沐浴の基本

そもそも沐浴とは?

沐浴のようす,新生児,沐浴,

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ抵抗力が弱く、肌もとってもデリケートです。

感染症などを防ぐために、生後1ヶ月頃までは赤ちゃんを家族と一緒の浴槽に入れることはできません。

そのため、ベビーバスなど赤ちゃん用のお風呂を用意し、そこで全身を洗います。これを「沐浴」と呼びます。

沐浴って毎日必要?

赤ちゃんは、新陳代謝が活発で汗や皮脂がたくさん出ます。また、1日に何度もうんちやおしっこをします。

そのため、基本的には毎日沐浴をして、清潔にしてあげましょう。

沐浴の時間は?

沐浴をする時間帯ですが、大人のお風呂は夜が多いかと思いますが、赤ちゃんは暖かい日中の時間帯に入れてあげるのがおすすめです。

ただ、ママ1人で行うのが大変という場合は、深夜などを避けたパパや家族が一緒にできるタイミグでも大丈夫です。

生活リズムを一定にするために、できるだけ毎日同じ時間帯にいれてあげられるといいですね。

沐浴をする場所は?

シンクでの沐浴,新生児,沐浴,

ベビーバスには、プラスチックタイプや空気を入れて膨らますタイプなど形状やサイズがいろいろあります。

沐浴は、ベビーバスが設置できれば、浴室はもちろんキッチンのシンクや洗面台でも可能です。

<浴室での沐浴の場合>
お湯を入れやすく排水もしやすい
お湯が飛び散っても床が濡れることを気にしなくていい
・中腰になって赤ちゃんを洗うため姿勢が辛く感じることも

<シンクや洗面台での沐浴の場合>
立ったまま洗ってあげられるので姿勢が楽
・危険がないように周りのものを都度片付けないといけない

沐浴の場所を決める際は、ママパパのやりやすさの他に着替えの場所や室温の調節のしやすさなども考えて選ぶといいでしょう。

沐浴はいつまで?

基本的には、生後1ヶ月の健診で、医師から大人と一緒の入浴を許可されてからです。ただ、これはあくまでも目安です。

この頃は、まだ抵抗力が弱くウィルスや感染症など心配なことも多いため、勝手な判断で大人と一緒に入浴することは避けてくださいね。

生後1ヶ月だとまだまだ小さく首もすわっていないので、大きな湯船に入れて洗ってあげるのが大変だと感じる場合もあるでしょう。

そんな時はベビーバスでの沐浴を継続しても問題はありません。やりやすい方を選びましょう。

沐浴の注意点

お湯の温度をきちんと確認しましょう

湯温計,新生児,沐浴,

沐浴する際、まず注意したいことは、お湯の温度管理です。

赤ちゃんに心地よいお湯の温度は、季節や部屋の温度によって変わりますが
・夏は38~40度くらい
・冬は40~42度くらい

が目安となります。

慣れないうちは、必ず湯温計で温度を確認するようにしましょう。

寒い時期は、湯冷めが心配なので、沐浴中の浴室やお部屋の温度をあらかじめ暖めておくと安心ですよ。

手早く済ませましょう

あまり長くお湯に入れていると赤ちゃんに負担がかかってしまいます。

沐浴は、お着替えなどを含めて10分程度で終わらせるようにしましょう。

授乳直後や空腹時は避けましょう

授乳直後はうんちが出やすくなったり、吐き戻しをしたりすることがあるので、沐浴は避けましょう。また空腹時も機嫌が悪くなることもあるでの、あまりおすすめできません。

毎日決まった時間に必ず入れないと、と焦って無理をする必要はありません。赤ちゃんが気持ち良く、機嫌良く入れるタイミングに入れてあげてくださいね。

沐浴に必要なグッズ

沐浴グッズ,新生児,沐浴,

沐浴は退院したらすぐ始まるお世話です。出産前に沐浴に必要なグッズを準備しておきましょう。

ベビーバス

沐浴する場所に合わせたサイズと素材のベビーバスを準備しましょう。安全で衛生的に使用できれば、代替品でも問題ありません。

温湯計

沐浴の温度管理に使います。アナログとデジタル表示の2種類のタイプがあり、デザインもさまざまです。赤ちゃんの顔や体に触れても安心なものを選びましょう。

ガーゼハンカチ

赤ちゃんの体をやさしく洗うために使います。沐浴以外にも赤ちゃんのケアで重宝するので、洗い替えに数枚用意しておくと便利です。

沐浴布

沐浴中の赤ちゃんが安心してお湯につかれるように、体にかけてあげる布です。

また、お湯から出ている部分も冷めにくく、かけておくと保温効果もあるようです。手ぬぐいや大判のガーゼでも代用可能です。

ベビー石鹸・沐浴剤

沐浴剤は、洗浄成分と保湿成分が含まれた赤ちゃん用の入浴剤です。お湯で体を温めた状態で、体を洗うことができる上に、保湿効果も期待できるので、ケアまでスムーズに行えます。

沐浴剤を使うと楽に洗うことができますが、汚れやにおい、湿疹などが気になる場合は、ベビー石鹸やベビー用のボディソープを使って洗い、よく洗い流しましょう。

毎回、ベビー石鹸などを使う場合は、沐浴剤は絶対に必要なものではありません。

洗面器・手おけ

全身をきれいに洗い終えたら、上がり湯をかけるのに使います。また、おしりなど部分的に洗いたい時にも重宝します。

沐浴のやり方とコツ

それでは、沐浴の基本的なやり方とコツを手順に沿って説明します。

【手順1】全ての準備を整える

着替え,新生児,沐浴,

赤ちゃんをお湯の中に入れてから、「あっ、準備し忘れた!」と中断することは安全上避けたいので、まず全ての準備を整えます。

①赤ちゃんの着替え
・おむつ
・肌着
・ベビー服

肌着とベビー服は紐やボタンを外して重ね、袖を通しておくと着せる時にスムーズです。

②洗うためのグッズ
・ベビーバス
・洗面器または手おけ
・温湯計
・ガーゼハンカチ
・沐浴布
・ベビー石鹸、沐浴剤

③ケア用品
・バスタオル
・綿棒
・ベビークリームなど

お湯から上がった赤ちゃんをすぐに乗せて拭いてあげられるようバスタオルは広げておきます

【手順2】 お湯を入れて温度をチェック

ベビーバスと温湯計,新生児,沐浴,

ベビーバスにお湯をはり、お湯の温度を確認します。
・お湯の量の目安:ベビーバスの1/2から2/3
・温度目安:夏は38~40度程度、冬は40~42度程度

【手順3】沐浴布をかけて足から入湯

沐浴中の赤ちゃん,新生児,沐浴,

お湯の準備ができたら、赤ちゃんの服を脱がせます。仰向けの状態で沐浴布をおなかの上にかけ、足からお湯の中に入れあげます。

この時、赤ちゃんを支えるママパパの片手は赤ちゃんのおしりを、もう片手は赤ちゃんの首のうしろをしっかりと支えましょう。

【手順4】まずは顔から洗っていく

沐浴中の赤ちゃん,新生児,沐浴,

それでは洗っていきましょう。基本的にはまずは顔、そして頭から下へ下がる順番で洗います。汚れの少ない部分から!と覚えておきましょう。

①顔を洗う

お湯を適度に絞ったガーゼで目から顔全体の順にやさしく拭きます。1箇所拭くごとにガーゼをすすぎ、きれいな部分を使いましょう。

湿疹などが気になる時は、泡立てたベビー石鹸を使ってよく洗い流します。

②頭を洗う

泡立てたベビー石鹸で頭をやさしく洗います。お湯を絞ったガーゼで拭いて泡を洗い流します。

③体の前側を洗う

あごの下→首まわり→手→わき→胸→おなか→足→おまたの順番に洗っていきます。

首やわきのシワの間、手と足の指と指の間、おまたは特に汚れがたまりやすい場所なので、丁寧に洗ってあげましょう。

【手順5】うつ伏せに持ち替えて背中とおしりを洗う

沐浴中の赤ちゃん,新生児,沐浴,

続いて背中とおしりを洗うのですが、ここで赤ちゃんをうつ伏せに持ち替えます。ここが手の小さいママはいちばん大変かもしれませんが、あせらず落ち着いてやりましょう。

赤ちゃんの首の後ろを片手で支えたまま、もう一方の手をわきの下に入れて、両手を使ってゆっくりとうつ伏せにします。

赤ちゃんの首が苦しくないように、赤ちゃんの胸を手で支えてあげると安定します。顔がお湯についていないか気をつけながら、背中とおしりを洗います。

洗い終わったらまた仰向けに戻します。残っている泡がないかチェックして、上がり湯をかけて、ベビーバスから出します。

【手順6】湯冷めしないよう手早くお手入れ

お風呂上がりの赤ちゃん,新生児,沐浴,

お湯から出した赤ちゃんを、バスタオルの上に寝かせて水分を拭き取ります。ゴシゴシこすらず押さえるようにやさしく拭きましょう。

用意しておいた綿棒で、耳や鼻、おへそのお手入れをします。必要に応じてベビークリームなどを塗った後に、おむつと服を着せてあげれば終了です。

体が冷えてしまわないよう、ぱぱっと手早くすませましょう。

まとめ

慣れるまでは本当にバタバタしてしまう沐浴ですが、育児書通りにしなければならない!ということはありません。赤ちゃんの安全とママパパのやりやすさを優先してくださいね。

沐浴は期間が限られている貴重なお世話なので、慣れてきたら動画や写真に残しておくのもおすすめです。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。