離乳食のスタート時期|生後5~6ヶ月頃

,離乳食,進め方,

一般的に離乳食初期は、生後5~6ヶ月ごろと言われています。赤ちゃんに上のようなしぐさが見られれば、離乳食を始めても良いかもしれません。

赤ちゃんにはそれぞれのペースがあるので、月齢はあくまでも目安です。赤ちゃんの成長に合わせて進めてくださいね。

離乳食初期|進め方・量の目安・食べる時間帯

最初の量はお粥をひとさじ

最初はおかゆ1さじから!,離乳食,進め方,

離乳食は、10倍粥をなめらかなポタージュ状にすりつぶしたものを、1さじ(5ml)からスタートします。

お米は比較的アレルギーになりにくいということで、初めての食材におすすめされています。

【食材の進め方】
●お粥に慣れたら、野菜・果物などのビタミン類へ進む。
●ビタミン類に慣れてきたら、豆腐や白身魚などのタンパク質へ進む。

胃腸の負担にならないように、消化できているか便の様子も確認しながら進めましょう。離乳食初期は、食べ物を飲み込むことに慣れることが大切です。

嫌がって口から出してしまうようなら、無理に進めずに、赤ちゃんの状態を優先させて大丈夫です。

食べる回数・時間帯

離乳食は1日1回、午前中の授乳前、赤ちゃんが機嫌の良い時間がおすすめです。

離乳食を食べ終わった後は、赤ちゃんが満足するまでたっぷり母乳やミルクをあげてくださいね。

おおよその時間が決まっていれば、赤ちゃんのご機嫌次第で時間をずらしてもかまいません。

離乳食初期の食材|調理のコツや増やし方

10倍粥

離乳食スタイ,離乳食,進め方,

10倍粥とは、米1に対して、水10の割合で作ったお粥のことです。

10倍粥は、お米と水をお鍋で炊いて作ります。その他にも市販のおかゆクッカーを使い、電子レンジや炊飯器で作ることができます。炊いたごはんとお水で作る事もできますよ。

作った10倍粥は食べやすいように裏ごし器やすり鉢、ブレンダ―などでなめらかなペースト状にします。

力を入れてお粥を混ぜてしまうと、粘り気が出てしまうので注意してください。

お粥に慣れたら野菜などのビタミン類→魚などのタンパク質

お粥に慣れてきたら、まずは野菜などのビタミン類を始めましょう。さらに慣れてきたら、豆腐や魚などのタンパク質をプラスしていきます。

食材は必ず加熱をし、すりつぶしてペースト状にします。

にんじんや大根、りんごなどのすりおろすことができる食材は、すりおろしてから電子レンジなどで加熱すると簡単です。

葉物野菜や魚など、すりおろすことができない食材は、茹でてからすり鉢ですりつぶすようにしましょう。

食材に合わせて食べやすい工夫を

離乳食初期は、飲み込む練習をする時期で、「ゴックン期」とも呼ばれています。まだ噛んで食べるということができないので、食材は赤ちゃんが飲み込みやすい状態にしなければなりません。

食材に火を通してつぶしただけでは、パサパサしていて上手に飲み込めないことがあります。そこで、お湯を少量混ぜてのばすと、のどごしが良くなるので、赤ちゃんが食べやすくなります。

冷凍保存が便利

離乳食のフリージング,離乳食,進め方,

check_circleポイント
・まとめて作って小分け冷凍
・解凍する時は必ず加熱解凍を
・1週間を目安に使い切る

離乳食初期では、1回に食材を1さじずつから与えます。毎回少量の食材を調理するのは大変なので、まとめて作り1さじずつの分量に分けて冷凍保存すると便利です。

冷凍した食材は、食べる前に電子レンジなどで必ず加熱をして解凍してください。

食材が少量の場合、解凍後水分がとんでしまいます。様子を見ながら加熱をし、もし水分が足りないようであれば、お湯や飲みなれたミルクなどでのばして調整をしましょう。

また、消化機能が未熟な赤ちゃんのために、冷凍保存した食材は1週間を目安に使い切るようにしましょう。

離乳食初期に注意すること

,離乳食,進め方,

・味つけは不要
離乳食初期では、素材の味に慣れることが大切な時期です。

離乳食中期以降になれば、野菜スープやだし汁などを少量使って風味づけはできるようになります。多めに作って冷蔵庫や冷凍庫にストックしておくと便利ですよ。

・初めて使う食材は、1回に1種類
どの食材に対してアレルギー反応が出たか分かるように、食材は1種類ずつ始めます。また、食後しばらくは、普段の様子と変りがないか見守ることが大切です。

