目次

離乳食中期のポイント

●スプーン1さじ分をむせずに上手に飲み込めるようになったら中期に進む準備を。舌や歯ぐきでつぶせる固さから慣らしてあげよう。
●1日2回。7倍がゆを大さじ3~5、ビタミン類・たんぱく質類を大さじ2~3程度。
●初めての食材を2つ以上同時にあげないように。病院へ行けるように午前中に1さじから始めよう。


それでは、離乳食中期のポイントを見ていきましょう!

離乳食初期から離乳食中期へ

離乳食中期(生後7ヶ月~8ヶ月頃)移行する目安は?

離乳食中期の赤ちゃん,離乳食,中期,

離乳食の初期は赤ちゃんが食事に慣れる期間。中期は初期で離乳食を上手に飲み込むことを覚えた赤ちゃんが、徐々に食事の楽しさをわかってくる時期です。

離乳食を始めてから2ヶ月後くらいの生後7ヶ月~8ヶ月頃が、離乳食中期と言われています。しかし、赤ちゃんによって、離乳食の進み方には個人差がかなりありますよね。

スプーン1さじ分を口に入れたときにむせずに上手に飲み込めるようになったら、中期に進む準備が整っていると考えても構いません。

飲み込んで食べるゴックン期から、つぶして食べるモグモグ期へ

離乳食に慣れてきたら、すりつぶしたものを飲み込んで食べていた初期のゴックン期から、徐々に舌と上あごを使ってモグモグ食べることのできる中期のモグモグ期へ移行していきます。

ある日突然、食事の内容がガラっと変わってしまったら、赤ちゃんがびっくりして食べなくなることもあります。そのため、離乳食初期から中期へ移行することを決めてからは、少しずつおかゆを固くしていったり、すり潰した野菜にみじん切りの野菜を混ぜたりなど、徐々に中期のメニューへと変更していってください。

最終的には舌や歯茎でつぶせる固さのものを食べることが出来るように慣らしてあげると、スムーズに移行できますよ。

離乳食中期、1日の進め方

離乳食中期は2回食。食事の時間に気をつけて

離乳食中期のメニュー,離乳食,中期,

離乳食の中期は1日に2回、毎日同じ時間に離乳食を食べさせてあげてください。朝と昼や朝と夕方に大人と同じ、あるいは、近い時間に食べると用意が楽かもしれませんね。

2回の食事の間を少なくとも4時間は空けるようにすると、赤ちゃんの食べっぷりがよくなりますよ。

母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけあげて

離乳食中期の時期は、まだ栄養の半分以上を母乳やミルクから摂っていますので、赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。

離乳食を食べる前に母乳やミルクをあげてしまうと、お腹がいっぱいになってしまいます。離乳食を食べさせた後に、母乳やミルクをあげようにしてください。

食材の固さや大きさ。食材はみじん切りに

食材の固さは、舌と上あごでつぶせるくらいにします。豆腐のようなかたさを目安としましょう。

大きさですが、はじめは2mm角くらいのみじん切りで。慣れてきたら少しやわらかめの3~4mm角くらいの大きさのみじん切りのものを食べることができるようになります。

離乳食の進み具合には個人差もあり、赤ちゃんによって食べられる量や固さ、大きさは違うと思います。赤ちゃんに合わせて調整してくださいね。

離乳食中期1回の食事の量

1回の食事の量ですが、おおよそ7倍がゆを大さじ3~5、野菜などのビタミン類やとたんぱく質類をそれぞれ大さじ2~3程度が適量といわれています。

離乳食中期の時期には個人差も大きく、母乳やミルクも飲んでいますので、食べる量を気にしすぎる必要ありません。

離乳食中期で注意すること

便秘や下痢に注意

赤ちゃんのおむつ替え,離乳食,中期,

離乳食に慣れて食べさせるものが増えてくると、たまに赤ちゃんのうんちから食材がそのままでてきた!ということがあります。これは赤ちゃんが食材を完全には消化できていない、というサインです。

多少は栄養を吸収していますが、そのせいで下痢や便秘になってしまう場合もあります。そんな時には、細かくみじん切りにしてあげたり、やわらかく煮てあげたりなど消化しやすくなる工夫をしてあげてくださいね。

初めての食材を食べさせる時にはアレルギーに注意!

