目次

3歳児におすすめの絵本選びのポイントは?

●3歳児は言葉の発達が目覚ましく、記憶力や集中力もグッとアップ
●3歳児にストーリーが面白いものなど読みごたえのある絵本を読み聞かせると、言葉だけでなく感情の発達にも効果的
●文章がシンプルで分かりやすい内容で、20~30ページ程度、1ページ5行程度のものがおすすめ
●挿絵がストーリーに沿って丁寧に描かれているのもポイント
●絵本に飽きないよう、子ども経験したことのあるものや興味のある題材選びが大切

詳細と、おすすめ商品を口コミを交えて以下、ご紹介していきましょう!

3歳ってどんな時期?

絵本の楽しみ方がいっきに広がる時期

親子で読み聞かせ,絵本,おすすめ,3歳

3歳は、自分でできることが増え、周りとのコミュニケーション能力がぐんと発達する時期です。魔のイヤイヤ期も幾分落ち着きを見せはじめます。

相手の気持ちが分かるようになり、社会性が高まります。それと同時に、食事やトイレといった生活面でも自立が始まる時期でもあります。

好奇心からさまざまなことにチャレンジする反面、好き嫌いといった好みもはっきりとしてきます。そのため、子どもとの接し方において、これまでとは違った悩みを抱えるママパパも少なくありません。

第1次反抗期ともいわれる3歳ごろは、実にさまざまな事を学び吸収するため、子どもにとって非常に大切な時期なのです。(子どもの成長には個人差がありますので、あくまで目安として参考にしてください。)

3歳児の発達に合った絵本の選び方

シンプルなストーリーも理解できるようになる

絵本を選ぶ男の子,絵本,おすすめ,3歳

急激に言葉に対する理解力が発達する3歳児。赤ちゃん向けの単純な言葉と絵だけで構成されたものから、簡単なストーリー性のあるものを理解できるようになります。

そんな3歳児へ絵本を選ぶ時のポイントは、文章がシンプルで分かりやすいものを選ぶことです。ページ数は20~30ページ程度、1ページ5行程度のものをおすすめします。

挿絵(イラスト)をうまく活用しよう

3歳児はまだ文字を理解できない分、絵から内容を把握するため、挿絵には深い意味合いがあります。挿絵がストーリーに沿って丁寧に描かれているものを選ぶといいでしょう。

絵本の読み聞かせを通して、集中力も身についていきます。大人の働きかけ次第でその力は目覚ましく育ち、言葉や情緒の発達にもつながると考えられています。この時期に、積極的に読み聞かせをしてあげるといいですね。

途中で遊んだり、飽きてしまったりするときは?

途中で遊び始めたり絵本に興味を示さなかったりする場合は、子どもが経験したことのあるものや、興味のあるものが題材の絵本を選ぶのがおすすめです。

また、文章を読んでいる途中でページをめくろうとするときは、絵の方に興味があるのかもしれません。まずは絵を楽しませてあげるといいでしょう。

3歳児におすすめの絵本をご紹介!

【1】どうぞのいす|香山 美子

動物がたくさん登場!「どうぞ」の思いやりの心を育む絵本

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

ウサギさんが、かわいい小さな椅子を作りました。その椅子を丘の上に置くことにしたウサギさん、「どうぞのいす」と書いた看板も一緒に置くことに。そこに、たくさんの動物たちがやってきます。

まず、ロバさんがやってきてどんぐりを置いてひと休み。次にやってきたクマさんが、どんぐりを食べたかわりに持ってきたハチミツを置いて行きます。

そこへやってきたキツネさんが、ハチミツを食べたかわりに持ってきたパンを置いていき…。あとから来た人のために、みんなが何かを置いていくのです。

大人も読んで温かい気持ちになれる、思いやりの気持ちを育む絵本です。繰り返しのストーリーの中にも、変化に富んだ情景があふれています。

挿絵の色彩やタッチがとてもやさしく、愛くるしい動物達の表情がかわいいですよ。動物園などにもいる子どもに馴染みのある動物たちがたくさん登場する、おすすめの1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:ひさかたチャイルド
*著作者:香山 美子
*ページ数:32

口コミ

・心温まる内容の絵本です。繰り返しのフレーズが出てくるので、小さい子どもでも内容に入りやすいです。

・「どうぞ」や「空っぽにしてはお気の毒」など、日本人らしい気遣いの心や優しさを学ぶことができます。絵本の読み聞かせから自然と身に付けられそうです。

【2】ぐりとぐら|なかがわ りえこ

大人からも長く愛されている名作シリーズ

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

シリーズ累計2490万部にものぼる、1963年創刊の名作ロングセラー絵本「ぐりとぐら」。野ネズミのぐりとぐらは、森で見つけた大きな卵で大きなフライパンを使ってカステラを作ることにしました。

すると、カステラのいい匂いにつられ、たくさんの動物たちが集まってきて…。森の中で様々な動物たちが仲良く協力しあって生きている様子が描かれています。優しい気持ちを育ててくれるストーリーです。

子どもの頃に読んだママパパは、子どもの頃とまた違った思いがあふれ、親しみをもって子どもに読み聞かせてあげられますね。食べることやお料理に興味のある子なら夢中になること請け合いです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

口コミ

・優しいイラストと楽しいお話の展開に、いつまでも心に残る絵本です。大人も子どもも一緒に楽しむことができます。

・繰り返し出てくるフレーズのリズムが心地よく、子どもも集中して聞いてくれます。長い間愛されている理由がわかる絵本です。

【3】おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)|中川 ひろたか

子どもに分かりやすい!子ども自身が成長に気づける1冊

おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

自分自身を客観的に見ることができない子どもにとって、「おおきくなる」というのはわかりにくいものですね。それが、この絵本では子どもに分かりやすい表現で描かれています。

日常のちょっとした変化が、実は自分がお兄さんやお姉さんになっている、ということをさり気なく気づかせてくれる文章が魅力的ですよ。

毎日忙しいママパパも、ついつい見過ごしてしまいそうな子どもの何気ない行動を注意深く見るきっかけになるかもしれません。

多くの保育園や幼稚園でも読まれ、特に進級や卒園の機会にも親しまれている1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,404
*メーカー:童心社
*著作者:中川 ひろたか
*ページ数:32

口コミ

・3歳の子にも残りやすいリズミカルなフレーズで、飽きずに楽しめます。毎日の生活で自分流に言葉をアレンジしながら、子どもの自立を促しています。

・子どもながらに成長を実感できる1冊のようです。

【4】パパ、お月さまとって!|エリック カール

夜の読み聞かせにも!描写が美しい仕掛け絵本

パパ、お月さまとって!,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

3歳頃になると、徐々に体力がついてきて夜更かしをする子どもも増えてきます。なかなか寝てくれない、とお悩みのママパパにおすすめなのがこの作品。

なかなか寝てくれないのなら、この絵本と共に夜空を眺めて、寝るまでの時間を楽しんでみませんか?「はらぺこあおむし」でお馴染み、エリック・カールの作品です。

ページが左右上下に広がる仕掛けが、月の満ち欠けを表現しています。月や星に興味をもつきっかけにもなり、窓から見える夜空を親子で楽しめそうですね。夜が待ち遠しくなってしまうかも!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,728
*メーカー:偕成社
*著作者:エリック カール
*対象年齢:3歳~
*ページ数:43

口コミ

・毎日忙しいパパとのベッドタイムにおすすめの1冊です。一緒に月を眺めながら、親子の距離が縮むような気がします。

・絵が美しく心温まる内容なので、何度も読み聞かせしています。

【5】そらまめくんのベッド|なかや みわ

お友達との関わり方を学ぶことができる1冊

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

こちらは、そらまめくんが主人公の人気シリーズの中の1作です。子ども達が大好きなまめがたくさん登場します。

誰にも貸してあげなかった、お気に入りのふかふかのベッドが突然なくなってしまったそらまめくん。一生懸命探しても見つからず、やっとの思いで見つけ出した自分のベッドには…?

大切なベッドがなくなってしまった時には、他のまめ仲間が一緒に探してくれるシーンや、ベッドを貸し借りするシーンが出てきます。

お友達との関わりがぐんと増える3歳児にとって、重要な「かして」「いいよ」「だめ」といったやり取りを学ぶことができる貴重な1冊です。

読んでいる大人まで、そらまめくんの気持ちになって喜怒哀楽を感じられるストーリー展開も魅力の1つですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかや みわ
*ページ数:28

口コミ

・教育的な内容ですが、押し付けがましくなく親切な心を自然と学ぶことができる絵本です。

・リズムが良く、小さい子どもでも暗記しやすい文章なので、読み聞かせしやすいです。子どもも聞き入ってくれるし、何度か読むうちに暗記して一緒に読めるようになりました。

【6】おおきなかぶ|A.トルストイ

シンプルなストーリーとリズミカルな掛け声が人気

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声でおなじみの、ロシアの昔話です。「おおきなかぶ」の劇を見たり、真似たりしたママパパも多いのでは?!

おじいさんが自分の作った甘くて大きなカブを抜こうとしますが、なかなか抜けないのでおばあさんを呼んできます。

次はおばあさんがおじいさんを引っぱり、おじいさんがカブを引っぱりますが、カブは抜けません。そこで、まご娘・犬・猫と次々と助っ人を呼び、最後はネズミも加わりやっと抜けるという、実にシンプルで分かりやすい内容です。

「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声と共に、体を動かしながら読んでみるのもいいですね。単純な言葉と動作の繰り返しが、子どもにはとても楽しく、親子で笑顔になれる1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:A.トルストイ
*ページ数:28

口コミ

・単純な内容で、繰り返しのフレーズが多いので小さい子どもでも理解しやすい絵本です。リズムも良く、読み聞かせにぴったりです。

【7】はじめてのおつかい|筒井 頼子

子どもの繊細な心の動きが読み取れます

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

子どもがいつかは経験する大仕事、はじめてのおつかい。大人にとっては些細なことでも子どもには大冒険です。

主人公は5歳のみいちゃん。みいちゃんは、お母さんに頼まれて赤ちゃんのために1人で牛乳を買いに行きます。途中で転んでけがをしたり、お金を落としたり…。

ハプニングを乗り越えてようやく牛乳を買うと、緊張がとけたのか思わず涙がぽろり、お釣りももらわず走って帰ってしまいます。

おつかいだけでなく、子どもにとって日々の生活の中に冒険はたくさんあります。そんな不安やドキドキ、達成した時の喜びといった子どもの繊細な心情が描かれています。主人公のいろいろな思いに共感しながら読み進めることができるお話です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:筒井 頼子
*ページ数:32

口コミ

・子どもの感性が驚くほどよく表現されている絵本です。初めての経験でのドキドキや不安感、達成感など本当によく表現されています。

・読んでいると、おつかいのドキドキ感が蘇ってくるような絵本です。大人にとっても子どもにとっても楽しめます。音が聞こえてきそうな描写など、イラストも素晴らしいです。

【8】おふろぽかぽかいいきもち (しかけ絵本)|木村祐一

お風呂好きになってくれるかも?!

おふろぽかぽかいいきもち (しかけ絵本),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

お風呂が苦手な子は意外と多いもの。毎日のことなので、スムーズに入浴が済むとママパパも助かりますね!

そんなお風呂に関するお悩みを持つママパパにおすすめの1冊です。子どもと楽しめるしかけがたくさんありますよ。

お風呂嫌いのネズミたちが、家出をきっかけにお風呂の魅力に気づいていくという前向きなストーリーです。登場するかわいい動物たちが子ども心をくすぐり、自分もお風呂に入りたいと思ってくれたらうれしいですね。

ついつい忙しさに追われてイライラしてしまうママパパも、この1冊を読めば笑顔で楽しく子どもと向き合えるのではないでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,080
*メーカー:偕成社
*著作者:木村 裕一
*ページ数:40

【9】もったいないばあさん|真珠 まりこ

「ものを大切にする」心を親子で学べる絵本

もったいないばあさん (講談社の創作絵本),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

ものを大切にしなければならない事を、読み聞かせを通して子どもと一緒に学ぶことのできる絵本です。ものが溢れている今の時代だからこそおすすめの1冊です。

もったいないことをしている子どものところにやってくるもったいないおばあさん。お茶碗に残っているご飯粒をぺろぺろ。くしゃくしゃにまるめて捨ててある紙は、伸ばしてくっつけて遊び道具に作り変えてしまいます。

