目次

ごぼうはどんな食材?

ごぼうには食物繊維やポリフェノールが!

ごぼう,離乳食,ごぼう,

ごぼうは食物繊維がとても豊富で、他の野菜に比べても含有率が高い野菜です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらもが含まれ、整腸作用や血糖値の改善が期待できます。

また、皮にはポリフェノールが含まれ、皮の下には抗酸化作用のある成分も含まれています。香りの強い野菜で出汁もよく出ますが、アクも強いので使う時には水にさらしましょう。

ごぼうは、表面に土がついた状態で売られていることが多いので、調理時は表面をしっかりと洗い土を落としましょう。土には目に見えない雑菌がいるため、ごぼうに限らず土付きの野菜はしっかり流水で洗い流す必要があります。

とはいえ、土には乾燥を防いだリ香りが飛んだりするのを防ぐ効果があるので、購入する時は土つきがおすすめです。すぐ使う場合は、洗いごぼうが便利ですね。

ごぼうがおいしい時期はいつ?

ごぼうの旬は、一般的には晩秋から冬の時期で11月~2月頃です。一方で、香りが良い夏ごぼうとも呼ばれる新ごぼうの旬は初夏で、4月~5月頃です。新ごぼうは繊維が柔らかく、また違った味わいがありますよ。

調理の際は

赤ちゃんにごぼうをあげるときの注意点・上手な保存方法は?

いつから離乳食に使える?|十分に洗う・アク抜き・加熱が大切

離乳食赤ちゃん,離乳食,ごぼう,

野菜は離乳食の早い段階から使えるイメージですが、ごぼうはアクが強いため、完了期から与えられます。

皮は、包丁の背でこするか、たわしでこすってこそげ取るようにしましょう。その後もう一度すすいでからカットし、アク抜きのためにすぐに水につけておきます。

赤ちゃんが食べやすいように、しっかり加熱し柔らかくしてから食べさせてくださいね。

アレルギーの有無は?|最初は小さじ1杯から

あまり知られていないかもしれませんが、ごぼうアレルギーというものも存在します。アレルギー症状としては、蕁麻疹や肌の赤み、かゆみなど皮膚に関係した症状の他、腹痛や嘔吐・下痢など胃腸に関する症状が主です。

初めてごぼうを与える場合は、小児科の開いている午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を見てみると良いでしょう。

また、万が一アレルギー反応があった時、どの食材が原因かわからなくなるので、ごぼうを初めて食べさせる時には、他の食材は与えたことのあるものにしましょう。

本来ならば、ごぼうは整腸作用があるため、下痢や便秘の予防に良い食材ですが、アレルギーがある場合は逆の症状が出てしまうので注意が必要ですね。

下痢や便秘などは、アレルギー症状なのかどうか区別がつかないことの方が多いので、心配な症状が出た場合には病院に行きましょう。

どの部分を食べさせるのが良い?

ごぼうのどの部分を与えるかについては、基本的に大人が食べる時と同様です。

最初は、なめらかで飲み込みやすいポタージュにしたり、繊維質を断ち切るようにみじん切りにしたりするなどの工夫をすると良いですね。

ごぼうが入った炊き込みご飯や煮物などのベビーフードもあるので、慣れるまではそれらを活用するのも手ではないでしょうか。

下ごしらえ(すりおろすなど)をして冷凍保存すると便利

ごぼうも他の多くの食材同様、離乳食として使う時にはフリージングが可能です。

時短にもなるおすすめの冷凍保存方法として、十分に茹でたごぼうを冷ましてからすりおろし、ラップに細長く広げてくるくると巻き、冷凍室に入れておく方法があります。

この方法では、すりおろしたごぼうが細長い棒状に凍るため、使いたいときに使いたい分だけポキッと折って取り出すことが可能です。

フリージングしたごぼうを調理する際は、再度数分茹でるかレンジで加熱するようにしましょう。

離乳食完了期におすすめのごぼうレシピをご紹介!