離乳食中期になると、初期に比べて食べられる食材が増えます。

・肉類(鶏ササミ)
・たまご(中期後半から、よく加熱した黄身から始めるとよい)
・うどんやそうめん、マカロニなどの麺類
・納豆
・ナスやオクラなどあくの強い野菜(水にさらしてあく抜きしてから)
・ヨーグルトやカッテージチーズなどの乳製品
・少量の調味料

初めて食べる食材がある場合は、アレルギーの可能性があります。初めての食材を2つ以上同時にあげないように気を付けて下さい。もしアレルギー反応が出たときに病院に行けるように、必ず午前中に1さじから始めるようにしましょう。

離乳食時短のコツ|下ごしらえと冷凍保存

まとめて加熱して下ごしらえ。小分けにして冷凍

離乳食の冷凍保存,離乳食,中期,

離乳食中期になり、1日2回食になると離乳食作りも忙しくなります。まだ赤ちゃんにも手がかかる時期ですので、工夫して離乳食を簡単に作るようにしましょう。

材料をある程度まとめた量を加熱して下ごしらえし、製氷皿などを使って小分けにして冷凍保存します。使うときに冷凍庫から取り出し、レンジで加熱すれば、後は合わせるだけで簡単に離乳食を作ることができますよ。

離乳食中期のおすすめレシピをご紹介します

【1】離乳食 ★ 中期 ★ 炊飯器で簡単7倍粥

毎日食べるおかゆは炊飯器で大量に作って冷凍庫にストック

離乳食 ★ 中期 ★ 炊飯器で簡単7倍粥,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

離乳食の中核を成すおかゆ。離乳食も中期頃になると食べることにも慣れて、日中も動くようになるので食べる量も増えていきますよね。そろそろ2回食にもなるので、一回一回おかゆを作るのも大変です。

お鍋で作ると吹きこぼれなどもあるので、一番簡単に作れるのはやっぱり炊飯器ではないでしょうか。中期に入ると初期より食べる量も回数も増えます。意外と早くなくなってしまいますので、多めに炊いて冷凍庫でストックしておくといいですよ。

冷凍保存するのには蓋つきの製氷皿がおすすめです。臭い移りや乾燥を防げます。適当な容器がない場合にはジップロックなどを活用するといいですよ。

平らになるように入れて、袋の上から菜箸などで一回分ずつになるように筋を入れてから凍らせておくと、使うときに簡単に手で割ることができます。解凍するときは少しだけ水を足してから解凍してあげましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】☆離乳食中期☆にんじん&じゃがいも入りおかゆ

おかゆに野菜を入れてボリュームアップ

☆離乳食中期☆にんじん&じゃがいも入りおかゆ,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

主食であるお粥も、慣れてくると飽きてしまうことがあります。お粥に野菜をくわえることにより、味も食感も変わりますよ。

お粥も野菜も下ごしらえをし、1食分ずつ小分けにして冷凍すれば、食べる前にあたためるだけで調理も簡単です。赤ちゃんの好みの野菜をアレンジすればメニューの幅も広がりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】【離乳食中期】鶏肉と白菜・ほうれん草の和風おじや

鶏ささみデビューにピッタリのおじや

【離乳食中期】鶏肉と白菜・ほうれん草の和風おじや,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

栄養が豊富なほうれん草ですが、独特な青臭さがあって苦手な赤ちゃんも多いですよね。このレシピは和風だしで味付けをし、他の食材も混ぜることでほうれん草の苦味がダイレクトに伝わるのを防いでいます。

ほうれん草好きな赤ちゃんはもちろん、苦手な赤ちゃんにもぜひ試してほしいレシピです。甘みを増すために白菜を使っています。火を通すと甘さが引き立つ大根やかぶ、にんじん、カボチャなどを使ってのアレンジもできそうですね。

和風だしだけでなく、ベビーフードのホワイトソースやコンソメスープを使って洋風に仕上げてもおいしそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】<離乳食中期>サツマッコリーパン粥

野菜たっぷり!粉ミルク消費レシピ

<離乳食中期>サツマッコリーパン粥,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

ブロッコリーはとっても体に良い緑黄色野菜です。β-カロチンやビタミン、カルシウムなど栄養素が多く含まれているといわれていますね。この時期はブロッコリーの花蕾の部分を使うようにしましょう。

