Q.やってよかった「妊娠中の運動」のうち最もおすすめは?以下の質問についてもお答えください!

・具体的な運動内容
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・妊娠月
・どのような点がやってよかったと思ったか
・いつからはじめて、いつまで行ったか

A.やってよかった「妊娠中の運動」は、「ウォーキング」が51%!

グラフ,妊娠中の運動,

コズレ会員のみなさんに「最もおすすめの妊娠中の運動」についてアンケートを行った結果、

・1位:ウォーキング(51%)
・2位:マタニティヨガ(30%)
・3位:マタニティスイミング(4%)
・4位:マタニティピラティス(2%)

という結果になりました。 以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=348)

A.やってよかった「妊娠中の運動」は、ウォーキング!

akisaya92さん

里帰り出産だったので、実家に帰ってからは家事などをすることもあまりなく、時間があったので、毎日1時間ほど歩いていました。それが理由かはわかりませんが、予定日よりも早く、出産にかかった時間もとても短く済みました。

匿名さん

朝と夜に散歩を取り入れたりマタニティヨガで使わない筋肉をほぐしたりしました。ウォーキングは27週を越えた辺りから毎日継続して続けています。下半身のためにスクワットもできる範囲内で無駄な脂肪がつかないよう気をつけてます。

匿名さん

妊娠初期から始めて妊娠9ヶ月の今でもやっている、近所の浜辺をウォーキング。とてもリラックスできて、浮腫や張りなどを気にかけながら、ゆっくりと。動かないより、昼間や涼しい時間に動いていると、1日の気分がいい。

匿名さん

仕事が営業ということもあり、1日1万歩を目指して歩く事を意識していました。妊娠中は動くこともキツく、運動不足になりがちですが仕事を利用してウォーキングする事はとてもいい運動になり、一石二鳥な感じがします。

匿名さん

お腹が張るときは休みましたが歩いた方が気分が良くなりました。旦那さんにも協力してもらい朝や夕方の気候が良い時に一緒に散歩してました。臨月は動いた方がいいと聞くので引き続き散歩は続けていきたいと思います。

匿名さん

歩くことが好きだったので、散歩がてら主に夕方にウォーキングをしていました。たまに遠回りをしてベビー用品店に寄って買い物もしたり…。天気の悪い日や体調の優れない日はストレッチやスクワットをしていました。

匿名さん

妊娠初期から産まれるまで主人と出掛けたり、一人でショッピングしながら散歩したりで二人の時間や一人の時間を楽しめた。入院以外の時は、常にどこか歩いていた。ストレス解消、おいしいものが食べられることがうれしかったです。

匿名さん

自分の運動にもなるし、ウォーキングが良いと聞いたので調子が良い日は20~30分くらい、少なくとも10分はゆっくり時間をかけてウォーキングしてました!あとはYouTubeなどで動画をみて自宅で出来るようなマタニティヨガのポーズや簡単なストレッチをしてました。

匿名さん

ウォーキングは妊娠前から始めました!昼ウォーキングです。昼ごはんを食べたあと職場の同僚と一緒にウォーキングしています。

一緒に歩いてくれる人が居るのと居ないのでは、モチベーションが全然違います!ちょっと行きたくない時も頑張れます!妊娠後期に向けて継続したいと思います。

匿名さん

安定期に入り、食欲が出てくると体重増加が気になり夜の涼しい時間にウォーキングを始めた。妊娠して仕事も制限することによってなかなか動くことがなくなってる上に食欲もあったので少しでも体を動かしたくウォーキングをしました。時間を決めて無理せずすることで、続けることができています。

匿名さん

・ウォーキング
・商品名:特になし
強いて言えばiPhoneに入ってる歩数を測れるヘルスケアアプリ
・妊娠8ヶ月
・妊娠期間が夏だったので、まだ暑くなりすぎない早朝に夫と一緒にウォーキングをしました。朝から気分転換になってよかったです。
・妊娠8ヶ月から始めて、できるところまでやろうと思います

匿名さん

朝と夕方で30分ずつ、長い時は1時間ずつくらいのウォーキングをする事で、体重管理も楽になりましたし、つわり中に落ちた体力も無理なくつけられたと思います。つわりが終わると今度は食欲が出て体重の増加があったので、なるべく病院で言われないように注意していました。

匿名さん

ウォーキング
登山用シューズ
つわりが終わった4ヶ月頃から臨月まで

体重管理が楽だった
部屋にこもることがなく、ストレス発散できた
無事に何事も問題なく臨月を迎えることができた
つわりが終わった4ヶ月頃から臨月まで

匿名さん

双子妊娠のためそこまで運動はできませんが、なるべくウォーキングを早朝してます。8ヶ月超えると体への負担が大きいためなかなかすることはできませんが、体重増加を抑えることができます。5ヶ月から8ヶ月までしました。

