抱っこひもを使うメリットは?

家の中でも便利!必ず用意したい必需品

抱っこ紐必需品,抱っこ紐,おすすめ,

赤ちゃんは軽そうに見えますが、ずっと抱っこをしているとやはり腕に負担がかかり疲れてしまいます。

抱っこひもがあれば、肩や腰のベルトで赤ちゃんを支えて抱っこをサポートしてくれるので、抱っこがぐっと楽になりますよ。

抱っこひもは外出する時に使うもの、というイメージがあるかもしれませんが、実は家の中でも重宝します。寝かしつけや家事をする時に便利なので、出産直後から使用することもありますよ。

使う頻度が多く、使用期間も長いので、せっかく購入するならしっかりと納得するまで見比べて自分の用途に一番合ったものを探したいですよね。

それでは使い方や選ぶ時のポイントなどをみてみましょう。

抱っこひもはいつからいつまで使える?

抱っこひもの中の赤ちゃん,抱っこ紐,おすすめ,

商品によってかなりばらつきがあるものの、抱っこひもの対象年齢は生後すぐから大体3歳ごろになるまで使えるものが目立ちます。

実際にはどのくらいの期間、使用するのでしょうか?先輩ママパパに聞いてみました。

みんなはいつから使っている?

抱っこひもの使用開始時期グラフ,抱っこ紐,おすすめ,

先輩ママパパにいつから抱っこひもを使用したのかアンケートをしたところ、約80%の方が首すわり前から抱っこひもを使用していました。

生後すぐはあまり外出しないのでは?と思うかもしれません。しかし、生後すぐでも赤ちゃんを連れて外出する場合があります。

【生後すぐの外出例】
・生後2週目の健診
・1ヶ月健診
・お宮参り


早いうちから使うアイテムなので、出産前に検討や購入をしておくのがおすすめですよ。

みんなはいつまで使った?

抱っこひもの使用終了時期グラフ,抱っこ紐,おすすめ,

次にいつまで抱っこひもを使ったのかも聞いてみました。

赤ちゃんが小さいうちは必須アイテムの抱っこひもですが、70%の方が2歳になる前に抱っこひもを卒業したと回答しました。

子どもが歩けるようになると抱っこひもを嫌がることもありますし、歩き始める頃になると体重が増えて長時間抱っこひもを使うのも大変になってくるからです。

ご家庭によって使わなくなるタイミングは様々ですが、対象年齢の3歳頃まで使うのはどちらかというと少数派のようですね。

抱き方の種類

抱っこひもの抱き方,抱っこ紐,おすすめ,

抱っこひものSG基準によると、抱っこひもの抱き方には
●横抱っこ
●縦抱っこ
●おんぶ
●腰抱っこ

という4つのスタイルがあります。

抱き方は、赤ちゃんの月齢によって適しているものとそうでないものがあるので、抱っこひもがどの抱き方に対応しているのかを事前に確認しておくことが大切です。

ここでは抱っこひもの4種類の抱き方と、それぞれの抱き方のおすすめポイントをご紹介します。

横抱っこ

横抱っこ,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・首がすわる前の赤ちゃんに最適
・寝かしつけや新生児期のおでかけに便利

横抱っこは赤ちゃんを寝かせた姿勢に近い状態で抱っこする方法です。首や背中に負担がかかりにくいので、新生児など首がすわる前の赤ちゃんに適しています。

家の中で寝かしつけする時や新生児期の赤ちゃんとの短時間のおでかけに向いています。

体がしっかりする生後6ヶ月くらいになるとこの抱き方は卒業します。

縦抱っこ

縦抱っこ,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・赤ちゃんがママパパと密着して安心
・ママパパの両手が自由になる

