目次

3歳ってどんな絵本を読むの?

ストーリーがわかるようになる3歳

ひとまねこざるシリーズ全6冊セット,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

3歳頃になると、絵本の簡単なストーリーがわかるようになってくることが多く、読書の幅も広がります。

現在5歳になった筆者の息子は、3歳のときが一番絵本に興味を示していました。

中でも好きだったのがTVアニメでも人気の「おさるのジョージ」「ひとまねこざる」の絵本です。

3歳の子どもが読む絵本にしては内容が長いですが、アニメと同じようなお話で、子どももワクワクしながら見ていました。イラストもかわいいです。

アニメを見てからジョージが好きになり、そこから絵本を購入するきっかけになりました。子どもが好きなキャラクターから絵本を選ぶのもいいですね。

何度も読んで丸暗記?!

お気に入りの一冊を何度も読み聞かせをしているうちに、お話が頭の中に入って丸暗記していることも。

挿絵を見て自分でお話を作って読んでいることもあります。子どもは同じ絵本でも飽きることなく読みます。くり返すことが大好きですね。

ママやパパが文字を指さししながら読むことで、自然とひらがなにも興味をもち、覚えていくこともあるでしょう。

お気に入りの絵本と同じシリーズの絵本を選ぶのもおすすめです。主人公がいつも言っている決まり文句がある場合、その文字が印象に残って覚えることもあるようですよ。

保育園や幼稚園をきっかけに

園生活が始まった子どもは、行事に合わせた絵本を読んでくることもあります。

日本には伝統行事が多くあり、絵本から行事を学ぶことでより理解しやすくなるでしょう。

先生がみんなを集めて読み聞かせてくれるので、まわりのお友達も一緒になって楽しむことができますね。

おうちで絵本を読む習慣をつけるのが難しければ、園で読んできた絵本と同じものを選んで興味を持ってもらうのも一つの方法です。

「これ、ほいくえんでよんだよ!」と得意気に内容を教えてくれたりして会話もはずみます。

また、児童館や図書館などでも定期的に読み聞かせ会を行っているところがありますので、参加してみるのもいいですね。

お友達とのことも、絵本でわかりやすく

園に通い始めたり公園や児童館で遊ぶ時間も長くなったりして、お友達もたくさん増える時期です。

3歳くらいの子どもは自我が強く、言うことを聞かなくなるときでもあります。お友達におもちゃを貸してあげられなかったり、順番を守れなかったりも出てきます。

ママも困ってしまいますよね。そんな時に、絵本で疑似体験をしながら解決法を学ぶやり方もあります。

「かして」「どうぞ」「ちょっとまっててね」などを絵本から楽しく学ぶことで、お友達との関わり方も理解でき、少しずつ上手になっていくはずです。

興味のある分野の絵本を見つけてみよう!

動物や乗り物、虫など好きな分野の図鑑も

電車の絵本や図鑑,3歳,絵本,

いろいろなことを知りたがる3歳の時期は、ストーリーものだけでなく、ちょっと難しい図鑑などに興味を示すこともあります。

図鑑には植物・動物・昆虫・恐竜・のりものなど様々なものがありますが、子どもが興味のあるものの図鑑を選ぶといいでしょう。

図鑑を見ることで名前やそのもの自体を覚えていくので暗記力も高まります。外に遊びに行くときに持ち歩く時は、ポケットサイズのものやカバンに入る大きさのものが便利です。

生き物や乗り物などのほか、アンパンマンなどのアニメ、戦隊ものやおひめさまの図鑑もありますよ!

迷路やしかけなど、遊べる絵本

迷路や間違いさがしなどのように遊びながら考える絵本は、集中力や判断力が身につきます。

迷路だと指でなぞるだけでなく、ペンなどで迷路をたどることで運筆力も高まります。書いても消すことができて何度も遊べるものなどもあります。

また、ページを開くと家が飛び出してきたり、トンネルの穴があいていてのぞいたりできるなどのしかけ絵本も楽しみながら読めますよ。

最初は遊んでいるだけで読み聞かせをしても聞いていないように見えますが、実は耳に入っていて、覚えている内容を話し出すこともありますよ。

日常生活など身近な題材の絵本

子どもの成長のために必要な着替えや手洗い、片付けなど自分のことができるように促してくれる絵本はおすすめです。

大好きな絵本の主人公がやっていたから自分でもやってみようという気持ちになることもあります。特にトイレトレーニングの本などは、3歳前後の子どもにも人気のようです。

英語絵本

最近では、早いうちから子どもに英語を身につけさせたいと思うママパパが増えているようです。

英語は苦手ですらすら読めないという方も、簡単な単語の絵本なら読みやすいですよ。子どもは初めて耳にする言葉に興味を示すので、リズミカルな英単語は楽しく覚えていくでしょう。

3歳におすすめの絵本をご紹介します!