日常的に赤ちゃんに食べてもらいたい食材です。さらに、さつまいもを加えて、ほんのり甘いパン粥を作ってみましょう。

ブロッコリーやさつまいもは、まとめて茹でて冷凍保存しておくとすぐに使えて便利です。さらに鮭を加えたり、さつまいもをかぼちゃに変えたりしてアレンジしてみませんか。

いろいろな素材で作ってみてくださいね。月齢に合わせて、さつまいもの切り方や食パンをちぎる大きさを調整しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食、7ヶ月~トマトパン粥

まろやかなトマト風味のパン粥

トマトジュースで作る、トマトパン粥です。離乳食で使うトマトジュースは無塩無添加のものを選ぶようにしましょう。

野菜はキャベツやピーマン、じゃがいも玉ねぎなど好みの物を使ってください。カッテージチーズと牛乳または豆乳で煮込むのでマイルドに仕上がります。トマトの酸味が苦手な子どもにも食べやすいですよ。

1食で炭水化物、タンパク質、野菜とバランスよく栄養が摂れるレシピです。冷凍保存も可能ですが、離乳食の冷凍ストックは1週間をめどに早めに食べきるようにしましょう。塩コショウで味を調えれば、大人も一緒においしく食べられて便利です。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】中期~【離乳食】簡単野菜ミックスとスープ

大根などの野菜とスープを別々で冷凍するのがポイント

時間のある時にこれを作って冷凍庫にストックしておくととっても楽です。おかゆに混ぜたり、タンパク質と組み合わせたりと、色々アレンジが利きます。野菜ミックスと野菜だしで分けて冷凍しておけばさらに用途が広がりますよ。

野菜の種類はにんじん、玉ねぎ、キャベツなど冷蔵庫にあるもので大丈夫です。5mm程度の角切りとなっていますが、固形が苦手なお子さんにはもう少し小さく刻んであげてくださいね。

何にでも使える野菜&スープ。野菜ミックスにお肉やお魚を加えればメニューの出来上がりです。

野菜だしは、スープはもちろん、おかゆやパン粥、おうどんのだしなど何にでも使えます。季節の野菜を使って、栄養満点の自家製冷凍食品を作りましょう。ただし、冷凍でも鮮度は落ちていくので、ストックは1週間位で使い切りましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食中期~ 同時にポトフ・肉じゃがを

大人からの取り分けメニューで2品完成!お役立ちレシピ

ポトフと肉じゃがはどちらもじゃがいも、にんじん、玉ねぎと、具材が同じなので一度に作って冷凍保存しておくと便利です。

食べやすい大きさに野菜は切って、1つの鍋で油を回して野菜出汁か和風出汁で柔らかくなるまで煮込みます。

柔らかくなったら2つの鍋に分けて、1つは醤油を少し垂らして水溶き片栗粉でとろみをつけてポトフの完成です。もう一方にはだし汁を加えて煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけてあげれば肉じゃがの完成です。

離乳食の進み具合に合わせて鶏ささみや白身魚などのタンパク質を加えてあげてもOKです。味付けを調整すれば大人用も一緒に作れるので、一気に2日分の家族のおかずが作れますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】☆離乳食中期☆かぼちゃとオクラのスープ

オクラのとろみが食べやすいスープ

☆離乳食中期☆かぼちゃとオクラのスープ,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

オクラは火を通すととろみがつく野菜なので、水溶き片栗粉などを使わなくても自然にスープにとろみがつくのがうれしいですね。オクラは産毛や種などを取り除いてから使って下さい。

コンソメスープは市販のベビーフードを利用するので手軽に作ることができます。ホワイトソースや和風だしなど、スープの味付けを変えても良いですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食中期☆ブロッコリーの納豆和え

栄養満点レシピ!納豆の粘り気で食べやすい

離乳食中期☆ブロッコリーの納豆和え,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

ブロッコリーは栄養豊富な緑黄色野菜なので、積極的に離乳食に使いたい食材ですよね。ただし、ブロッコリーを茹でると栄養が水に溶けだしてしまうといわれています。

ブロッコリーは、蒸すか電子レンジでブ加熱するのがおすすめです。花蕾の部分だけを使いましょう。納豆は刻んでからあげます。ひきわり納豆を刻むと簡単ですよ。茶こしに納豆を入れて湯を回しかけて湯通しすると楽です。

