離乳食に野菜を取り入れるタイミングはいつから?

5ヶ月~6ヶ月の離乳食初期からOK!最初はスープやペーストから

野菜ペースト状離乳食,離乳食,野菜,

離乳食に野菜を取り入れるタイミングは、10倍がゆを食べるようになった5ヶ月~6ヶ月の頃からです。10倍がゆにも慣れて無理なく1回に何さじか食べてくれるようになったらはじめられます。

やわらかく茹でた野菜をペースト状にしたり、野菜の茹で汁をスープにしたりして、少しずつ与えてみましょう。

野菜を取り入れる初日は10倍がゆ+にんじんペースト、翌日は10倍がゆ+かぼちゃペーストというように、野菜の種類を変えてだんだんと色んな野菜の味に慣れさせていきます。

それにも慣れてきたら複数の野菜から作ったスープを与えたり、1回の食事の品目を増やしたりしてあげましょう。

離乳食期間ずっと使える!野菜の旨みたっぷりスープの作り方と保存方法

離乳食★野菜スープ…初期~

離乳食後期までずっと使える、基本の野菜スープの作り方をご紹介します。使用する野菜は、クセやアクが少なく煮崩れしにくいものが良いです。

【材料】
にんじん、大根、キャベツ、玉ねぎ、椎茸、かぶ、チンゲン菜、白菜などより数種類

【作り方】
1、野菜をよく洗い、皮があるものは取り除きます。次に野菜を一口大に切ります。
2、鍋に野菜がひたひたになるくらいの水を入れ、途中でアクをすくいながら、弱火で20分~30分煮込みます。
3、野菜が赤ちゃんの歯茎でつぶせるくらいやわらかく煮えたら、ざるに野菜をとり、スープの完成です。

【保存方法】
粗熱をとったスープを清潔な製氷皿か離乳食用の冷凍保存容器に注ぎ冷凍し、固まったらフリーザーバッグに入れて保存します。保存期間は1週間~2週間で、なるべく早めに消費しましょう。

作ったスープと柔らかく煮た野菜は冷凍保存して、食事の時にレンジで温めて食べさせると1回ごとに作る手間が省けて便利です。

【1】離乳食初期におすすめな野菜レシピと取り入れ方&レトルト食品

ペーストからスタート!赤ちゃんは「ゴックン」の練習中

離乳食初期 献立例,離乳食,野菜,

離乳食初期から与えることのできる野菜は意外とたくさんあります。

にんじん、かぼちゃ、たまねぎ、キャベツ、かぶ、白菜(葉の部分)、たまねぎ、さつまいも、じゃがいも、トマト、きゅうり、ブロッコリー、ほうれん草(葉の部分)、大根など、クセやアクが少なく消化しやすい野菜がおすすめです。

里芋はネバネバした部分にかぶれる心配があり、きのこやごぼうなどは不溶性食物繊維が多く消化吸収に負担がかかりやすいので、離乳食初期は控えたほうが良いでしょう。また、ネギやにんにく、しょうがなど刺激のあるものも避けましょう。

野菜は、赤ちゃんが歯ぐきで潰せるように、煮たり茹でたりして柔らかくします。赤ちゃんはまだ「ごっくん」と飲み込むことで精いっぱいです。柔らかくした野菜は更にすり潰したり裏ごししたりしてペースト状にすると食べやすくなります。

1回に野菜を与える量として、1週目は1品目を小さじ1からはじめ、2週目には1品目~2品目を合計小さじ2、3週目は合計小さじ3といったように、徐々に種類と量を増やしていきます。

初期は味付けをする必要はありません。特に夏場ならトマト、冬は白菜、春は新じゃがや春キャベツなど季節の旬野菜を使うと、野菜本来の旨みを赤ちゃんに味わってもらえるのでおすすめですよ。

【1】離乳食超初期♡ にんじんペーストの作り方

【材料】
・にんじん(カボチャ、さつまいも、じゃがいも等お好みの野菜) 半本
・水 適量

【作り方】
1.にんじんは皮を剥いて適当な大きさに輪切りにします。鍋ににんじんがかぶる程度の水を入れます。
2.弱火でにんじんが柔らかくなるまで煮込みます。
3.柔らかくなったにんじんを潰します。少量の煮汁を加えると、飲み込みやすく水分が多いペーストになります。
4.裏ごししたら完成です。
5.小さじ1杯ごとに小分けして冷凍し、凍ったら容器から取り出してフリーザーバッグで保存できます。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食初期 ほうれん草レシピ♡

