紙おむつ

紙おむつ

紙おむつとは、排泄物(尿や便)を捕捉するため下腹部に着用する紙です。紙おむつを利用する年齢は、0ヶ月から34歳くらいまでです。紙おむつは、男の子、女の子が利用します。紙おむつは様々なメーカーから多くの商品が販売されています。紙おむつの代表的なメーカーや紙おむつの代表的な商品を挙げるとすれば、ふわふわ気持ちEシートにより、生まれたての繊細な敏感肌にやさしいベビー用紙おむつテープタイプが特徴であるグーンのグーン はじめての肌着 新生児や背中の部分がとっても長く、背中からウンチもれをしっかり防ぎ、空気が通り抜ける凸凹シートで、おしりもサラサラが特徴であるネピア のネピア GENKI! テープ 新生児用やユニ・チャーム独自の高吸収性ポリマーを搭載したことが特徴であるユニ・チャーム のユニ・チャーム マミーポコ 等が挙げられる。紙おむつの価格帯は、680円〜1190円程度である。紙おむつを選ぶにあたって、考慮するポイントになるのは、敏感肌に優しい凸凹シート高吸収性ポリマー、等である。紙おむつについて、どのような商品があるのか。どのように紙おむつを選べばいいのか。どの紙おむつがおすすめか、等、より詳しい紙おむつの情報が必要な方は、紙おむつについて記載された以下の記事をご覧ください。紙おむつの専門家による記事、実際に紙おむつを使った先輩パパママの口コミ、等の紙おむつに関するお役立ち情報が満載です。紙おむつについて、きっと新たな発見、気づきがあるはずです。

「紙おむつ」の記事(52件)

ドラッグストアに行くと、棚の端から端までずらっと並ぶ紙おむつ。機能や種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いのかパッ...
赤ちゃんのおむつ選び、どのようにしているでしょうか?産院や赤ちゃん用品店などで、すすめられて何となく使い始めたという方も...
赤ちゃんのおむつを選ぶ時に、どんなことを基準にされているでしょうか?触り心地、吸収性、通気性、伸縮性など、選びたい項目は...
出産準備で欠かせないものの1つがおむつ。でも、使用済みおむつの臭いって気になりませんか?新生児のうちはそれほど臭いません...
赤ちゃんのお世話の中でも、おむつ替えはなかなか大変なお世話のひとつ。先輩ママパパたちからは、「回数が多くて大変!」「おむ...
おむつ替えは、毎日ママパパが行うお世話のひとつ。最初はそれほど気にならなかった臭いが、離乳食が始まるころから一人前に…そ...
赤ちゃんが生まれて、すぐに必要になるもののひとつがおむつです。各メーカーから様々な種類のおむつが発売されていますが、我が...
赤ちゃんとの生活。いつも清潔に、快適で健やかな環境の中で育ててあげたいですよね。そこで気になるのは紙おむつの処理の仕方。...
国内最大級の規模と品揃えの豊富さで人気を博す「トイザらス」。そんなトイザらスが展開するベビー総合専門店「ベビーザらス」で...
睡眠は、大人だけでなく子どもにとっても非常に大切な時間です。成長ホルモンの分泌によって体の成長を促すのはもちろん、昼間体...
子どもがある程度大きくなってくると、悩まされるのが消耗品のコストです。新生児のころや低月齢のころは素材や品質にこだわり、...
子どもの成長は、一人ひとりで大きく違うもの。小柄な子や平均的な子、そして体重の増えが大きく、服やおむつがぐんぐんサイズア...
赤ちゃんがはいはいをマスターすると、おむつがズレやすくなって漏れなどのトラブルが増えてしまったりと、ママの悩みも増える羽...
大人でも好きなキャラクターが1つや2つはあるという方が多いかと思いますが、とりわけ子どもの場合はキャラクターが大好きだと...