【10】離乳食中期☆高野豆腐の煮物

栄養価の高い高野豆腐はぜひ試して欲しい食材

離乳食中期☆高野豆腐の煮物,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

豆腐は高たんぱく低カロリー、クセのない味と柔らかな食感で離乳食に重宝する食材ですよね。大人のメニューにも取り分けしやすく、離乳食には使勝手の良い食材です。

乾物なので常温で長持ち。お湯で戻す前にすり下ろしたり刻んだりして使うので、使う分だけ調理することができます。栄養も凝縮されていますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食中期 鮭のトロトロ煮

お魚デビューにぴったり!とろみがついて食べやすい

離乳食中期になると魚も食べられるようになって欲しいですよね。でも魚はモソモソして苦手な赤ちゃんも多いのでは?

そんな赤ちゃんにはこちらのレシピがおすすめです。細かくした鮭に水溶き片栗粉でとろみをつけているので、赤ちゃんでも食べやすくなっています。

この記事に関連するリンクはこちら

【12】離乳食☆白身魚ハンバーグ

脂肪の少ない白身魚を使ったハンバーグ

離乳食☆白身魚ハンバーグ,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

魚で作ったハンバーグは、離乳食中期に大活躍のレシピです。レシピではカレイとなっていますが、タラやタイなど他の白身魚でも作ることができますよ。刺身を使えば骨も皮も取ってあるので時短にもなりますね。

魚は生のままでは日持ちがしないので、残ってしまった場合は火を通してほぐしてから冷凍保存するようにしましょう。肉でハンバーグを作る時よりもまとまりが悪いので、卵と片栗粉を使ってしっかりと形づくりましょう。

青のりは消化があまりよくないので量を調整しながらあげてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【13】離乳食中期 豆腐と鶏肉のハンバーグ

豆腐とひき肉でやわらかハンバーグ!手づかみ食べにも

離乳食中期も後半に入ってきて、そろそろ手づかみ食べにも興味が出始めたという赤ちゃんにおすすめのレシピです。やわらかいので食べやすいですし、お肉と豆腐と野菜で栄養豊富です。

苦手な野菜もここに細かく刻んで入れてしまえば食べてもらえそうです。焦げ目がつくと固くなるので、蒸し焼きにしたり、クッキングペーパーを使ったりして焦がさないように焼くのがポイントです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【14】離乳食 中期に!バナナいちご豆乳プリン

果物の自然な甘さのヘルシーおやつ。授乳中のママにもおすすめ

離乳食中期の赤ちゃん向けのプリンです。砂糖を使っていないので、ダイエット中のママや小さな子どものおやつにぴったりです。卵黄と豆乳を使っているので、アレルギーがある場合は気を付けてください。

豆乳は、無調整タイプのものを使うようにしてください。バナナは黒いシュガースポットの出てきた完熟の物を使うと甘味が多くておいしいですよ。いちごは食べやすい大きさに刻んでください。

蒸し器がなくても、フライパンに水を張ってふたをすればOKです。つまようじ等で刺して、中まで火が通っているか確認してください。果物の自然な甘味がとってもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【15】簡単♪離乳食中期~ レンジde茶碗蒸し

電子レンジで簡単!手軽に作れて家族で食べられる茶碗蒸し

卵が食べられるようになったら、風味豊かな茶わん蒸しがおすすめです。つるんと口当たりも良くてとても食べやすいですよ。

茶わん蒸しは、蒸し器でじっくりと蒸す難しい料理のイメージですが、電子レンジのワット数を低めに設定すれば、電子レンジでも簡単に調理ができます。

茶わん蒸しの具材に野菜を加えてもいいですし、ご飯やうどんなど炭水化物を入れてもボリュームアップして食べごたえたっぷりになります。大人用も同じレシピで作れるので、家族みんなで同じメニューが食べられますよ。

できたてはとても熱いので、よく冷まして注意して食べるようにしましょう。卵白は卵黄が食べられるようになってから徐々に与えていく食材です。茶碗蒸しは卵白を使いますので、子どもの様子を見ながら少しずつ与えましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【16】キャベツと豆腐のうどん(離乳食中期)