匿名さん

出産は思っていた以上に体力を使った。足腰を鍛えておいた方がいいと思った。

手っ取り早くウォーキングだけはしていたけど、産後すぐは筋肉痛がすごかった。マタニティヨガとかも機会があればやっておくといいと思う。

匿名さん

私は妊娠5ヶ月くらいで、体重制限がかかってしまい、妊娠前から+8キロまで太ってしまいました。医師からも、運動をすすめられましたが、5ヶ月を過ぎた後もつわりがあったことと、真夏だったこともあり、ヨガや水泳には参加できずだったのです。

ですが、唯一できたことは、食材を買いに行くスーパーをあえて大きなショッピングモールにして、その中を1階から3階まで休憩し涼みながらウォーキングをしていました。2日に1回、3キロほどウォーキングをはじめることで、体重が減ることはなかったですが、急激に増えることがなくなりました。

早いうちから、ウォーキングをしたらよかったなと思っています!特に夏の暑い日は、少し歩いただけでも、フラってするママもおられると思うので、涼みながら、カロリー消費できるからおすすめです。

あとは食事バランス大切ですよね!笑。ですが、妊婦に限って、炭水化物などを多く摂取したくなりますよね!笑。

妊娠高血圧や糖尿病に気をつけて、楽しみながらママライフを楽しんでください。ありがとうございました。

匿名さん

・ウォーキング
妊娠安定期と、臨月に行いました。
・安定期には近所の公園を1時間ほど。食べづわりで太り気味だったが、安定期過ぎのウォーキングで体重が落ち着いた。
・臨月にウォーキングを朝30分・午後30分毎日して、予定日通りに産まれてくれた。

匿名さん

安定期ウォーキングして体重管理した。今妊娠後期だが体調は良いので週末は歩くようにしている。約30分ほど歩くと自分にはちょうどいいです。

ただお腹が張りそうになる時はちょっとゆっくり歩いたり休んだりします。今はとても暑いので無理に外には日中出ません。夕方などちょっとでも日がかげった時や時間を工夫してなるべく自宅にこもらないようにしています。

匿名さん

安定期に入った頃からウォーキングとスクワットを始めた。体重増加しないようにと、お産が進み楽になるように始めた。

ウォーキングは暑くなるとあまりできなかったが、スクワットは家のなかで出来るので、少しだが無理しないように行った結果、初産にもかかわらず、妊婦健診の際には、臨月に入った頃には子宮口の開きが進んでおり出産当日も早く進んだ。

a2018さん

妊娠中は出産予定日の2ヶ月前まで立ち仕事の仕事をしていたので、運動不足にはなりませんでしたが、産休に入ってからだらだらと家で寝て過ごすことが多くなり、階段の上り下りなど動くのが辛くなりました。

そこで、出産予定日1ヶ月半ほど前から近所をメインにお散歩程度ですがウォーキングをし始めました。何も購入などの準備がいらず、お天気次第で気軽に始められるのでよかったです。

匿名さん

妊娠初期を過ぎたあたりから。体調が落ち着き始めたら。

やはり運動をしないと体力が落ちてしまうため、生まれたあとのことを考えると体力が必要だと思うので、それの備えにも歩くのは大切だと思います。体を動かすことで気分転換にもなりマタニティーライフを楽しく過ごせる。

匿名さん

妊娠中はつわりがなくなってから食べれる喜びの反動でたくさん食べるようになり、一気に体重増加してしまいました。急な体重増加を防ぐためにウォーキングを始めましたがストレス発散にもなり主人も一緒に協力してくれてとても楽しくできました。

匿名さん

妊娠8ヶ月頃から、毎朝主人と45分ほどウォーキングをしていました。自分は安産の為、主人はダイエットや健康の為。35週頃まで続けていたと思います。

お腹が大きくなることで段々とペースはゆっくりになっていきましたが、主人にいたわってもらえました。ウォーキングのお陰で1人目でも4時間で出産の安産でした。息子も早寝早起きの習慣がついており朝型に育ってます。

