Q.3歳児の反抗期の対処法について教えて!

イヤイヤ期が一段落して「やっとコミュニケーションがとれるようになってきた!」と思っていた矢先、ママやパパを叩いてきたり、気にいらないことがあると物を投げたりしてきます。

「叩くのではなくてお話して」とその都度言っているのですが…。みなさんのお子さんはどうですか?体験談も教えてください。





hPa,3歳,反抗期,

A.親だけでなく子ども自身もイライラしていると思い、共感するようにしました。

匿名さん

イヤイヤ期も反抗期も、なるべく否定しないように気をつけました。自分も相当イライラしましたが、娘は意思を上手く伝えられずにもっとイライラしているんだと思いました。

一息ついてから共感してあげると、「ダメ」とか「そんなことしたら?でしょ」とか言って叱るよりも、短時間で素直に甘えてきたりして、抱っこしてあげるとお互いに落ち着いて、親も楽な気持ちになれました。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「うちの3歳児の反抗期体験談」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「3歳児の反抗期に対する対処法」という回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.うちの3歳児の反抗期体験談!

匿名さん

今まさに3歳で反抗期真っ只中です。2歳児のイヤイヤ期と違って、本人が納得しないと動いてくれないので大変だと実感しています。

あらかじめ説明しておいて、嫌だ嫌だと動かなくても、さっきお話したよね、と言うと少しマシになるように感じますが、毎日3歳児の屁理屈と戦って疲れています。


匿名さん

長女が3歳のときにはもう妹も産まれていて、女の子だからなのかお姉さんという自覚があったのか、覚えている限りだとこれといって反抗期はなかったように思います。妹の面倒をよくみてくれるし、一緒に遊んでくれるし、私のお手伝いもよくしてくれます。

たまに反抗したりしていたとは思いますが、ゆっくり説明すればわかってくれていたように思います。今、妹は2歳になりましたが、反抗期、イヤイヤ期がすごくて長女はいつも泣かされています(笑)。

自分より小さい子には優しくしなきゃいけないのをわかっているので、やられっぱなしなので、そこだけは違う教育?対処法?を考えてあげればよかったなと思います。


みず_さん

食べ物の好みが難しく少食なため、いつも食事の時間が大変でした。3歳の反抗期に入って更に酷くなり、一生懸命作ってもお腹が減ってない、好きじゃない、食べたくない、文句ばかりで「もう食べなくていい!」と言ってしまうこともしばしば。

なんとかバランスよく食べさせないと、野菜も少しでも多く食べさせたいと思っていましたが、だんだんと身体が弱い訳でもなく熱を出すこともないし、いつも元気に過ごしている、この子が今必要としているエネルギーはこの食事量で足りているんじゃないかな、と思うようになりました。

そのうち子どもが必要と思えば食事量も増えてくるでしょう。反抗期には無理をせず、子どもに寄り添ってやり過ごすことも必要なのかな、と思った出来事でした。


匿名さん

予想していた反抗期とは違って、うちの子は酷くなかったのですが、負けたり、注意されると自分は何も悪くないと口答えしたり、ルーティンがあってそれを1つでも違うと怒り出してしまうような状態。

長男でしたが、来月女の子が産まれるので、男の子と違うと思うので、反抗期、イヤイヤ期が怖いなと思っています。


匿名さん

現在4歳になる男の子がいます。とにかく男の子は元気で甘えん坊。

ご飯もイヤ、お風呂もイヤ、お片づけもイヤ、とにかくなんでもイヤイヤ言って大変でした。その度に自分もイライラして怒ってしまうことが多々ありましたが、もぅ人様に迷惑かけないことなら見守ることにしました。

すると子どものすることが面白くて、あっと言う間にイヤイヤ言わなくなってました。


ayana.iさん

うちも今ちょうど3歳児がいて、自分の自我もしっかり出てくる時期なので、なんで怒ってるのかとか理由があるとおもうから、聞いてあげることだとおもう。親も大変でそんな余裕がない時もあるから、その時はその時!

聞いてあげられる時出来るだけ聞いてあげると、子どもも少しは落ち着くかなーと。


匿名さん

同じく我が子も怒ってはものを投げます。時々全く同じことをして、叩かれたら同じように叩いてみせると、バシッ→トン→チョコンというかんじに叩く強さが弱くなって笑いに変わります。いつもガミガミ怒る中で、一種のコミュニケーションにもなっているように思います。

くまころさん

とにかく物を投げます。楽しくて投げちゃう。イライラして投げちゃう。大好きなものも投げちゃう。しまいには何もなくても投げてみる、的な感じで…。思わず睨んでダメ!のお顔をしてみると、お母さんにあげただけだよ?と誤魔化します。

柔らかいものから硬い物、お家の中でも外出先でもお構いなしなので、困ってしまいます。優しく怒っても、強く怒ってもきいてはくれません。


匿名さん

うちもちょうど今3歳で、全く同じ時期です。気に入らない事があるとすぐ怒って叩いたり、つねったり、すねたりします。3歳上のお姉ちゃんにも同じことをします。

私はこれがいい事かわからないですが、手を出すことがいけない事、やられた相手は痛い思いをしてると教えるために同じ事をします。もちろん強さは加減します。それで泣いたりすると、今の痛かったよね?同じ事をしてるんだよ?と言って言い聞かせます。

小さい時は加減を知らずに力いっぱい叩いたりするので、保育園でも同じ事をしないように痛い事を教えるようにしています。そうするとママ、さっきはごめんね。と落ち着いてから謝ってきたりします。

お姉ちゃんにやった時は、ママにごめんねじゃないでしょ?誰に謝るの?と言って、お姉ちゃんにちゃんと謝らせて仲直りをさせています。


匿名さん

現在上の子が小学校4年生の母です。3歳児の時は反抗期あったかな?と思うほど昔の記憶になってしまいましたが、お友達とのおもちゃの取り合いで喧嘩はしてましたね。喧嘩をみかけると言葉で説明はしてましたが、同じ事ばかりしていましたね。

この子は友達出来ないんじゃないかと心配していましたが、保育園に通い出してからかな。自然と無くなっていきました。やはり集団生活の中で子ども自身も学んでいくのかなと。今になったら思います。


piii_chamさん

まだ反抗期真っ只中ですが、このタイミングで私が妊娠中な事もあり、我慢させてしまっている事が多いぶん、爆発してしまうと大変です。うちの場合は、あまりかまい過ぎずに落ち着くまで様子見で、落ち着いてから話を聞いたり、一緒に遊んだりするようにしています。

匿名さん

うちの娘も反抗がすごく、かんしゃくがひどく暴れて、腕を噛まれたり髪を思いっきり引っ張られたりで、病院で検査してもらおうか、まで考えました(笑)。

友達と楽しい時間を過ごした時とかは帰りたくないとグズり始め、かんしゃくが始まったり自分の思い通りにならない時に始まります。その頃は私も辛く共に泣いていました。

ですが、本当に時間が経てば経つほどお利口さんになります。最近はほんとに落ち着いてきたので、共に泣くことも無くなり毎日が楽しいです。


nami514さん

叩いてきたら距離を取り落ち着くまで放っています。癇癪を起こして泣いたり物を投げたりしている時に、何を言っても子どもには聴こえていないので、落ち着いてからなんで叩いた(物を投げた)のか、それをしたらどうなる(相手がどう思うか)をお話しして一緒に考えています。

最近は癇癪を起こしても、人を叩く事はなくなりました。


匿名さん

イヤイヤ時期の時は、私も大変でした。息子の場合は、おもちゃさんに寄ると買ってほしいと言われて、癇癪などイヤイヤと言われて本当に困りました。子どもとお話することが良いかと思います。

癇癪の場合は、その場から離れて治るのを待ちました。そして子どもの目線と一緒の高さに合わせて「欲しいよね。欲しい気持ちがママにもわかるよ。今度、(クリスマスやお誕生日)の時に買おうね。」と、子どもが納得するまで言っていました。

根気がいると思いますが、問いかけたらわかってくれると思います。


匿名さん

私の上の子は今はもう6歳児、小学一年生ですが、やはり3歳児の反抗期はありました。本当に頭を抱えました。言葉でお話ししてって言っても聞く耳持たず、泣きわめいて叩くだけ。イライラはやっぱりありました。

