3歳児のしつけとは

着替えの練習をする子どもと見守る母,3歳,しつけ,

子どもが保育園、幼稚園、そして小学校での生活を上手くやっていくために必要なのがしつけ。

3歳になるといろいろなことができるようになり、大人が話すことも理解できるようになってきます。

他の子に遅れをとらないためにも、3歳の時期からしっかりとしつけをしていきたいものです。

子どもにすべきしつけ

しつけと言うと、抽象的な表現のようにも感じますが、具体的に次の3つについて教えてあげることです。

・生活習慣

着替え、歯みがき、朝昼晩の食事などの正しい生活習慣や、おもちゃで遊んだら片づけるといった生活の中での決まり事

・道徳

お友達を傷つけるようなことはしない、嘘をつかないなど、人とのかかわりの中で守らないといけない約束事

・マナー

スーパーや電車の中など公共の場所で騒がない、順番は守るなど、周りの人を不快にさせないためのマナー

どれも知らないと、子ども達が社会に出てから困ることばかりですね。

しつけは難しい

3歳頃になると、親の言うことは大分わかるようになる反面、自我がしっかりするゆえの自己主張も多くなります。何でも自分でやりたがったり、自分の要求や意見を主張したりします。

心が成長している証ではあるものの、3歳頃にはイヤイヤ期とはまた違う反抗期に入ります。わざとママパパの言うことと違うことをしたり、注意すると怒ったり泣いたりしたりと、なかなか扱いが難しい時期でもあります。

3歳児を家でしつけるというのは、なかなか一筋縄ではいかないので、根気が必要になります。

3歳児のしつけ6つのポイント

しつけの6つの方法,3歳,しつけ,

反抗期真っただ中の3歳児に、どうやって伝えれば、きちんと言うことを理解してもらえるのでしょうか?

ここからはしつけのポイントをご紹介します。

1.基準を決めて叱る

check_circleポイント
・「絶対にダメ!」なルールを決める
・ルールを破った時にだけ強く叱る

しつけは大切ですが、何でもかんでも叱っていては子どもが萎縮してしまうこともありえます。

ここでいうルールになる事は
・命に係わる危険なことをする
・人を傷つけ悲しませるようなことをする
など、絶対にしたらいけないことだけです。

あらかじめルールを子どもと話しておき、破った時は叱る

他のことは注意するにとどめる、という姿勢を親が守るよう心がけてみてください。

2.落ち着いた声で目線を合わせて話す

check_circleポイント
・落ち着いたトーンで語り掛ける
・子どもと同じ目の高さで話す

子どもが何回言っても聞いてくれない時など、ついついイライラして声が大きくなってしまうこともありますよね。

しかし、大人の高い目線から大きな声で注意されると、子どもは反省するより怖いという感情の方が優先されますこれでは、注意されている内容は頭に入っていきません。

子どもに言いたいことを分かってもらうには、上記2点のポイントをおさえながらお話ししてみてください。

3.否定ではなく肯定で伝える

check_circleポイント
・具体的で肯定的な表現を使う

子どもに注意する時、「ダメ」や「やめて」という否定的な表現を使いがちです。

しかし、自分に置き換えてみると「ダメ」と何度も言われるのは気分が悪いですし、その後にどうすれば良いかかが伝わりにくいです。

(例)
・走り回らないで! → しばらくママの隣でじっとしていてね。
・ご飯を食べている途中に歩き回っちゃダメ! → ご飯を食べ終わるまでは座っていようね。

といった具体的な表現を心がけましょう。

4.ポジティブな言葉で伝える

check_circleポイント
・ポジティブで子どもに寄り添う表現にする

自分自身の心や時間に余裕がない時は、イライラが爆発して「なんでこんなこともできないの!」とつい口に出してしまうこともあると思います。

しかし、こういった否定的な言葉をママパパから言われると、子どもたちは傷つき自信を無くしてしまいます。

子どもに自信をもって取り組んでもらうような表現を心がけたいですね。

(例)
・どうして自分でパジャマが着られないの! → こうするとボタンが留めやすいよ。ほら上手くできたね!
・歯を磨きなさい! → 寝る前に歯を磨こうね。ここで待っているからやってみて。

