戌の日には安産祈願をしよう

安産祈願 絵馬,近畿,安産祈願,神社

妊娠5ヶ月を迎えるころは、安産祈願のお参りを計画する方も多いことでしょう。

●戌の日の安産祈願とは?
●帯祝いの由来とは?
●いつどのように行えばよい?

初めての妊娠は、分からないことや心配なこともたくさんあるかと思います。

そこで安産祈願へ行く前に、cozreの記事で安産祈願について予習してみませんか?事前に知識を得ておくと、気持ちにも余裕をもって行動できますよ。

湊川神社|兵庫県神戸市

湊川神社の概要

湊川神社,近畿,安産祈願,神社出典:www.minatogawajinja.or.jp

湊川神社は、鎌倉時代に幕府打倒に貢献した名将楠木正成(くすのきまさしげ)公を祀る神社です。

正成公は、智・仁・勇の三徳を備えられ、聖人(せいじん)とまで言われ、正成公の誠忠と正義の精神は、楠氏一族子孫にまで受け継がれていきました。

その後も、各時代の武士や志士たちに、正成公の精神が慕われ、全国から多くの参拝者が訪れる神社です。

湊川神社が安産祈願で有名な理由

正成公の夫人、久子夫人は正成公に代って家を守り、3人の子どもを立派に育て上げ「婦人の鑑」と言われるようになりました。

無事に生まれ、立派に成長された正成公と、仲睦まじかった楠公・久子夫人の夫婦の姿、そしてまた、父の跡を継がれ、立派に育てられた正行公にあやかって、湊川神社の安産祈願を受ける人が多いそうです。

湊川神社の初穂料、授かりもの、注意点

初穂料 / 10,000円以上
授与品 / お守り・お札など
腹帯  / 持参、授与
受付時間 / 9時~17時半、予約不要
アクセス / JR神戸線:神戸駅から徒歩3分、阪急・阪神・山陽各電車:高速神戸駅から徒歩すぐ、無料駐車場あり

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

日根神社|大阪府泉佐野市

日根神社の概要

,近畿,安産祈願,神社出典:hine-jinja.jp

日根神社は、鎌倉時代の古文書にも書かれている春の祭礼が、幟に枕をつけて渡御したことから「まくら祭り」と呼ばれるようになり有名です。

起源は、子宝を願う村の娘たちが枕を奉納したのが始まりのようです。お祭りに奉納した枕はご利益があると言われ、商売繁盛や病気の治癒を願う人も参加するようになりました。

最近ではさまざまな恩恵にあやかろうと、多くの方がお参りに来られています。

日根神社が安産祈願で有名な理由

天の神様の子孫ウガヤフキアヘズノミコトと海の神様の娘タマヨリヒメノミコトの夫婦の神様が祀られている神社です。

ご夫婦の神様は、4人の子宝に恵まれ、皆立派に成長したことから、安産や子どもの成長を願う人々が参拝されています

日根神社の初穂料、授かりもの、注意点

初穂料 / 5,000円以上
授与品 / お守り・お札・腹帯など
腹帯  / 持参、授与
受付時間 / 9時~16時、予約優先
アクセス /JR:日根野駅から徒歩20分、南海バス犬鳴山行:東上下車すぐ、無料駐車場あり
注意事項 /祈祷は予約なしでも随時受付可能だが、予約優先

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

帯解寺|奈良県奈良市

帯解寺

帯解寺,近畿,安産祈願,神社出典:www.obitokedera.or.jp

帯解寺(おびとけでら)は、日本最古の安産祈願・求子祈願霊場 神仏霊場会奈良県第五番とされています。

今から約1100年前、文徳天皇の御妃は子どもが生まれず悩んでいて、こちらの帯解子安地蔵菩薩にお祈りしたところ、ご懐妊されたと、言われています。

のちにご懐妊の喜びの気持ちを込めて文徳天皇が伽藍を建立し、帯が解けたお寺ということで帯解寺という寺号をつけられたそうです。

帯解寺が安産祈願で有名な理由

帯解寺の本尊子安地蔵菩薩は弘法大師一刀三礼の作とも伝えられる、日本最古の求子安産の霊像であり、国指定重要文化財です。

腹前に裳の上端の布や結び紐が表されているところから「腹帯地蔵」と言われ、安産祈願の対象とされています

帯解寺の初穂料、授かりもの、注意点

初穂料 / 10,000円
授与品 / お守り・お札など
腹帯  / 持参、購入2,000円~
受付時間 / 8時半~16時半、予約不要
アクセス /JR万葉まほろば線(桜井線):帯解駅から徒歩5分、無料駐車場あり
注意事項/腹帯の持ち込みは2点まで。未使用か洗濯乾燥済みのもの。 直履き(下着)タイプは不可。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は、近畿地方でおすすめの兵庫県・大阪府・奈良県の安産祈願の神社とお寺をご紹介しました。

古来より、妊娠して5ヶ月目の戌の日からさらしの腹帯をまく習慣があります。おなかが大きく重たくなってくると腰に負担がかかり、腰痛を起こしやすくなるので、お腹を持ち上げるようにしっかりと支え、腰や背中の負担を減らすために妊婦帯をつけます。

妊娠中は体調の変化が激しいので、妊婦さん自身が体調の良い日を選んで参拝するようにしましょう。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。