戌の日の由来は?

戌の日の由来は、十二支の干支と犬のお産が軽いことから

水天宮 子宝いぬ,戌の日,安産祈願,お参り

戌の日とは、十二支の中で11番目にあたる日で、12日ごとにめぐってくる日のことです。

戌の日に安産祈願を行うことの由来は、犬は一度にたくさんの子どもを産む多産でありながらもお産が軽いことから、昔から安産の守り神とされているから、という説があります。

それにあやかり、妊婦さんの無事と赤ちゃんが無事に生まれてくることを願って、戌の日に安産祈願のお参りをするという習慣があります。

神社へ行き、祈祷と同時にお腹に腹帯を巻く「帯祝い」を同時にする方が多いようです。

戌の日に行う帯祝いって何?

戌の日に行う帯祝いとは、「岩田帯」と呼ばれる帯を妊婦さんのお腹に巻くこと、を言います。

帯祝いは、安産祈願と同時にすることが多いため、安産祈願=帯祝いと認識されている方も多いようです。しかし、実際には妊娠5ヶ月の戌の日に妊婦さんのお腹に帯を巻く儀式のことを指します。

帯祝いを行う意義として、医学的には、帯を巻くことでお腹を保護し、赤ちゃんの位置を安定させたり、妊婦さんのお腹の冷えを防止する効果があるとされています。また、心理的効果として、お腹を保護することにより慎重に動くようになる等の効果があると言われています。

戌の日の安産祈願をする時期は?

妊娠5ヶ月に入った戌の日に

妊娠5か月ごろの妊婦さんイメージ,戌の日,安産祈願,お参り

安産祈願をする時期ですが、妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日にすると良いとされています。ですが、戌の日以外でも、安産祈願はいつ行っても構わないそうです。

ただし、帯祝いと合わせて安産祈願を行うことから、実際には、妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に安産祈願をされる方が多いようです。

2019年・2020年「戌の日カレンダー」

2019年・2020年の戌の日は以下の通りです。

2019年
・1月 1日、13日、25日
・2月 6日、18日
・3月 2日、14日、26日
・4月 7日、19日
・5月 1日、13日、25日
・6月 6日、18日、30日
・7月 12日、24日
・8月 5日、17日、29日
・9月 10日、22日
・10月 4日、16日、28日
・11月 9日、21日
・12月 3日、15日、27日

2020年
・1月 8日、20日
・2月 1日、13日、25日
・3月 8日、20日
・4月 1日、13日、25日
・5月 7日、19日、31日
・6月 12日、24日
・7月 6日、18日、30日
・8月 11日、23日
・9月 4日、16日、28日
・10月 10日、22日
・11月 3日、15日、27日
・12月 9日、21日

この記事に関連するリンクはこちら

妊娠中はママの体が一番大事!参拝は無理のない日程で

安産祈願を行っている神社では、祈祷自体はいつでも受け付けてくださるところが多いそうです。

戌の日にこだわらず、季節や気候、妊婦さんの体調の良し悪しもあると思うので、無理のない日程を組んで安産祈願行くことをおすすめします。

戌の日の安産祈願ってどうするの?

戌の日の安産祈願ってどこでするの?事前申し込みは必要?

安産お守り,戌の日,安産祈願,お参り

戌の日に安産祈願に行く場所は、祈祷を行っている神社や八幡宮です。行く場所が決まったら、安産祈願をしたい旨を神社や八幡宮に連絡します。

安産祈願の祈祷は、事前予約が必要な場合もあれば、直接出向いて受付をするというところもありますので、事前に確認しましょう。

また、戌の日に安産祈願する場合、場所によっては非常に混雑する場合があります。戌の日の安産祈願の混雑状況を事前に確認してみるのもいいでしょう。

戌の日の安産祈願ってどんなことをするの?

神社や八幡宮で安産祈願のご祈祷をしてもらいます。安産祈願のご祈祷の方法はそれぞれの場所によりけりですが、以下のような流れが一般的なようです。

1.祈祷受付で申込用紙をもらい、必要事項を記載して初穂料を準備する。
2.祈祷受付に準備した申込用紙と初穂料を渡す。
3.安産祈願の祈祷(妊婦さん本人のみの祈祷がほとんどです)
4.祈祷していただいたお守り、腹帯等をいただき、終了。

また、ご自身で持っている腹帯を持参し、祈祷をしてもらうことができる場所もあるそうです。ご自身でお持ちの腹帯を祈祷していただきたい場合は持参していきましょう。

腹帯は持参する?初穂料の金額目安は?

安産祈願の持参物は、以下の2つです。
・初穂料
・腹帯(※持参する場合のみ)

初穂料の相場は、5000円~10000円程度です。ただし、予め「安産祈願の初穂料は◯◯円です」というように金額を指定している場所もありますので、事前に確認をしておくことをおすすめします。

腹帯は持参してもしなくてもどちらでもいいそうです。祈祷の後に頂ける神社や、販売している神社もあるので、現地で購入することも可能です。腹帯を販売している神社でもほとんどの場合、自分で用意したものを持ち込むことも可能です。

誰と一緒に行く?両家の両親も一緒に行くべき?

ご予定が合うようでしたら、パートナーやご家族の方と一緒に行くのもよいでしょう。誰と行くか、について安産祈願のスタイルに明確な決まりはないようです。

妊婦さんなので、突然体調が優れなくなってしまう場合も考えられます。できるだけ一人ではなく、遠慮なく頼れる人に付き添ってもらってお参りするといいでしょう。

服装は?冬場は冷え対策を忘れずに

ANGELIEBE エンジェリーベ マタニティ 授乳口付 グレンチェック 切り替え タック ワンピース 産前産後 授乳服 長袖 S~M ブラウンチェック 29036101,戌の日,安産祈願,お参り出典:www.amazon.co.jp

安産祈願の際の服装は、特に指定はないところが多いようです。少しお腹の膨らみもわかりだす頃ですし、画像のような少しゆったりしたワンピースやゴムがゆるめのスカート等、カジュアル過ぎない楽な服装で行くのが良いでしょう。

祈祷の場所は、冷暖房完備とは限りません。そのため特に冬場は足腰を冷やさないように暖かい服装で行くことをおすすめします。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 5,378
*ブランド:Angeliebe エンジェリーベ
*カラー:ブラウンチェック
*サイズ:S~M

商品の特徴
*サイズS~M:着丈110cm、身幅44cm、腹囲69~99cm、肩幅34cm、袖丈56cm
*素材/ポリエステル100%
*企画デザイン 日本/原産国 中国 ●授乳口付き、ストレッチニット素材、産前産後 ●お洗濯=手洗いOK

戌の日の安産祈願で有名な神社をご紹介します

【1】水天宮|東京都

子宝いぬがお出迎え

水天宮,戌の日,安産祈願,お参り出典:www.suitengu.or.jp

東京都の安産祈願で有名な神社といえば、「水天宮」の名前がまず思いつく方も多いのではないでしょうか。

戌の日には祈願を希望している方で長い行列ができるほど、安産祈願で有名な神社です。安産にご利益があるといわれる子宝いぬがお出迎えしてくれますよ。

水天宮の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5,000円
【授かりもの】お守り・お札・お神酒など
【受付時間】 8時~15時、予約は必要ありません。
【アクセス】東京メトロ半蔵門線:水天宮前1分、日比谷線:人形町6分、都営浅草線:人形町8分 
【注意点等 】戌の日が土日祝日や大安と重なる日には入場規制されることがあります。戌の日の昇殿は本人のみとなります。腹帯を持参の場合は縫い付け用小布御守3,000円、または4,000円で購入できます。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】鶴岡八幡宮|神奈川県

安産のご利益があるといわれる政子石(姫石)がある

鶴岡八幡宮は鎌倉にあり、源頼朝が源家の氏神として出陣のご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比が浜辺にお祀りしたのが始まりです。

源頼朝と北条政子の間には大姫、三幡、頼家、実朝の4人の子どもがいます。その際に頼朝が政子の安産を願ったという政子石が鶴岡八幡宮にはあります。夫婦円満の祈願石で姫石とも呼ばれています。段葛は、政子の安産を祈願して作られた参道と言われています。

鶴岡八幡宮の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5,000円から
【授かりもの】御守り、御札など。初穂料によって授かりものも変わってきます。
【受付時間】8時半~16時半(時期により最長17時半まで)事前に予約は必要ありません。
       大石段下祈祷受付にてお申込み。
【アクセス】「JR鎌倉駅」東口から徒歩10分 、「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分
【注意点等】ご本殿で祭典が行われていたり、お正月、七五三などご祈願の多い時期には、ご本殿と同様に国の重要文化財に指定されている「若宮」にてご祈願を行う場合があります。なお、ご祈願の内容は同様のものとなります 。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】千葉神社|千葉県

「水」深い関係がある=羊水に力を授けてくれると言われている

千葉神社は、千葉の祖として知られる千葉家の守護神をまつる神社です。歴史はかなり古く、源頼朝、徳川家康などともゆかりが深いと言われています。

千葉神社の祭神は、北極星の神様である妙見さまと呼ばれる天之御中主大神です。北極星が表す北は水が配置された方角であり、羊水に力を授けてくれるとして、妊婦さんの安産祈願に人気があります。

