幼児教育・しつけ

幼児教育・しつけ

本カテゴリページでは、幼児教育に関する情報の記事をご紹介いたします。幼少期からの幼児教育に関心を持つ親が増えています。「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、生涯の人格基盤を作る基となり「将来に役立つ能力」を引き出すきっかけになると言われている幼児教育は大切なものと言われています。英語教育では、勉強のように英語を詰め込むのではなく遊びの一環として英語を楽しむことが重要です。BGMのように英語を流して生活に無理なく取り入れると「英語耳」が自然と身についていくと言われています。モンテッソーリは子供の自主性、独立心、知的好奇心を育て社会に貢献する人物となることを目指す幼児教育の一つです。子供の自主性を尊重し親は子供を信じて見守るという基本姿勢があります。七田式教育は、吸収力の高い幼少期のうちに右脳教育を行い、子供の才能を伸ばすという幼児教育の一つです。「褒めて育てる」を推奨し、想像力や好奇心を刺激することで子供の豊かな可能性を引き出します。花丸学習会は数理的思考力・読書と作文を中心とした国語力に加え、野外体験を柱として学ぶ楽しさ、正しい学習の仕方を身につけていく幼児教育の一つです。大人になって経済的に自立した魅力ある人間を育てる学習塾です。このように幼児教育には色々なものがありますが、ママが良いと思ったものを自宅で取り入れてみるのも育児の幅が広がって楽しく子育てができそうですね。この他にも多様な幼児教育に関するトピックがあります。ピアノ等の音楽、サッカーなどのスポーツ、、、トピックは尽きません。幼児教育についてのヒントやアドバイスが欲しい、というときには、是非、このページでご紹介する記事を参考にされてください。

「幼児教育・しつけ」の記事(42件)

兄弟がいれば、よく起こるけんかですが、見守っているだけで良いのでしょうか。手を上げてしまう場合は、特に親が介入した方が良...
ママパパにとって子どもが成長していく姿を見られるのはとてもうれしいことですね。しかし、子どもを育てていくうえでどうしても...
なかなか寝ない子どもに頭を悩ませるママは少なくありません。今回の相談者さんもその一人で、最後の手段で「オバケが来るよ~!...
しまじろうで人気の通信教育〈こどもちゃれんじ〉が、1~6歳のお子さまをお持ちのママにこの時期限定のプレゼントキャンペーン...
お子さんの「教育」について興味があるママパパは多いのではないでしょうか。今は様々な幼児向け教育サービスがありますが、どの...
最初にひらがなを覚えるタイミングやペース、方法は人それぞれですが、目に入る位置や普段よく遊んでいる場所の近くにひらがなポ...
トイレトレーニングを始めたものの、いつもおむつにしてしまい、おまるのこともおもちゃだと思っている2歳児について相談があり...
リトミックとは、スイス人の音楽家が考え出した音楽教育法です。幼児が音楽を聴いてリズムにあわせて体を動かしたり言葉を発して...
幼稚園に入園後、園生活が落ち着いてくると、習い事や通信教育に興味を持たれるママも多いですよね。「少し勉強させてみようかな...
お子さんの成長は早いもの。産まれたばかりの頃に比べるとだんだんと表情が豊かになり、いろいろなことに興味を持つ様子は本当に...
くもんのカードを知っていますか?くもんのカードは、動物や昆虫、身近な物の名前などを、子どもが楽しみながら覚えられるカード...
子どもの可能性を広げてあげたい。そう考えるママ・パパは多いはず。いざ、実際に習わせようと考えたときにどんな習い事がいいの...
子どもと一緒に過ごす時間が長い夏休み、みなさん何をして過ごしていますか?今回は夏休みに向けて、子どものお絵かきの練習がで...
子どもにとっての「おやつ」は、大人の考えるブレイクタイムのような「甘いもの食べてリフレッシュ!」とは異なり、1日に必要な...
子どもに何かをお願いする場面って生活の中で少なくはないですよね。そんな時に、子どもに「イヤ!」なんて言われてしまうと、つ...
人間形成の基礎が作られるという幼児期。ぼんやりと将来のために何か子どもにしてあげないといけないのでは…と感じつつも、どん...
子どもはかわいいけれど、子育ては思い通りにいかないことばかり…。家事に育児に、ママ達は大忙し。あわただしい中でついついイ...
3歳を超えるとおしゃべりも上手になってコミュニケーションも取りやすくなり、ますますかわいくなってきます。でも同時に、自我...
子どもはかわいいけれど、子育ては思い通りにいかないことばかり…。ついついイライラしてしまうこともありますよね。今回はイヤ...
子どもが大きくなると悩みの内容も少し違ってくるものです。激しい兄弟喧嘩に熱中するゲーム…など。今回は、2人以上のお子様が...