【材料】
・湯 適量
・ほうれん草 4束

【作り方】
1.ほうれん草をよく洗い、お湯で10分ほど色が鮮やかな緑色になるまで茹でます。
2.湯だったら、茎と葉の部分に分けて葉の部分だけを離乳食用に使います。(茎の部分は大人用に)
3.フードプロセッサーで細かくします。ない場合は細かく刻んでください。
4.すり棒で押すようにして裏ごしします。
5.保存容器や製氷器に入れ冷凍保存すれば、1週間程保存ができます。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】★離乳食★【初期】かぼちゃのすりつぶし

甘くてホクホクしたかぼちゃ。子どもたちの大好きな味ですね。離乳食を始めたけれどあまり食べてくれないという赤ちゃんもきっと気に入ってくれる味です。

小分けして冷凍することもできますよ。かぼちゃはペーストにしやすいので作る側にもうれしいメニューですね。

【材料】
・かぼちゃ 1つ(3cm×3cm程度)
・お湯 適量

【作り方】
1.かぼちゃは、ピーラーで皮をむきます。
2.小さくサイコロに切り、耐熱皿にお湯を少量入れラップをします。
3.電子レンジで柔らかくなるまで加熱してすりつぶします。
4.なめらかになるようにお湯を少量加えて、混ぜ合わせたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】簡単すぎる離乳食 初期からのトマト

酸味が爽やかで甘みのあるトマト。栄養豊富なので、赤ちゃんにも食べてほしい野菜ですね。でも湯むきをするのが面倒…そんな人に目からうろこの裏技を使ったレシピです。

冷凍したトマトは水で洗うだけで皮がするっと剥け、種の部分も簡単に取ることができますよ。さっそく買ってきたトマトを冷凍庫に入れてみてください。一気に作って小分けにして冷凍保存できます。

【材料】
・ミニトマト1~2個

【作り方】
1.ミニトマトを使う分冷凍します。
2.使う時に冷凍庫から出して、水洗いをし皮をむきます。
3.凍ったままのミニトマトを4等分に切り、種を取ります。
4.月齢に合わせて刻んでから、電子レンジで加熱すれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】☆玉ねぎ☆ 離乳食 [初期]

ほんのり甘みのある玉ねぎは、柔らかく煮ると味付けしなくてもおいしいですね。初めて玉ねぎを使う時は、ぜひ素材そのものの味を教えてあげてください。

柔らかく煮るのに少し時間がかかるので、一個分を使って一気に作って製氷皿などで冷凍しておきましょう。食べる時に解凍し、出汁やお湯でのばすと食べやすくなりますよ。

【材料】
・玉ねぎ 中1個
・お湯 適量

【作り方】
1.玉ねぎを薄く切ります。
2.鍋にお湯を沸かして玉ねぎを入れ、アクをとりながら柔らかくなるまで待ちます。
3.柔らかくなったらすり鉢ですりつぶし、裏ごししたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】有機まるごとベビーフード 有機米とろとろ野菜おじや|味千汐路(あじせんしおじ)

有機 まるごと ベビーフード 有機米とろとろ野菜おじや 100g X2個 セット (初期 5ヵ月頃から) (国産 有機素材 天然素材 使用) (食品添加物 無添加 オーガニック 離乳食) (味千汐路),離乳食,野菜,出典:www.amazon.co.jp

化学合成添加物は不使用。5ヶ月頃から食べられる国産素材にこだわった安心のベビーフードです。野菜もたっぷり摂れて外出先にも携帯できる瓶詰めタイプです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 822 (¥ 411 / 1商品あたりの価格)
*メーカー:味千汐路

商品の特徴
*内容量:100g/個×2個
*化学合成添加物は一切不使用、有機JAS認定食品。初期5ヶ月頃からの有機まるごとベビーフード。
*潟産有機コシヒカリ米と国産有機野菜を使用した、有機JAS認定商品。
*原材料:有機米、有機キャベツ、有機玉ねぎ、有機大根、有機人参、有機じゃがいも、有機ネギ、有機かぼちゃ、有機ごぼう、有機さつまいも
*成長期別:5ヶ月

【7】 緑のお野菜とさつまいも(うらごし) |キユーピー

キューピー ベビーフード 緑のお野菜とさつまいも(うらごし) 70g×12個,離乳食,野菜,出典:www.amazon.co.jp

4種類の野菜を使ったペーストです。これだけの野菜を一度にペーストするのは、なかなか家庭では難しいですね。

毎日の離乳食作りに助かるレトルト食品も上手に取り入れてみてくださいね。瓶詰めタイプなので、外出先の食事に簡単に野菜を足すことができますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,679
*メーカー:キユーピー

