「健康」の記事(874件中 2ページ目)

子供が感染しやすいといわれている溶連菌。お子さんが感染してしまった場合、同居家族も外出を控えるべきなのか、また、大人にも...
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群という病気になった場合、入院ではどのような対応になるのでしょうか。専門家に相談してみました。
子どもの病気というイメージが強い溶連菌ですが、大人でも感染する場合もあります。今回の相談者は30代の女性です。溶連菌を発...
ここ数ヶ月、おりものが魚の生臭さのような臭いを発しているという悩みが寄せられました。原因と対策、病院に行く必要の有無につ...
妊娠中は、さまざまな身体のトラブルが起こりやすいですよね。代表的な病気が、「妊娠糖尿病」です。妊娠中に糖尿病になってしま...
子どもが風邪を引き小児科を受診すると、溶連菌感染症だといわれることがあります。子どもが毎年のように溶連菌に感染していて、...
デリケートな女性の身体ですが、おりものに茶色い塊が混ざるのは何が原因なのでしょうか。今回の相談者さんは30代の女性です。...
おたふく風邪にかかると、熱や痛みで辛い思いをするのでワクチンで予防する子どもいます。しかし、予防接種をしたのにおたふく風...
学校ではおたふく風邪が流行っていたが、受診すると普通の耳下腺炎と診断された男の子についての相談です。おたふく風邪と耳下腺...
赤ちゃんの肌は、非常にデリケートでスキントラブルを起こしやすいです。今回の相談者はアトピー性皮膚炎だったため、わが子もア...
予防接種を受けていても、抗体が減ることはあるのでしょうか。今回は、病院で風疹抗体価の低下を指摘されたママからの相談です。
溶連菌感染症は子どもが感染しやすい感染症の一つで、高熱や喉の痛みなどが特徴的な症状です。子どもの身体中に湿疹が出て病院へ...
株式会社TokyoMarketers(代表取締役社長:竹内太郎/住所:東京都港区西新橋3-17-7)は、妊活・妊娠中の方...
幼児期に感染しやすい病気はいくつかありますが、水ぼうそうもその一つです。今回は、2人の子どものママからの相談です。2歳と...
デリケートゾーンの黒ずみは、刺激や摩擦に弱いために起こります。デリケートゾーンは、一度黒ずんでしまうと元には戻らないので...
生理は毎回規則的とは限らず、時に遅れたり早まったりすることもあります。生理が終わってまだ10日なのに突然の出血があり、何...
膀胱炎に感染したら、いつ受診するのが良いのでしょうか。今回は40代の女性からの相談です。毎年膀胱炎になるという相談者です...
膀胱炎は繰り返すと言われますが、本当なのでしょうか。今回は30代の女性からの相談です。昨年膀胱炎になった相談者ですが、治...
おりものの異常は女性特有の悩みですよね。今回の相談者さんもその1人で、生理前に限らず臭いが気になり、何か問題があるのでは...
一度なってしまったら、一生つきあわなければいけないとも聞く花粉症。幼い子どもが花粉症になってしまったら、もう一生治らない...
鼻の頭にできるデキモノのひとつに「面疔(めんせつ、めんちょう)」がありますが、子どもにもできるものなのでしょうか。今回の...
突発性発疹は生後半年から2歳までにかかることが多く、急な発熱や全身の発疹に驚くママも多いようです。突発性発疹と単なる風邪...
第2子妊娠中に進行流産を経験し、その後基礎体温が以前のように安定しないという悩みが寄せられました。原因と対策について、専...
性器ヘルペスにかかり、症状が落ち着いた後も細菌性膣炎を繰り返しているという妊婦さんからの悩みが寄せられました。この病気と...
株式会社イシュア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井誠二)は、0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケア新ブラ...
気管支炎は抗菌薬でなければ治らないのでしょうか。今回は15歳の男の子についての相談です。小さい頃から風邪を引くたびに咳が...
3人に1人がかかっており、今や国民病ともいわれる花粉症。自身も長年花粉症に悩み、我が子も花粉症になってしまったのではない...
「小児科選びについて教えてください」というママの悩み・疑問に対する先輩ママパパのアドバイスをご紹介します。妊娠中・子育て...
耳掃除をなかなかさせてくれない5歳児について相談がありました。耳垢がたまると耳の病気になるのか、耳鼻科で耳掃除をしてもら...
8歳児の歯列矯正開始のタイミングについて質問がありました。ママの経験から、子どものうちに矯正すると、大人になって元に戻っ...