縦抱っこは、赤ちゃんを縦にして、ママやパパの体と密着させる抱き方です。抱っこひもで一番よく見かけますよね。

両手が空くのでママやパパも動きやすく、お散歩やお買い物など色々なシチュエーションに向いています。

首が座ってから使えるようになる商品が多いですが、サポートパッドを使えば新生児から使えるものもたくさん登場しています。

縦抱っこには2つの種類があります。赤ちゃんのご機嫌や好みに合わせて使い分けするといいですよ。

【対面抱っこ】
赤ちゃんとママパパのお腹同士がくっつく状態の抱っこ。体が密着するので、赤ちゃんもママパパも安心感があります。

【前向き抱っこ】
赤ちゃんの背中が大人のお腹にくっついて同じ方向を向いている状態の抱っこ。ママパパと同じ視界になるので、月齢が上がって周りのものに興味を示した頃におすすめです。

おんぶ

おんぶ,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・前がフリーになるので動きやすい
・家事のときに便利

おんぶは赤ちゃんを背中で担ぐようなかたちで固定します。

ママの体の前がフリーになり両手も自由に動かせるので、掃除や料理など家事をする時に便利なスタイルですね。

おんぶは首がしっかりすわってから使用するようにしましょう。

抱っこと両方で使える兼用タイプもありますが、抱っことおんぶで使用できる月齢が違うことも多いので注意してくださいね。

腰抱っこ

腰抱っこ,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・肩の負担が少ない
・短時間の抱っこに便利

腰抱っこは左右どちらかの腰の上で抱っこするスタイルです。

しっかり一人で座れるようになる生後7ヶ月くらいからできるようになりますが、生後4ヶ月頃から使えるタイプもあります。

ママは赤ちゃんのおしりや体に片手をおいて支える形になるので、縦抱っこより自由度が減ります。

短時間だけお子さんを抱っこするとき時やお子さんが大きくなった時などに便利です。また暑い季節にも快適です。

抱っこひもの種類

,抱っこ紐,おすすめ,

次に抱っこひもの種類について解説します。大きくわけて4つのタイプがあります。

キャリアタイプ(腰ベルトタイプ)

キャリアタイプ,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・肩や腰が疲れにくい
・いろいろな抱っこができる

キャリアタイプは、腰と肩にかけるベルトで赤ちゃんを支えます。赤ちゃんをかっちり固定できるので、長い間使っていても肩や腰が疲れにくいですよ。

他の抱っこひもと比べるとかさばりますが、最近は軽量化されています。

縦抱っこ以外に、おんぶや腰抱っこなどいろいろなスタイルで使えるものが多いのもこのタイプの特徴です。

赤ちゃんの転落防止ベルトや日よけフードなど、多機能のものが多いです。

スリングタイプ

スリング,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・軽くてコンパクト
・持ち運びに便利

スリングは大きな布を体に斜めにかけて布の中に赤ちゃんをくるむようにして抱っこします。

布と長さを調整するリングがあり、肩パッドなどが入っているタイプでも軽くてコンパクトにたためます。使わない時もかさばらないので、持ち運びに便利です。

スリングとしてだけでなく、授乳ケープやブランケット代わりに使えるものもありますよ。華やかな色や柄のものも多く、装着しているとエレガントな印象になります。

ヒップシート

ヒップシート,抱っこ紐,おすすめ,

check_circleおすすめポイント
・体の負担が少ない
・ベビーキャリアとしても使える

ヒップシートは、ママパパの腰部分で赤ちゃんを座らせるシートです。

赤ちゃんの体重が増えて、肩で支えるのが辛くなってきたときに使い始める方が多いです。腰ベルトがしっかりしているので、腰への負担も軽減されます。

背もたれや肩ベルトを取り付けてベビーキャリアとして使えるものもあります。

おんぶひも

check_circleおすすめポイント
・構造がシンプルでコンパクト
・サイズ調節が簡単

昔ながらのおんぶひもはおんぶ専用となります。構造がシンプルでコンパクトなので抱っこひもと併用して使う人もいます。

赤ちゃんを支えるパッドと大人の体に巻き付けるひもがあり、ひもでサイズ調整をします。結び目で調節するだけなので、簡単で扱いやすいです。

先輩パパママはどのタイプを選んだ?

抱っこ紐タイプのグラフ,抱っこ紐,おすすめ,

タイプによって特長が違う抱っこひもですが、先輩パパママはどのタイプを使っているのでしょうか?アンケートで聞いてみました。

第1位:キャリアタイプ
第2位:スリングタイプ
第3位:おんぶひも


腰や肩の負担が少ないキャリアタイプが第1位となりましたよ。多機能で長い期間使えるところがいいですよね。

でも、同じタイプの中でも装着方法や素材などは違いがたくさんあります。どのようなポイントに注目して選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、次からは選び方のポイントをわかりやすくご説明します。

抱っこひもの選び方

抱っこひもの選び方,抱っこ紐,おすすめ,

使う月齢で選ぶ

赤ちゃんに最適な抱っこの仕方は月齢とともに変化します。まずは「いつから使い始めるのか」を考えて選ぶようにしましょう。

ここでは、月齢に合った抱っこひもを時期別に説明します。

【新生児から生後4ヶ月頃まで】
首座り前のねんね期に使うなら、赤ちゃんの体に負担がかからないものが安心です。横抱っこができるものやスリングが使いやすいですね。

縦抱っこのものは、新生児から使用できるか必ずチェックしましょう

【生後5ヶ月から生後12ヶ月頃まで】
首や腰がしっかりしてきたら、縦抱っこができるベビーキャリアが便利ですよ。

ママと離れると泣いてしまう時期なので、家事の時に備えておんぶ機能があると役に立ちます。そうでない場合は装着が簡単なおんぶひもが別にあると助かりますよ。

【生後13ヶ月から3歳頃まで】
体重が増えるので、抱っこひもを使う頻度が減ってくるかもしれません。とは言え、おでかけ先で疲れた時や寝かしつけなどでまだまだ必要というご家庭もあると思います。

この時期にもし抱っこひもを買い足すならヒップシートがついているものなど、体に負担を軽減してくれるベビーキャリアがおすすめです。

使用期間で選ぶ

次に「どのくらいの期間使いたいのか」を考えましょう。

抱っこひもは、1つの抱き方のみで使用する専用タイプ何種類かの抱き方ができる兼用タイプに分かれます。

先ほど述べたように赤ちゃんの成長に合わせて抱っこひもを使い分けると便利ですが、複数の抱っこひもを持ちたくない方もいますよね。

そんな時は、色々な抱き方ができる多機能な抱っこひもがおすすめです。新生児からずっと長く使い続けることができるので、経済的ですよ。

ただし、機能が多い分かさばるので持ち運びが不便という面もあります。

ライフスタイルで選ぶ

ライフスタイルによってもどんなタイプがおすすめなのか変わってきます。

【電車・バス・徒歩での移動が多い場合】
しっかり赤ちゃんの体重を支えてくれて肩や腰にかかる負担を和らげてくれるしっかりしたベビーキャリアが便利です。

【車やベビーカーでの移動が多い場合】
軽くて小さくたたんでしまえるスリングの方が使いやすいですね。

【ママもパパも兼用で使いたい場合】
バックルやベルトでサイズ調整の幅が大きいベビーキャリアやヒップシートにしておくと安心です。

機能で選ぶ

抱っこひもは、シンプルなものから多機能なものまで幅広くあります。

重視したい機能は人によって異なりますが、以下の3つのポイントは必ずチェックしておくようにしましょう。

①赤ちゃんの安全性
②赤ちゃんの快適性
③ママパパの体への配慮

ベルトやバックルの形、肌触りや通気性など素材の特性をしっかり比較して、赤ちゃんもママパパも快適に使用できるものを選んでくださいね。 

装着のしやすさで選ぶ

抱っこひもは、正しい装着が簡単にできるものを選ぶことが大切です。

1人でも赤ちゃんを安全に入れたり下ろしたりしやすいか、予め確認しましょう。着け方が複雑で正しく使えない場合は、事故につながることもあります。

お店によっては抱っこひもを試着することができるので、近くにそういったお店がある場合は試しにでかけてみるのもいいですね。

先輩パパママは何を重視して抱っこひもを選んだ?

