グラタンはいつからOK?

いつから離乳食に使えるの?

離乳食あげる,離乳食,グラタン,

グラタンには色々な食材を使うので、使う材料によって時期が異なります。初期から食べられるように作ることもできますが、基本的には離乳食中期からと覚えておきましょう。

ホワイトソースはいつから

ホワイトソースを作るには、小麦粉とバターを使います。小麦粉は初期から使うことができますが、離乳食に慣れてから使いましょう。バターは後期から少量使うことができます。

離乳食用に、お湯で溶かすホワイトソースなどが市販されています。中には生後5ヶ月から使えるものもあるので、ホワイトソースを食べてくれるか心配な場合は、それを使ってもいいですね。

マカロニはいつから

マカロニは離乳食後期から使えます。茹で時間を長くして、やわらかくします。弾力があるので小さく切ってから与えましょう。

マカロニは、デュラムセモリナ小麦からできていますが、米粉からできているマカロニもあるので、赤ちゃんのアレルギーの有無によって使い分けることができます。

チーズ・牛乳はいつから

初期から食べられるチーズはなく、中期からカッテージチーズ、完了期から溶けるチーズやプロセスチーズ、粉チーズを少量から食べられます。

ホワイトソースを作る時に必要になる牛乳ですが、加熱して使う場合は中期から使うことができます。そのまま飲ませる場合は1歳以降になります。

グラタンってどんな栄養があるの?

野菜や小麦粉、チーズなどが入るので、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミン類が含まれます。特に、牛乳やチーズを入れるため、脂質やカルシウムが多く含まれます。子どもが好きな野菜を取り入れて、栄養バランスを整えると、離乳食はおいしくて楽しい!と思ってくれそうですね。

グラタンをあげる時の注意点・冷凍保存方法

アレルギーや、塩分・脂肪分に注意

グラタン,離乳食,グラタン,

チーズの塩分や乳製品の脂肪分が多くなりがちですので、手作りする際には、調整して作るようにしましょう。

グランタンの材料となる小麦・牛乳は、アレルギーを起こしやすく症状が重篤な「特定原材料7品目」のひとつです。初めて与える場合は、小児科の開いている午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を見てみると良いでしょう。午前中に与えるのは、数時間経ってからアレルギーが発症することもあるためです。

また、グラタンにはさまざまな具材を入れることができます。ですが、初めてあげる際には、アレルギー反応が出た時にどの食材が原因かわからなくなるため、食べたことのない食材が複数入らないように気を付けましょう。

取り分けできる?

塩こしょうなどの味付けをする前であれば、取り分けができます。大人と一緒の献立だと、赤ちゃんもきっと喜んでくれるでしょう。

グラタンのおいしい保存方法

できあがったグラタンを冷凍してもいいですし、ホワイトソースだけ多めに作って製氷皿などで小分けして冷凍するのもおすすめです。

それでは、次からはおすすめの簡単レシピをご紹介します。

【1】離乳食 中期 かぼちゃと玉ねぎグラタン

かぼちゃの甘みでおいしい

かぼちゃの甘みが引き立つ、おいしいグラタンです。ホワイトソースを必要としないので、手軽に作れて便利です。

1. かぼちゃをゆでつぶします。玉ねぎも細かく刻みゆでます。
2. かぼちゃと玉ねぎをフライパンで炒め、豆乳を入れます。
3. ちょうどよい固さになったらお皿に入れ、オーブンで焼きます。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】簡単♪離乳食中期~ 里芋のグラタン風

里芋でできるグラタンです

里芋をホワイトソースにみたてて、グラタンに仕上げます。小麦アレルギーがある子どもにもおすすめです。

1. うどんと好みの野菜を細かく切って、やわらかくなるまでゆでます。
2. 鶏ミンチを電子レンジで加熱して 1 と合わせます。
3. 里芋をゆでつぶします。お湯でといた粉ミルクと混ぜ合わせます。
4. 2 に 3 をかけて、青のりをのせて電子レンジで加熱して完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食中期☆簡単鮭グラタン風

チーズなしのグラタンです

チーズなしで簡単にできるレシピです。今回のレシピでは、ホワイトソースは市販のベビーフードを使っています。市販のものを上手に使って離乳食作りを簡単にしましょう。

1. 細かく切ったにんじんをゆでます。
2. 同じ鍋でサーモンをゆでます。
3. ゆでたサーモンは手でさいたり細かく切ってください。
4. ホワイトソースを作り、1 と 3 を混ぜ合わせます。
5. 4 をお皿に盛り、青のりをかけたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食中期~パングラタン

