Q.3歳児の反抗期の対処法について教えて!

「イヤイヤ期が一段落して『やっとコミュニケーションがとれるようになってきた!』と思っていた矢先、ママやパパを叩いてきたり、気にいらないことがあると物を投げたりしてきます。『叩くのではなくてお話して』とその都度言っているのですが…。みなさんのお子さんはどうですか?体験談も教えてください。」

A.「うちの3歳児も反抗期です」という意見が多数!

PA,3歳,反抗期,

反抗期の体験談

「イヤイヤ期も反抗期も、なるべく否定しないように気をつけました。自分も相当イライラしましたが、娘は意思を上手く伝えられずにもっとイライラしているんだと思いました。一息ついてから共感してあげると、『ダメ』とか『そんなことしたら~でしょ』とか言って叱るよりも、短時間で素直に甘えてきたりして、抱っこしてあげるとお互いに落ち着いて、親も楽な気持ちになれました。」(匿名さん)

「3歳過ぎた頃に、第二子の妊娠がわかり、悪阻などで私自身が思うように動けず、上の子の遊びに付き合ってあげることが厳しくなって、それに加わり、保育園の入園準備も重なり、子どもに取ったら環境がガラリと変わってしまいました。急になんでもイヤ!ちがう!しらない!ばかりで、楽しく遊んでいたと思ってもすぐ機嫌を損ねてしまってました。そんな時は思い切りぐずらせたり、主人に対応を変わってもらったりして、気持ちの切り替えを行うようにしていました。」(匿名さん)

編集部からのコメント

多数意見の中から先輩ママパパの口コミをピックアップしてみました。子どもの反抗を否定しないようにしたら関係が落ち着いたり、パパとバトンタッチしてママの気持ちを切り替えるようにしていたという体験談をいただきました。

その他には、「3歳児の反抗期に対する対処法」という体験談を取り上げていますので、ぜひごらんくださいね!

A.3歳児の反抗期に対する対処法!

反抗期への対処法

「まだまだ語彙力が少なくて、上手く言葉で表現ができないのだと思います。まずは機嫌が悪くなってきたと感じたら、投げそうなものは近くに置かない。手を上げるなら、抱きしめて叩かせない。子どもの気持ちをとりあえず「嫌だね。」「眠いね。」など受け止めます。あとは、普段から子どもの状態や気持ちを言葉で代弁、色んな単語を使って表現してあげて、子どものボキャブラリーを増やしていきましょう。」(ふーこ2さん)

「2歳の時のイヤイヤ期とはまた違った反抗期が現在始まっております(笑)。コミュニケーションが取れるようになってきた分、ああ言えばこう言う、みたいな状態です。けど、会話ができるようになった分、今までよりも理解してくれるはず!と思い、めげずにちゃんと目線を合わせて、いけないことはいけないと何度も言います。何回言ったらわかるのー!とも思うんですが、そこはまだ3歳児。気長に気楽に、しょうがないよなっとこちらが気持ちを楽にしていくしかありません。これが私は1番いい方法かなと思って毎日頑張っています。」(K.さん)

編集部からのコメント

3歳児の反抗期に対する対処法には「子どもの気持ちを代弁してあげる」「まだ3歳と気持ちを楽にする」ことが大切という意見が寄せられました。

言葉でコミュニケーションを取れるようになったと思っていても、まだ3歳なんですよね。うまく伝わらないもどかしさを汲んであげたり、「もう3歳」でなく「まだ3歳」とママが気持ちを切り替えられると良さそうですね。

まとめ

今回は「3歳児の反抗期」についてご紹介しました。

家事や育児、仕事に忙しい中で反抗されるとママパパもイライラしがちですが、そんな時こそ少し立ち止まり子どもとの時間を持てると良さそうですね。

また、「反抗期はその時は大変でも後から見返すとかわいいです。ビデオ撮影しておくのもおすすめ」ともコメントも。冷静になれるチャンスかもしれませんね。ぜひお試しくださいね!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード