トイレトレーニングってどんなもの?

トイレトレーニングとは?

トイレトレーニングに取り組む男の子,トイレトレーニング,

子どもがトイレで排泄できるよう練習することを、トイレトレーニングと言います。

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、おむつで排泄しているため、自分でおしっこやうんちをする感覚が分かりにくいので、ママパパがトイレで上手に排泄できるよう教えてあげましょう。

いずれは、おむつを卒業し、自分でトイレへ行けるよう、周りの大人のサポートが必要です。

いつから始める?

コズレのアンケートでは、「2歳1ヶ月~2歳6ヶ月」にトイレトレーニングを始めた家庭が最も多かったです。

しかし、子どもの発達には個人差があるので、トイレトレーニングを始める時期は、年齢だけではなく、子どもの身体や心の発達状態を目安に検討しましょう。

【トイレトレーニングを始める発達の目安】
・排泄の間隔が一定、もしくは2時間以上空いている
・1人で歩いてトイレへ行ける
・補助便座やおまるの上で、座った姿勢が保てる
・おしっこやうんちが出た時、周りへ伝えられる

これらの目安がいくつか見られれば、トイレトレーニングを始めても良いですね。

トイレトレーニングの進め方

スタートするタイミング

スタートするタイミング,トイレトレーニング,

トイレトレーニングは、家庭のベストなタイミングにスタートすると、親子ともに負担が少なくスムーズに進めることができますよ。

保育園や幼稚園に通っている場合は、園と同じタイミングでスタートすると良いでしょう。園と協力しながら進めて行くと、子どもが混乱せずに取り組めます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

寒くない時期

寒さが和らぐと、自然に排泄回数は減っていくので、トイレに行く回数も安定します。

また、トイレでズボンやパンツを降ろしたり、失敗して濡らしたりしても、身体を冷やさずに練習できますよ。

さらに、薄着になる時期でもあるので、ママパパにとって着替えや洗濯の負担も少ないですね。

子どもの体調や気持ちが安定している時

子どもの体調が悪い時はもちろん、イヤイヤ期の始めなど気持ちが不安定な時は、ママパパの問いかけに応じることが難しいので、避けましょう。

ママパパがしっかりサポートできる時

トイレトレーニングは、子どものペースに合わせるため長期戦になることも。

そのため、長期の外出など途中で中断しなくて済むように、ママパパはトイレトレーニングに集中できる時間と環境作り、さらにじっくり付き合える精神的な余裕がある時を選びましょう。

進め方は?

