絵本・本

絵本・本

絵本とは、主たる内容が絵で描かれている書籍で絵画(イラストレーション)を主体とした書籍のうち、物語などテーマを設けて文章を付与し、これを読ませるものです。絵本を利用する年齢は、0ヶ月から5歳くらいまでです。絵本は、母親、父親、男の子、女の子が利用します。絵本は様々なメーカーから多くの商品が販売されています。絵本の代表的なメーカーや絵本の代表的な商品を挙げるとすれば、子どもが持ちやすいミニサイズでお出かけにも便利なことが特徴であるベネッセコーポレーションのかわいいどうぶつうたや1970年の発売以来ロングセラーを続ける「こぐまちゃんえほん」シリーズのなかでも、特に人気の1冊であるが特徴であるこぐま社のしろくまちゃんのほっとけーきや数や曜日の認識をおりこみ、穴あきのしかけをこらした斬新な絵本であることが特徴である偕成社; 菊倍横版のはらぺこあおむし等が挙げられる。絵本の価格帯は、740円〜1400円程度である。絵本を選ぶにあたって、考慮するポイントになるのは、ミニサイズロングセラー穴あきしかけ、等である。絵本について、どのような商品があるのか。どのように絵本を選べばいいのか。どの絵本がおすすめか、等、より詳しい絵本の情報が必要な方は、絵本について記載された以下の記事をご覧ください。絵本の専門家による記事、実際に絵本を使った先輩パパママの口コミ、等の絵本に関するお役立ち情報が満載です。絵本について、きっと新たな発見、気づきがあるはずです。また、本カテゴリでは絵本に加え、妊娠本・出産本等の子育てに関する幅広い本をご紹介しています。子育てで何かを調べたい、参考にしたい、学びたい、といった理由で本を探される際にも是非、参考にしてみてください。

「絵本・本」の記事(241件)

ターシャ・テューダーは、古き良き時代のアメリカの人たちの暮らしを温かく描いた絵本作家です。アメリカの広大で自然豊かな土地...
小学生向けに出版されているシリーズものの児童書は、とても種類が多く、書店に行ってもどれがおもしろいのか分からなかったり、...
ママはちょっと恥ずかしいけれど、「うんち」や「おしっこ」は今も昔も子どもたちに大人気!「もう!」なんて怒りながら、思わず...
いつからアプリ照明電気子供子ども明かり方法きりがないオススメ断乳視力姿勢断乳後おすすめ新生児必要効果ランキングライト3歳...
赤ちゃん向けの絵本は数多く出版されていますが、何を買ってあげようか、どれがいいのか悩みますよね?せっかく買っても赤ちゃん...
みなさん月刊絵本をご存じですか?月刊絵本とは、年齢にあった子ども向けの絵本が毎月配達されるサービスです。学研、福音館書店...
絵本の読み聞かせでどんな絵本を選べばいいか、頭を悩ませてしまいますよね。色々なテーマや登場人物が出てくる絵本に大好きなマ...
絵本を探しに本屋さんに行くと、テレビで活躍している芸能人が描いた絵本があることに気づきました。絵が上手だったりストーリー...
おそらの絵本をご存じですか?専用の装置とディスクをスマホに装着して壁や天井に画像を投影することができるミニプロジェクター...
中川ひろたかさんは、日本で初めての男性保育士、という経歴を持つ絵本作家です。「子どもは人間の原点」と言う中川さんの作品に...
子育てをしていると、必ず「絵本」を読む機会がありますよね。もし大好きな絵本が、世界で1つだけしかない手作り絵本だったら、...
モーリス・センダックは、20世紀から21世紀初頭にかけてアメリカで現代絵本の世界を彩った絵本作家・イラストレーターです。...
「アンガーマネジメント」という言葉を知っていますか?ビジネス用語と思いきや、私たち親の立場にも関係のある言葉なんです。で...
兵庫県神戸市生まれ、現在は京都市在住の佐々木マキさんは、奇想天外でユーモアあふれる楽しいストーリーを描くことで人気の男性...
「おしりたんてい」を知っていますか?小学生を中心にブームになっているおしりたんてい、現在は絵本や本が販売されているほか、...
福井県越前市出身のいわさきちひろさんは、濃淡が美しく繊細な水彩画のイラストで知られる絵本作家であり、絵本画家です。表紙か...
かがくいひろしさんの「だるまさん」シリーズは、知らない人の方が少ないくらいの大ヒット絵本です。シリーズの累計で500万部...
馬場のぼるさんは「11ぴきのねこ」シリーズに代表される、ユーモアたっぷりのほのぼのした作品で知られる絵本作家です。漫画家...
楽しいことやうれしいことがたくさんある子育てですが、同じくらい悩んだり落ち込んだりして、もう嫌だと思うこともありますよね...
実は今、地獄の絵本がブームとなっています。地獄と言えば、鬼がいたり、針地獄や釜ゆでなどの残酷な地獄絵図が繰り広げられてい...