商品の特徴
*内容量:70g×12個
*カロリー:32kcal
*原材料:野菜(グリンピース、ほうれんそう、さつまいも、とうもろこし)、パインアップル果汁、コーンスターチ、チキンエキス
*商品サイズ(高さ×奥行×幅):49mm×60mm×60mm
*成長期別:5ヶ月

口コミ

・お粥やスープに混ぜて食べさせています。

・始めはなかなか食べてくれなかったが、徐々に味に慣れて完食してくれるようになりました。

【2】離乳食中期におすすめな野菜レシピと取り入れ方&レトルト食品

離乳食中期は「もぐもぐ」食べ。形のあるものが食べられるように!

離乳食中期 献立例,離乳食,野菜,

離乳食中期は月齢で生後7ヶ月~8ヶ月頃、食事は1回食から2回食へと増える時期です。離乳食にも慣れて、食べられる品目がどんどん増えていきます。

野菜は離乳食初期に加え、ピーマン、パプリカなどが増え、炭水化物は食パン、うどん、素麺、スパゲッティ、マカロニなどが食べられるようになります。たんぱく質は、白身魚、鶏肉、鮭、乳製品を与えられるので、メニューにバリエーションが広がります。

離乳食中期の赤ちゃんは、舌と上あごで潰しながら「もぐもぐ」と食べる練習をします。そのため、食べ物の堅さは豆腐くらいが理想的です。

おかゆは7倍がゆになり、野菜の形状はペースト状からみじん切りにして形のあるものを食べさせていきましょう。1回の食事で7倍がゆなどの穀類、野菜、肉や魚をバランスよく与えていきたいですね。

赤ちゃんがあまり食べない場合は、量や種類を加減して無理に食べさせず様子をみてください。

【1】*離乳食中期*手づかみ野菜蒸しパン♪

【材料】
・ホットケーキミックス 150g
・粉ミルク 200ml
・野菜(かぼちゃ、さつまいも、にんじん、ブロッコリーなどお好みで)150g

【作り方】
1.飲み慣れた粉ミルクを表示通り溶いて200mlつくります。
2.野菜は電子レンジなどで加熱して、柔らかく潰すか細かく刻んでおきます。
3.ボールにホットケーキミックスと1の粉ミルクを入れて、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。
4.3のボールに2の野菜を加えてさらに混ぜます。
5.フライパンに細長い形になるように4の液を落として、両面をこんがり焼いたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】炊飯器で作るしらすと野菜がゆ・離乳食中期

【材料】
・お米 1合
・しらす 大さじ2
・人参 約3cm
・玉ねぎ 1/4個
・舞茸 1/6個
・ベビー用和風だし 大さじ2

【作り方】
1.人参、舞茸、玉ねぎをみじん切りにします。しらすをざるに入れ熱湯をかけて塩抜きをします。
2.お米をとぎ炊飯器のおかゆ1合分まで水を入れて、全ての材料と和風だしを入れます。
3.炊飯器のおかゆ機能で炊きあがれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食中期♡簡単オムライス風リゾット

2回食になる離乳食中期、いろいろ作るのは大変ですね。そんな時期にうれしいワンプレートで野菜を摂れる簡単リゾットです。卵黄とケチャップでオムライス風の味が楽しめますよ。

チキンコンソメがなければ塩でも代用可能です。野菜は他のものでもOK。緑の野菜が入ると彩りと栄養価も良くなります。

【材料】
・おかゆ 一回分
・固ゆでたまごの黄身
・にんじん 適量
・たまねぎ 適量
・ピーマン 適量
・チキンコンソメ 小さじ1/2程度
・ケチャップかトマトソース 少量

【作り方】
1.野菜を細かく切り、根菜は一度電子レンジで加熱すると茹で時間が短縮できます。
2.1の野菜をひたひたの水とチキンコンソメで柔らかくなるまで煮ます。
3.2へおかゆ、たまごを入れて更に煮込みます。
4.お皿に盛り付けて、トマトソースかケチャップをかければできあがり。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】栄養マルシェ  洋風ベビーランチ|和光堂

栄養マルシェ 洋風ベビーランチ×3個,離乳食,野菜,出典:www.amazon.co.jp

栄養バランスのとれた野菜たっぷりの主食とおかずのセットです。外出先でもあげやすいカップタイプ。スプーンも付いているので、携帯にも便利ですね。

7大アレルゲン不使用で、赤ちゃんが食べやすい形状と味に仕上げてあります。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 796 (¥ 265 / 個)
*メーカー:和光堂