【1】離乳食完了期☆筑前煮

出汁のうまみが効いたほっこりする煮物

鰹節やしいたけのうまみが染み込んだ、身体も心も温まる優しいお味の煮物レシピです。材料は、ごぼう、にんじん、しいたけ、里芋、鶏肉、鰹節、ベビーフードの和風出汁です。

作り方は、皮を剥いた里芋を下茹でしておき、他の具材も食べやすく細かく刻んでおきます。それらを炒め合わせ、水と鰹節、和風出汁を入れて柔らかくなるまで煮たら完成です。

離乳食でも出汁は取りたいけれど、手間と時間がかかって大変というママは多いと思います。こちらのレシピのように、ベビーフードの和風出汁を上手に取り入れて時間節約するのもアリではないでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】根菜の煮物☆炊飯器で超簡単柔らか

炊飯器で簡単!理想の柔らかさに

こちらも煮物のレシピですが、炊飯器を使うので簡単に柔らかく煮ることができるというのがポイントです。

材料は、ごぼう、れんこん、にんじん、大根、じゃがいも、玉ねぎなどの好みの野菜と、鶏肉(豚肉でも牛肉でも可)、顆粒出汁です。

作り方は、ごぼうとれんこんはカットして水につけてアクを抜き、他の具材も細かくカットしておきます。炊飯器に具材と出汁、ひたひたになる程度の水を入れスイッチを押すだけです。

醤油や砂糖、みりんや酒を加えて味を調節すれば、大人も満足の柔らか煮物ができます。炊飯器のパワーで簡単にごぼうなどの根菜が柔らかくなります。大人のご飯作りにおいても参考になるレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】片手間♡根菜スープ!離乳食完了

お鍋に入れて放っておくだけ!

離乳食を作ったものの、野菜の数が足りない時ってありませんか?こちらのレシピでは、カットした具材をお鍋でコトコト煮るだけで栄養たっぷりの野菜スープが完成!あと一品欲しいという時に活躍しますよ。

材料は、ごぼう、にんじん、れんこん、大根、鶏肉、出汁です。鶏肉はひき肉だとお団子にできますし、ほろほろと崩れやすくて食べやすいのでおすすめです。他にもささみなどを食べやすくほぐしても良いでしょう。

作り方は、野菜を全て食べやすいサイズにカットし、れんこんはすりおろしてひき肉と混ぜお団子を作ります。出汁で具材が柔らかくなるまで弱火~中火で煮れば完成です。

煮ている間に他の離乳食や大人のご飯を用意することもできるので、放っておくだけのレシピは覚えておくと便利ですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食期完了期 きんぴらごぼう

手づかみ食べで楽しくおいしく便秘解消

きんぴらの味付けですが、手づかみでパクパク食べられるような形に切った、便秘解消レシピです。材料は、ごぼう、にんじん、ごま油(無くても可)、出し汁または水、三温糖、醤油です。

作り方は、ごぼうとにんじんを食べやすい大きさに切りごぼうはアク抜きをします。あとはごま油で炒めて、そこに出し汁または水を加えごぼうが柔らかくなるまで煮詰めます。

全体が柔らかくなったら三温糖を加えて馴染ませ、最後に醤油を入れて煮汁がなくなるまで炒めます。お好みですりごまなどかけても良いかもしれませんね。

醤油を入れた後に炒めすぎると味が濃くなってしまいますので注意してください。残ったらけんちん汁に入れてみても良いですね。

豆乳と一緒にミキサーにかけて、ごぼうスープもいかがでしょうか。ゴクゴク飲んでくれますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食にも使える♪ヘルシーさっぱり豆腐ハンバーグ

大人と一緒の時短メニュー

離乳食にも使える♪ヘルシーさっぱり豆腐ハンバーグ,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは油を使わないのでとてもヘルシーなハンバーグです。材料は鶏胸ひき肉、木綿豆腐、おから、野菜(にんじん、玉ねぎ、ごぼう、枝豆)、きゅうり、トマト、大葉(なくてもOK)です。植物性のたんぱく質と野菜がたっぷり入っています。

作り方は、にんじん、玉ねぎ、ごぼう、枝豆をみじん切りにしてレンジで加熱しておきます。鶏ひき肉と水切りをした豆腐、おからをよく混ぜ合わせ、そこに加熱したみじん切り野菜を加えます。(粗熱を取ってから投入します)

それをハンバーグの形に成形し、クッキングシートを敷いたオーブントースターで焼きます。(10分程度※ワット数による)仕上げにきゅうり・トマトなどを乗せます。

パパやママには大葉ものせて、お好きなドレッシングで食べてみてくださいね。赤ちゃんにはもちろんまだドレッシングはかけずにあげましょう。

もし少し塩味が欲しい場合にはタネ作りの段階でちょっぴりお醤油を加えてみてください。大人と子どもが一緒に食べられる便利レシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食完了期☆鶏胸肉と蓮根と細ごぼうと豆腐の煮物☆

ごぼう・れんこん・にんじんの根菜たっぷり煮物

離乳食完了期☆鶏胸肉と蓮根と細ごぼうと豆腐の煮物☆,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、たくさんの根菜・野菜をミックスして和風に仕上げた栄養満点レシピです。材料は鶏胸肉、木綿豆腐、細ごぼう、れんこん、にんじん、いんげん、ほうれん草に、かつお出汁、砂糖、醤油、みりんを使っています。

作り方は、まず具材の全てを赤ちゃんが食べやすいサイズにカットし、ごぼうとれんこんはアク抜きをします。鶏胸肉は下茹でしておきましょう。

鍋にかつお出汁、ごぼう、れんこん、にんじん、いんげんを入れて火にかけ、沸騰したら豆腐、ほうれん草、下茹で済みの鶏胸肉を加えます。

最後に砂糖・みりん・醤油で味付けをしてそのまま煮込みます。火からおろし、冷ましたら完成です。

赤ちゃんのために薄味で仕上げられているのが良いですね。みりんはしっかり加熱してアルコール分を飛ばしましょう。また、ヤケドしないように冷ましてから赤ちゃんに食べさせてくださいね。

【7】離乳食完了期☆小松菜と細ごぼうの玉子丼(*^^*)

粉ミルクを活用しよう

離乳食完了期☆小松菜と細ごぼうの玉子丼(*^^*),離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、小松菜、ごぼう、にんじん、ひき肉を卵でふんわり包んだ丼メニューのレシピです。材料は、ご飯、豚ひき肉、小松菜、にんじん、細ごぼう、卵、粉ミルク、かつお出汁、砂糖、醤油です。

作り方は、まず野菜を細かく(食べやすいサイズに)切っておきます。豚ひき肉は下茹でをし、ごぼうはアク抜きをしておきます。

鍋にかつお出汁、ごぼう、小松菜、にんじんを入れて火にかけます。火が通ってきたらそこに豚ひき肉を入れ、砂糖・醤油で味付けをします。そこに溶き卵と粉ミルクを合わせたものを流し込み、火が通ったらご飯にかけて完成です。

粉ミルクを合わせることで卵のふんわり感がアップします。そのままだとパサつきやすいひき肉も、ちょっとクセのある野菜もフワフワ卵のおかげで食べやすくなりますね。

ご飯とおかずが一緒に食べられる丼物は時間がない時や赤ちゃんが眠たい時などにピッタリです。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】我が家の豚汁~たっぷり野菜がとれる栄養満点~

家族みんなで食べられるあったか豚汁

我が家の豚汁~たっぷり野菜がとれる栄養満点~,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、ボリュームたっぷりの豚汁レシピです。大人用と子ども用、一緒に下ごしらえをして味付けの段階で赤ちゃん向けは薄味に仕上げるなど、工夫次第で効率アップできますよ。

材料は、豚こま切れ肉、にんじん、大根、しめじ、えのき、ごぼう、豆腐、油あげ、出汁、ごま油、みそ、醤油、ごまです。

作り方は豚汁とほぼ同じですが、赤ちゃんが噛み切りにくいキノコ類、油揚げや肉などは細かく切ったほうが良いでしょう。

まず、ごま油で豚肉を炒め、そこにカット済みのキノコ類と野菜を入れ、さらに炒めます。そこに出汁を入れ、野菜が柔らかくなるまで煮えたら豆腐と油揚げを追加します。一煮立ちさせて味噌と醤油を入れ、仕上げにごまをふって完成です。

パパやママと同じメニューを食べられるのは赤ちゃんにとって、とてもうれしいことです。ビタミンやたんぱく質がバランスよく入った豚汁で冬の寒い日もあたたまりそうです。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食・完了期☆簡単きんぴらごぼう

ベーシックなきんぴらごぼうを離乳食でも

離乳食・完了期☆簡単きんぴらごぼう,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、ベーシックな和食のメニュー、きんぴらごぼうの離乳食版です。材料はにんじんとごぼうに、ごま油・砂糖・醤油・いりごまを使います。

作り方は至ってシンプル。千切りにしたにんじん・ごぼう(ささがきでもOK)をフライパンで炒めて、しんなりとしてきたら砂糖と醤油を加えます。調味料が絡まったら仕上げにいりごまをかけて完成です。

千切りの長さはお子さんの歯の生え具合に合わせて調整したほうが良さそうです。きんぴらごぼうが出来上がってからお好みでカットしてもOKです。

ごぼうのアク抜きをする場合には炒める前に酢水に浸けておいてください。きんぴらごぼうがたくさん出来たら冷凍保存も可能です。冷凍しておいて忙しい時にレンジでチンすればおかずが一品増えますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【10】離乳食完了期☆ツナと蓮根とごぼうの混ぜおにぎり☆