短くなった鉛筆やみかんの皮も、おばあさんの手にかかれば魔法がかかったように別のものに変身します。

子どもには難しい「ものを大切にする」意味を、強烈なキャラクターのおばあさんがおもしろおかしく教えてくれますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:講談社
*著作者:真珠 まりこ
*ページ数:34

口コミ

・ものに恵まれているこの時代に、「もったいない」という心を教えるのはなかなか難しいです。この絵本では、ものを大切にする心を面白おかしく学ぶことができます。

・食べ残しの多い息子に、もったいない事を理解させるために買いました。子どもをたしなめる妖怪のような存在のおばあさんが怖かったようで、なかなか効果はありました。

【10】どんぐりむらのぱんやさん (どんぐりむらシリーズ)|なかやみわ

大人気シリーズの1冊!親子でハマってしまうかも

どんぐりむらのぱんやさん (どんぐりむらシリーズ),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

「どんぐりむらのぱんやさん」は、なかやみわさんのどんぐりシリーズの第2巻です。どんぐりむらで毎日忙しくパン屋さんを切り盛りするパパとママ、保育園へ通う兄妹の暮らしが温かく描かれています。

仕事と育児の両立に悩む家族を象徴したような話に、思わず共感してしまうママパパも多いのではないでしょうか?

そんな日々奮闘している両親を前に、子どもながらの寂しさや役に立ちたいという感情が葛藤する姿に胸が熱くなることも…。家族の絆を感じることができるストーリーです。

お話に登場する、おいしそうなパンも魅力的ですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,296
*メーカー:学習研究社
*著作者:なかやみわ

口コミ

・愛らしい絵に大人も癒されます。子ども達のお気に入りの作品です。ぜひ他のシリーズも読んでみたいです。

・共働きの我が家と同じ境遇なので、子ども達も共感し入り込みやすい内容でした。

【11】14ひきのもちつき|いわむら かずお

ねずみの家族と四季を感じよう

14ひきのもちつき (14ひきのシリーズ),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

こちらは、長年愛されている、いわむらかずおさんの「14ひきのシリーズ」です。どのお話もとても絵が美しく、物語の中に子ども達がすっと入っていけるような大きさで描かれています。

「14ひきのもちつき」は、冬に読みたくなる1冊です。14ひきのねずみの家族がおもちつきをするシンプルなストーリー。お父さんやおじいさんがまきを割り、お母さんやおばあさんが朝早くからおもちつきの準備をしています。

日本の昔ながらのおもちつきの様子が丁寧に描かれていて、大人も子どもも物語に釘付けになること間違いなしですよ。

春に読みたい「14ひきのピクニック」や秋に読みたい「14ひきのおつきみ」など、シリーズの他の本もおすすめです。自然の中に暮らすねずみの家族と四季を感じてはいかがでしょうか。セットでプレゼントするのも喜ばれます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:童心社
*著作者:いわむら かずお
*ページ数:32

口コミ

・ネズミさんちのおもちつきをこっそり見せてもらっているみたいな気分で、見ているだけで温かい気持ちになる、大好きな本です。

・お正月に読むのにおすすめの本です。絵は優しい色合いなのでほのぼの出来ると思います。

・絵もとてもかわいいし、すてきなお話です。子どもだけでなくママパパにも人気があります。

【12】クリスマスにはおくりもの|五味 太郎

相手のことを考えながら贈る喜びがいっぱい

クリスマスにはおくりもの,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

大人気の絵本作家・五味太郎さんのクリスマス絵本です。クリスマスイブにサンタさんがある女の子のおうちにプレゼントを届けに行きます。そこで目にしたのは、なんと女の子から自分へのプレゼント!

サンタさんは、それを持ち帰ってワクワク!次の日の朝まで開けるのを我慢したり、朝開けて喜んだり…。人間味あふれるサンタさんのクリスマスが描かれています。

サンタさんは、実は女の子のすぐ近くにいるのですが、女の子はサンタさんがその人だとは知りません。どんな人か知らないけれど、サンタさんのことを考えているのです。

相手のことを考えることの素敵さを親子で考えたいですね。気持ちがほっこりする絵本ですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:絵本館
*著作者:五味 太郎
*ページ数:32

口コミ

・クリスマスシーズンにぴったりの、とてもほのぼのとしたいい本です。

・素朴な絵がかわいい絵本です。相手のことを思いやる贈り物ってなんて素敵だろう、ということを改めて感じる絵本でした。

・クリスマスはサンタさんからもらうことばかり考える中で、優しいサンタさんにもプレゼントをあげよう!と思える女の子の気持ちを、我が子にも感じてもらいたくて選びました。

【13】はみがきさん (せなけいこのえ・ほ・ん)|せなけいこ

動物たちの歯磨きを見ながら真似っこしてみよう

はみがきさん (せなけいこのえ・ほ・ん),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

「ねないこだれだ」で有名なせなけいこさんの、歯磨きを楽しく解釈した絵本です。歯磨き嫌いの子どもも、思わず真似したくなる!かわいい動物たちの歯磨きが、リズミカルな言葉で表現されています。

虫歯になって困っている動物の姿も描かれているので、歯磨きの必要性や虫歯になった時の処置などを理解し、自然と歯磨きが身についてくれそうですよ。

親子で楽しく歯みがき習慣が学べる1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥950
*メーカー:ポプラ社
*著作者:せなけいこ
*ページ数:24

口コミ

・歯磨きが大嫌いな子どもに困り果て買いました。この本を読むことで、歯磨きが好きになってくれました。大人も思わずほっこりするイラストも気に入っています。

・歯磨きが嫌いな我が子が、絵本を真似しながら歯磨きをしてくれるようになりました。

【14】おたすけこびと|なかがわ ちひろ

働く車が好きな男の子にも、お料理に興味がある女の子にも

おたすけこびと,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

ある日、ママが電話をかけます。「じゃあ、おねがいね」、「はい しょうちしました」電話の後でやってきたのは、かわいらしいこびとたち。彼らはなんと、ショベルカーやブルドーザーなどのたくさんの重機に乗ってやってきます。

もちろんこびとの重機なので、かわいいコンパクトサイズ。意外なことに出動先はキッチンです。何が始まるのだろう?と見ていると、重機は卵を割ったり、何かをかき混ぜたり…。ワクワクして子どもたちは絵本の世界に入っていくことでしょう。

働く車が大好きな男の子にはもってこいの1冊。そして、お料理好きな女の子も釘付けになることでしょう。男女の垣根のないおすすめの絵本です。他にもおたすけこびとシリーズがあるので、興味を持った方は読んでみてくださいね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:徳間書店
*著作者:なかがわ ちひろ
*ページ数:34

口コミ

・重機を使ってケーキを作るというアイデアが斬新で、楽しいです。車の絵がかなり精密に描かれているのもいいと思いました。働く車が大好きな子どもは絶対に気に入ると思います。

・大人でもワクワクするストーリーで、臨場感溢れるステキな絵本です。こびとたちの小さな動きにも小さなストーリーがあります。子ども向けとは思えないほど重機が精細に描かれていて、じっくり味わえる本です。

・かわいらしいこびとたちに、読む側も癒されます。こびとの1人ひとりの表情や格好も楽しいし、読むたびに新しい発見があります。

【15】たろうのおでかけ|村山 桂子

交通ルールを教えるのにおすすめ

たろうのおでかけ(こどものとも絵本),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

たろうがお友達のまみちゃんのお誕生日に、動物たちとでかけます。お呼ばれされたみんなは、うれしすぎてつい走って向かってしまいます。そんなみんなを、道ですれ違う大人たちが「ダメダメダメ!」と注意をしてきます。

うれしくても、プレゼントのアイスクリームが溶けそうでも、安全な道を進まなくていけません。何度も駆け出してしまうみんなが、バスや自動車で混雑した道を進むシーンは、特にドキドキしてしまいます。一緒に「ダメダメダメ」と注意をしてしまうかも。

交通ルールを教えるのに役立つ1冊です。堀内誠一さんのかわいらしく美しい挿絵の世界で、小さなお友達と一緒に大冒険している気分になりますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:村山 桂子
*ページ数:28

口コミ

・絵もきれいで交通ルールをわかりやすく説明してあり、ぜひ子どもに読んでほしい1冊です。

・絵の雰囲気がとてもかわいらしくて、そしてワクワクするので大好きな絵本です。堀内さんの温かくて色鮮やかな絵が大好き!たろうと動物達にとても惹かれる絵本です。

【16】いいこってどんなこ?|ジーン モデシット

育児に悩むママパパへ!子どもへの愛情を再確認できる1冊

いいこってどんなこ?,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

3歳になると、大人との会話のやり取りもだんだん明確になってきますね。そんな時期にぜひ読み聞かせてあげたいのが「いい子ってどんな子?」です。絵がとても優しく美しいので見ているだけでもうっとりします。

「絶対 泣かないのが いい子なの? ぼく、泣かないようにしたほうがいい?」とうさぎのバニーは言います。ママに「いい子」の定義、そして自分もそうなった方がいいのかといろいろな質問をしていきます。

その度にママは「泣いたっていいのよ。でもバニーが泣いていたら、お母さんも悲しくなるわ」など、バニーの質問を受け止めてとても温かい返事をしていきます。「あなたらしいのが1番よ」という言葉に、子どももママパパも心が温かくなることでしょう。

今日は怒りすぎてしまったな…という自己嫌悪に陥りがちな1日の締めくくりにもおすすめです。ママパパを励ましてくれる絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,296
*メーカー:冨山房
*著作者:ジーン モデシット
*ページ数:32

口コミ

・産まれてきてくれてありがとう、そのままのあなたが大好き、今のあなたがいるだけで幸せ。そんな当たり前の事を思い出させてくれる大切な本です。

・育児でイライラしてとんがった心をふわっと包んで溶かしてくれる1冊です。先の長い育児の中で繰り返し読み続けたい絵本です。

・母さんウサギの答えが素敵です。この言葉を我が子へのプレゼントにしてあげたいです。

・子どもはみんないい子だよと思えます。心にやさしい絵本です。

【17】てぶくろ ―ウクライナ民話|エウゲーニー・M・ラチョフ

動物たちの温かい思いやりが学べる名作

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

雪が降りしきる冬の森で、おじいさんが落としてしまった手袋。ネズミは、その中で住むことを決めました。

すると、カエルやウサギなどの通りかかった動物たちが、自分も入れてくれとどんどん入っていきます。最後にはクマまで入ってしまいます!

ぎゅうぎゅうに膨れ上がった手袋のお家はどうなってしまうのでしょう?中にいる動物たちの名前が繰り返し出てくるので、親子で一緒に誰がいるのか確認しながら読んでいくのも楽しいですよ。

動物が増えていくに従って、手袋のお家を支える足場やはしご、窓もついていきます。どんどん変化していくお家も見ものですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,080
*メーカー:福音館書店
*ページ数:16

口コミ

・自分も小さい頃に繰り返し読んだ1冊です。寒い時にあったかそうにしている動物たちの輪に入りたくなり、子どもも何度も読んでとせがんできます。

・娘が夜寝る前に読む、定番の1冊になりました。さすが何年も読み継がれている本だけあるなあ、と感心してしまいます。

・挿絵がきれいです。手袋の中に動物が増えるたびに内装が豪華になり楽しめます。

・言葉もリズミカルで、それぞれの動物の声を変えて読んであげると、真似をして大喜びです。

・想像力をかき立てる楽しい1冊です。

【18】100かいだてのいえ|岩井 俊雄

何度見ても飽きない不思議な絵本

100かいだてのいえ,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

絵本は左右広げて読むパターンが多い中、こちらは縦にページをめくって下から上へと読んでいく不思議な絵本です。

ある日、「あそびにきてね」という手紙を誰かからもらったトチくんが地図を頼りに歩いて行くと、なんとそこには100階建の家がそびえていました。ページをめくるごとに10階ずつ、上へ上へと登っていきます。

途中いろいろな動物のお部屋を通るのですが、それぞれ細かく描かれていて何度見ても飽きません。読み聞かせにはもちろん、絵を見るだけでも面白いので、子どもが自分で読むことも楽しめる絵本です。

こちらの絵本が気に入った方は、同じシリーズの「ちか100かいだてのいえ」や「うみの100かいだてのいえ」もおすすめですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,296
*メーカー:偕成社
*著作者:岩井 俊雄
*ページ数:32

口コミ

・ストーリーがシンプルで子どもの心にスーッと入っていきやすいです。

・見ごたえのあるイラストが魅力的。子どもに何度も「読んで、読んで」と言われます。

・この本の影響か、息子が100まで言えるようになっていました。

・100階それぞれの絵が細部まできちんと描かれているので、読む度に新しい発見があります。

・絵もストーリーの構成も素晴らしい。絵と言葉、そして数字が絶妙のリズムを繰り出していて子どもも大人も楽しく読めました。

【19】きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集)|長谷川 摂子

リズミカルな言葉が心地良い

きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

「あったとさ あったとさ きょだいなピアノがあったとさ」読んでいるうちについつい節をつけて歌いたくなります。リズミカルな言葉が、とても耳に心地よい絵本です。

広い野原に落ちている、きょだいなピアノやきょだいな石鹸、きょだいな扇風機。そこに100人の子どもがやってきて、元気よく楽しく遊びます。

実際にはありえない世界観ですが、それを美しい水彩画とコラージュで表現した挿絵には、ぐいぐい引き込まれる力があります。

毎ページに登場するキツネさんは、話の内容に直接関わりはありません。しかし、それがまたアクセントになってかわいらしく感じます。

また、100人の子どもに加わった自分を想像して読むと、何だか楽しくなってしまいますよ。オチもお見逃しなく!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:長谷川 摂子
*ページ数:32

口コミ

・絵本の中にはうーんと広い世界が広がっているんだなあと思わせる絵本。

・ページを開けば、まるで自分が小さい虫になったみたいに大きく大きく見える世界。想像力をかき立てられる絵本です。

・子どもの「好き」のツボを逃さない、作者の視点の豊かさを感じます。

・読んでいてリズミカルで読みやすいし、巨大な物も生活の中にあるものばかりで子どもには理解しやすい夢のあるお話です。

・本を読み終わった後、子どもが「あったとさ、あったとさ、○○があったとさ」と自由にお話を作って楽しんでいます。

【20】そらいろのたね|なかがわ りえこ

「みんなで仲良く」という概念を意識づけできる

そらいろのたね,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

ゆうじくんが野原で模型飛行機を飛ばして遊んでいると、キツネがやってきました。模型飛行機と種を交換しようと言ってきます。交換した種をまいて育ててみると、なんと空色のお家が咲くのです。

お家はどんどん育っていって、たくさんの動物がやってきて住みつきます。そこへキツネがまたやってきて…。

「みんなでなかよく」のルールがよくわかる絵本です。保育園や幼稚園などで集団生活が始まる時期に読み聞かせるのにぴったりですよ。「ぐりとぐら」でおなじみの大村ゆきこさんの優しい絵もとても素敵です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

口コミ

・子どものお気に入りで「絵本を読んであげる」というとこの本ばかり持ってきます。

・内容も「友達を大切に。1人じゃつまらないよ」という大事なメッセージで締めくくられていて言うことなしです!

・挿し絵の中に「ぐりとぐら」「いやいやえん」でおなじみのキャラクターがエキストラ出演しているのを見つけて、子どもが大喜びしました。

・想像の世界をいっぱいにふくらませてくれる物語。

・ひとりじめはダメだよ、という教訓を教えてくれるお話ですが、子どもにも分かりやすく描かれています。

【21】でんしゃでいこう でんしゃでかえろう|間瀬 なおかた

前からも後ろからも読める仕掛けにワクワク

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう,絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

こちらは一見普通の絵本に見えますが、前から読むと「でんしゃでいこう」、後ろからよむと「でんしゃでかえろう」というタイトルになっています。なんと本の表裏がなく、どちらからも読むことができる絵本です。

山の駅を出発した電車が海の駅に向かう物語。電車がとても景色のいいところを通るので、読んでいる側もその電車に乗った気分で作品に吸い込まれていきます。

時々トンネルを通るのですが、トンネルの出口に次の景色がチラリと見えるよう穴があいていて、次のページを想像して楽しめます。電車の音も進む景色と合わせて変わっていき、読めば読むほど面白いタネがしかけてあるのに気がつきます。

電車好きの子にはもちろん、そうでない子にもおすすめの1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,080
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:ひさかたチャイルド
*著作者:間瀬 なおかた
*ページ数:24

口コミ

・ページをめくるとすぐに次の景色ではなくて、間に暗いトンネルを挟んでいます。次に目の前に広がる風景への期待感が高まる素敵な演出に、子どももわくわくして読んでいます。

・電車の音がリズム感を損なわず、走っている場所によって少しずつ変わるのも、単調にならずに臨場感があって面白いです。

・線路沿いから遠景まで魅力的に描かれていて、よくできた鉄道模型レイアウトを眺めるような楽しさです。

・文字が少ないので色々なことを想像させ、親子で会話を楽しむいい機会になっています。

【22】はけたよはけたよ (創作えほん 3)|神沢 利子

自分でやりたい!という気持ちが芽生えたらぜひ

はけたよはけたよ (創作えほん 3),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

1人でパンツが履けないたつくんは、イライラしてしまいパンツを履かずに外へ出て行ってしまいます。その姿を見た動物たちは、尻尾のないたつくんのお尻を馬鹿にします。

悔しい気持ちで家に帰ったたつくんは、何とか自力でパンツを履こうと健闘します。さて、たつくんは無事にパンツが履けたのでしょうか?

子どもにとって毎日のお着替えは重労働です。自分でやりたいという気持ちとは裏腹に、上手に事が進まずイライラして泣いてしまうこともありますね。

ママパパも頭では分かっていても、外出前の忙しい時間などはついついキツい口調でダメ出しをしてしまうこともあるでしょう。子どもの自分でやりたい気持ちを尊重し、応援する作品です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥1,080
*メーカー:偕成社
*著作者:神沢 利子

口コミ

・親が言うよりも効果のある内容です。動物たちに笑われるたつくんの姿が屈辱的で、子ども自身が恥じらいや失敗の辛さに気づくことのできる作品です。

・トイレトレーニングやお着替えに挑戦している子どもにおすすめです。たつくんの姿を見ながら、子ども自身が気持ちを奮い立たせて頑張ります。

【23】ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ)|キヨノ サチコ

妹が生まれたノンタンの複雑な心境とは?

ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ),絵本,おすすめ,3歳出典:www.amazon.co.jp

妹のタータンが生まれたノンタン。はじめは「いいな、いいな」と言われてうれしかったものの、遊びは邪魔され、どこまでもついてくるタータンにノンタンはうんざりしてしまいます。

ついつい「あっちいけ!」と言って、いなくなった間にお友達と楽しく遊びます。でも、ふと本当にいなくなったことに気づき、必死に探します。無事に見つけたときには涙がぽろり…

ノンタンの、妹のことが大好きだけど遊びの邪魔はされたくない複雑な心境が、とてもよく描かれています。下の子が生まれる(もしくは生まれた)というご家庭で、上の子にプレゼントしたという口コミも多い絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:偕成社
*著作者:キヨノ サチコ
*ページ数:31

口コミ

・言葉がリズミカルで読みやすく、大好きな一冊です。ノンタンの妹を必死に探す様子がとてもけなげです。

・下の子が生まれたので購入しました。上の子に読み聞かせをしながら、一緒に遊べないこともあるだろうけど、仲良く遊べるといいねと話しました。

(ご参考)コズレ会員の絵本お気に入りランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が読み聞かせをした絵本の評価を月齢別に集計。その結果をもとにランキングや診断をご覧いただけます。

(ご参考)Amazon・楽天の絵本人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の絵本人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。お気に入りの絵本選びの参考にしてください。

まとめ

今回は、3歳児への読み聞かせにぴったりの絵本をご紹介いたしました。身につけておきたい大切なことは、わかりやすい絵本から学ぶと、しっかりと心に刻み込まれます。

お友達との付き合い方や日頃の生活のことなど、育児やしつけで壁にぶつかった時は、絵本に頼ってみても良いかもしれません。

絵本は、子どもだけではなく、ママパパにも日ごろ忙しさで忘れかけていた子どもへの純粋な愛情や温もりなどを、気づかせてくれるものです。ぜひ、親子で心に残るような絵本を見つけてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。