・もしアレルギー反応が出たら?
すぐに病院に行って受診するようにしましょう。アレルギー反応は時間が経ってから現れることがあります。そのため離乳食は、診察時間に間に合うような時間帯や午前中に進めるのが良いでしょう。

1ヶ月目|離乳食開始後の献立スケジュール

【初日】1さじ分の10倍粥を赤ちゃん用スプーンで少しずつ

離乳食初期,離乳食,進め方,

まず、10倍粥をなめらかなポタージュ状にすりつぶしたものを、人肌の温度に冷まし、小さじ1杯(5ml)与えることから始まります。

1さじ分を赤ちゃん用のスプーンで5回ほどに分けて、少量ずつ口に運んであげましょう。

【1週目】食べる様子を見ながら徐々に量を増やす

ペースト状にしたお粥をに徐々に増やしていきます。

【例】
・1日~2日目は1さじ
・3日~4日目は2さじ
・5日~7日目は3さじ

もし途中で嫌がるようなら、無理に全部食べなくても大丈夫です。

【2週目】野菜をプラス

2週目からは野菜を少しずつ増やしていきます。離乳食初期に良く使われる野菜は、にんじんやじゃがいも、ほうれん草、かぼちゃ、かぶなどです。

お粥3さじにプラスする形で、野菜は1種類小さじ1杯からスタートします。野菜の種類は、季節ごとの旬のものなど、手に入りやすいものを使うとよいでしょう。

【3週目】たんぱく質をプラス

3週目は、たんぱく質を少しずつ取り入れていきます。離乳食初期に使えるたんぱく質は、白身魚か豆腐などになります。

●豆腐
・茹でてすりつぶす。
・大豆アレルギーの心配があるため注意。

●白身魚
・茹でてすりつぶし、とろみをつけると食べやすい。

たんぱく質もお粥や野菜同様、1さじからゆっくりと増やしていきます。たんぱく質を増やす日は、胃腸に負担をかけないために他の食材を増やさないことも大切です。

お粥+ビタミン類:1~数種類+たんぱく質:1種類が基本の形となります。

【4週目】離乳食に慣れてきたら2回食に挑戦

この頃は赤ちゃんもだいぶ離乳食に慣れてきます。ママも離乳食作りに慣れてくる頃でしょう。

赤ちゃんが上手に飲み込めるようになり、毎回の離乳食をしっかり食べられるようになれば2回食に挑戦してみてもいいでしょう。

2ヶ月目|2回食をスタート

食事の回数とメニューを増やしましょう

離乳食初期,離乳食,進め方,

赤ちゃんが離乳食を上手に飲み込めるようになったら、2回食にステップアップします。2回食は、午前中と午後に1回ずつが基本的なリズムです。

主食のお粥に加えて、ビタミン類やたんぱく質を取り入れて、メニューを増やしていきましょう。また、離乳食中期にスムーズに移行できるよう、少しずつ食材の水分を減らし、食感を変えていくようにしましょう。

しかし、突然食材の食感が変わってしまうと、赤ちゃんも食べづらくなります。2回食のうち1回分は慣れたものを用意するなど工夫をしてみてください。

食材も増やしてみましょう

離乳食を始めて1ヶ月が経過し、様々な食材を食べることができるようになります。バナナやいちごなど、この頃から食べられる果物もいろいろあります。野菜からだけでなく果物からもビタミン類を摂取することが可能です。

生後6ヶ月頃以降、お粥に慣れたら、パン粥や柔らかく茹でてすりつぶしたうどんを主食として食べることが可能です。

離乳食初期のおすすめレシピをご紹介!

離乳食*炊飯器で10倍粥をまとめて作ろう

離乳食*炊飯器で10倍粥をまとめて作ろう,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
お米 25cc
水 250cc

【作り方】
①米を研ぎ、米と10倍量の水を入れ炊飯器にセットします。炊飯器の「お粥」設定で炊き上げます。
②炊き上がったら、すり鉢でなめらかにすりつぶせば完成。

【ポイント】
調理後は、フタ付きの製氷皿を使って小分け冷凍するのがおすすめです。しっかり凍ったら、密閉袋に入れかえて保存すると、毎回使いやすいですよ。

初期の離乳食 レンジ&お米で作る基本の10倍がゆ

初期の離乳食 レンジ&お米で作る基本の10倍がゆ,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(300cc分)
ご飯 大さじ2
水 300cc

【作り方】
①ラップでご飯をふんわり包み、上から指でつぶす。
②耐熱容器につぶしたご飯と水100ccを入れほぐす。600Wの電子レンジで2分加熱。
③ブレンダーやミキサー、泡立て器などを使って細かくくだく。
④なめらかな食感になるよう裏ごしします。
⑤粒がなくなれば、残りの水を2回にわけて入れ、600Wの電子レンジで8分加熱します。途中で何度かかき混ぜながら加熱。
⑥冷まして完成。

【ポイント】
最初は水を少なめにして加熱すると、あふれ出にくいです。ブレンダーやミキサー、泡立て器がない場合は裏ごしのみでも問題ありません。

離乳食 ★ 初期 ★ プチトマト・ミニトマト

離乳食 ★ 初期 ★ プチトマト・ミニトマト,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
プチトマト、ミニトマト1個(およそ小さじ1)

【作り方】
①ヘタを取り、おしりに十字の切れ込みをいれる。
②耐熱皿にミニトマトを入れ、大さじ2ほどの水を入れる。
③ふんわりとラップをかけ、電子レンジで10~20秒加熱。
④冷水にさらし、皮をむいて種を取り除く。
⑤裏ごしをして完成。

【ポイント】
面倒な湯剥きは、電子レンジを使えば簡単です。ミニトマトは水分が多いので、お湯を足してのばす時は水っぽくなり過ぎないように気をつけて下さい。

離乳食 ★ 初期 ★ ほうれん草のペースト

離乳食 ★ 初期 ★ ほうれん草のペースト,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(約100g分)
ほうれん草 6束
お湯 適量

【作り方】
①葉先のみを切る。
②沸騰したお湯で柔らかなくなるまで茹でる。
③茹で上がったら冷水にさらしてアクを抜き、水気をきる。
④小さく刻み、すり鉢ですりつぶすか、ブレンダーを使用してトロトロした状態にする。
⑤お湯でのばし、なめらかになれば完成。

【ポイント】
作り置きしておくと便利です。製氷皿やフリーザーバックに入れて冷凍可能です。フリーザーバックの場合は、空気を抜き薄く伸ばしておきます。さらに箸などで線を引いて冷凍すると、板チョコのようにパキパキ折って手軽に1食分を取り出せます。

【離乳食初期】基本野菜のマッシュ、4種。

【離乳食初期】基本野菜のマッシュ、4種。,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(約10食分)
かぼちゃ 約50g
じゃがいも 約50g
さつまいも 約50g
にんじん 約50g

【作り方】
①野菜の皮をむき、薄くいちょう切り、または5㎜角の大きさに切る。
(さつまいもは、皮を厚めにむいて、切ったら水にさらしてアク抜きをする)
②柔らかくなるまで茹で、ざるにあげて水気をきったら、すり鉢でなめらかにすりつぶす。
③バットにラップを敷き、その上に1食分の量を小分けに置く。(約小さじ1/2~1の量)
④さらに上からもう1枚ラップをかけ、冷凍庫で凍らせる。
⑤凍ったら、容器にに移して保存。

【ポイント】
少量利用に役立つ離乳食ストックアイデアです。離乳食が進むにつれて、いろいろなレシピに活用できそうですね。

離乳食初期 野菜ミックス・ペースト

人参ペースト,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
きゃべつペースト 小さじ2
玉ねぎペースト 小さじ2
にんじんペースト 小さじ1

【作り方】
①電子レンジ対応可能な容器に、きゃべつ、玉ねぎ、にんじんのペーストを入れて、1分ほど加熱する。
(電子レンジの種類によって加熱具合が異なるので、様子を見ながら調整)
②人肌程度に冷まして完成。

【ポイント】
電子レンジで加熱する際は、温めすぎると水分がとんでしまうので注意しましょう。

<離乳食初期>サツマイモリンゴ

<離乳食初期>サツマイモリンゴ,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
裏ごししたさつまいも 小さじ3
裏ごししたりんご 小さじ1
りんご果汁 小さじ2

【作り方】
①裏ごししたさつまいもを、りんご果汁でのばし、なめらかにする。
②さらに、裏ごししたりんごを加えたら完成。

【ポイント】
パサパサしがちなさつまいもは、りんご果汁を加えることでなめらかになり、食べやすくなります。りんごの酸味とさつまいもの甘味が調和し、まろやかな味になりますよ。

【離乳食初期】かぼちゃ玉ねぎポタージュ

【離乳食初期】かぼちゃ玉ねぎポタージュ,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
かぼちゃ 3cm角
玉ねぎ  3cm角

【作り方】
①かぼちゃと玉ねぎを柔らかくなるまで煮込む。
②柔らかくなったら裏ごし、またはすりつぶす。
③月齢に合わせ食べやすい状態になったら完成。

【ポイント】
かぼちゃと玉ねぎは両方とも甘味と旨味があるので、赤ちゃんが食べやすい野菜の組み合わせです。玉ねぎは、しっかり煮込むことで甘味が増しておいしくなります

離乳食初期◎小松菜とキャベツのミルクがゆ

離乳食初期◎小松菜とキャベツのミルクがゆ,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
10倍粥 大さじ4
小松菜 小さじ2
きゃべつ 小さじ1
粉ミルク 小さじ1

【作り方】
①きゃべつは1枚を半分に切り、熱湯で3~4分茹でる。同じお湯で小松菜の葉を半分に切り、1~2分茹でる。
②それぞれをざるに上げ、水気を切り粗熱をとる。
③それぞれ水気をよくしぼり、クルクルと巻いて棒状にしてラップにくるむ。その後冷凍庫で凍らせる。
④凍らせたきゃべつと小松菜を、すりおろす部分だけラップを取り、おろし金ですりおろす。
⑤10倍粥に入れ、粉ミルクと一緒によく混ぜたら完成。

【ポイント】
小松菜やきゃべつは繊維が多いので、ペースト状にするのは大変ですが、棒状にして冷凍することで、使いたい分だけをすりおろすことができて便利です。

離乳食初期☆ お鍋の具材で!白菜と人参の3色飯

離乳食初期☆ お鍋の具材で!白菜と人参の3色飯,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
10倍粥 適量
白菜 適量
にんじん 適量

【作り方】
①鍋に、一口大に切った白菜、にんじん、水200cc程度を入れ、柔らかくなるまで茹でる。
②鍋から白菜とにんじんを取り出し、それぞれを裏ごししてペースト状にする。
③10倍粥と、白菜とにんじんのペーストを器に盛ったら完成。

【ポイント】
大人用の鍋を作る際に、具材を取り分けできるレシピです。白菜とにんじんは、別々に裏ごしした方が器に盛った時の色合いがきれいです。

<離乳食初期>しらす粥

<離乳食初期>しらす粥,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
10倍粥 小さじ5
裏ごししたしらす 小さじ1
お湯 少々

【作り方】
①10倍粥を器に盛ります。
②裏ごししたしらすを、お湯でのばす。
③10倍粥の上にしらすをのせて完成。

【ポイント】
しらすは調理しやすいので、たんぱく質を手軽にメニューに取り入れたい時に便利です。よく塩抜きをしてすりつぶし、ペースト状にすれば6ヶ月頃からOKです。ちりめんじゃこは固いので離乳食期は避けてください。

離乳食☆初期☆ ブロッコリーとかれい

離乳食☆初期☆ ブロッコリーとかれい ,離乳食,進め方,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
ブロッコリー(花蕾) 15g
かれい 10g
お湯 少々

【作り方】
①かれいは熱湯で3分ほど茹でる。骨と皮を取り除き、すり鉢ですりつぶす。
②ブロッコリーを柔らかく茹でる。花蕾の部分を包丁でそぎ落とし、すり鉢ですりつぶす。
③かれいとブロッコリーを混ぜ、少しずつお湯を加えながら、なめらかに伸ばしたら完成。

【ポイント】
ブロッコリーは花蕾の部分を使用します。かれいは、刺身用の切り身を使うと、皮と骨を取り除く手間が省けますよ。

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価を集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

今回ご紹介した離乳食の進め方はあくまで目安です。参考にしつつ、赤ちゃんとママのペースで焦らずゆっくりと進めてくださいね。

おすすめレシピを参考にしながら、少しずつ赤ちゃんが食べられる食材を増やしていき、食べることが楽しみにつながると良いですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。