トイレトレーニングは、年齢や子どもの性格に合わせて進めることが大切です。まずは基本となるステップを紹介していくので、少しずつ生活の中に取り入れてみましょう。

ステップ①:絵本や映像を活用してトイレに興味を持たせる

トイレはおしっこやうんちをする場所と知ってもらうことが、トイレトレーニングの第1歩です。

絵本やDVD、アプリなどを使って、楽しみながらトイレに興味を持ってもらうと良いでしょう。

ステップ②:おまるや補助便座を使って、トイレに座ってみる

トイレに興味を持ちだしたら、トイレに慣れるように働きかけてみましょう。

トイレは明るく清潔にしておくと、怖がらず印象も良くなります。

まずは、ママパパがトイレに行く時に誘ってみたり、可能ならおまるや補助便座に座ってみたりしても良いですね。

子どもがトイレを嫌がる場合は、無理強いせずにステップ①へ戻って、様子を見守ります。

ステップ③:排泄間隔を考えて、1日に数回トイレへ誘ってみる

トイレに抵抗なく行けるようになったら、生活のリズムに合わせてトイレへ誘って、座る習慣をつけてみましょう。

誘った時にトイレへ行けたら、きちんとほめてあげると、子どものやる気につながりますよ。

もし、タイミング良くおしっこやうんちが出たら、「出たね!」「スッキリしたね!」と一緒に確認し、たくさんほめてあげてくださいね。

ステップ④:成功体験を重ねて、トイレを嫌がらなくなる

トイレが上手にできると、ママパパが喜んでくれる!うれしい!という感情が生まれ、トイレを嫌がらなくなります。

トイレの成功体験を重ねていくと、子どもから「トイレ」と伝えてくれるようになります。

ステップ⑤:自発的にトイレへ行くようになる

トイレでおしっこできる回数が増えてきたら、日中だけパンツやトレーニングパンツにトライしてみましょう。

トレーニングパンツは、おむつよりもおしっこした感覚が分かりやすいので、パンツが濡れたり汚れたりすると、「気持ちが悪い」と感じ、周りに教えてくれるようになります。

トイレ=さっぱりする、パンツ=気持ちが悪い、という感覚を覚えていくと、「次はトイレでしたい!」「出る前にトイレに行きたい」と、尿意や便意を感じると、自分からトイレへ行く気になります。

ママパパは、上手にできたらほめる!失敗しても叱らずに励ます!を繰り返していくと、子どもは少しずつ自分で排泄できるようになります。

ステップ⑥:外出時や夜間のトイレ

日中パンツを履いて過ごせるようなったら、次は外出時のトレーニングを始めてみましょう。

最初は失敗しても問題のない場所、通い慣れている場所を選び、着替えを多めに持って行くと安心です。

また、日中のトイレトレーニングが上手に進み、夜間のトレーニングを検討している場合は、膀胱機能が発達し、おしっこを十分に溜められるようになってから始めましょう。

日中のトレーニング状況と、夜のおねしょは別と考えてくださいね。おねしょは、膀胱の成長が進めばなくなります。

子どもにとっておねしょがプレッシャーにならないよう、夜だけおむつを使用するなど、子どものペースで進めましょう。

朝おむつの濡れていない日が続けば、少しづつ就寝中にパンツへ移行して良いですよ。

スムーズに進めるためのコツは?

スムーズに進めるためのコツ,トイレトレーニング,

①時間を決めて声がけをする

過剰に声がけすると、プレッシャーを感じてしまうこともあるため、起床後・食事の前後・外出前・入浴前・就寝前など、子どもの様子を見ながら、時間を決めて声がけしてみましょう。

②無理強いはしない!怒らない!

子どもがトイレを嫌がったり、トレーニングがうまく進まなかったりした時は、無理強いせずに現状を温かく受け入れてあげてください。

1つ前のステップに戻ったり、一旦中止したりするなど、様子をみながら再チャレンジすれば大丈夫ですよ。

トレーニングが子どものストレスにならないように、周りの大人は、失敗するのは当たり前!という心構えで見守り、失敗しても怒らない!叱らない!ことが大切です。

③焦らず小さなステップを大切にする

最初から目標が高すぎると、大人でもモチベーションを上げるのは大変です。

そこで、トイレトレーニング完了!という大きな目標を達成するためには、目標を細かく分けて、小さなステップから少しずつ達成していくことが大切です。

焦らず小さな成功体験を積み重ねていくことで、子どもは自信をつけながらトレーニングに取り組めますよ。

④できたらほめる!やる気を育てる!

どんなに小さなことでも、できたらどんどんほめてあげましょう。ママパパが喜ぶ姿は、子どもにとって大きな励みとなります。

さらに、子どものやる気を引き出すためには、シールなど、達成できた時のごほうびを用意しておくのもおすすめです。

トイレトレーニングをサポートしてくれるおすすめグッズ

トレーニング用おむつ

【パンツ ビッグサイズ】パンパース オムツ 卒業パンツ (12~22kg) 32枚,トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

トレーニング用おむつは、 おしっこ後の濡れた感覚が分かりやすい紙製パンツのことで、吸水性が高く、漏れにくいのが特徴です。

メリット

・着替えや洗濯の負担が少ない
・排泄後は捨てられるので、処理が簡単

デメリット

・使用のたびに交換するので、コストがかかる
・布製パンツよりも、濡れた感覚が分かりにくい

先輩ママのコメント

avator まどっちさん
うちの娘は、保育園でのトレーニングのみでおむつを卒業しました。2歳くらいだったように思います。
まずはトレーニングパンツを履く事から始め、トレーニング用おむつを着用し、だんだんと普通の幼児用パンツに変わりました。おかげで今は、失敗することなく一人でトイレを済ませられます。
avator なぎりくさん
トイレトレーニング用のおむつは濡れた感覚が強いため、漏らしてしまった感覚はあるものの、トレーニングパンツと違ってズボンまで濡れる事がないので、とても便利でした。
ただ、子どもによってはトレーニング用おむつだと気にならず、遊びつづける子もいるようです。一回試してみて、子どもにあった方を選ぶのが1番だと思います。

トレーニング用パンツ

トレーニングパンツ トレパン シンプルで可愛いデザイン 綿100% トイレトレーニングパンツ 4枚 セット 4層 90cm 100cm 110cm,トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

トレーニング用パンツは、おむつから普通のパンツへ移行する前に履く、練習用布製パンツです。

トレーニング用おむつと同様、濡れた感覚や不快感が子どもに伝わりやすい工夫がされています。

おしっこの吸水性を高めるために、股布が3層、4層、6層など多重構造になっており、パンツの層が厚いほど漏れにくいですが、蒸れや乾きにくさが気になることもあるため、履く場所によって厚さを選びましょう。

メリット

・普通のパンツと外見が似ていてデザインも豊富なので、子どものやる気が上がる
・おむつよりも、濡れた感覚が分かりやすい
・洗って繰り返し使えるので経済的

デメリット

・おむつよりも、吸水性が弱く漏れやすい
・着替えや洗濯の手間がかかる

先輩ママのコメント

avator 匿名さん
色々試しましたが、濡れてる嫌な感覚を養うのが一番効果的でした。 おむつではなく、トレーニングパンツにして、つねにズボンにして(床まで濡れないために)もらしたら教えるよう言ってとにかく「もらしたら気持ち悪い」を覚えさせて、トイレですれば、快適だということを教えました。
トレパンマンのようなトレーニングおむつも使いましたが、やはり、布のトレーニングパンツが効果的です。

avator Sienaさん
トイトレパンツを履かせておしっこが出るとパンツが濡れて気持ち悪いと本人にわからせるのは効果的。
さらに濡れたパンツを一緒に手洗いしてパンツが濡れると洗わなくてはいけないから大変だと教えたら1ヶ月でおむつ外れました。

avator takmamaさん
うちはトレーニングパンツを主に使っていました。 平日は保育園に通っていたので、日中は普通のおむつ、帰ってからお風呂に入るまでの3時間程度トレーニングパンツを着用していました。休みの日は家で過ごす時だけトレーニングパンツを着用していました。
着用時間は短いですが、トレーニングパンツだとズボンも濡れるので、だんだんとトイレに行かないといけないと理解するようになったようです。すぐにトイレを自分で言えるようになり、トレーニングを始めてから3ヶ月ほどで 夜も完全にパンツでいけるようになりました。

トレーニング用パッド

ピジョン オムツ とれっぴ~ トイレトレーニングパッド 33枚入,トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