【1】どんぐりむらのぼうしやさん|なかや みわ

おしごとに興味がわく、どんぐりむらシリーズ

どんぐりむらのぼうしやさん (どんぐりむらシリーズ),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

こちらのどんぐりむらシリーズは、おしごとをテーマにお話が描かれています。お店やさんごっこが好きになる時期でもあるので、このシリーズを読むことでさらにお買い物のやりとりに興味がわくでしょう。

どんぐり村の帽子やさんで働いているぽー、ちい、くりんの3人が村では売れない帽子を町に売りに行くお話です。

どうやって売れるのか、売れた後どうなるのかとワクワクする展開になっています。カバーには切りぬきの着せかえがついていて、切り取って遊べます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:学習研究社
*著作者:なかや みわ
*ページ数:32

口コミ

・かわいらしい挿絵は細部まで丁寧に描かれています。
・カバーについたおまけを切り取り、キャラクターに帽子をかぶせたりしてごっこ遊びができます。
・どんぐりのことを「つぶ」と数えるところに作者のこだわりを感じました。

【2】おおきなかぶ|A.トルストイ

誰もが知っているロシアの名作

おおきなかぶ,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

1966年に発行されて以来、多くの子どもたちに長く愛され続けているロシア民話の絵本です。名作なので、ママパパも読んだことがあるかもしれません。

力強くインパクトのあるイラストは、彫刻家の佐藤忠良さんが描いています。おじいさんの植えたかぶが大きくなり、かぶを抜こうとしますが抜けず、おばあさんを呼んで一緒にひっぱりますが抜けません。

そのあと、まご娘、犬、猫と一緒ににひっぱりますが抜けず、最後にねずみがきてひっぱると…。

くり返し出てくる、かぶをひっぱるときの「うんとこしょ、どっこいしょ」というかけ声は、思わずいっしょに言いたくなるでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:A.トルストイ
*ページ数:28

口コミ

・まだ字の読めない子どもも、うんとこしょ、どっこいしょと言いながら楽しそうに聞いています。
・挿絵も内容もわかりやすく、子どもがぬいぐるみを並べてかぶを抜くふりをして、楽しそうに遊んでいます。
・リズミカルなかけ声が楽しくて、親子でお気に入りです。

【3】バルバルさん|乾 栄里子

イラストがおしゃれでかわいい

バルバルさん (こどものとも絵本),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

バルバルさんは床屋さんです。毎日楽しく働いていますが、この日のお客さんはちょっと変わっていました。

ライオン、ワニ、ヒツジ、ネズミが次々とやってきて、おもしろい注文をしてきます。でもバルバルさんは、お客さんのためにせっせとお仕事をこなします。

どんなことも楽しんでお仕事をするバルバルさんの姿にほのぼのしてしまうでしょう。

文は乾栄里子さん、絵は西村敏雄さんとご夫婦で制作していて、心温まるお話に仕上がっています。表紙のバルバルさんのイラストが印象的で手にとりたくなりますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:乾 栄里子
*ページ数:31

口コミ

・挿絵も内容もほのぼのとしていて子どものお気に入りです。
・どんな要望にもしっかりとこたえるバルバルさんはとても素敵です。
・あたたかいお話で子どもがセリフを真似して楽しんでいます。

【4】わにわにのおふろ|小風 さち

お風呂に入るのが好きになりそう

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

お風呂が大好きなわにわにが、おふろ場にやってきて湯船にお湯を入れるところから始まり、せっけんのあぶくをとばし、歌をうたい…。

お風呂で遊んだあとはタオルで体をふき、お風呂場を出ていく…という、わにわにがお風呂の時間を心おきなく楽しんでいるお話です。

わにわには木版画で描かれていて迫力がありますが、行動や言動がかわいいというギャップが人気のようです。

「お風呂イヤ!」という子どもにこの絵本を読めばお風呂が好きになってくれそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:小風 さち
*ページ数:24