抱っこ紐重視ポイントグラフ,抱っこ紐,おすすめ,

先輩パパママから抱っこひも選びの重視ポイントを聞いてみました。

第1位:肩や腰の負担の少なさ
第2位:安全性
第3位:着脱のしやすさ


肩や腰の負担の少なさを挙げる方が多いですね。

抱っこは毎日のことなので、体重が軽い赤ちゃんでも予想以上に身体に負担がかかってしまいます。実際に使っている方の口コミを参考にして、負担の少ないものを選びましょう。

コズレには、抱っこひもを利用した先輩ママパパのアドバイスや口コミがたくさんあります。ぜひ読んでみてくださいね。

おすすめの抱っこひもをご紹介します!

今回紹介する抱っこ紐一覧

画像
商品名 OMNI Breeze オムニ ブリーズ |エルゴ ベビーキャリア ONE KAI Air|ベビービョルン コアラ ウルトラメッシュ|アップリカ Organic Mesh One|sun&beach Boba X|ボバ 抱っこひも|コニー キュット ミー!|北極しろくま堂 ジョイン EL-E|コンビ ベビーキャリーBASIC |napnap(ナップナップ) BELK |BABY&Me
参考価格 31,900 24,200 21,168 24,900 7,480 11,880 9,776 9,218 27,500
タイプ ベビーキャリアタイプ ベビーキャリアタイプ ベビーキャリアタイプ ベビーキャリアタイプ ベビーキャリアタイプ スリングタイプ スリングタイプ ベビーキャリアタイプ ベビーキャリアタイプ ヒップシートタイプ
抱き方 縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、腰抱き、おんぶ 縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ 横抱き、縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ 縦抱き(対面抱き)、おんぶ 新生児抱き、縦抱き(対面抱き)、おんぶ 縦抱き(対面抱き、前向き抱き) 新生児の基本抱き(コアラ抱き)、縦抱き(寄り添い抱き) 縦抱っこ(対面抱き)、腰抱き、おんぶ 縦抱っこ(対面抱き)、おんぶ ヒップシート+キャリアで、縦抱っこ(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ ヒップシート縦抱っこ(対面抱き、前向き抱き、横抱き)
対象年齢 0ヶ月 ~ 48ヶ月(20Kgまで 新生児~約36ヶ月(15kgまで) 新生児~約36ヶ月(15kgまで) 生後2週間~3歳頃 新生児(3.5Kg)~20Kg 新生児~20Kgまで 生後2週間目から約3歳(16キロ) 首すわり~36ヶ月(15kgまで)※専用インファントシート(別売)使用すると1ヶ月(体重3.2kg)から使用できる 抱っこ:首すわり~24ヶ月(約13kg)おんぶ:首すわり~48ヶ月(約20kg)※専用の新生児パッド(別売)使用すると生後10日頃から使用できる 4ヶ月~48ヶ月(約20kg)※専用の新生児パッド(別売)使用すると新生児から使用できる
リンク

OMNI Breeze オムニ ブリーズ |エルゴ

Ergobaby(エルゴベビー) [日本正規品保証付] EBC OMNI Breeze オムニ ブリーズ ピンククォーツ CREGBCZ360PPNKQTZ 0か月~,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、腰抱き、おんぶ
対象年齢:0ヶ月 ~ 48ヶ月(20Kgまで)


通気性に優れたメッシュ素材を使用したエルゴの最新モデルです。

赤ちゃんの頭や首を支えるサポートクッションやダブルロック式の肩バックルなど、安全への配慮がしっかりあるので安心して使うことができますね。

簡単に装着できるよう工夫されたバックルや小物を入れるサイドポケットもあり、ママやパパの使いやすさもばっちりです。

この商品の基本情報

参考価格 ¥31,900

口コミ

avator 購入者さん
肩や腰にパットがあるおかげで、長い時間の抱っこも疲れにくいです。肌触りがよく通気性もいいので、夏場も安心です。

ベビーキャリア ONE KAI Air|ベビービョルン

BabyBjörn(ベビービョルン) 抱っこ紐 【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE KAI Air ブラック 098025,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ
対象年齢:新生児~約36ヶ月(身長53~100cm、体重3.5~15kg)


ONE KAIはベビービョルンの中でも日本人の体形に合いやすいつくりになっています。抱っこひも全体が目の粗いメッシュ素材で通気性は抜群ですよ。

赤ちゃんのおしりから頭まですっぽり包むように装着できるので、体がぴったりと密着する心地いい抱っこが実現します。

サイズ調整は2段階で可能で、ヘッドガード部分は首が座れば折り返してすっきり使えます。
洗濯用ネットに入れると洗濯機で丸洗いできますよ。

別売りで冬用の防寒カバーも販売されています。

この商品の基本情報

*参考価格:¥24,200

先輩パパママのおすすめポイント

avator ぴろたんんーさん
後ろで誰かにパチンと外されることもない。後ろで体が固くてパチンとはめることができない、もない。 上着が着やすい。デザインがスタイリッシュ。おんぶに回すときも落下の心配のない設計で安心。 首すわり前から使える。前向きにも使える。メッシュで洗濯も乾きやすい。赤ちゃんも暑くない。かと言って冬も問題なかった。
avator おりこ125さん
首座り前から使用でき、外す時にそのまま赤ちゃんをベッドに寝かせられるところが良かった
avator まめまめまめさん
まず首すわり前から使用でき、尚且つインサートなしで使用できるものを探していたので購入しました。 男性でも使えるシンプルなデザインも魅力でした。色々な抱っこもできるタイプだったので、子どもの色々な顔を見れてよかったです
avator みぃたん18さん
バックルが前にあって着脱が1人でも簡単に出来る。腰のバックルを取っただけで子どもが落下する危険性がない。

コアラ ウルトラメッシュ|アップリカ

アップリカ 新生児から使える抱っこ紐 コアラ ウルトラメッシュ koala ultra mesh ネイビー (NV) 2123836,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:横抱き(ママうで抱っこ)、縦抱き(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ
対象年齢:新生児~約36ヶ月(15kgまで)


横抱きができるタイプのベビーキャリアです。

前面部分が大きく開くので、赤ちゃんを抱っこしたり降ろしたりという動作がスムーズにできますよ。手を後ろにまわすことなく、体の前部分の操作だけで装着が完了できるところもポイントです。

通気性にこだわった素材が抱っこひも内にこもる熱を逃がしてくれるので、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

この商品の基本情報

*参考価格:¥21,168

口コミ

avator 購入者さん
横抱きができるので寝かしつけの時に重宝しました。赤ちゃんの出し入れが簡単にできるところがいいです。

avator 購入者さん
便利で使いやすいので、総合的にみて満足しています。

Organic Mesh One|sun&beach

sun&beach,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.sun-beach.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:縦抱き(対面抱き)、おんぶ
対象年齢:生後2週間~3歳頃


sun&beach Organic Mesh Onはデザインと生産を100%日本で行っています。

子育てを楽しむことをブランドコンセプトにしていて、シンプルなデザインからリバティ柄までおしゃれでウキウキしてきそうなデザインが豊富なブランドです。

シンプルな作りですが赤ちゃんの成長に合わせて3段階にサイズ調整可能です。

また内側の素材はオーガニックコットンで、赤ちゃんの肌にほど良い風通しと肌触りの良さで包んでくれます。

先輩パパママのおすすめポイント

avator Q23さん
新生児期から使用可能です。軽くてデザインもかわいくて普段のおでかけは95%は抱っこひもです。 股関節の開きを気にする方がいるとおもいますがマジックテープなので月齢というよりもあかちゃんの様子をみて調整ができます。フィット感もいいので赤ちゃんと密着できて安心してすぐに寝てしまいます。 首が反り返ることもないのでおすすめです

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

Boba X|ボバ

ボバXベビーキャリア – 赤ちゃんの成長に応じて調整可能なソフト構造背面ベビーキャリア 3kg ~ 20kg まで対応 (Grey),抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:新生児抱き、縦抱き(対面抱き)、おんぶ
対象年齢:新生児(3.5Kg)~20Kg