手づかみ食べにおすすめ!食物繊維たっぷりおにぎり

離乳食完了期☆ツナと蓮根とごぼうの混ぜおにぎり☆,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは手づかみ食べにぴったりな、ごぼう入りおにぎり。材料は、ご飯、ツナ缶、れんこん、細ごぼう、にんじん、かつお出汁、醤油、みりんです。

作り方は、まずごぼうとれんこんは細かく切ってアク抜きをします。にんじんも細かく切りましょう。次に鍋にかつお出汁とごぼう、れんこん、にんじん、ツナを入れ、火にかけます。

野菜がやわらかくなった頃に醤油とみりんを入れて煮込みます。味が染み込んだところでザルにあけ、汁気を切ってからご飯と混ぜ合わせます。それを一口サイズに握ったら完成です。

この時期の赤ちゃんは自分の手で食べたがりますから、おにぎりにすると食べやすいです。おにぎりがべちゃべちゃにならないよう、汁気はしっかりと切りましょう。ツナの適度な塩気で食も進みそうです。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食完了期☆生ひじきで細ごぼうのひじき煮☆

カルシウム豊富なひじきと一緒で栄養たっぷり

離乳食完了期☆生ひじきで細ごぼうのひじき煮☆,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらはごぼうの入ったひじき煮のレシピです。ひじきにはカルシウムや食物繊維、ビタミンAが含まれているので、あかちゃんに食べさせたいと思うママも多いのではないでしょうか。

材料は、生ひじき、細ごぼう、にんじん、かつお出汁、砂糖、醤油、みりんです。こちらのレシピでは生ひじきを使っていますが、乾燥ひじきを使う場合は水で戻して十分やわらかくなるまで茹でましょう。

作り方は、まずにんじんとごぼうは食べやすいサイズに切っておきます。その後、ごぼうは下茹でしておきましょう。

鍋に出汁とひじき、にんじん、下茹で済みのごぼうを入れて火にかけ、火が通ってきたら砂糖、しょうゆ、みりんで味を整えます。しっかりと冷まして完成です。

ごぼうを下茹でするため、やわらかく仕上がって赤ちゃんも食べやすいですね。少し味付けを濃くすれば大人も一緒に食べられるメニューになっています。ひじきがたくさん手に入ったときなどにまとめて作ってみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

【12】離乳食完了期☆牛肉と大根と細ごぼうの煮物☆

牛肉のうまみが根菜に染み込みおいしい!

離乳食完了期☆牛肉と大根と細ごぼうの煮物☆,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、牛肉と大根を使った煮物レシピです。牛肉の旨味がごぼうと大根に染み込んでおいしい煮物になりますよ。材料は、牛肉、大根、細ごぼう、かつお出汁、砂糖、醤油、みりんです。

作り方は、具材は食べやすい大きさに切り、牛肉とごぼうはそれぞれ下茹でをしておきます。次に鍋にかつお出汁、大根、ごぼうを入れて火にかけます。

沸騰してきたら牛肉も入れます。具材がやわらかくなってきたら砂糖・しょうゆ・みりんを入れてしばらく煮込みます。味が染み込んだら火を止めて冷まし、器に盛りつけて完成です。

牛肉を食べさせてみたいと思ったときに、お家にある素材で割と簡単に作ることができるレシピかと思います。

赤ちゃん向けに薄味になっていますが、味付けを少し濃くして七味などを振りかければ、パパやママもおいしく食べられますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【13】ゴボウとじゃがいもの米粉焼き

グルテンフリーで安心!手づかみ食べやおやつにも

ゴボウとじゃがいもの米粉焼き,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、米粉を使ったパンケーキのような「米粉焼き」のレシピです。おやつにも朝食にしてもいいですね。材料は、ごぼう、じゃがいも、米粉、水です。

作り方は、まずごぼうを圧力鍋でやわらかく茹でて(圧力鍋がない場合には鍋でやわらかくなるまでじっくりと茹でて)みじん切りにし、じゃがいもはすりおろします。

次にすりおろしたじゃがいもと米粉、水、みじん切りにしたごぼうをボウルの中で混ぜ合わせます。それをお玉などですくってフライパンに流し入れ、5mmぐらいの厚さに広げます。中火で5分、裏返して3分焼いたら完成です。

もしフードプロセッサーをお持ちなら、みじん切りにする工程やすりおろす工程が必要無くなるので、もっと簡単に作ることができそうですね。米粉を使っているので小麦粉アレルギーのあるお子さんへのおやつにもピッタリです。