商品の特徴
*内容量:80g×2
*原材料:●さつまいもとかぼちゃのおかゆ/豆乳、野菜(にんじん、かぼちゃ)、精白米(国産)、さつまいも、りんごピューレー、砂糖、チキンブイヨン、食塩、米酢、増粘剤(加工でん粉)
●白身魚と野菜の洋風煮込み/野菜(にんじん、たまねぎ、かぼちゃ)、じゃがいも、たら、チキンブイヨン、植物油脂、米酢、食塩、増粘剤(加工でん粉)
*商品サイズ(高さx奥行x幅):85.0mm×68.0mm×87.0mm
*成長期別:7ヶ月
*原産国名:日本

口コミ

・食べやすく完食してくれました。温めた方がおいしです。

・おでかけの時にスプーンもついているので助かります。容器のまま電子レンジで加熱できるところも便利です。

【3】離乳食後期におすすめな野菜レシピと取り入れ方&レトルト食品

3回食スタート!「カミカミ」練習中はバナナくらいの堅さで

離乳食後期 献立例,離乳食,野菜,

離乳食後期は月齢で生後9ヶ月~11ヶ月頃の期間で、3回食が基本となります。食べられる野菜に、もやし、オクラ、なすなどが増え、炭水化物はロールパンや、とうもろこし、たんぱく質は牛肉、豚肉、青魚などから摂れるようになります。

野菜の堅さはバナナくらいが目安です。大きさはみじん切りから慣らしていき、徐々に大きくしていきます。この頃になると前歯が生え始めるので、歯茎と前歯を使って上手に噛むことができるようになります。

卵や乳製品は栄養豊富なので、アレルギーがないか確認しながら積極的に取り入れてください。この時期は、ごく薄味に調味料を加えることもできるので、味に変化をつけてメニューの幅が広がり、食事がますます楽しくなる時期ですよ。

【1】離乳食後期、レンジだけで簡単オムライス。

【材料】
・卵 1/2
・玉ねぎ1/4
・人参 適量
・お好みの野菜 適量
・ご飯 90g
・水 小さじ2
・ケチャップ 小さじ1/2~1

【作り方】
1.人参、玉ねぎなどお好みの野菜をみじん切りにして、シリコンスチーマーに入れます。
2.1に水を入れ、蓋をして電子レンジで約2分野菜を加熱します。
3.ボールで卵を溶いて2の野菜と混ぜ合わせます。
4.スチーマーにご飯とケチャップを加えてよく混ぜます。混ぜたらご飯を平らに整えます。
5.ご飯の上に3の卵と野菜を流し込みます。
6.シリコンスチーマーの蓋をして、電子レンジで2分30秒~3分程加熱をします。卵にしっかり火が通っていればできあがりです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食後期☆鮭と野菜の豆腐ハンバーグ

【材料】
・豆腐 150g
・生鮭(鮭フレークも可) 50g
・お好みの野菜(今回は人参、玉葱、ブロッコリー) 適量
・片栗粉 大さじ1

【作り方】
1.野菜は全てみじん切りにし、鮭は茹でてほぐしておきます。
2.ボールに水切りをした豆腐と1を入れてよく混ぜ合わせます。
3.2に片栗粉加えてよくこねます。
4.好きな量をラップでクルクルと巻いて両端をねじり、キャンディーのような形に成型します。
5.お皿にのせて電子レンジで約2分加熱したら完成。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食後期に…豚ひき肉と野菜~トマト味~

野菜がたっぷり摂れて栄養満点!冷凍しておけば食べさせたい時に解凍するだけの便利なメニューです。うどんやパスタに混ぜてもよし、豆腐にのせてもおいしい万能レシピですね。

【材料】
・豚ひき肉 約200g
・玉ねぎ 1/2玉
・しいたけ 1個
・キャベツ 2枚
・ピーマン 1個
・トマト 1個
・醤油 小さじ1
・卵黄 1個分
・ケチャップ 小さじ3

【作り方】
1.野菜をみじん切りにします。トマトは皮をむいてざく切りにします。
2.フライパンで豚ひき肉を炒めます。火が通ったらみじん切りした野菜を加えて更に炒めます。
3.全体に火が通ったら醤油と卵黄を入れ混ぜ、最後にケチャップを加えます。
4.味を調えたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】管理栄養士さんのおいしいレシピ 鶏レバーと豚肉の中華風野菜あんかけ|ピジョン