トレーニング用パッドは、布パンツの股布部分に敷いて使用するため、布パンツをトレーニング用パンツとして使える便利グッズです。

おしっこをした感覚が分かりやすく、漏れにくいのが特徴です。

メリット

・使用後はパッドのみ交換すれば良いので、着替えや洗濯の負担が少ない
・排泄後の処理が簡単

デメリット

・使い捨てなので、コストがかかる
・布製パンツよりも、濡れた感覚が分かりにくい
・パッドの感触が苦手な子もいる

先輩ママのコメント

avator tomorincoさん
pigeonピジョン オムツとれっぴ~トレーニングパッド。おむつパッドが濡れると泣いた動物が浮き上がってくるので、子どもが「パンダさんがかわいそう」と言って濡れないように頑張っていました

avator 匿名さん
男の子の母です。トイトレ用の、パンツに着けるタイプを使用したら、やはり違和感があり、気に入らない様子で、嫌がりました。
でも、感覚的な物もよかったのか、それを使いきる前に、自然のトイトレ終了でした。出来たよシールも楽しみのひとつになりやすいです。

avator kaori watanabeさん
トレーニングパンツの上からつけるパッドをよく愛用していました。パッドだとおしっこが出てしまっても洗濯が格段に楽だし、衛生面でも安心だと思います。

補助便座

永和 取っ手付き補助便座 グレー 1個 (x 1),トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

補助便座は、大人用便座に設置して使うことで、子どもでも安定してトイレに座ることができます。

最初からトイレで排泄の練習をしたい家庭におすすめです。

種類がいくつかあるので、自宅のトイレに設置可能かどうか確認しておきましょう。

種類

・ハンドル付きタイプ
・便座のみタイプ
・おまる兼用タイプ
・踏み台付きタイプ
・折りたたみタイプ
・キャラクターデザイン

メリット

・設置が簡単
・長く使える
・排泄後の処理が簡単
・トイレで排泄する習慣がつきやすい

デメリット

・足が床に付かないので、踏ん張りにくい
・踏み台がないと子ども1人で座れない
・トイレへ行くのが嫌な子には使いにくい

先輩ママのコメント

avator sloth14さん
『アンパンマン補助便座おしゃべり付き』を使いました。キャラクターものの補助便座の方が、トイレに誘いやすいです。
例えば、アンパンマンに会いに行こう、などと言えます。おしゃべり機能付きだと、アンパンマンが褒めてくれたりするので楽しいみたいです。

avator aacocoさん
踏み台付き補助便座を購入してよかったと思っています。今、妊娠していて上の子を抱っこするのもなかなか大変で…。
でも踏み台付きのお陰で一人で登って座ってくれます。自分で全部することに達成感も感じてくれているので購入してよかったです。

avator ゆり0307さん
取っ手付きの便座のみのタイプですが取っ手を持って踏ん張ることができています。
今まさにトイトレ中です。取り外しも簡単だし掃除もしやすいです。もう少しでおむつが外れそうです。一緒に頑張ってトイレトレーニングしようと思います。

おまる

リッチェル ポッティス イス型おまるK ホワイト 1個 (x 1),トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

おまるは、室内で排泄可能な持ち運び用便器のことで、トイレ以外の室内で使えるため、トイレへ行くのが苦手な子でも安心してトレーニングに取り組めます。

種類

・座るタイプ
・またがるタイプ
・補助便座兼用タイプ
・キャラクターデザイン
・立小便タイプ(男子用)

メリット

・トイレ以外の場所でも使える
・床に足がついて安定感があり、踏ん張りやすい

デメリット

・排泄後の処理に手間がかかる
・トイレでの排泄に慣れにくい

先輩ママのコメント

avator 匿名さん
トイレトレーニング中は家では常におむつもパンツも履かせず、すっぽんぽんで、リビングにおまるを置いて、トイレに行きたくなったらすぐ行けるようにしていました。
最初は失敗することもありましたが、だんだんトイレに行きたくなったら自分でおまるに座り、用を足すようになりました。

avator 二児ママNさん
アンパンマンのオマルを購入、3種類くらい音が出るので息子は興味津々でオマルデビューが出来ました。

avator 匿名さん
友人の勧めで、おまるをリビングに置きました。すぐに行ける安心感と、おまるのそばにシール帳や好きなポスターを置いたので馴染みやすかったのか、おまるを置いてすぐにトイレに行くようになりました。
冬場は少しおまるを使う時もありましたが、トイトレがスムースに進んだのはおまるのおかげです。

avator akko.fさん
『コンビ ベビーレーベル おまるでステップ』を使いました。おまるとして使ったあと、上部を外して補助便座として単独で使うこともでき、便利です。
おまるから補助便座に変えるときに、新しいものを買うより、使い慣れているので、子どもも安心して使ってくれました。

踏み台&ステップ

ピヨ(PIYO) 踏み台 子供 子ども 2段 ステップ台 幼児 こども トイレ おしゃれ (グリーン),トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

子どもが1人で便座に座れるよう、踏み台やステップを準備しておくと、毎回ママパパが抱っこして便座に乗せる手間が省けます。

また、便座へ座った時に足の置き場にもなり、排泄時に踏ん張りやすいため、トレーニングがスムーズに進むことも。

さらに、子どもが大きくなっても、洗面所での手洗いやキッチンでのお手伝いなどで重宝しますよ。子どもの体格に合ったサイズや種類のものを選びましょう。

種類

・1段タイプ
・2段タイプ
・補助便座付きタイプ
・折りたたみタイプ
・キャラクターデザイン

先輩ママのコメント

avator prin2009さん
『ふかふか トイレトレーニング トイレトレーナー 幼児用補助便座 子供用』を使いました。このような足元がある程度支えられると便の時に踏ん張りがきくので便利だと思います。

avator 匿名さん
踏み台がない時は、トイレに上がったり降りたりするのも抱っこで大変でした。アンパンマンが好きだったので、アンパンマンの踏み台を置いたら、自分から好んで乗り降りしてくれて助かりました。
2歳から4歳くらいまで使いました。もう少し早くから使ったらよかったと思います。

avator 匿名さん
ベビザラスで売っている踏み台をトイレで使用しています。 トイトレを始めた2歳過ぎから使っています。
初めは踏み台なしでトイトレしようと思っていたんですが、やはり足がブラブラしていると踏ん張れないのと便器の中におしりが落ちてしまうかもという心配で安心してトイレができないようだったので踏み台を使うことにしました。

お楽しみグッズ、アイデア

ギンポー じぶんでできたよ トイレ A-JDTF あそびっこ 銀鳥産業,トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

ここでは、トイレトレーニングに楽しく取り組むためのグッズやアイデアをご紹介していきます。

ごほうびシール

家庭で決めた目標に頑張って取り組めた時や、達成できた時のごほうびに、シールやスタンプを用意しておくと、子どものやる気につながります。

トレーニングシート

ごほうびシールやスタンプを集めるためのシート。数が集まるほど、子どもは達成感を覚え、トレーニングに取り組む意欲がわいてきます。親子で手作りするのも良いですね。

トイレの飾り付け

幼稚園や保育園のように、家のトイレも子どもの好きなキャラクターやアイテムで飾りつけし、明るく楽しい雰囲気にしておくと、子どもが怖がらずにトイレへ行くことができます。

さらに、飾りつけしたキャラクターに会いに行くという理由で、子どもを上手にトイレへ誘うことも可能です。

先輩ママのコメント

avator あーみん48さん
トイレ内にトイレが出来たときに貼るシールを準備しました!最初の頃は1日に何度でもトイレに行って出来たらシールを貼っていました!
慣れてきてからは1日1回にしましたが、シール大好きな息子はシールを貼るために頑張ってトイレに行くようになりました!シールもミッキーやアンパンマン、プラレールなど息子の好きな柄のものにしました!