この記事に関連するリンクはこちら

【14】離乳食完了期☆細ごぼうと蓮根の炒め混ぜ☆おにぎり☆

外出先でも食べさせやすい混ぜおにぎり

離乳食完了期☆細ごぼうと蓮根の炒め混ぜ☆おにぎり☆,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、たっぷりの根菜を使ったおにぎりです。外で離乳食をあげる時も、おにぎりになっていると食べさせやすいですね。材料は、ご飯、細ごぼう、れんこん、にんじん、白ごま、醤油、砂糖です。

作り方は、具材を食べやすい大きさに切り、細ごぼう、れんこん、にんじんは下茹でします。フライパンにすべての具材を入れ炒め、砂糖、醤油で味付けをしたら白ごまを混ぜます。

ご飯に炒めた具材を混ぜ合わせたら、一口大の大きさに握り完成です。手づかみ食べの練習にもなるおにぎりは様々な具材で作れるので、たくさんのレシピを覚えておくと便利ですよ。

ごぼうだけでなく、にんじんやれんこんも入っているので栄養満点です。どれも食物繊維を多く含む根菜なので、便秘予防にもなりそうなレシピですね。

【15】離乳食☆豚肉と人参とごぼうの炒め物

タンパク質も一緒に摂れる根菜の炒め物

離乳食☆豚肉と人参とごぼうの炒め物 ,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、豚肉入りの根菜の炒め物です。甘辛い味付けで、食も進みそうですね。材料は、ごぼう、にんじん、豚肉、めんつゆ、ごまです。

作り方は、ごぼうとにんじんを柔らかくなるまでよく茹で5mm角程度の大きさに切っておきます。豚肉もよく茹でし食べやすい大きさに切ります。具材を合わせ、めんつゆとごまをかけて完成です。

めんつゆは塩分が多いので、離乳食完了期に使用する時は少量にしましょう。大人用の副菜としても使えそうなレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【16】離乳食完了期☆高野豆腐と細ごぼうの煮物(*^^*)

栄養豊富でヘルシーな優秀食材を使ったやわらか煮物

離乳食完了期☆高野豆腐と細ごぼうの煮物(*^^*),離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、鉄分やカルシウム、植物性タンパク質が豊富に含まれているのに低糖質でヘルシーな高野豆腐を使ったレシピです。材料は、細ごぼう、鰹だし汁、砂糖、醤油、みりんです。

作り方は、まず高野豆腐を戻し食べやすい大きさに切ります。細ごぼうを食べやすい大きさに切り、アク抜きをしたら下茹でをします。

鍋に鰹だし汁と下茹でした細ごぼうを入れて、熱します。鍋に砂糖、醤油、みりんを入れて味付けし、高野豆腐を入れて煮込み完成です。

味付けや切り方を変えれば大人も一緒においしくいただけるレシピです。高野豆腐は鉄分が豊富なので、妊娠中や授乳中のママにもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【17】ゴボウたっぷり鶏だんご☆離乳食

すりおろしたごぼうで鶏だんごがふんわり食べやすく

ゴボウたっぷり鶏だんご☆離乳食,離乳食,ごぼう,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

こちらは、甘辛いタレに絡ませた鶏だんごのレシピです。すりおろしたごぼうを入れているので、ふわふわな鶏だんごができあがります。

材料はごぼう、豆腐、鶏ひき肉、塩、マーガリン、醤油、みりん、水、青のりです。青のりを食べさせるときはむせないように、よく混ぜ合わせてから与えましょう。

作り方は、まずごぼうの皮をむいてすりおろします。鶏ひき肉と豆腐、すりおろしたごぼう、塩をよく混ぜ合わせたら、だんごの形にしましょう。

鍋で鶏だんごを茹でます。浮いてきたら取り出しましょう。フライパンに調味料と鶏だんごを入れ炒めます。最後に青のりを散らしたら完成です。

鶏だんごは一度にたくさん作っておいて冷凍保存もできます。このレシピのようにタレに絡ませるだけでなく、スープの具にしたり、大人用のお鍋の具にしたりとアレンジもたくさんできますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

ごぼうを使った離乳食レシピ、気になるものは見つかったでしょうか。硬くて敬遠しがちなごぼうも、細かく刻んだり柔らかく煮たりすることで、スープ、煮物、お団子など、さまざまなバリエーションの離乳食に活用できます。

下ごしらえに手間がかかる分、炊飯器や電子レンジ、ベビーフードの出汁などを上手に使い、離乳食作りの負担を減らせると良いですね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。