でもそういう時は自分もストレス、イライラが募ってくるので、放っておくのがいいと思います。放っておくというか、見守るという方法がいいと思います。そうすると子どもも自然と機嫌が戻り、親の私たちも穏やかに過ごせます。私はそうでした。


あいりりママさん

娘が三人いますが、二人目がもう四歳ですが絶賛反抗期中です。うちはイヤイヤスイッチが入ると何も聞こえなくなるので、最初だけ何がイヤかを聞いてできる限りの事なら聞きますが、明らかなるわがままの場合は放置プレイです。

相手にされないことがわかると、そのうちやみます(笑)。


あちゃまるさん

気に入らないことがあると、ウーウー唸って何を聞いても泣くだけ。ちゃんと話してくれないと分からないと言っても、泣いて叩いてくることもあります。そんな時は泣き止むまでほうっておいてます。ある程度泣いたら落ち着くみたいなので、落ち着いたらお話します。

匿名さん

うちの子もやはり3歳になり、意思疎通が取れるようになってきた頃に、ちょっとした事でギャーギャー騒いだり、家族に手を出したり…。

会話が出来るようになっていたのでしっかり理由を聞いたり、ダメなことはダメな理由をしっかり説明し、納得させていました。


匿名さん

3歳過ぎた頃に、第二子の妊娠がわかり、悪阻などで私自身が思うように動けず、上の子の遊びに付き合ってあげることが厳しくなって、それに加わり、保育園の入園準備も重なり、子どもに取ったら環境がガラリと変わってしまいました。

急になんでもイヤ!ちがう!しらない!ばかりで、楽しく遊んでいたと思ってもすぐ機嫌を損ねてしまってました。そんな時は思い切りぐずらせたり、主人に対応を変わってもらったりして、気持ちの切り替えを行うようにしていました。


ちびママwさん

多分気に入らないことがあると、物を投げる子は多くいると思います。うちもその一人です。うちはそういう時は頭ごなしに怒るのではなく、分かるまでダメなことはダメと言ってます。

その代わり、いい事をしたらその都度褒めてあげています!そうすると子どもはこれをすると良いことなんだとか悪いことなんだとか、理解をしていってくれましたよ!


ちゃおさーさん

1日の始まりはいや、、終わりもいや、、1日中否定継続(笑)。とにかくなにをするにも時間が読めず、これしてほしいに何分かかるのか見据えるのが大変です。いつまで続くのか友達とも相談しあっています。時々見せるいーよ!が育児のはげみになっている気がします!

mma115さん

うちの子は3月生まれで、4月から幼稚園に通いだしました。下の子が6月に生まれるということもあり、赤ちゃん返りや幼稚園に行きたくないという時期があり、ようやく落ち着きました。

そしてまさに今たたく事をしてきます。気に入らないことがあったら「〇〇ちゃんたたくよ!」と言って叩いてきます!言葉にして言うので、叩いたら痛いからやめてと言っています。幼稚園ではやってないみたいですが。

私が叩いたら〇〇ちゃんも、痛いでしょ!と言うと考えているのでわかるのかなと思います。酷くは言わないですが、言い続けることが大事なのかなと思います。


みりみりみりみりさん

3歳の時に二人目を妊娠、それを察したかのように反抗期が始まりました。最初は、保育園に行くことを嫌がり、着替えやご飯をイヤイヤなるようになりました。

どうしたらいいのか分からずに、保育園に行く度に預けるたびに泣かれてしまい、どうしたらいいのかわかりませんでした。

私自身、二人目を妊娠しており、なかなか娘を抱っこしたりスキンシップが減っていたのかもしれません。なので、できるだけ娘とのスキンシップ、抱っこしたり抱きしめたり、二人の時間をしっかりとるようになると、少し治まったきがします。


匿名さん

うちの3歳児は、「自分でやりたい」意識が強く、何かを手伝ってやろうとすると、それだけで気に入らないらしく、泣きわめく。例えばよそ向いている隙に食べ物を食べやすい大きさに切る等。毎日毎日毎食そんな感じの時には、なかなか大変だ。

アイコロンさん

反抗期というよりは、イヤイヤの延長だった感じがします。自分の思い通りにならないと泣く。泣いててもわからないよ、ってよく言ってました。泣いてるうちは何を言っても耳に届きません。

泣き止むのを待ってどうしたかったのかを聞くとお話ししてくれるのですが、3歳のうちはずっとそんな感じでした。4歳を過ぎて少し経つと、泣くのではなく自分の気持ちを上手に言えるようになっていったような気がします。


匿名さん

3歳後半頃から物を投げたり踏みつけたり、噛み付いたりその他にも気に入らない事があるとキーキー声を出し泣いたり、ドアを強くバーン!!と閉めこわれそうな程です。

最初はガミガミ言っていたのですが、家族全体がノイローゼ気味になり、危険が無ければそっとしておこう。と皆んなで決めて過ごしました。たまに本人の泣き真似をしたりし、笑いに変えたりしてどうにかこうにか過ごしています。


匿名さん

今息子は反抗期が終わり落ち着きましたが、3歳の時はひどく反抗期がありました。まず、ご飯イヤお風呂イヤ寝るのイヤ。なにをするにもイヤイヤ。注意すると泣いて暴れます。初めての子どもで途方に暮れて、ストレスでハゲそうでした。

でもそれも成長の一部だと思い乗り越えてきました。今ではそういう時もあったと懐かしく思います。


匿名さん

3歳ともなると、口も達者になってきて、本人は何でも通じると思っていますが、実際は通じない会話も多く、困ります。

今日明日の概念がまだないので、「今日は一個ね」「うん、わかった」という会話のあと、また欲しがり、「今日は食べたよ」「今日じゃない」など、どう説明しようかいつも試行錯誤しています。


A.3歳児の反抗期に対する対処法!

ひがぴょんさん

イヤイヤ期はさほどなく、2歳8ヶ月にお兄ちゃんになり、赤ちゃん返りに反抗期にと構えていましたが、赤ちゃん返りはほとんどなく過ごしていますが、時々自分で靴がうまく履けなかったりと、普段できることが出来ないとかやる気がない時に怒り泣きをします。

自分に余裕がない時は怒ってしまう事もあるが、余裕ができた今では、怒ったらできないから落ち着いて!と話して、一緒にやる事で今では反抗期に対して楽しく対応できるようになってきました。


匿名さん

3歳になって、だいぶお兄ちゃんになったような気になりますが、まだまだうまく言葉を使って自分の気持ちを伝えることはなかなか難しいと思います。

伝えたいのに伝わらなくて、手が出てしまったりするので、今は怒ったりするのではなく、自分の気持ちを穏やかにして、相手をしてあげるのが1番だと思います。


匿名さん

私は、3歳の娘に対して同じ目線でいることを心がけています。なぜ起こっているのか、なぜ機嫌が悪いのかなど、どうしてこうなったのかな?と一緒に考え、間違っていることやダメなことはしっかりと教えるようにしています。

子どもに怒っても余計に反抗するだけなので、安易に怒ることはやめました。


ふーこ2さん

まだまだ語彙力が少なくて、上手く言葉で表現ができないのだと思います。まずは機嫌が悪くなってきたと感じたら、投げそうなものは近くに置かない。手を挙げるなら、抱きしめて叩かせない。子どもの気持ちをとりあえず「嫌だね。」「眠いね。」など受け止めます。

あとは、普段から子どもの状態や気持ちを言葉で代弁、色んな単語を使って表現してあげて、子どものボキャブラリーを増やしていきましょう。


匿名さん

ちょうど息子が3歳になってすぐに、2人目の里帰り出産のために実家へ帰りました。今まで1年に1度会うか会わないかの祖父母の家での生活は、最初甘えからか赤ちゃん返りからか、全く言うことを聞かずイタズラ三昧。

何を言ってもどこ吹く風といった雰囲気で、家ではこんなこと無かったのに...と母親として情けなくなる時もありました。

ある時ふと自分が怒ってばかりいた事に気づいて、「今日一日はどんなイタズラをしても怒らないようにしよう」と考え、やってみると不思議とイタズラの数が減っていきました。