avator るーにゃんさん
うちの子は褒められると頑張る子だったので座るだけでも褒めてやる気を出してもらい、シールやカードなど楽しいご褒美をあげました。
座るだけなら普通のシールでおしっこが出たらキラキラシールにするなどして少しずつ出来るようになりました。

avator 匿名さん
上の子の時は何も考えてなくて、保育園におむつはいて入園しました。そしたら1週間もたたずパッととれてくれましたよ♪周りがやってるし恥ずかしい気持ちが出たのかな?
下の子の時はトイレにシールはる場所を作って、好きそうなシールを買ってきて、一回できたら一個シールを貼る!大ができたらキラキラのシールを貼る!で、結構すんなりとれましたよ♪

avator りなぱさん
トイレに誘っても嫌がってなかなか入ろうとしなかったので様々な方法で誘ってみました。
この中でも子どもが好きなものをトイレに飾ったところ、とても喜んで今まで入ろうとしなかったトイレに自ら入りその勢いでおしっこをすることができました

avator いっちゅんママさん
私はトイレが楽しくなるように、かわいいキャラクターのポスターや、補助便座も好きなキャラクターをおいています。
それでも行かない!と言うときもありますが、時間を決めて、行くように誘ってみて、声かけながら、出来たら誉めるというのを心がけています。

絵本

ノンタンおしっこしーしー (赤ちゃん版 ノンタン3),トイレトレーニング,出典:www.amazon.co.jp

トイレトレーニングを始める前に、子どもに絵本でトイレのことを知ってもらい、興味をもってもらいましょう。

トイレをテーマにした絵本はたくさんあります。子どもの好きなキャラクターやイラストが描かれた絵本を選んで、トイレの印象を良くしておくと、その後のトレーニングもスムーズに進められますよ。

絵本以外にも、DVDやアプリなどの動画を活用しても便利ですね。生活のリズムに合わせて取り入れてみてください。

メリット

・トレーニングを始めるきっかけ作りになる
・トレーニングに楽しく取り組める
・イラストなどでトイレのイメージを想像しやすい
・登場人物やキャラクターの存在がやる気につながる

種類

・人気キャラクターが登場する絵本:トレーニングに奮闘する姿が子どもの励みになる
・仕掛け絵本:仕掛けを楽しみながら、トイレの一連の流れが学べる
・メロディー絵本:トイレの音や音楽が流れ、トイレを楽しい場所と印象づける

先輩ママのコメント

avator 匿名さん
歌を歌ったり、自分から行きたくなるようにしてました。絵本はノンタンやしまじろうを使いました。
あとは、兄弟や親のトイレ姿を見せたり、トイレは気持ちいい!と分かるようにしてました!本人が嫌がるときは無理をせず、見守っていました。
avator なやりさん
我が家はおトイレさんという絵本をトイレに持ち込んで読んでいました。出来るようになってからもしばらくはトイレに行くたびににこれ読んでとうれしそうに渡してきていました。
あとは合わせてうんちが出来た時はシールを貼って一緒に喜んでいました。シールを貼りたくてトイレに行く時もありましたが、うんちできたらねーと言っているうちにシールを貼り終わる頃にはトイレトレが終了していました。
avator misamisa56さん
キャラクターがトイレに座っていて、水を流すことが出来たり、どういう感じになったらトイレに行くかなどが説明されている、キャラクターが出ているDVDや本などをがおすすめです。
好きなキャラクターだったので、同じ事してみようか?などと声かけしたりして使いましたが、効果があったと思います。

先輩ママに相談!トイレトレーニングにまつわるお悩み

トイレトレーニング中は悩みもたくさん出てきますよね。

コズレではアンケートを行い、先輩ママがどのように解決したのかを聞いてみました。

実際にトイレトレーニングを経験したママなので、参考になるコメントがたくさん寄せられましたよ。ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

トイレトレーニングは、子どもの発育状況を見ながら、焦らず進めていくことが重要です。

上手に進まない時や失敗を繰り返す時も、ママパパはイライラせず、気持ちに余裕をもって、子どもに寄り添ってあげましょう。

トイレトレーニングは長く続くと大変ですが、小さなステップを積み重ねながら、取り組んでみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。