ピジョン 管理栄養士さんのおいしいレシピ 鶏レバーと豚肉の中華風野菜あんかけ 80g×12個,離乳食,野菜,出典:www.amazon.co.jp

管理栄養士さんがしっかりと栄養バランスを考えてくれた離乳食です。家庭ではなかなか準備が難しい食材も、レトルト食品を利用することで、離乳食メニューの幅が広がりますよ。

鶏レバーと豚肉に野菜をたっぷり加えて、食べやすく仕上げられています。軽量のレトルトパウチなので、外出先でご飯やうどんにかけてもおいしいですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,249 (¥ 104 / 個)
*メーカー:ピジョン

商品の特徴
*内容量:80g×12個
*カロリー:32kcal
*原材料:野菜(たまねぎ、えだまめ、にんじん、キャベツ、しいたけ)、肉加工品(鶏レバー、豚肉、つなぎ(小麦粉、大豆たん白)、食塩)、しょうゆ、チキンエキス、砂糖、ごま油、食塩、しょうがエキス、増粘剤(加工でん粉)
*商品サイズ(高さx奥行x幅):163mmx106mmx135mm
*成長期別:9ヶ月
*原産国名:日本

口コミ

・鶏レバー(と豚肉)が入っており、レバー系は調理が大変なので役に立っています。比較的味はしっかりついているので、お粥の上にのせてあんかけ丼で食べています。

【4】離乳食完了期におすすめな野菜レシピと取り入れ方&レトルト食品

大人メニューからの取り分けで調理が一気にラクに!

離乳食完了期 献立例,離乳食,野菜,

離乳食完了期は月齢で生後12ヶ月~1歳半までの、3回食からさらに大人に近い食事を摂れるようになる時期です。舌や歯茎を上手に使うことができるようになり、歯茎を使って食べ物をかみ砕くことができるようになります。

野菜はほとんどの種類を食べられるようになっていますが、油分が多いアボカドやかぶれる心配のある山芋などは少量に控えましょう。きのこ類の中でもエリンギは、繊維質が多く弾力があるので、食べづらいかもしれません。

食べ物の堅さは、肉団子程度の歯茎で噛めるくらいが目安で、食べ物の大きさは一口サイズからはじめ、慣れてきたら徐々に大きな塊にして、嚙み切る練習をしていくと良いですね。

大きな塊の形状にすることによって、手づかみで食べる練習にもなります。赤ちゃんが自分の手で食べ物を掴んで食べられると、食事がもっと楽しくなるので、手づかみしやすいメニューもおすすめです。

ご飯や野菜、肉や魚の他にも乳製品や卵、豆腐などを薄味にして大人のメニューから取り分けることができます。離乳食を作る手間がずいぶんと省けるので、取り分けメニューを作る際のポイントも押さえておきましょう。

・大人の味付け前に取り分ける!
・汁物の具材は赤ちゃんサイズにカットしておく。
・麺類はざるに入れて先茹でして柔らかく細かくする。

これらのことを頭の片隅に入れて調理すると、少しアレンジするだけで簡単に離乳食を作ることができますよ。

【1】【離乳食完了期】茄子と野菜のミートソース

【材料】
・鶏ミンチ 50g
・茄子 1/2本
・玉ねぎ 1/4個
・椎茸 1/2個
・ブロッコリー 1かけら
・トマト 1/4個
・塩、コンソメ 少々
・水 250cc

【作り方】
1.なすは1cm角に切り水につけてあく抜きしておきます。ブロッコリーは食べやすい大きさに切って別の鍋で柔らかくなるまで茹で、トマトは湯剥きをしておきます。その他の野菜も細かく刻んでください。
2.鶏ミンチをフライパンで炒め、火が通ったら他の野菜も加えて更に炒めます。
3.水、塩、コンソメ、湯切りしたブロッコリーを入れて煮詰めたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食完了期 とりわけ水餃子

【材料】
・鶏むね肉のミンチ 200g
・豆腐 100g
・キャベツ、ネギ、小松菜などの野菜 150g
・醤油、だし、酒、片栗粉、ごま油 各大さじ1
・餃子のかわ 30枚
・子ども用に薄味のお味噌汁 適量