今でもまだ多少のイタズラや反抗はありますが、諭すように話しかけると言うことを聞いてくれたりします。


匿名さん

「~して」というと、間髪いれずに「やだ」というのがお決まりでした。またかー...と思いつつ、聞き流すのが我が家(笑)。「ふぅん」と適当に相づちうって、また同じ事を「~して」という。しまいにはなんだかやっている(笑)。

あまりにもひどいときには、「~して」と頼まれたときに「やだ」って言い返しました。懲りたのかだんだん言わなくなりました。


匿名さん

我が家では、理由もなく子どもが叩いたり物を投げてきたときは、子どもがした事と同じ事を子どもにもしました。叩かれたら、同じように(軽く)たたき、叩かれると痛いよね?嫌な気持ちになるよね?という事をその都度教えました。

その甲斐あってか、今はほとんど叩いたりする事はありません。


匿名さん

気に入らないことがあると、叩いたり物を投げたりすることが我が家にもありました。ただ、私はそれを反抗期だと気がつかなかったです…。やっと会話するのが上手になってきた時に、自己主張が上手く伝わらず、子どももイライラする事ってありますよね。

そんな時は、5~10秒くらいぼーっと我が子の反抗を眺めてみてください。あーまだこの世に産まれて3年か?3歳か?かわいいな~って私は思えてしまいました。もちろん、たまにはかわいく思えない時もありますが…(笑)。


匿名さん

よく反抗する時はどんな時か考えてみると、意外と自分たち親のせいだったりすると改めて思いました。子どもが声をかけてきてもそっぽ向いて返事をしたり、相づちを打っていた時、よく怒った様子でちゃんと聞いてほしいと言われた事がありました。

子どもがどうでもいいような事や、分かりきっているようなことを聞いてきた時も、反対に考えてみれば、それは全部お父さんやお母さんの声がただ聞きたいだけなのかもしれない、と考えると愛おしくも思えました。

それからというもの、子どもの目線で考えたりちゃんと目を見て返事や会話をするように心掛けられるようになりました。


fumikariさん

3歳になると、こちらの話も理解してくれる事が増えますが、気に入らない時は何を言ってもヒートアップしていた気がします。叩かれたら、痛いアピールを大げさにして、投げた物にも「痛い痛い」と声をつけて、次はやめようねとその都度繰り返しました。

あとは、嫌だったことを聞いてあげて、理解できなくても一回は「そうなんだ。それは嫌だね」と承認してあげることも大切かもしれません。根気はいりますが、その都度教えてあげるのでいいとおもいます。


匿名さん

夏に3歳になった女の子の双子がいます。口も達者で言い合いができるほど、姉妹喧嘩も毎日のようにしています。

喧嘩をするたびに注意をしていましたが、そんな双子もこの度はお姉さんになることになって、最近では「3歳のお姉さんはそんなことしないよ」と言うと、今のところ効果抜群でちゃんと言うことを聞いてくれています(笑)。

この間まではアプリの鬼に電話を使っていて、何かあると「鬼からでんわくるよ!」と言っていました。


匿名さん

あと2年は続きます(笑)。でも、その中で今日は昨日より泣く時間短くなったなとか。話聞けたな。とか。小さな成長を見逃さないようにしています。

もちろん、振り出しに戻ることもあります。でも、不器用に表現しようとする姿は今しか見れません。頑張って!と応援したくなります。感情そのままにこちらがイライラしても、まったく解決にはなりません。その場はおさまるかもしれませんが、また繰り返します。


nom99さん

3歳の頃は、言葉も主張がはっきりしてきて、注意を他にそらすのも効かなくなったので、時間が許す限り話を聞いて、本人が納得するように話しかけてみました。

ダメなことはダメと伝えた上で、『こうしたかった』という本人の意思を聞いてあげると、けっこう納得してくれていた気がします。


匿名さん

お友達をたたいたりする場合、何かされて嫌なことや、自分の意見などもあったりする為、一度ちゃんと落ち着かせてから自分の意見を聞いて、話をするようにしています。一方的に怒ると子どももなぜ怒られたか理解せず、叩いてやつあたりするのが癖になったらするので…。

