぱさがあるので、好き嫌いが分かれるのかもしれませんね。

子どもがトマトを嫌いという方は、以下でご紹介するレシピを参考に、いろいろな食材との組み合わせや調理法で克服してみましょう。

【1】離乳食初期 とまとかゆ

トマトのおいしさに初めて気づくメニュー

初めてトマトを食べる赤ちゃんにおすすめする、おかゆとトマトだけを使ったレシピです。作り方は、月齢にあったおかゆに裏ごししたトマトを乗せるだけ。

トマトの甘味と少しの酸味に、初めて食べる赤ちゃんはどんな反応をするでしょうか。トマトのおいしさに気づいてくれるといいですね。

作り方

1.トマトの皮は湯むきし、種を取り除く
2.月齢に合わせてトマトを裏ごしする
3.トマトをおかゆに乗せてできあがり

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食初期〜☆トマトミルク

トマトとミルクの意外な組み合わせ

離乳食初期の赤ちゃんは、新しい食材の味に慣れるまでに時間がかかったり、酸味のあるものが苦手だったりしますよね。そんな時におすすめしたいのが、大人ではびっくりの組み合わせの「トマト」と「粉ミルク」を合わせたトマトミルクです。

トマトの酸味が粉ミルクの甘味で食べやすくなる、栄養満点の一品です。トマト嫌いな子も粉ミルクの甘味で食べてくれるようになるかもしれませんよ。

作り方

1.トマトの皮は湯むきし、種を取り除く
2.粗みじん切りにし、小鍋で水と一緒に煮る
3.汁気が少なくなったら火を止めてから粉ミルクを入れ、ミルクが溶けたらできあがり

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食初期Ⅱ*トマトとかぶのだし煮風*

やわらかいかぶと一緒に食べやすく

こちらのレシピは、トマトと柔らかく煮たかぶを刻み、だしを加えた和風味の離乳食です。

かぶは火が通りやすく、やわらかくて食べやすいので、離乳食にぜひ使ってほしい食材です。トマトとの食べ合わせも良く、野菜をたくさん摂れるおすすめのレシピです。

作り方

1.トマトの皮は湯むきし、種を取り除き刻む
2.かぶの皮を厚めにむき、小さく切ってゆでる
3.ゆでたかぶを細かく刻む
4.トマトとかぶ、だし汁を混ぜてできあがり

【4】離乳食❤初期Ⅱ*豆腐とトマト(&おかゆ)*

たんぱく質も一緒に摂取

豆腐は手軽にたんぱく質を摂ることができ、調理しやすく離乳食に欠かせない食材です。やわらかく淡泊な味でよく食べてくれる赤ちゃんもいると思います。

こちらのレシピは、湯通しした豆腐にトマトを加えた栄養たっぷりなレシピです。消化吸収しやすい豆腐とトマトをあわせることで、赤ちゃんに必要な栄養をたくさん摂取することができます。

作り方

1.トマトの皮は湯むきし、種を取り除き刻む
2.豆腐をゆで、水切りをする
3.豆腐をフォークなどでつぶし、トマトと混ぜてできあがり

【5】離乳食*初期~完了期『トマトスープ』

電子レンジでできて手軽!

耐熱容器に材料を入れ、レンジでチンしてできる簡単トマトスープです。火を使わないので子どもから目がはなせない時も、パッと作ることができますね。

色々な食材を加えたら、このスープ1杯で栄養満点な離乳食ができあがります。レシピに記載の通り、月齢に合わせて食材の切り方を変えてください。初期はキャベツはみじん切ではなく、すり潰して入れてくださいね。

作り方

1.トマトの皮は湯むきし、種を取り除き刻む
2.刻んだトマト、キャベツ、しらす、野菜スープを耐熱容器に入れる
3.レンジでチンして水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがり

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食ゴックン期♪ブロッコリーのトマトスープ

トマトジュースを使って簡単に時短調理

離乳食ゴックン期♪ブロッコリーのトマトスープ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

下ごしらえ不要な食塩不使用・無添加のトマトジュースを使用し、簡単に作ることができるスープです。ブロッコリーはビタミンC、βカロテンの他、葉酸や鉄分なども豊富に含む栄養満点の食材なので、赤ちゃんにも食べさせたいですね。

作り方

1.鍋に湯を沸かし、ブロッコリーを入れ、3~5分程度やわらかくなるまで茹でる。花蕾部分だけを切り、きざむ
2.耐熱容器にトマトジュースとベビー用和風だしを入れ、混ぜる
3.2にブロッコリーの刻んだ花蕾部分を入れて、500Wの電子レンジで20~40秒くらい加熱する

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食初期♪小松菜&トマト煮☆

癖があって食べにくい小松菜はトマトと組み合わせるとGOOD!