口コミ

・お風呂での音がとても面白いので、声に出して読んでいると子どもが大喜びしてくれます。
・お風呂に入る前にこれを読んであげると、嫌がることなく自らお風呂に入ってくれるようになりました。

【5】はじめてのおつかい|筒井 頼子

おつかいしてみたい!という気持ちになる絵本

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

5歳のみいちゃんがママにおつかいを頼まれ、100円玉2つをにぎりしめ、坂のてっぺんにあるお店に向かいます。

しかし、途中で転んでしまったり、お店では店員さんになかなか気づいてもらえなかったりして、やっとの思いでおつかいができて、ホッとしたみいちゃんは…。

はじめて子どもがおつかいをするときの心情が細かく描かれていて、ドキドキや不安が伝わってきます。

そして、おつかいをできたときの達成感やよろこびも同時に感じることができます。読み聞かせをしながら、ママもいっしょになってドキドキしてしまうでしょうね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:筒井 頼子
*ページ数:32

口コミ

・町の様子が丁寧に描かれていて、絵を眺めているだけでも飽きません。
・転んでも泣かず、買い物に一生懸命なみいちゃんがとてもかわいいです。
・この絵本を読んだ後、子どもがお買い物に行ってくれました。

【6】くだもの だもの|石津 ちひろ

くだものにちなんだ言葉遊びで楽しめる

くだもの だもの (福音館の幼児絵本シリーズ),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

真夏の海水浴場を舞台に、いろいろなくだもののキャラクターが登場!「かいすいよくには いかないスイカ」「ビワの おわびは おわらない」など、それぞれのくだものにちなんだ楽しい言葉遊びがたくさん出てきます。

かわいらしいのに、本物のようなくだもののイラストにもひきつけられます。言葉遊びでくだものが登場するので、リズムでくだものの名前を覚えられます。

今まで見たことや食べたことのないくだものも出てくるので、「食べてみたい!」と思うかもしれませんね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:石津 ちひろ
*ページ数:24

口コミ

・声に出して読んでいるとだんだん楽しくなってくる絵本です。
・読み聞かせをしているうちに、子どもがくだものの名前を言えるようになりました。
・つい口に出したくなるようなリズムカルな言葉とリアルで明るい絵が、子どものお気に入りになりました。

【7】おたまじゃくしの101ちゃん|加古 里子

親子の深い愛情ときずなを感じるお話

おたまじゃくしの 101ちゃん (かこさとし おはなしのほん( 6)),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

101匹のおたまじゃくしたちは遠足に出かけましたが、途中で道草をして迷子になってしまいます。

探しにきたかえるのお母さんは、ザリガニとタガメに捕まってしまい、かえるのお母さんを助けようと101匹のおたまじゃくしたちが力を合わせて奮闘します。

かえるのお母さんの子どもたちに対する愛情や、子どもたちがかえるのお母さんを助けようと必死になるシーンを見て、大切な人を守るという強くやさしい気持ちが子どもの心にも響くことでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:偕成社
*著作者:加古 里子
*ページ数:32

口コミ

・主張しない穏やかな絵が気に入っています。子どもも毎日のように読んでとせがんでくる絵本です。
・みんなで協力することの素晴らしさ、仲間の大切さを教えてくれる絵本です。

【8】おばけがぞろぞろ|ささき まき

おもしろいおばけがぞろぞろと登場

おばけがぞろぞろ (幼児絵本シリーズ),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

ページを読みすすめるたびに、おもしろい名前のおばけがぞろぞろ出てきます。

木のうしろからはぞぞまるちゃん、ごみかんの中からはおろむか君、消火器からはぞんびえ君と、なんとも不思議な名前ですよね。最後には誰を誘うのでしょうか?