すぐに作れるボリューム満点レシピ

キャベツと豆腐のうどん(離乳食中期),離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

赤ちゃんはお腹がすくと、少しも待ってくれませんよね。そんな時、うどんに具を入れてパパッと作ってあげられるレシピがおすすめです。

豆腐を入れることでボリュームが出ますし、たんぱく質と野菜が一緒に摂れるのはうれしいですよね。豆腐は、小さく切ってキャベツと一緒に茹でてもOKです。豆腐だけを電子レンジで加熱し、スプーンで一口大に崩しながら食べさせてあげてもいいです。

キャベツは柔らかい、葉の部分を使ってください。キャベツ以外にも、くたくたに煮てやわらかくした玉ねぎを一緒に入れてもいいですね。冷蔵庫に余っている野菜があるときは、うどんの具としてプラスするのもおすすめですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【17】【離乳食中期】かぼちゃと豆腐のお焼き

一口で食べられる大きさで作る冷凍保存OKなおやき

【離乳食中期】かぼちゃと豆腐のお焼き,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

かぼちゃと豆腐を使った栄養満点のおやきはいかがですか?分量はシンプルなので覚えやすく、材料を潰して混ぜてフライパンで焼くだけなので簡単に作ることができます。

かぼちゃの代わりに、さつまいもやじゃがいもなど他の野菜でも作れそうですね。お好きな食材で作ってみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【18】離乳食中期~ 簡単シチュー

電子レンジで作れる

離乳食中期~ 簡単シチュー,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

シチューと言えば牛乳のイメージですが豆乳や粉ミルクで代用できるので、アレルギーも心配なく作ることができます。

片栗粉を使うことでホワイトソースのようなとろみが簡単につきますよ。電子レンジで加熱するので手軽に1食分だけを調理することができるのがうれしいですよね。

高野豆腐を使っているので栄養満点です。もちろん、すりつぶした鶏ささみなどを使ってもOKです。高野豆腐を使う場合はすりおろして使います。

シチューは大人メニューからの取り分け離乳食として使いやすいメニューですが、市販のルーは離乳食中期には塩分や添加物がまだまだ心配な時期です。大人メニューからの取り分けは控えましょう。

レシピにはお好みでバターを入れてもよいと書かれていますが、バターには塩分が含まれていますので、使わないようにしましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【19】【離乳食中期】スイートかぼちゃ

かぼちゃのホクホク感をヨーグルトでまろやかにまとめやすく

【離乳食中期】スイートかぼちゃ,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

牛乳が原料のヨーグルトは良質な動物性たんぱく質とカルシウムを含んでいます。しかも喉越しが良く赤ちゃんでも食べやすい食材ですよね。乳酸菌が豊富で腸内環境を整えてくれるのもうれしい働きです。離乳食では、ヨーグルトは無糖のものを使うようにしてください。

ヨーグルトはつなぎのように使うことも可能です。かぼちゃのように水分が少なくホクホクしたものは、そのままでは食べにくいものです。しかし、ヨーグルトを加えることで食べやすい固さにすることができます。

離乳食が進んで後期になれば、きな粉をまぶして、掴み食べの練習もできそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【20】離乳食☆バナナプリン

特別な日にベビーフードのデザートはいかが?

離乳食☆バナナプリン,離乳食,中期,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

通常の離乳食に加えてデザートも少し上げたいという方におすすめのレシピです。できるだけ手作りしてあげたいけれど難しい、そんなときはベビーフードのお菓子の素がとても便利ですよ。

特にプリンは口当たりが滑らかで喉越しが良いので、赤ちゃんでも食べやすいですよね。作るのもとても簡単なので、初めてのおやつ作りにぴったりです。

バナナとヨーグルトを混ぜることで、さっぱりとした自然な甘みが加わります。バナナ以外にもりんごやいちごなど、赤ちゃんの好きな果物でいろいろと試してみてはどうでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

離乳食も中期になると使える食材も増え、離乳食のバリエーションも増えますよね。離乳食が楽しくなる赤ちゃんも多いと思います。

食べが悪い食材も、レシピを変えて作ってみると食べてくれるということもよくあるので、いろいろなレシピに挑戦してみるのもいいですね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。