ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎

「ウイルス性胃腸炎」の記事(16件)

感染すると激しい下痢や嘔吐などの症状が現れるロタウィルスですが、予防接種で感染を防ぐことが出来るようです。ロタウィルスワ...
ノロウィルスは、感染すると激しい下痢や嘔吐の症状が現れます。嘔吐物には強い感染力を持ったウィルスが含まれるため、後処理に...
ウイルスによる胃腸炎。大人も心配ですが、抵抗力の弱い子どもや赤ちゃんがいると不安は倍増します。感染予防の効果的な方法には...
妊娠中の病気の感染には、特に気をつけたいものです。りんご病がうつらないかと心配している妊婦の相談者さんに、看護師さんたち...
水いぼの原因は「伝染性軟属腫ウイルス(ポックスウイルス)」という、ウイルスです。中に白い芯のようなウイルスの塊が入ってい...
溶連菌感染症は、溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)という細菌によって起こる感染症です。主にのどに感染後、咽頭炎や扁桃炎、猩紅...
マイコプラズマ感染症の潜伏期間は、1~4週間です。咳や発熱、咽頭痛、腹痛、下痢、嘔吐など風邪のような症状がゆっくり現れま...
一般的に夏かぜといわれるのは「ヘルパンギーナ」「手足口病」「プール熱」で、それぞれウィルスが原因でおこります。ウィルスと...
ヘルパンギーナは夏から秋にかけて主に乳幼児の間で流行する夏風邪の一種です。ヘルパンギーナの特徴は、39~40℃の急な発熱...
手足口病は、その名前が示すように、手のひらや足の裏、口の中の粘膜などにブツブツした発疹や水泡が現れるウイルス性の感染症。...
  • 1