ぶうちゃん?さん

何をしても何を言ってもイヤイヤで、最初はどうしたいの!?と強い口調で言ってしまっていたのですが、うんうん、イヤだねーと優しく語りかけてあげていると、だんだん落ち着いてきて、いつの間にかイヤイヤが減ってきたように思います。

匿名さん

大切な成長過程の一つと捉え、ある程度大目に見ますが、やはり叩く・噛むなどの行為はしっかりと叱ります。ここはしっかり教えないと、お友達に噛み付きケガをさせる恐れがあるので。厳しく叱れるのも親だからこそ。ダメなことはダメ、と理由もつけて教えます。

あやちゃん0411さん

もう赤ちゃんじゃないことを認識させています。もう少しで幼稚園のお姉ちゃん(お兄ちゃん)になるんだよ!と伝えてます。

こちらが話したことを理解してくれたり、今までできなかったことが守れたりしたら、お姉ちゃんにいつでもなれるね!と大げさに褒めています。あくまでお姉ちゃんになれないよ!などは言わないようにしています。


匿名さん

まず同じ土俵に立たない。子どもがギャーギャー怒って泣きだしたら、子どもが落ちついて、ママかまって!とか、ママ抱っこして!とか、ほかの要求に変わるまで、見守りながら聞こえないふりをする。

落ちついたら、落ちつけた事を褒めてあげて、抱っこしたりして、子どもに向き合う。


匿名さん

イヤイヤや反抗期を真正面から受け止めると、こちらもヒートアップしてケンカにしかならないので、イライラしますが聞いてるふりしてカラ返事をして、できるだけ右から左に受け流します。でないとこちらが持たず、数秒待つなんてできず怒鳴り返してしまうので…。

わくまみさん

否定しないこと。話を目を見て聞いて、話をすること。ちゃんと聞いてるよって子どもがわかるように、頷き、笑顔で対応すること。泣き喚いたら、そのままにし、最後にぎゅーっと抱っこして抱きしめること。そうすると子どもも安心し、仲良くなれた感じがします。

K.さん

2歳の時のイヤイヤ期とはまた違った反抗期が現在始まっております(笑)。コミニュケーションが取れるようになってきた分、ああ言えばこう言う、みたいな状態です。

けど、会話ができるようになった分、今までよりも理解してくれるはず!と思い、めげずにちゃんと目線を合わせて、いけないことはいけないと何度も言います。

何回言ったらわかるのー!とも思うんですが、そこはまだ3歳児。気長に気楽に、しょうがないよなっとこちらが気持ちを楽にしていくしかありません。これが私は1番いい方法かなと思って毎日頑張っています。


匿名さん

親は怒らず、どうしたの?と目を見て、その都度優しく手を取りながら聞いてあげる姿勢が大事かなと思います。話を聞いてくれる姿勢で子どもの態度は変わると思います。言いにくいこともあるかもしれない。

現代社会、親も当たり前の共働き。余裕が無いとき、忙しいとき、ついつい目も見ず触れることもせず怒ってしまうこともありますが、自分の態度に気付き、素直に謝ってスキンシップを取って問いかけると、案外なぜそんなことをするのかスッと話してくれること多いですよ。


匿名さん

今思うと、3歳のイヤイヤ期は本当にかわいいものだったと思います。本人もある程度わかっていて、甘えていたんだなと思います。

まだまだ自分の気持ちを言葉では上手く伝えられない歳です。何度も何度も同じことを言い聞かせていくしかないと思います。だんだんと、ほんとに少しずつわかってくると思います。


匿名さん

長男の息子が3歳頃からイヤイヤ期がエスカレートしていきましたが、子どもの成長の一つ、甘えられる人に出すサインだという思いもあり、子どもがする行動や言葉に対して見守りつつ、危険度が高い事にはビシッと叱る事はしていました。

余裕がある時には子どもの姿をビデオや写真に収めたので、今5歳になる長男はそのビデオを見て、アカンなぁ~と笑いながら見ていました。


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード