端午の節句

端午の節句

端午の節句とは7歳くらいまでの男の子が5月5日に身を守り、男子の成長や立身出世を願って鎧兜を飾り鯉のぼりを立てる行事です。場所は、自宅で行います。武将にとって自分の身を護る大切な道具であったことから、「身体を守る」という願いを込めた五月人形を飾る、鯉は非常に生命力の強い魚ということから、こどもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにと願って鯉のぼりを立てるといったことを行います。服装に関して、明確な規定は特にありません。食べ物に関しては、縁起が良いことからちまき、柏餅、ブリの照り焼き、カツオのたたき、筍の煮物、ちらし寿司、手巻き寿司を食べます。初めてのことは誰でもドキドキですよね。子育てをもっと楽しくする「cozreマガジン(コズレマガジン)」では、端午の節句を経験したことのある先輩ママパパの体験談や、便利グッズなどを紹介しています。7歳くらいまでの子ども持つママパパのために「cozreマガジン(コズレマガジン)」では様々な記事を掲載しておりますので、さらに幅広く詳細な情報をお求めの方は以下の記事をご覧ください。

「端午の節句」の記事(19件)

家族に我が子が新しく仲間入りすると、イベントごとが増えてきますよね。第一子は親もはじめての体験ばかりなので、わくわくする...
もうすぐ子どもの日、端午の節句ですね。端午の節句は、男児の健康と出世を願うもので、江戸時代に始まったとされています。端午...
男の子がいる家庭では、兜飾りや鯉のぼりがお目見えする季節ですね。ゴールデンウィークの祝日の一つであるイメージが強いこども...
もうすぐこどもの日、端午の節句ですね。端午の節句は、鯉のぼりを揚げ、かぶとや大将人形といった五月人形を飾り、男の子の健や...
初節句とは、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことで、女の子なら3月3日に行われる桃の節句、男の子なら5月5日に行われ...
5月5日は「子どもの健康と成長を願う」子どもの日ですね。最近は住宅事情で家に鯉のぼりがないお宅が増えてきました。そこで今...
5月5日は子どもの日。子どもの日に兜を飾るのは、「子どもを災害や事故、病気から守ってくれますように」「健やかに育ちますよ...
今回は、「兜」の折り方を動画でご紹介します。とっても簡単です!新聞紙などの大きな紙で作ると、実際に頭にかぶる事もできるの...
男の子の大事なイベントといえば5月5日の端午の節句「こどもの日」。こどもの日といえば、鯉のぼり、五月人形と兜、ちまきが思...
5月5日はこどもの日。こどもの日は「端午の節句」といって男の子の誕生と成長を祝う習わしがありますね。菖蒲の節句も言います...
五月晴れの空に悠々と泳ぐ鯉のぼり。日本ならではの風物詩ですね。でも、鯉のぼりって、いつごろから飾られるようになったのでし...
端午の節句といえば、凛々しくカッコいい「兜飾り」ですよね! でも…なんで兜を飾るの? どんな兜を選べばいいの? 兜飾りの...
5月5日の「端午の節句」は、男の子の健康と成長を願う大切な伝統行事です。でも…「端午の節句」ってどういう意味? いつから...
26年間で5000人以上の幼児とその両親を指導し、将来につながる教育をしてきたメリーランド教育研究所が、小学校受験にまつ...
端午の節句、すなわちこどもの日に欠かせないアイテムと言ったら、やっぱり柏餅ですよね。もちもちとした食感にさわやかな柏の葉...
5月5日は「こどもの日」です。自宅でこいのぼりを毎年あげる人もいるかと思いますが、都心のマンション住まいの人などはこいの...
「こどもの日」といえば、子どもの成長を願って飾るのが定番の兜や鎧。様々な由来がありますが、みなさんご存知でしょうか。おう...
手先の巧緻性を追求するには、一番はやはり折り紙。子どもにとって折り紙は知的な発育を促すとともに、将来の器用さや丁寧さを養...
5月5日、端午の節句は子ども達の健やかな成長と子孫繁栄を祈る古くからの伝統行事です。これから体も心も元気に育ってもらいた...
  • 1