境内には『延寿の井』なる水汲み場があり、一願成就の霊泉として知られています。安産祈願に訪れた際は水を汲んで帰りましょう。

千葉神社の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5,000円から
【授かりもの】安産守と腹巻型の腹帯をセットで3,000円で購入可能。
【受付時間】 朝9時~16時まで祈祷は20分おきに行われます。事前予約は必要ありません。
【アクセス】JR千葉駅(京成千葉駅)から徒歩10分
【注意点等】・千葉神社には無料駐車場がないため、近隣の有料駐車場を使用しましょう。
・腹帯を持参した場合は木の御札と一緒に御神前に供えておはらいが可能です。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】鴻神社|埼玉県

こうのとり伝説として有名

鴻巣(こうのす)市にある鴻(こう)神社は、3ヶ所にあった近隣の神社が1つになり、できた神社です。もとは鴻三社と呼ばれていましたが、明治40年に鴻神社と名を変えています。

昔、「こうのとりが大蛇を追い払い人々は平和な生活を取り戻すことができた」という言い伝えがあり、こうのとり伝説として有名です。鴻巣という地名の由来にもなっています。鴻神社には、その、こうのとりが神様の使いとしてまつられています。

鴻神社にあり、数100年前からあるヒノキの大木の根元にできた重さ約200キロの大きなコブは、大木が産んだかたまりとして子授け、安産、子育てのご神体とされています。

鴻神社の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5000円
【授かりもの】こうのとり伝説にちなんだ、木製のこうのとりのたまごお守りを祈祷をすると授かることができます。
【受付時間】9時から16時。戌の日と土日は予約は必要ありません。
【アクセス】JR高崎線 鴻巣駅(東口より徒歩5分)
【注意点等】平日の祈祷には事前に予約が必要です。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【5】住吉大社|大阪府

「日本三大住吉」の一社

大阪府の戌の日の安産祈願で有名な住吉大社,戌の日,安産祈願,お参り出典:www.sumiyoshitaisha.net

住吉大社は大阪府大阪市住吉区にあり、「日本三大住吉」の一社とされている有名な神社です。

神功皇后(じんぐうこうごう)が、妊娠された状態で出陣後、無事帰還し、子どもを産んだことから安産祈願で有名な神社となっているそうです。

住吉大社の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】7000円
【授かりもの】安産守・腹帯・誕生石のお守り・子まもり。
         子まもりは、出産時に握りしめると良いとされています。
【受付時間】毎日9時~16時まで受付。事前予約はありません。
【アクセス】南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分、南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分、阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ、(路面電車) 阪堺線 「住吉公園駅」から徒歩2分
【注意点等 】ご祈祷時の撮影は禁止されていますので、ご注意ください。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【6】塩竈神社|愛知県

出産が潮の満ち引きに関係することから有名に

こちらの神社は、海水から塩を作ることを考えた神様で、海を司っていた神様だそうです。出産は潮の満ち引きと関係しているのではという考えから、安産祈願の神社として有名になったそうです。

塩竃神社の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5000円
【授かりもの】お守り・お札・お塩。
【受付時間】毎日午前9時~午後3時まで受付。事前予約は必要ありません。
【アクセス】地下鉄鶴舞線「塩釜口」駅下車、3番出口より徒歩約10分
【注意点等】・腹帯を持参すると、塩釜神社の御朱印を押していただけます。塩釜神社で、お祓い済みの腹帯を購入することもできます。
・待ち時間は通常30分ですが混雑時はもっとかかることがあり、妊婦さんのみのご昇殿になります。
・100台程の駐車場があるようですが、戌の日や土日の大安の日等は満車になることもあるそうです。
・事前に神社へ問い合わせをすると混雑時間の目安等を教えていただけるそうです。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【7】伊勢神宮|三重県

安産にご利益がある子安神社

「お伊勢さん」などと親しまれ、非常に有名な「伊勢神宮」。伊勢神宮の中には子安神社(こやすじんじゃ)があり、安産祈願、子授け祈願をする人が多いことでも有名です。子安神社には木花開耶姫神(このはなさくやひめのかみ)が祀られています。

伊勢神宮に祀られている天照大神(あまてらすおおみかみ)は、商売繁盛をはじめとして五穀豊穣、学問成就、家内安全、子宝など「諸願成就」の神社のため、安産祈願をするのにもぴったりです。

伊勢神宮の安産祈願の初穂料、授かりもの、注意点等

【初穂料】5000円から
【授かりもの】お札、お神酒。腹帯は持参すると印を押してもらえます。
【受付時間】午前8時~午後4時(ご奉仕は午前8時30分から)。事前予約は必要ありません。
【アクセス】内宮は、五十鈴川駅より徒歩約30分、またはバス・タクシーにて約6分。外宮は、伊勢市駅より徒歩約5分。
【注意点等】戌の日参り以外の人のご祈祷も一緒に行われます。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

戌の日の安産祈願の基本とポイントをまとめてみました。

祈願へ行く場所や地域によって、行っていることも異なるようですが、大まかには今回ご紹介したような流れで祈願できるようです。

生まれてくる赤ちゃんの無事を願い、安産祈願へ行ってみてはいかがでしょうか。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。