【作り方】
1.豆腐は水を切り、野菜はみじん切りしておきます。餃子のかわ数枚は子ども用に十字に4等分にします。
2.ミンチ、水切りした豆腐、醤油を混ぜて粘りが出るまでよくこねます。
3.酒、だし→みじん切り野菜→片栗粉、ごま油の順でよく混ぜます。
4.子ども用は、4等分した餃子のかわに大豆1粒くらいの餡を包み、お味噌汁に入れて茹でたら完成です。
5.大人用は、フライパンに並べ、水を入れ中火で5分程蒸し焼きにします。蓋を開け水気がなくなったら、サラダ油を回しかけ焼き目をつければできあがり。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食*完了期 簡単野菜たっぷりオムレツ

野菜がたっぷり食べられるオムレツです。手づかみでも食べることができますし、フォークの練習にもちょうどいいですね。レシピは二回分の分量です。冷凍してもOK。チーズを多めにすれば大人のおかずにもなりますよ。

【材料】
卵 1個(小さめ)
野菜(トマト・にんじん・ほうれん草など) 40g
チーズ 小さじ2
小麦粉(無くてもOK) 大さじ1

【作り方】
1.にんじんやほうれん草は月齢にあった大きさに切り、茹でるか電子レンジで加熱します。トマトは皮をむいて種を取り切っておきます。
2.卵を溶いて小麦粉を入れ、ダマにならないようによく混ぜます。
3.2に野菜とチーズを混ぜ合わせます。ピザ用チーズを使用する場合は、少し細くしておくと出来上がり時に卵と馴染みやすくなります。
4.テフロン加工のフライパンで両面に焼き色がつくまで焼いて完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】大満足ごはん 人気の4食セット|森永乳業

森永ベビーフード 大満足ごはん 人気の4食セット G-N1 9ヶ月頃から,離乳食,野菜,出典:www.amazon.co.jp

1品でバランス良く野菜やタンパク質が摂れる、ごはん入りのメニューが人気です。それぞれの味が楽しめる4食セットなので、飽きることなく買い置きにも便利ですね。

自立するレトルトパッケージなので、外出先でもあげやすいですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 691
*ブランド:森永乳業

商品の特徴
*内容量:1食(120g)×4袋
*商品サイズ(高さx奥行x幅):160mm×68mm×105mm
*原材料:【じゃがいもと牛肉のまぜごはん】野菜(じゃがいも、にんじん、たまねぎ、コーン)、精白米(国産)、牛肉角切り(牛肉、小麦粉、食塩、小麦たんぱく質)、コーンスターチ、酵母エキス、ミルクカルシウム、食塩、野菜エキス、ピロリン酸鉄【鶏肉と6種野菜の炊き込みごはん】野菜(にんじん、大根、たまねぎ、白菜、ねぎ)、精白米(国産)、鶏肉、コーンスターチ、醤油、酵母エキス、ミルクカルシウム、昆布エキス、食塩、干ししいたけ、ピロリン酸鉄、(原材料の一部に小麦を含む)【さつまいもとかぼちゃのリゾット】野菜(さつまいも、にんじん、たまねぎ)、牛乳、精白米(国産)、かぼちゃピューレ、コーンペースト、鶏肉、コーンスターチ、クリーム、バター、食塩、ミルクカルシウム、チキンエキス、酵母エキス、キャベツエキス、ピロリン酸鉄【ほうれん草のコーンクリームドリア】野菜(じゃがいも、にんじん)、コーンペースト、精白米(国産)、牛乳、レバー加工品(鶏レバー、豚肉、小麦粉、大豆たんぱく質、食塩)、コーンスターチ、ミルクカルシウム、砂糖、チキンエキス、食塩、乾燥ほうれん草、酵母エキス、ピロリン酸鉄

口コミ

・ほどよい粘度でスプーンからこぼれにくいです。約1年間、保存できるので非常食としても便利です。

・思ったよりも量があります。外出先でもスプーンさえあれば食べさせられるので便利です。パウチ状だと瓶よりも後片付けが楽にできました。

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

いかがでしたか?離乳食初期は生まれて初めての食べ物との出会い、中期は新しい味覚との出会い、後期はメニューの幅が広がり、完了期は家族と一緒に食べる喜びに発見があります。

筆者はどちらかというと離乳食作りが苦手でしたが、野菜スープのストックの作り方や、ちょっとした時短調理のコツを知ってからは、気持ちが軽くなり、食事を作る楽しさが芽生えました。

栄養豊富な野菜を、少しでも豊富においしく取り入れられるよう、参考にしてみてくださいね。これから離乳食作りをスタートするママや、離乳食作りに頭を悩ませているママ達の力になれればと思いご紹介しました。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。