赤ちゃんが大好きなパン

赤ちゃんも大好きなパンを使ったやさしい味のグラタンです。ホワイトソース・マカロニなしでも作れるパングラタンのレシピになっています。中期はマカロニは食べられませんが、後期になったら、やわらかく茹でたマカロニを使ってもいいですよ。

1. 好みの野菜(にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、ほうれん草など)をやわらかくなるまでゆでて細かく刻みます。
2. お湯で溶いたミルクを 1 にかけておきます。
3. サンドウィッチ用のパンかパンの耳を切った食パンを細かくちぎりながらお皿に敷きます。
4. 3 に 2 をのせ、チーズをかけてオーブンで焼きます。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食(後期)のグラタンおすすめレシピ

【1】離乳食後期 ブロッコリーと豆腐のグラタン

豆腐でまろやかになります

豆腐を使うことでまろやかなグラタンになります。色々な野菜を使うことで、苦手な野菜も食べてくれるかもしれません。

1. ブロッコリーをゆで食べやすい大きさに切ります。
2. 白身魚をゆで細かくさいておきます。
3. 1、2、豆腐、ホワイトソースを混ぜ合わせます。
4. お皿に 3 を盛り、オーブンで焼いたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】【離乳食後期】食いしん坊のお麩グラタン

マカロニの代わりにお麩で

いつものグラタンに変化をつけたい時におすすめです。マカロニの代わりにお麩を使ってみましょう。

1. お麩を水で戻して食べやすい大きさにカットしてお皿に敷き、ホワイトソースをかけます。
2. かぼちゃ、小松菜をゆでて食べやすい大きさに切って、1 の上にのせます。
3. ささみを電子レンジで加熱して細かくさいて 2 の上にのせます。
4. 最後にチーズをのせてトースターで焼きます。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】バナナ豆乳パングラタン♡離乳食後期~

おやつにもなります

おやつを作り始めると毎回何を作ろうか迷いますが、そんな時におすすめのメニューです。子どもの好きなバナナを使って作ってあげましょう。

1. パンの耳以外の部分をひと口大に切り、お皿に敷きます。
2. バナナを切って 1 の上にのせます。
3. 豆乳をかけます。
4. 電子レンジで加熱してきな粉をかけます。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食後期 さつまいもグラタン

全部混ぜるだけで簡単にできます

簡単に作れてすぐに完成します。急いでいる時にも便利ですが、トースターに入れてしまえば他のおかずを作る時間もできます。さつまいもの甘みで子どもも喜びます。

1. さつまいも、にんじん、ほうれん草をゆでて食べやすい大きさに切ります。
2. ホワイトソース、水、1を混ぜ合わせてお皿に盛ります。
3. パン粉をかけてトースターで焼きます。

この記事に関連するリンクはこちら

離乳食(完了期)のグラタンおすすめレシピ

【1】離乳食後期~完了 ナスのグラタン

ミートソースでアクセントを

子どもの好きなミートソースとチーズでぜひグラタンを作ってみてください。喜ぶこと間違いなしです。

1. なす、小松菜、にんじんを食べやすい大きさに切って電子レンジで加熱します。
2. 1 をお皿に盛ります。
3. ミンチとみじん切りにした玉ねぎを炒め、子ども用のケチャップで味をととのえるかトマトを細かく刻んで炒めます。
4. 2 の上に 3 をかけ、とろけるチーズをかけます。オーブンで焼いたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食❤完了期*チキンと野菜のグラタン*

大人も満足なグラタンです

チキンが入っていて、大人も子どもも満足できるグラタンです。お誕生日の時などのイベントの時に作ってあげるととても喜んでくれます。

1. ささみをゆで、さいておきます。
2. ブロッコリー、玉ねぎ、にんじんをゆで、食べやすい大きさに切ります。
3. 1、2 をお皿に盛ります。
4. 牛乳をかけ、溶けるチーズをのせトースターで焼きます。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

栄養満点のグラタンを、ぜひ離乳食に取り入れてみてください。苦手なお野菜も、ホワイトソースやチーズの旨みでペロッと平らげてしまうかもしれません!

離乳食の進み具合に合わせて、調理の仕方や食材を変えて自分なりの工夫をしていくと、離乳食作りが楽しくなりますよ。たくさん作って冷凍保存すれば、時短にもなっておすすめです!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。