離乳食初期♪小松菜&トマト煮☆ ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

栄養満点な緑黄色野菜の小松菜は少しクセがあるので苦手な赤ちゃんもいますが、プチトマトの甘味と酸味のおかげで食べやすくなりますよ。

作り方

1.小松菜は柔らかい葉の部分を使う。鍋に湯を沸かし、やわらかくなるまで長めに茹でる
2.茹でたら水気を絞って包丁で細かく刻み、すり鉢ですり潰す
3.プチトマトはヘタを取ってよく洗い、熱湯をかけて湯むきし、1/4サイズに切って種を取り、裏ごしする
4.鍋にすり潰した小松菜、プチトマトと少量の水を入れて弱火にかける
5.沸騰してきたらそのまま2~3分煮て、水分が少なくなったら完成

この記事に関連するリンクはこちら

【8】離乳食初期◎とまとスープがゆ

3種類の野菜を使って栄養満点!

離乳食初期◎とまとスープがゆ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

野菜の旨みがギュッとつまった栄養たっぷりのおかゆです。白菜とたまねぎでトマトの酸味が和らぎ、優しい味わいになりますよ。

ミキサーを使ってペーストにした状態で、それぞれの野菜を小分けして冷凍ストックしておくのがおすすめです。あっという間に作ることができますね。

作り方

1.トマトは湯むきして、適当な大きさに切り、種を取り除いてミキサーでなめらかにする
2.白菜とたまねぎは適当な大きさに切り、鍋で水から柔らかくなるまで茹でる。ミキサーでなめらかに
3.なめらかにすりつぶしたおかゆに3を混ぜたら完成

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食初期◎にんじんとトマトのスープ

食べるスープはいかが?

離乳食初期◎にんじんとトマトのスープ ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

にんじんとトマトの鮮やかさに赤ちゃんもびっくりのスープです。玉ねぎも入っていてお野菜たっぷり、トマトとにんじんの自然な甘みで赤ちゃんの食も進みそうですよね。

離乳食後期~完了期になれば、ひき肉を混ぜればミートソーススパゲッティにもアレンジ可能。味付けに気をつければ大人の食事と一緒に作れそうです。

作り方

1.トマトを湯むきしてミキサーにかける
2.玉ねぎとにんじんは皮を剥き適当なサイズに切って茹でる。ミキサーなどにかけてペースト状に
3.3つの野菜を混ぜ合わせれば完成

この記事に関連するリンクはこちら

【10】離乳食★ミニトマトペーストと冷凍

冷凍保存しておくのに便利な一品

離乳食★ミニトマトペーストと冷凍 ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

離乳食初期は食材を毎回のようにペースト状にするのが手間ですよね。しかもミニトマトとなると皮も硬いしサイズも小さいのでなかなか扱いづらいもの。時間のある時にまとめて作っておくと、お粥に入れたり他の食材と混ぜたりできて時短になりますよ。

作り方

1.鍋に水とミニトマトを入れて沸騰させ、皮が破けていたらOK。茹で汁は捨てないでおく
2.取り出したら皮と種を取り除く
3.ミキサーにミニトマトと茹で汁を入れてペースト状にする。ミキサーがない場合には、裏ごし器などでこす

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食初期☆ 豆腐のトマトソースがけ

豆腐と一緒にトマトを食べよう

離乳食初期☆ 豆腐のトマトソースがけ ,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

離乳食初期の6ヶ月頃から食べられるお豆腐にトマトソースをかけただけの簡単レシピです。アレルギーの心配がなければお豆腐は赤ちゃんにとって食べやすいタンパク源ですよね。

トマトのほどよい酸味と甘味、豆腐のクセのない味でまだ離乳食に慣れない赤ちゃんでも食べてくれそうです。トマトソースは、豆腐だけでなく色々な食材に混ぜたり乗せたりできるので便利です。

作り方

1.50ccの水と豆腐50gを耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱する
2.豆腐をスプーンですりつぶす
3.加熱したトマトの皮と種をとり、滑らかになるまですりつぶす
4.豆腐の上にトマトをかけて完成

この記事に関連するリンクはこちら

【12】≪離乳食 初期≫アップルトマト☆

トマトの酸味をりんごが和らげてくれそう

≪離乳食 初期≫アップルトマト☆,離乳食初期,トマト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

トマトには酸味があるので赤ちゃんが嫌がって食べてくれないというご家庭は、果物を混ぜてみてはいかがでしょうか?りんごなら優しい味ですりおろししやすいのでおすすめですよ。

どちらも鮮やかな赤色をしているので、赤ちゃんも「おっ!これはなんだ?」と興味津々で食べてくれそうですよね。離乳食中期、後期に入ってくればおやつとしても活用できそうなレシピです。

作り方

1.ミニトマトを湯むきする
2.りんごは皮を剥いてすりおろし、さらにミキサーにかけてペースト状にする
3.ミニトマトもミキサーにかけてなめらかにする
4.お皿にきれいに盛り付けたら完成

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

離乳食初期に使えるトマトについてご紹介しました。トマトが食べられるようになると、中期以降ひき肉と合わせてミートソースにしたり、それをかけてミートソーススパゲティにしたり、ハンバーグソースにしたりとレシピの幅が広がりますよ。

一度にたくさん下ごしらえをして冷凍しておけば、調理する時の時間短縮をすることができます。栄養も豊富なので、ぜひ初期から食べさせてあげてくださいね。
(文書作成:maa)

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。