妊娠の基礎知識

妊娠の基礎知識

妊娠の基礎知識とは、初期〜後期における妊娠に関する基礎知識のことです。母子の状態としては、妊娠をすると母親の胎内で10ヶ月をかけて胎児が発育・成長する。胎児である赤ちゃんは母親のへその緒をとおして栄養や酸素を供給する。お母さんのからだの具体的変化としては、妊娠を維持するために必要であるhCGホルモン、プロゲステロン、エストロゲン、といったホルモンの分泌量が増す。、子宮が大きくなったり乳腺が発達して乳房が大きくなり、出産のためのエネルギー源が脂肪となるため体全体がふっくらする、子宮が大きくなることでより多くの血液量を必要とするため心拍出量が最大30〜50%増加する。24週くらいで最大となり30週くらいまで持続する。といったことが挙げられます。また、この時期の赤ちゃんは、妊娠2か月ころ心拍が確認できる、安定期に入ると手足を活発に動かすようになる、妊娠後期になると赤ちゃんとして成熟してきていつでも母体から出られる準備が整うといった変化が見られます。この時期はお母さんにとっても、赤ちゃんにとっても大切な時期ですので、流産や早産の原因になたり胎児性アルコール症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があるため喫煙、アルコール摂取は控える、妊娠中は赤ちゃんにカルシウムがとられるため虫歯になりやすいので歯の治療は早めに済ませておくといったことに気をつけることが必要です。妊娠には期待と同様に不安も伴います。「cozreマガジン」では、妊娠・出産を経験した先輩ママや、側で支えたパパたちが記事を投稿していますので、きっと耳寄りな情報をご覧になれることでしょう。妊娠の基礎知識の情報について気になる記事がありましたら、是非以下からご覧ください。

「妊娠の基礎知識」の記事(373件)

妊娠初期から、血便と腹痛が多い|専門家の見解
妊娠中に特に注意しなくてはならないのが、出血や腹痛など身体の変化です。今回の相談者さんは、妊娠してから便に血が混ざるよう...
産後、以前より月経周期が短くなった|専門家の見解
生理周期には個人差があり、出産を機に変化することもあるようです。妊娠前よりも生理周期が短くなり、ピルの服用も考えているが...
みんなのエコー写真まとめ|妊娠週ごと、男の子女の子別がわかる
コズレでは、「第1回コズレエコー(超音波)写真コンテスト」を行ったところ、たくさんの読者の皆さんの妊娠中のエコー写真の画...
妊娠中の冷えと火照り、どうすれば治る?|専門家の見解
妊娠すると、普段とは違う身体の変化に戸惑うことも多いものです。今回は、妊娠してから身体の冷えや火照りなどの体温変化に悩ま...
妊娠中の血行不良は赤ちゃんに影響する?|専門家の見解
妊娠中期以降は、日増しにお腹が大きくなるため、座る姿勢や寝る体勢で悩む人が多いようです。ママの姿勢や寝る体勢でお腹が圧迫...
妊娠中に処方された便秘薬…赤ちゃんに影響ない?|専門家の見解
妊娠中の薬の服用は、赤ちゃんへの影響が気になるものです。今回の相談者さんは、酷い便秘に悩まされ病院で薬を処方されたものの...
妊娠中に便秘薬で下痢に・・・飲み続けて大丈夫?|専門家の見解
多くの妊婦さんを悩ませる症状の一つとして、便秘があります。今回の相談者さんも妊娠中に酷い便秘になり、病院から便秘薬(緩下...
妊娠中、暑くても冷たいものや冷房はよくない?|専門家の見解
妊娠中でも、暑い季節は冷たい飲み物を飲みたくなります。身体を冷やしてはいけないと言われる理由を知りたいと言う相談に対し、...
卵管が細いと診断…このままでも妊娠できる?|専門家の見解
卵管が細かったり片側が詰まっていても、妊娠できるのでしょうか。卵管を広げる手術があるといいますが、どの程度効果があるのか...
体外受精の成功率は高い?排卵時に痛みはある?|専門家の見解
体外受精は、どの程度の成功率があるのでしょうか。今回は、40代の女性からの相談です。長年不妊治療に励んできた相談者さんで...
高温期が長く排卵日がわからない。原因はストレス?|専門家の見解
正常に排卵がある場合の基礎体温グラフは、高温期と低温期の二相に分かれています。高温期は、黄体ホルモンの働きにより14日~...
戌の日の安産祈願はいつ行う?腹帯や服装はどうする?[調査]
赤ちゃんを授かってから初めての行事が戌の日の安産祈願です。妊娠5ヶ月目の戌の日に寺社で行うのが一般的とされていますが、詳...
赤ちゃんの性別を知ることなく検査を受けるには?|専門家の見解
産まれるまではおなかの赤ちゃんの性別は知らせてほしくない、という妊婦さんから相談が寄せられました。前もって医師に言ってお...
2人を順調に出産、なのに3人目は子宮外妊娠?|専門家の見解
2人の子どものママから、3人目を子宮外妊娠したという相談が寄せられました。次の妊娠でまた子宮外妊娠する可能性はあるのでし...
赤ちゃんの発達に!プレママ&ママが摂りたい意外な栄養素とは?
葉酸やカルシウム、鉄分など、妊娠中や授乳中のママが摂っておきたい栄養素にはいろいろなものがありますよね。中でも摂りにくく...
胞状奇胎の症状は強いつわり以外にも!治療法や次の妊娠は
異常妊娠のひとつ「胞状奇胎(ほうじょうきたい)」の症状や治療法、次の妊娠の可能性についてドクター監修の記事で解説します。...
放置すると10kg以上になることも!?子宮筋腫の原因と症状
子宮筋腫とはどのような病気なのか、その症状や原因について説明します。また、閉経後に子宮筋腫はどうなるのかについてもお話し...
子宮筋腫と妊娠の関係
妊娠してから子宮筋腫がはじめて発見されるケースと、妊娠を望んでいるのに子宮筋腫が原因で不妊になっているケースがあります。...
マタニティヨガはいつから?ウェアや本、DVDもご紹介
妊娠期にはさまざまな体の変化が起こります。便秘や腰痛やこむらがえりなど、これまでとは違ったことが多くてストレスも溜まって...
妊婦の過食嘔吐の胎児への影響
過食嘔吐がある状態で妊娠すると、出産時や胎児への影響はあるのでしょうか。以下で解説します。(監修:矢追医院院長矢追正幸先...