2人目の時は上の子がいたためゆっくりウォーキングする時間をとることが出来ませんでした。その為か8時間と1人目より時間がかかりました。

朝もゆっくり眠る女の子。それぞれの性格もあるとは思いますが、朝のウォーキングはやってて良かったと思いました。

匿名さん

妊娠前と変わらない食事量を取っていました。好きな時に好きなだけ食べ…もちろん栄養は考えていましたが…。

でも妊娠して仕事を辞めて家に引きこもるようになり、1日の運動量がぐっと減ってしまい、便秘にもなり、1ヶ月で体重が5キロも増えてしまいました。それからは毎日涼しい時間にウォーキングするようになり、体重も安定してきました。

siraaさん

普段は自転車で通勤していましたが妊娠を期に徒歩通勤に。徒歩片道20かけて朝と夕方ウォーキングをしていました。悪阻があるときは公共機関を使っていましたが涼しい時間帯のウォーキングはリフレッシュにもなりました。

匿名さん

5ヶ月の安定期に入ってから、歩ける時は30分ほど、無理せずに休憩を挟みながら続けました。暑い時期に入ってからは、水分補給もより大切にして、涼しい時間帯に短時間だけ歩きました。外に出るだけでもリフレッシュできます。

匿名さん

お金もかからず、自分の好きな時間にできるウォーキングを日々の運動としていました。ヨガやジムに通うとなると時間が決められているので、その日の体調や気分で行けないこともあります。

でも「お金も支払っているし行かなければならない、もったいない」という強迫観念にも襲われて私には合いませんでした。

その点ウォーキングは自分のペースで行えるし、産後に子どもを連れて行けそうなお店をリサーチしたり、遊べそうな公園を見つけたりと、近所なのに新しい発見がたくさんあり楽しめました。

A.やってよかった「妊娠中の運動」は、マタニティヨガ!

匿名さん

妊娠中期からYouTubeのマタニティヨガを見ながらやっていた。好きな時間にできて体調を見ながら自分のペースで進められるので楽でした。ポーズなどあっているか不安もあったので産院で開催しているマタニティヨガにも参加しました。

匿名さん

もともとヨガがすきだったのでストレスも解消となり落ち着いた時間をすごせた。初期から出産ギリギリまで通っていた。

運動で早まるなどと聞くが私の場合そちらには効果がなく結局一週間おくれ大変なお産だった。でも体力もとてもつくのでおすすめだ。

匿名さん

妊娠後期手前で妊娠糖尿病の疑いがあると再検査になりました。それまで運動もせず、食べたいものを食べたいだけ食べていたので反省し、youtubeで見られるマタニティヨガをやった所浮腫みも減り、とても良かったです。

匿名さん

産科で開催してるマタニティヨガに7ヶ月頃に参加して身体は固くてすごく不安でしたがとても、説明も優しくて入りやすかったです。参加が遠いので頻繁には参加できませんが、家でもできるマッサージやヨガなどを教えてもらい出産まで続けて行く予定です。

匿名さん

私自身が、ヨガインストラクターをしていたので妊娠中も自身で勉強したり、スポーツクラブでマタニティヨガをしていました。

何かと環境が変わり、イライラしたり食欲が湧いたり落ち込んだり…起伏が激しかったのですが、深い呼吸や体を伸ばすポーズで精神面も体の面もリラックス出来たと思います。元々が腰痛持ちでしたが、妊娠6ヶ月の今は特に腰痛で悩まされることなく順調に成長してくれています。

匿名さん

現在、1人目が2歳2ヶ月の女の子、2人目が妊娠9ヶ月のママです。1人目を妊娠しているときは仕事をしていて、管理職で残業も多くハードだったので、旦那の強い希望もあり、早目に産休をとりました。

旦那さんの実家とかなり近くに住んでいたため、色々と甘えられる環境が揃っていて、仕事をしなくなった途端にブクブク太ってしまいました。天気と体調が良い日には、たまに散歩に出る事もありましたが、楽しさを見出せず…。

産院でカロリー制限される事もありましたが、出産直前は特に注意を受ける事もなく、無事に出産となりました。産後もほぼ母乳だったので、「赤ちゃんの為にたくさん栄養とらなきゃ」という母親たちの言葉にまた甘えてまた気にすることなく食べました。

相変わらず運動もろくにせず、戻ると思っていた体重は増えていきました。そんなこんなで、気付いた時には簡単に痩せられない体が出来上がってしまいました。

今では後悔しかなく、2人目の妊娠をキッカケにマタニティヨガをしています。長女がいるため連れて散歩に出るのは大変なので、家でできるヨガにしました。

娘も真似してポーズをとったりしてかわいいし、YouTubeなので再生や停止も自由で自分のペースでできて、うっすら汗もかけるので非常におすすめです。後悔する前に自分に合った運動を(ダイエットや安産のために)見つけてほしいです!

匿名さん

体調が安定すると運動したくなり、役所主催のマタニティヨガに参加しました。おなかが出てきて、前かがみになりがちな姿勢を正したり、圧迫を恐れて避けていた姿勢ができたりと、専門の先生の指導の元で運動ができて、身体もこころもリフレッシュできました。

呼吸が出産時にも役にたつということで、マタニティヨガを中心に運動しています。

匿名さん

マタニティヨガに行って身体を動かす、整骨院、骨盤調整、ウォーキング、自宅にて腰のマッサージ、天然水を飲むこと、産婦人科での先生のアドバイスをよく聞くこと、お風呂で半身浴すること、早く寝て早く起きること

匿名さん

妊娠中期から後期にかけて行いました。気分転換にもなりますし、ママ友もできるのでおすすめです。お産に向けての体力づくりは大事と先輩ママからアドバイスをもらっていたので、体調と相談しながら行うのがいいのかな、と思います。

匿名さん

冬で引きこもりがちになってしまっていたので、元々やっていたヨガをマタニティヨガに変えて続けました。体重管理はできていたかどうかは微妙なところですが、(結局食事がメインになると思うので)とてもリフレッシュでき、気分転換にとても良かったです。心の健康にはおすすめします。

匿名さん

ピラティスの勉強はしていたので、抵抗なくヨガもすることができました。ほかの人と一緒に運動するのは好きではなかったので自分でアマゾンプライムでヨガのdvd を購入して時間がある時に行っていました。

ヨガはゆっくりと動くと同時に呼吸が大切という事で終わった後にスッキリする感じが得られて良いと思います。

匿名さん

絶対安静だったので動くことは出来ず、初期を過ごしました。中期に入り安定してきたのでウォーキングを始めましたが、歩くと必ず張るのでウォーキングも控えることになりました。

やはり体の衰えが気になったので、ほぐすような優しいヨガを始めました。すると体がとても楽になりました。

匿名さん

出産する病院でやっていたマタニティヨガのレッスンや母親学級は参加して本当に良かったと思います。ネットでの情報もありますが、実際詳しく教えてもらえ、出産に対して不安が大きかったけど、楽しみがより増えました!

匿名さん

通っている産院で毎週開催されているので安定期の5ヶ月目から参加しています。妊娠中は動かさない方がいいところや、動かした方がいいところを細かく指導してもらえるのでとてもためになります。家にいるだけではなかなか動かないので、参加することで運動不足解消を心がけています。

匿名さん

マタニティーヨガはマタニティースイミングなどと違って、道具なしで始められるから良かったです。自宅でYouTubeなどで動画を見ながらやった。1人目出産の時から暇な時に運動するようにしました。

ウォーキングも道具なしでできるが天気などに左右されたりするので、室内でできるマタニティーヨガはおすすめです。産後も続けて行こうと思います。

匿名さん

自宅のリビングで、もともと持っていたヨガマットを引いて、マタニティヨガのユーチューブを検索して手本に5ヶ月から8ヶ月くらいまで続けました。気持ちが落ち着き呼吸も深くなって気持ちがよかったです。カラダも柔らかくなったと思います。

安定期に入ったあと月2回マタニティーヨガを始めました。運動不足で肩こり、腰痛、むくみなど身体の不調があったのですがヨガに行くとスッキリして気持ちもかなり良くなりました。近所のヨガ教室だったのですが回数制で一回1500円と通いやすく他の妊婦さんと交流もできて良かった。

A.やってよかった「妊娠中の運動」は、マタニティピラティス!

匿名さん

妊娠前からやっていたが、安定期に入り無理のない範囲で行っている。それにプラスして産院のマタニティビクスにも数回参加している。

つわりで体重増加が増えすぎていたが運動のおかげで何とか増えすぎないようキープしている感じ。それに腰の痛みや、ひざの痛みがなく今のところ体のつらい部分がない。

匿名さん

産院でマタニティピラティスのクラスがあり、興味があったので妊娠7ヶ月で受講しました。定期的にスポーツをやっていたのでそれなりに自信があったのですが、体重増加や筋力減少で、体幹を中心に運動するピラティスはキツく感じました。

運動後は、むくみが良くなったり、腰痛が軽減したりして、とても良かったです。期間は、妊娠7ヶ月~臨月まで行いました。

匿名さん

ピラティススタジオに通ったのは妊娠8~9ヶ月頃でした。それまでは仕事が忙しく、できませんでした。マンツーマンで1回あたり1時間のレッスンでした。

2ヶ月の間に4~5回くらい行ったと記憶しています。マタニティピラティスに詳しい先生が、私の状態に合わせて指導してくれたので良かったです。

A.やってよかった「妊娠中の運動」は、マタニティスイミング!