使う言葉を変えるだけで、子どもの表情ややる気も変わりますよ。

5.ダメな理由をきちんと説明する

check_circleポイント
・ダメと伝え、やってはいけない理由も説明する

大人は先が予測できることも、3歳児にはまだ上手く理解できないこともあります。

そのため、わかりやすく理由を付け加えるようにする事も大切です。

(例)
・椅子の上に立っちゃダメ! → 椅子が倒れたり落ちたりしたらゴツンとなって痛いよ。だから下りようね。
・友達のおもちゃをとっちゃダメ! →おもちゃ取られたら悲しくなるでしょ。だからお友達に返そう。

伝えたい内容は同じでも、ダメな理由が理解できると、子どもも納得してくれますよ。

6.できたら具体的にほめる

check_circleポイント
・しっかりとほめてあげる
・具体的に何がすごいのかを伝える

子どもが何か良いことをしたり、言いつけを守れたりした時は、子どもがなぜすごいのかを伝えながらほめることも大事です。

(例)
・ハサミを元あった場所に戻せたね。すごいね。
・公園から家までずっと自分で歩けたね!えらいね。
等になります。

ほめられると、子どもは次も頑張ろう!というモチベーションにつながります。

また、具体的な理由を示してほめることは、ママパパが自分のことをちゃんと見てくれている、という子どもへ安心感や信頼感を与えてることになります。

家庭でできる3歳児のしつけ6つの方法

しつけの6つの方法,3歳,しつけ,

子どもが何かしてしまった時に話をすることも大事ですが、家庭内でのコミュニケーション内で自然としつけをすることもできます

ここからは、家庭でできるしつけの方法をご紹介します。

1.歌を歌う

口で言ってもなかなか分かってもらえない生活習慣も、歌であれば自然に楽しく覚えられるかもしれません

子ども向けの歌には、お片づけや着替え、歯磨きや食事などを題材にしたものがたくさんありますよね。

(例)
・普段から遊びの時間に聞いたり歌ったりする
・お片づけや歯磨きなどで子どもが嫌がった時に歌ってあげる

がおすすめです。

歌を聞いて何をすべきか思い出すことができますし、楽しい雰囲気につられて素直にしてくれるかもしれません。

2.絵本を読む

毎日の読み聞かせタイムに、しつけに役立ちそうな絵本を取り入れてみるのもいいですね。

(例)
ゆっくとすっく
食事やトイレトレーニング、お友達との関わりなどが扱われているシリーズ絵本
どうぞのいす
物語を楽しむ中で、自然と思いやりのあたたかさに触れられる作品

もおすすめです。

また、しつけの絵本として好みや評価は分かれるものの「地獄絵本」もありますね。

例えば、友達に乱暴するといった「絶対してはいけないこと」をすると、その後地獄で罰が与えられるという内容は、子ども達の心に重く響くようです。

3.アニメや動画を見る

アニメには子どもたちのお手本になるような振る舞いや行動が出てくることも多いですね。
子ども向けのアニメや動画には、しつけを意識した内容のものもあります

(例)
テレビやタブレットを見てのんびりする時間に、
・片づけなど普段気になっているテーマについての動画を選んで一緒に見る
・アニメの主人公がとった良い行動について、子どもと話をしてみる

大好きなキャラクターのまねをして、自分もやってみようという気になってくれるかもしれませんよ。

4.アプリを見る

ママパパのしつけをサポートしてくれるアプリもあります。

(例)
おにから電話
子どもが言うことを聞いてくれなかった時に、鬼からお仕置きの電話がかかってきたように見せかけるアプリです。
子ども静かにタイマー
子どもがうるさくしていると、画面の中の犬に吠えられるというアプリです。公共の場で静かにしていられる練習になりますよ。
BabyBusシリーズ
生活習慣や片づけが楽しいゲームで身につくアプリ

家庭のしつけに合ったアプリを選び、有効的に使いたいですね。

この記事に関連するリンクはこちら

5.習い事に通い教えてもらう

習い事の中でも教育系やスポーツ系は、しつけにも好影響を与えてくれます。

教育系の習い事や幼児教室
3歳児向けの学習に加えて心を育むような内容も取り入れられている
スポーツ系の習い事
体を鍛える以外にも、お友達とのかかわり方やチームワークの大切さ、挨拶や片づけなどマナーや礼儀を学ぶことができる

先生からの話や注意は、ママパパから言われるのとは違った効果があります。また、周りの友達の行動もいい刺激になりますよ。

6.通信教育の教材を使う

最後にもう一つ、通信教育にも日々のしつけをサポートしてくれるものがあります

こころをそだてる七田式えほん ねこさんコース
絵本の読み聞かせを通じて挨拶や片づけ、お年寄りや兄弟への思いやりの心などが学べる
「こどもちゃれんじ ほっぷ」
様々な学習に加えて正しい生活習慣やお友達との関わり方といった社会性も育むことができる

通信教育は、家で好きな時間に親子のペースで取り組めます。親子でのふれあいの時間にもなり、何より続けやすいですね。

【参考】先輩ママパパの3歳児のしつけ調査

先輩ママパパに調査!家庭でどうやってしつけをした?

3歳児へのしつけアンケート,3歳,しつけ,

先輩ママパパに、「3歳児へのしつけのために家庭内で実践していること」を質問したところ、以下のような結果となりました。

1位:絵本を読む
2位:歌を歌う
3位:アニメや動画などを見る
4位:その他
5位:習い事やスポーツをさせる
6位:通信教育をする

この結果を参考に、ぜひ家庭に合った方法で、親子でストレスなくしつけが身につくと良いですね。

先輩ママパパが教える!3歳児のしつけで工夫すべきことは?

avator 02dackさん
良くない失敗をした時には、何がいけなかったのか、わかりやすい例を話したり、実際に見せることで理解を深める。又、長々と話すのではなく端的に伝えることで子どもの耳に入りやすい。話をする時には落ち着いた環境を作り、注意散漫にならないようにする。


avator ユキmamaさん
子どもを叱る時に、 子どもと目線を合わせて、なにがいけなかったのか、 本人がわかるように話して叱っていました


avator 月0葵さん
子どもを出産するまでは、テレビはあまりみせたくないと思っていました。ただ、ご飯の支度で手が離せないときなど、年子の子どもが喧嘩ばかりするので、よくテレビを見せています。 好きなキャラクターができ、そのキャラクターが出ているテレビを見ると、そのキャラクターが友達に優しくしていたり、苦手な食べ物を食べたりなどする場面もたまにあります。 「〇〇もしてたし、やってみよう」などと声をかけると意欲的に何でもしてくれます。 テレビをずーっと見せるのは良くないと思いますが、憧れの存在があるのはいいことかなと思います。


avator りにゃ汰郎さん
褒めてほしい、認めてほしいという時期だから、何が凄かったのかしっかり分かるよう伝えたり、お手伝いをしてくれた時には、少し親が困る時でもありがとうと笑顔で受け止める。


avator @なーにゃさん
子どもの気持ちを考えるようにしている。子どもは自分を認めて欲しい、褒めて欲しいと思っていることが多いと思うので、注意する時、叱るときはまず、子どもを認めてあげてから、こうした方が良かったんじゃない?こうしたらこうならなかったよね。と説明するようにしている。

先輩ママパパのアドバイス!3歳児のしつけ、こんなことをすると失敗する!

avator ゆさゆささん
叱る際に感情が出てしまい、子どもが怖がって自分の気持ちを伝えてくれなかった。なぜそうしたか、など。


avator 02dackさん
周りに人の多い環境で注意をしてしまったことで、周りに気が散ってしまったり、周りに知られたことを気にして本来の目的を果たすことが出来なかった。


avator しろくま4さん
頭ごなしに叱る→なぜ怒られたかわからず逆上してしまった。動画を見せる→動画が目的になってしまい、毎回見たいと言い出す。


avator Chiiihhhoさん
こっちも感情的になってしまい、叱ってるというよりケンカのようになってしまう時。


avator マミー09さん
冷静に話をするようしなきゃと思いながらも、どうしようもなく子どもが泣きじゃくっていると冷静になれず、もう知らないなどと突き放した言い方をしてしまう時があり、余計に泣いてしまって負の連鎖に陥ってしまった。

まとめ

正しい生活習慣や人とのかかわり方を見につけていくためにしつけは大切です。3歳児のしつけには、

①叱るときのルール決める
②固定文で言い聞かせる
③具体的に褒める
等が大切です。

ただ、反抗期中の3歳へのしつけは手ごわいので、悩んでしまうこともあると思います。そんな時は絵本や動画、さらに通信教育の力を借りてみるのもいいですね。

長年たくさんの親子が利用しているプロの教材には、しつけと気負うことなく毎日の習慣やお友達への思いやりなどが自然に身につく工夫がされていますよ。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。