おばけはこわいと思っている子どもも、こんなにおもしろくてかわいいおばけだったら、いっしょにいても楽しいでしょうね。夜もぐっすり眠れるかもしれませんよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:ささき まき
*ページ数:24

口コミ

・おばけが出て来る時の効果音とおばけの名前が面白いので、それだけで子どもも大喜びです。
・読み聞かせを続けていたら、子どもが登場するおばけを全部覚えました。
・子ども向けですが、読んでいる大人も楽しくなります。

【9】とんとん とめてくださいな|こいで たん

ちょっとこわいけれど心がほっこり

とんとん とめてくださいな (幼児絵本シリーズ),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

ハイキングの途中に道に迷ってしまった3匹のねずみは、遠くに灯りのともるおうちを見つけて「とんとん、とめてくださいな」とドアをたたきます。

しかし、返事はありません。だれもいないおうちに入りベッドにもぐりこんでいると、「とんとん、とめてくださいな」の声がします。いったいだれなのでしょうか。

「とんとん、とめてくださいな」とくり返しやってくる動物たち、そして最後にあらわれる住人…。ドキドキの緊張感で始まり、最後には心温まるやさしさを感じるお話です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:こいで たん
*ページ数:32

口コミ

・子どもが「とんとんとめてくださいな」というフレーズが気に入ったようで、一緒に真似をして遊んでいます。
・自分が小さい頃読んでいた絵本で、親になってからみるとまた新鮮でした。

【10】まほうのえのぐ|林 明子

ファンタジーあふれる美しいイラスト

まほうのえのぐ (こどものとも傑作集),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

おにいちゃんの大事なえのぐを借りておえかきを始めるよしみですが、思うように描けません。

へびが赤えのぐをくわえて森の中へ逃げたので、追いかけていくと森では動物たちが絵を描いていました。

動物たちといっしょになって描くことで、よしみはどんな絵が描けるようになったのでしょうか。

よしみの描く絵を見て、子どももきっと水彩画が描きたくなるでしょう。えのぐは年中さんから使い始める園が多いので、早くから読むとえのぐに興味がわきそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:林 明子
*ページ数:32

口コミ

・子どもの頃、絵を描くことが好きになるきっかけとなった絵本です。
・個性があるけれど温かい絵に癒されます。
・生き生きとした絵が素敵で、親子でお気に入りの絵本です。

【11】ゆきだるま|レイモンド・ブリッグズ

冬に読みたくなるベストセラー絵本

ゆきだるま (評論社の児童図書館・絵本の部屋),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

このスノーマンのイラスト、ママパパ世代は見たことがあるという方が多いのではないでしょうか?

1978年に出版されたイギリスの名作絵本「ゆきだるま」は、文章がなくイラストのみでお話を表現しています。

男の子の作った雪だるまが、眠りから目覚めるとなんと動き出すのです。スノーマンと過ごすふしぎな時間をやさしいイラストで描いています。

イラストの情景からお話をふくらませられるので、子どもの想像力もふくらみそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:評論社
*著作者:レイモンド・ブリッグズ
*ページ数:32

口コミ

・かわいいスノーマンと温かいイラストが素敵です。
・想像力を膨らませながら読んでいく本でわくわくします。
・文字のある本よりもかえってその内容に入り込んでいけるので素晴らしい絵本です。

【12】のりもの はっけんずかん|西片 拓史

車や電車、バス、飛行機…乗り物好きな子どもに!

のりもの 改訂版 (はっけんずかん),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

男の子は、のりものが大好きな子が多いですよね。のりものを見て、その名前を覚えて、さらに車種まで言えるようになり、親もびっくりするほど詳しくなる子もたくさんいます。

はたらく車、電車、新幹線、飛行機、船など、男の子の好きなのりものがたくさん写真で出てくるので、一人で夢中になって読んでしまいそうですね。

また、のりものの扉を開いて運転席をのぞくことができるしかけなどもあり、ワクワクがいっぱいののりもの図鑑です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,138
*メーカー:学研プラス
*ページ数:36

口コミ

・乗り物に興味を持ち始めた子どもが、毎日眺めてうれしそうです。
・一部めくって中を見られるようになっているので、子どもが飽きずに読んでいます。

【13】Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?|ビル・マーティン

3歳の子どもにおすすめしたい英語絵本

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

この絵本のイラストは、「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールが描いたもの。エリック・カールならではのカラフルでかわいいイラストが魅力的です。

「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?(くまさん くまさん なにみているの?)」がキーワードになり、順々に動物が登場します。

次に出てくる動物が何だろう?と想像しながら楽しめます。キーワードと動物の英単語が繰り返されるので、何度も読むたびに覚えられそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 886
*ブランド:Henry Holt and Co. (BYR)
*メーカー:Henry Holt Books for Young Readers
*著作者:Bill Martin
*ページ数:26

口コミ

・リズム感がよい文章なので、子どもが出て来る順番までしっかり覚えて口ずさんでいます。
・英語の文章はもちろん、色や動物の名前の勉強にもなるのが素晴らしいです。
・英語が苦手な大人でも読んであげることができる絵本です。

【14】3さいまるごとひゃっか いつでもいっしょどこでもいっしょ|のぶみ

楽しく読める子ども用百科事典

3さいまるごとひゃっか―いつでもいっしょどこでもいっしょ,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

「おかあさんといっしょ」で以前放送されていたよわむしモンスターズ、「みいつけた!」のおててえほんなど、子ども向け番組のアニメーションでもおなじみ、絵本作家のぶみさんのイラストがかわいい子ども用百科事典です。

生活習慣、ルール、文字や数、図鑑、手遊びうたなど、3歳の子どもが知りたいこと、学ぶべきことがこの中にたくさんつまっています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 950
*メーカー:ひかりのくに
*著作者:のぶみ

口コミ

・コンパクトなのでおでかけに持っていくことができます。
・情報量がとても多くて、親子で一緒に読むのにぴったりの絵本です。

【15】たんじょうびおめでとう (こぐまちゃんえほん)|わかやまけん

誕生日プレゼントにぴったりの1冊

たんじょうびおめでとう (こぐまちゃんえほん),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

歴史の長いこぐまちゃんシリーズは、ママパパが子どものときに読んでもらったことや、自分で読んだ記憶のある人もいることでしょう。こちらは3歳の誕生日を迎えたこぐまちゃんの1日が描かれています。

自分で着替えをしたり歯を磨いたり、ちょっとこぼしながらもスプーンを上手に使ったりする姿が微笑ましいです。

自分の子どもと重ね合わせて見てしまうのではないでしょうか。3歳の誕生日にプレゼントしたい1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*メーカー:こぐま社
*著作者:わかやま けん

口コミ

・子どもの3歳の誕生日にプレゼントしたら、こぐまちゃんと一緒だったのがうれしかったらしく、大好きな絵本になりました。
・こぐまちゃんが大人に言われずに自らすすんで身の回りのことを頑張っている姿がとても微笑ましいです。

【16】ミッキーの知育えほん(7) 3さいの ちえあそび|講談社(編集)

ディズニーの仲間と一緒に楽しく遊ぼう!

ディズニー ミッキーの 知育えほん(7) 3さいの ちえあそび(ディズニーブックス) (デイズニーブックス ミッキーの知育えほん 7),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

ミッキーの知育えほんは、ほかにもあいうえおや数字、色や形をを覚えるものなどがあるロングセラーシリーズです。

こちらのちえあそびは3歳児向けに作られた絵本で、間違いさがしや簡単な迷路、絵合わせなどバラエティ豊富な内容です。ミッキーをはじめとするディズニーの仲間がたくさん登場します。

写真を貼ったり、身長や体重を記載したりする欄もあるので、成長の記録にもなります。大きくなって親子で見返すのも楽しいですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 463
*メーカー:講談社
*ページ数:18

口コミ

・年齢にあった内容なので、3歳の子どもが興味を示して迷路などを一生懸命頑張っています。

【17】ほんとのおおきさ動物園|福田 豊文

実物大の動物の顔がたくさん!

ほんとのおおきさ動物園,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

こちらの図鑑の魅力は、なんといっても実物大であること!ページをめくると動物の顔がどーんと載っていて迫力があるので、大人も一緒に楽しめます。

動物園に行ってもこんなに近くで顔を観察することはなかなかできません。毛の流れや筋肉の様子なども見ることができます。

東京都にある上野動物園の元園長さんの著作で、大胆で面白いと評価され、キッズデザイン賞を受賞しています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:学研マーケティング
*著作者:福田 豊文
*ページ数:43

口コミ

・新しいタイプの図鑑で、親子で動物の大きさに驚きながら読んでいます。
・横に広げることのできるワイドページもついていて、きりんの大きさなどもわかる楽しい図鑑です。
・子どもが毎日眺めて動物の名前をたくさん覚えました。

【18】ぐりとぐらのおきゃくさま|なかがわ りえこ

ぐりとぐらと一緒に楽しいクリスマス!

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1)),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

おなじみのぐりとぐらシリーズで、クリスマスのお話です。ぐりとぐらが外で見つけた足あとをつけていくと、なんとぐりとぐらの家に着きました。

中に入ってみても、誰の姿も見えません。すると、台所からいい匂いがしてきます。さて、誰がいるのかな…?

どきどきしながら家に入っていくシーンは、ぐりとぐらと一緒になって楽しめますよ。クリスマスが待ち遠しくなる絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

口コミ

・読んだ後は、おともだちとケーキを食べたくなるような絵本です。
・ぐりとぐらのおうちがとてもかわいかったり、最後に出てくるケーキがおいしそうだったりして楽しい気持ちにさせてくれる絵本です。

【19】おとうさん|秋山 とも子

頑張るおとうさんを応援したくなる絵本

おとうさん,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

こちらは昭和59年に発行された文章のない絵本で、優しいタッチで働くおとうさんの1日が描かれています。

満員電車に揺られて通勤し、会社で忙しく働くおとうさんや、子どもへのおみやげを大事そうに抱えて電車に乗るおとうさん…。

朝仕事に行って夜帰ってくるおとうさんの日中の様子は、子どもには未知の世界ですよね。

おとうさんが帰ってくるときは子どもはもう寝ている時間だという家も少なくないはず。ママも子どもも「おとうさん」に感謝したくなる絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:瑞雲舎
*著作者:秋山 とも子
*ページ数:32

口コミ

・昭和時代に描かれた絵本ですが、おとうさんのがんばる姿は今も昔も変わらないと感じさせてくれる絵本です。
・おとうさんへの感謝の気持ちを伝えたくなりました。

【20】トリック オア トリート!|岡村 志満子

おばけが光る!?ハロウィンの時期に読みたい絵本

トリック オア トリート!: ハロウィンのえほん,3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

日本でも浸透してきたハロウィンのことを描いた絵本です。ハロウィンの日に仮装してでかけた4人の子どもたちが登場します。

いろいろな家のドアをたたいて「トリック オア トリート!」といってお菓子をもらいます。町のはずれにある大きな家のドアをたたくと、そこにいたのは…!?

登場するおばけたちはみんなかわいくて、ハロウィンが来るのが楽しみになりますね。暗闇でおばけが光るしかけもあって、家族みんなで楽しめる絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:くもん出版
*著作者:岡村 志満子
*ページ数:28

口コミ

・ドアをノックするシーンがリズミカルなので子どもが気に入ったようです。おばけが光るページも怖がりながら楽しんでいます。

【21】あいうえお でんしゃ じてん|視覚デザイン研究所

なぞっているうちにひらがなマスター!?

あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん),3歳,絵本,出典:www.amazon.co.jp

電車好きの子どもにおすすめ!「あいうえおでんしゃじてん」は、ひらがなをなぞって遊びながら楽しく覚えることができます。

たとえば「か」のページなら「か」がつく北陸新幹線かがやきのイラストとかがやきについての簡単な文章が描かれています。

そして、数字で示されている線路をたどると「か」の書き順が覚えられるようになっています。

さらに、かがやきのほかに「か」のつく電車や特急などのイラストも載っています。どのページも運転手が動物なのがかわいいです。

大人もついつい知っている電車を探してページをめくりたくなるような楽しい絵本ですよ!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー、著作者:視覚デザイン研究所
*ページ数:96

口コミ

・電車は、全国的に有名なものもあれば地方のあまり知られていないものまであり、大人も一緒にみていて楽しい絵本です。
・1ページに大きく描かれた線路の文字をなぞるときに、書き順も数字で描かれているのでわかりやすいです。

(ご参考)コズレ会員の絵本お気に入りランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が読み聞かせをした絵本の評価を月齢別に集計。その結果をもとにランキングや診断をご覧いただけます。

(ご参考)Amazon・楽天の絵本人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の絵本人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。お気に入りの絵本選びの参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?3歳は思考力や理解力がだんだんと身についてくるので、たくさん読み聞かせをしていろいろなことに興味をもってもらいたいですね。

読み聞かせの時間はママやパパにとっても子どもにとっても大切であり、習慣にすることで子どもはその時間がくるのを楽しみにしていることでしょう。

ここでご紹介した絵本で気になったものがありましたら、ぜひ子どもに読み聞かせをしてあげてくださいね!

また、コズレ会員にお寄せいただいた口コミをもとに、あなたのお子さんにぴったりの絵本をご紹介する絵本診断もご用意しております。ぜひ参考にしてみてください。

※診断はWEB限定コンテンツになります。アプリからはご利用いただけません

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。