Boba Xはベビーキャリアタイプとスリングタイプの中間のような感じで、それぞれのいいところを集めた抱っこひもです。

縦抱きなのに赤ちゃんの体を柔らかくすっぽり包みこんであげられます。

肩ベルトとシートの幅が調整できて、ベルトの調整だけで赤ちゃんの体にフィットするようになっていますよ。

またベルトの調整や肩ひもをクロスで装着することで色んな体形の人に合わせることができます。

取り外しできる赤ちゃん用フードもついていて、全体を洗濯機で洗うこともできます。

この商品の基本情報

*参考価格:¥24,900

先輩パパママのおすすめポイント

avator あああ5さん
抱っこ時に赤ちゃんのCカーブを保つことによって、身体の成長の妨げをしない点

抱っこひも|コニー

【ママリ口コミ大賞受賞】コニー抱っこ紐 (Konny) スリング 新生児から20kg 収納袋付き 国際安全認証取得 ぐっすり抱っこひも (グレー) (M),抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:スリングタイプ
抱き方:縦抱き(対面抱き、前向き抱き)
対象年齢:新生児~20Kgまで


抱っこひもと言うとベルトでつけるイメージですが、コニーの商品はまるでTシャツのように着られるようになっています。スリングですがベビーキャリアのような安定感もありますね。

全体が柔らかい布でできているのでとっても軽く、小さく折りたたんで付属のポーチに入れるとらくらく持ち運びができますよ。

赤ちゃんの腰のところをひもで結んで固定するので、抱っこの密着感も上がります。調整するバックルがない分、体に合ったサイズを選ぶ必要があります。

この商品の基本情報

参考価格:¥7,480

先輩パパママのおすすめポイント

avator 菜緒たむたむさん
1人での買い物の時など、サッと1人でも子どもを抱っこひもの中に入れられる事が出来たのと、使いやすさ、コンパクトで持ち運びやすかったのと値段もお手軽だったのが大きかった。
avator Chinma-さん
とにかく軽い!コンパクトでカバンに入れてもかさばらないのでとても優秀。見た目もスタイリッシュでそのまま洗濯が出来るのがよかった。
avator ゆきあつしさん
まず、カチカチと装着の手間がありません。難しいこともなく、ただかぶるだけなのでとても簡単です。そして軽さ、デザインがとても良いです。 軽いため腰にも負担がなく結構太めなので肩の負担も少なく抱っこすることが出来ます。新生児のときから使えるというのもおすすめです。そしてたくさんの色がありメッシュ素材になっているのもあります。 旦那と共に愛用しているのですが、ファッションとしても使えるのでとてもうれしいです。抱っこしていないときでも装着していても変ではないです。1番のおすすめです。
avator Kanaryuさん
背中に止めるパッチンがないので、他の人に外されるのを防げる。価格が安い。手触りがよい。腰の負担が少ない

キュット ミー!|北極しろくま堂

キュットミー! しじら織り さくら 本体:綿100% CM-90-F-S170,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:スリングタイプ
抱き方:新生児の基本抱き(コアラ抱き)、縦抱き(寄り添い抱き)
対象年齢:生後2週間目から約3歳(16キロ)


北極しろくま堂のキュット ミー!は“赤ちゃんを着る”というコンセプトでつくられたスリングです。日本製の糸を使って日本国内で織り上げたしじら織りの大きな布をリングで調節・固定して使います。

生地は深みのある風合いで、おしゃれなだけでなく通気性と保温性両方を兼ね揃えていますよ。

肩パッドがしっかりしているので肩が痛くなりにくく、さらに可動式のスリングレールを採用することで簡単・安心に装着できるようになっています。

この商品の基本情報

*参考価格:¥11,880

口コミ

avator 購入者さん
慣れるとすぐに抱っこできるようになります。ちょっとおでかけに行く時に便利です。

avator 購入者さん
使えるか不安でしたが、使い方のDVDと説明書があるおかげで問題なく使用できています。

ジョイン EL-E|コンビ

コンビ Combi ジョインEL-E ネイビーブルー,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:縦抱っこ(対面抱き)、腰抱き、おんぶ
対象年齢:首すわり(4ヶ月頃)~36ヶ月(体重15kgまで)
※専用インファントシート(別売)使用すると1ヶ月(体重3.2kg)から使用できる


コンビのジョイン EL-Eは肩の負担が軽くなる太くて厚みのあるしっかりした肩ベルトが特徴です。

内側に赤ちゃんの体を支えるベルトとカバーがついているので、前かがみになった拍子の落下事故を防いでくれますよ。

前ポケットからさっと出せるフードもバックルで簡単に装着できます。このフードを入れるポケット以外にファスナーポケットもあり、ティッシュやガーゼなどを収納しておくことができます。

この商品の基本情報

参考価格:¥9,776

先輩パパママのおすすめポイント

avator Cooperさん
しっかり赤ちゃんの所にもベルトが付いていたのと、自分の体にフィットした!

avator なんなんなーさん
インファントシートが別売であり、首すわり前の時期もたくさん使えた

avator りーのあさん
キャリアタイプなので安定。負担が少ない

ベビーキャリーBASIC |napnap(ナップナップ)

napnapベビーキャリー BASIC (フレンチラベンダー),抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ベビーキャリアタイプ
抱き方:縦抱っこ(対面抱き)、おんぶ
対象年齢:抱っこ:首すわり(4ヶ月)~24ヶ月(約13kg)おんぶ:首すわり(4ヶ月)~48ヶ月(約20kg)
※専用の新生児パッド(別売)使用すると生後10日頃から使用できる


ナップナップのベビーキャリーBASICは日本人のママやパパそれに赤ちゃんの体にぴったり合うようにサイズ設計されています。

前面の大きなポケットはスマホや財布も入るサイズなので、ちょっとしたおでかけにも便利ですよ。取り外すと通気性抜群のメッシュ素材が現れて涼しく使えるようになっています。

落下防止ホルダーがあるので、おんぶの時はリュックを背負うように簡単におんぶができます。コンパクトにまるめて腰部分で収納できるので、持ち運びも楽ちんです。

この商品の基本情報

*参考価格:¥9,218

先輩パパママのおすすめコメント

avator miychanxxさん
他のブランドの商品だと、腰ベルトをすると腰に負担がかかりすぎて痛みが出たが、これは使っても肩も腰も痛くならなかったポケットが大きくたくさんあるので、お財布を入れたりケータイを入れたりすぐに取り出したいものを入れれるので便利。
avator みか243 さん
折り畳んでコンパクトになるところ。

BELK |BABY&Me(ベビーアンドミー)

BABY&Me (ベビーアンドミー) ヒップシートキャリア 抱っこひも BELK (ベルク) ネイビー BM-6-001,抱っこ紐,おすすめ,出典:www.amazon.co.jp

タイプ:ヒップシートタイプ
抱き方:ヒップシート+キャリア 縦抱っこ(対面抱き、前向き抱き)、おんぶ ヒップシート縦抱っこ(対面抱き、前向き抱き、横抱き)
対象年齢:4ヶ月~48ヶ月(約20kg)
※専用新生児パッド(別売)を使用すると新生児から使用できる


BABY&MeのBELKは、ヒップシートとキャリアを組み合わせて使うタイプの抱っこひもです。赤ちゃんをしっかりと座らせるような形になり、腰や肩の負担が軽減されます。

ヒップシートは柔らかい素材なので長い間座っていても赤ちゃんのおしりにあまり負担がかからないようになっています。

赤ちゃんの背中部分にあるカバーを開閉することで、温度調整をしてあげることができますよ。ウエストポーチもついていて、収納力も抜群です。

この商品の基本情報

*参考価格:¥27,500

まとめ

抱っこひもは赤ちゃんのいるご家庭なら、必ず1つはお持ちなのではないでしょうか。赤ちゃんとアクティブに毎日を楽しむためになくてはならないアイテムですよね。

赤ちゃんの月齢や普段の生活のルーティーンによって、使いやすいタイプや機能が変わってきます。ぜひここで紹介した商品を参考にして、自分にピッタリのものを見つけてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。