離乳食食器

離乳食初期はまだ食事回数も少ないので、食器の数や種類は最小限で大丈夫です。

プレート・お椀・スプーンなどが詰め合わせになっている食器セットは、離乳食開始に必要な物が一度に揃えられるので便利です。

その後必要に応じて洗い替えの食器を買い足しましょう。

食器の材質によって食洗機や電子レンジなど対応している家電製品が違いますので、ライフスタイルに合ったものを選ぶといいですね。

セット

離乳食食器をセットで購入すると、離乳食開始に必要なものが一度に準備できるというだけでなく、お気に入りのキャラクターなど好きなデザインで揃えることができるという利点もあります。

アンパンマンやはらぺこあおむしなど絵本でもおなじみのキャラクターがついていると、赤ちゃんも自分の食器だと認識して手を伸ばしやすいかもしれません。

おすすめ記事

食器セットの種類・素材・選び方・お手入れ方法をご紹介。先輩ママの口コミつき。

離乳食食器の必要性・時期(初期~完了期)別使用アイテムをご紹介。

名入れ可能な離乳食セットなど、出産祝いにも最適な食器セットをご紹介。

スプーン

離乳食スプーンには離乳段階に応じて、色々な種類があります。

食べさせてあげることが中心の時期に使う柄の長いスプーンや、自分で食べることが中心となる時期に使う柄が短く幅の広いスプーンなど、形状も様々です。

自分で食べるようになると食事中に落としてしまうことも多いので、何本か予備があると安心ですね。

おすすめ記事

形状や素材などの選び方のポイントをご紹介しています。

調理器具

離乳食初期は毎日おかゆを作ったり、野菜を裏ごししたり、今までと違う調理方法をすることが増えるので、すりおろし器・裏ごし器・絞り器などが入った「離乳食調理セット」などがあると心強いです。

また炊飯器や電子レンジで使用できる「おかゆカップ」などがあれば、お鍋を使わずに調理できるので洗い物を減らすことができます。

ガス台も使わないのでママパパのご飯と同時に準備できるので、時短にもなりますよ。

毎食少量の離乳食を作るのは大変なので、一度に多めに作り、冷凍保存しておくという方法もあります。そんな時は「ミキサー」や「ブレンダー」などの電動器具を使うと便利です。

調理器具は離乳食専用にしておくと調理前の消毒などに神経質にならずに済むというメリットも。

離乳完了後には、普段のお料理に使える器具も多いので長く活用できますよ。

おすすめ記事

忙しいママにもうれしい時短調理器具のご紹介。先輩ママの口コミつき。

炊飯器や電子レンジを使って簡単に作ることができるお粥作り器具をご紹介。

裏ごしのポイントや裏ごし器の上手な使い方、通販で購入できるおすすめの裏ごし器についてご紹介。

手間のかかる離乳食初期~中期のおかゆや野菜スープづくりにおすすめのミキサーをご紹介。

ブレンダーの必要性や選び方ポイント、おすすめ商品をご紹介。

便利グッズ

離乳食時期は準備も片付けも大変ですが、赤ちゃんにたくさん食べてもらうためには楽しい雰囲気作りも欠かせません。

後片付けの手間を減らすだけでなく、ママパパの気分も盛り上げてくれるおしゃれなデザインのお食事エプロンなど、離乳食便利グッズを利用してみませんか?

冷凍保存用の容器や外出先でのお食事に便利なグッズに関する記事もあります。

おすすめ記事

離乳食エプロンの種類や使用時期をご紹介。先輩ママの口コミつき。

お食事タイムを楽しむためのカラフルなマット・マグ・スタイなどのご紹介。

食べる量が少ない離乳食初期~中期の小分け冷凍におすすめの保存容器のご紹介。

セリアのおすすめグッズと一緒に揃えたい便利なグッズをあわせてご紹介。

帰省先など外出先でも手作り離乳食を食べさせられる持ち運び容器のご紹介。

たまには外食もしたい!おでかけ先で食事を楽しむための便利グッズをご紹介。

離乳食椅子

離乳食時期は、食事の姿勢や食べ方の練習をする時期でもあります。

腰が据わってくる生後7ヶ月ごろから、徐々に赤ちゃんがひとりで椅子に座って食べる習慣作りをはじめてみましょう。無理強いはせず、嫌がる時は赤ちゃんの気持ちを優先してあげてくださいね。

「ハイチェア」「キャンピングホルダー」など、椅子の種類やその違い、注意点やおすすめアイテムの記事をまとめました。


幼児食期になった時もきちんと座って食べられるように、ライフスタイルに合った椅子を選びたいですね。

おすすめ記事

使用時期と選び方のポイントをご紹介。先輩ママの口コミつき。

離乳食期の椅子の種類と名称についての解説や成長に合わせた選び方をご紹介。椅子の上に立ってしまう赤ちゃんへの対処法もあります。

まとめ

いかがでしたか?過ぎてしまえばあっという間の離乳食期ですが、初めてのことに向き合う赤ちゃんとママパパは大変。

ライフスタイルに合わせて必要な物を準備して、少しでも楽に赤ちゃんとのお食事タイムが過ごせるといいですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。