匿名さん

私は6ヶ月越えてスイミングを始めました。スイミングは夏を越す妊婦にぴったりです。ただ水中で足をバタバタしたり、ウォーキングするだけで、全身運動になり、むくみが取れました。

また主人の肩を持ち足を平泳ぎの形で足を動かしながら、泳いでいました。現在8ヶ月ですが、無理ない程度に続けており、スイミング中は赤ちゃんも気持ちいいようでたくさん反応を見せてくれます。腰の負担も軽減されます。

ラテチャンさん

とにかく身体が軽く感じる水の中、とても動きやすく、楽しかったです。安定期頃からプールを始めました。

無理をしない程度に、自分のペースで動けるのでうれしかったです。臨月に入るあたりからはスイミングではなく、軽い下半身のストレッチだけ、するようにしました!

匿名さん

出産の呼吸法を教えてくれたり、定期的に通うことで運動不足が解消された。また、2人目出産経験者の方もいたので、実際の出産エピソードや事前に揃えておいた方が良いことなど、リアルな意見を身近に聞くことができた。

匿名さん

16週に入ってからジムのマタニティアクアに行っています。クラスが週に2回あって、1日は結構激しく動くタイプ。プールの中でエアロビやウォーキングをします。

もう1日はプールの中で少し強度が緩めのエアロビとウォーキング、最後の数分は浮具を使ってプールにプカプカユラユラ浮かんで自分の呼吸を感じます。5回分のチケットで10000円少し、1回1時間。クラスが始まる前に助産師さんと面談してからなので、心配な事も聞けて安心です。

まだ通っている最中ですが、通えるまで通おうと思っています。中には38週の方もいらっしゃいました。私が通っているところは16週以降ならいつまででも大丈夫だそうです。

毎回、気持ち良い疲れと、筋肉痛でぐっすり眠れ、体重の急激な増加も防げています。妊娠してから、飛んだり跳ねたりってなかなか出来なかったけど、プールの中でならいろんな動きが出来て、とっても楽しいですよ。産後のクラスもあるみたいなので、ぜひ参加したいと思っています。

A.やってよかった「妊娠中の運動」 その他の回答

匿名さん

・具体的な運動内容
骨盤の歪み、開きを調整する運動
・妊娠月
4ヶ月から
・どのような点がやってよかったと思ったか
尿意の近さや、骨盤の開きを少し感じ、早産や様々な危険があるとのことから骨盤の体操を始めました。主にお腹周りの筋トレのような感じで、効果的に続けられています。

匿名さん

出産に向け骨盤が緩み、歪むことでお尻が痛くなったり、腰や骨盤、恥骨の痛みなどマイナーなトラブルが増えるので安定期に入ってから、無理のない範囲で骨盤や腰回りのストレッチを重点的にやっています。

仰向けに寝て膝を曲げた状態でゆっくりの外回り、内回り10回ずつやったり骨盤引き締めのトレーニングも併用してやっています。

匿名さん

妊娠初期から股関節のストレッチを毎晩腹式呼吸と合わせてやっていました。友人が分娩の際、時間が長くなると股関節が痛くて辛かったと話していたので股関節を柔らかくする事を大切にしました。

お陰で分娩時間が3時間ほどかかりましたが、股関節が痛くなる事もなく、分娩に集中出来ました。あとは授乳に向けて背中、肩のストレッチを安定期に入る頃から毎晩していました。

肩こり解消にもなるのでやっていて良かったです。産後すぐから母乳がしっかり出て、現在産後1ヶ月、完全母乳で育児をしております。

匿名さん

なによりもイメージトレーニングしておいて良かった!と、思います。いきみ逃しやいきみ方、呼吸法などの練習が大事と陣痛の前日くらいに友人に聞き、そんなのどのアプリにもそこまで書いてなかった!と思いすぐ導入し陣痛に挑んだのですが本当に大事でした。

匿名さん

私はマタニティベリーダンスがよかったです!DVDを購入し、毎日やってました。

骨盤底筋が鍛えられるので、腰痛防止にもなり、体重の増加防止にもなりましたよ!気分転換にもなるので、初心者にもおすすめです!ちなみにDVDは中古で買いました。

匿名さん

産婦人科内でやってくれていたマタニティービクスを第一子の時、5ヶ月から臨月まで参加していました。マタニティービクスの前に助産師さんが胎動確認やバイタルなどもしっかり診てくれてからの参加なので安心して運動することができました。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード