沐浴とは何?

抵抗力の弱い赤ちゃんのために!ベビーバスで体を洗います

沐浴のようす,新生児,沐浴,

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ抵抗力が弱いものです。

感染症などを防ぐために、生後1ヶ月頃までは大人と同じ湯船には入れず、ベビーバスなどを使って赤ちゃん用のお風呂を用意し、そこで全身を洗ってあげることになります。これを「沐浴」と呼んでいます。

赤ちゃんは新陳代謝が活発ですし、1日に何度もうんちやおしっこをしますので、基本的には毎日入れてあげましょう。沐浴は、ママは出産後の入院中に病院で教えてもらいながら体験できる場合が多いですね。

また、出産前に病院で行われる両親学級や父親学級で、パパも1度は体験させてもらえることがあるかもしれません。

沐浴をする期間はいつからいつまで?

生後1ヶ月くらいが目安

新生児,新生児,沐浴,

では、いつまでベビーバスで沐浴をするのでしょうか?基本的には、生後1ヶ月の健診で、医師から健康状態が良く、大人と一緒の入浴を許可されてからです。ただ、これはあくまでも目安です。

この頃は、まだ抵抗力が弱くウィルスや感染症など心配なことも多いため、勝手な判断で大人と一緒に入浴することは避けてくださいね。

しかし、生後1ヶ月だとまだまだ小さく首もすわっていないので、大きな湯船に入れて洗ってあげるのが大変だと感じる場合は、ママパパの判断で、ベビーバスでの沐浴を継続しても問題はありません。やりやすい方を選びましょう。

沐浴をする時間や場所はどうする?

沐浴をする時間やタイミングは?

沐浴する赤ちゃん,新生児,沐浴,

沐浴をする時間帯ですが、大人のお風呂は夜が多いかと思いますが、赤ちゃんは暖かい日中の時間帯に入れてあげるのがおすすめです。

ただ、ママ1人で行うのが大変という場合は、深夜などを避けたパパや家族が在宅で一緒にできるタイミグでも大丈夫です。

生活リズムを一定にするために、できれば毎日同じ時間帯にいれてあげられるといいですね。なお、空腹時は機嫌が悪くなったり、授乳直後はうんちが出やすくなったりと、赤ちゃんの体にも負担になりやすいので、授乳後1時間くらい間をあけて、赤ちゃんの機嫌が良い時にしましょう。

また、沐浴自体も、あまり長くお湯に入れていると赤ちゃんに負担がかかります。お着替えなどを含めて約10分~15分で終わらせるようにします。

沐浴をする場所は?

続いて場所ですが、最近のベビーバスは浴室だけではなく、キッチンのシンクや洗面台に入れて使えるものもたくさんあります。

浴室で行う場合は、お湯を入れやすく排水もしやすいですし、お湯が飛び散ったりしても床が濡れることを気にすることもありませんので、赤ちゃんが大きく成長してからもOKですね。

ただ、ママパパは中腰になって赤ちゃんを洗ってあげることになるので、姿勢が辛く感じることも。

一方、シンクや洗面台では、ママパパは立って腰の位置で洗ってあげられるので楽ですが、シンクまわりの食器やグラスなどは必ず片付けて、危なくないように気をつけましょう。

沐浴する際に注意することは?

お湯の温度をしっかり管理!

湯温計,新生児,沐浴,

沐浴のお湯の温度は、熱すぎてもぬるすぎてもいけません。熱すぎるとのぼせてしまい、ぬるすぎると湯冷めしてしまうことも。

できれば湯温計を準備して、毎回温度を確認してから行いましょう。湯温計がない場合は、大人のひじをお湯に入れて「少しぬるい」くらいでOKです。

お湯の温度は、季節や部屋の温度によって変わりますが、夏は38~40度、冬は40~42度程度が目安となります。

特に冬などは、湯冷めが心配なので、沐浴中の浴室やお部屋の温度をあらかじめ暖めておくと安心ですよ。

沐浴に必要なグッズは?

沐浴をスムーズに行うためには、事前に沐浴に必要なグッズをそろえておきましょう。
【ベビーバス】
沐浴する場所に合わせたサイズと素材のベビーバスを準備しましょう。安全で衛生的に使用できれば、代替品でも問題ありません。

【湯温計】
沐浴の温度管理におすすめです。ベビーバスに浮かせて測れるものもあり、沐浴後のお湯の確認にも便利です。

【ガーゼハンカチ】
赤ちゃんの体を優しく洗うために準備しましょう。ガーゼハンカチは、赤ちゃんのケアにも重宝するので、洗い替えに数枚用意しておくと便利ですよ。

【沐浴布】
沐浴中の赤ちゃんが安心してお湯につかれるように、体にかけてあげる布です。安心する他に、お湯から出ている部分も冷めにくく、かけておくと保温効果もあるようです。手ぬぐいや大判のガーゼでも代用可能です。

【ベビー石鹸・沐浴剤】
沐浴を簡単に行うためには、沐浴剤を使用するのもおすすめです。お湯で体を温めた状態で、体を洗うことができる上に、保湿効果も期待できるので、ケアまでスムーズに行えます。
また、汚れやにおい、湿疹などが気になる場合は、石鹸やシャンプーを使って洗い、よく洗い流しましょう。

【洗面器や手おけ】
全身をきれいに洗い終えたら、上がり湯をかけるのに使います。その他に、おしりなど部分的に洗いたい時にも重宝します。

湯上り後も慌てずに赤ちゃんのケアをするためには、バスタオルや着替え、おむつなどを広げておくのがコツですよ。ケアアイテムも近くに置いておきましょう。ママパパがやりやすい流れやコツを見つけて、毎日の沐浴を早く慣れていければ良いですね。

沐浴のやり方と手順を確認していきましょう!

【手順1】はじめに全部準備してからスタート

赤ちゃんの洋服,新生児,沐浴,

それでは、沐浴の手順についてご説明します。まずはじめは、準備です。

赤ちゃんをお湯の中に入れてから、「あっ、準備し忘れた!」と中断することは安全上避けたいので、はじめからすべて下準備を済ませておきましょう。

(1)赤ちゃんの着替えを準備。
おむつはもちろん、肌着とベビー服もボタンを外し、はじめから重ねて袖を通した状態にしておくと、着せる時にスムーズです。

(2)ケア用品もお忘れなく!
バスタオル、綿棒、ベビークリーム等も出しておきましょう。バスタオルはたたんだ状態ではなく、すぐに赤ちゃんを乗せてふいてあげられるよう広げておきます。

(3)洗うためのグッズも用意!
ベビー用石鹸、ガーゼや沐浴布をベビーバスの近くに準備します。ガーゼは体を拭いてあげるのと、沐浴布として代用する場合は2枚必要になります。

【手順2】湯温計でお湯の温度を確認しましょう

ベビーバスと温度計,新生児,沐浴,

それではベビーバスにお湯をはります。お湯の温度は夏が38~40度、冬が40~42度程度にします。初めはママパパの手を入れて温度を確認するのではなく、湯温計を使ってあげてくださいね。

手の感覚だけで温度を測るのは難しいもの。ママパパの手が冷たいと実際よりも熱く感じたりするので注意してくださいね。

【手順3】沐浴布をかけて足から入れましょう

赤ちゃんの沐浴,新生児,沐浴,

温度の確認ができたら、赤ちゃんの服を脱がせ、仰向けの状態で、足からお湯の中に入れてあげます。

このとき、赤ちゃんを支えるママパパの片手は赤ちゃんのおしりを、もう片手は赤ちゃんの首のうしろを支えながら、中指と親指で赤ちゃんの両耳を閉じてあげます。

手が小さいママは、片耳でもOKです。耳にお湯が入らないように左右切り替えましょう。赤ちゃんはお湯の中にいるとき、沐浴布という布を1枚おなかの上にかけてあげると安心するそうです。

普段使っているベビー用ガーゼで併用できるので、お湯に入れて体にかけてあげましょう。

【手順4】順番は頭から下へ、汚れが少ないところから洗います

頭を洗う赤ちゃん,新生児,沐浴,

それではいよいよ洗っていきましょう。基本的には頭から下へ下がる順番で洗うのがおすすめです。汚れの少ない部分から!と覚えておきましょう。

まずは顔を、お湯を適度にしぼったガーゼで拭いて、優しく丁寧にふきます。湿疹などが気になる時は、ベビー石鹸を使ってよく洗い流します。

次にベビー石鹸を泡立てて、頭に泡をつけて、やさしく洗い、お湯を絞ったガーゼで拭いて泡を洗い流します。

次はあごの下から、首まわり・わき・おなか・手と足・おまた、と順番に洗っていきます。首やわきのシワの間、手と足の指と指の間、おまたは特に汚れがたまりやすい場所なので、丁寧に洗ってあげましょう。

【手順5】赤ちゃんをうつぶせにし背中とおしりを洗います

背中の沐浴,新生児,沐浴,

続いて背中とおしりを洗うのですが、ここで赤ちゃんをうつぶせに持ち替えます。ここが手の小さいママはいちばん大変かもしれませんが、あせらず落ち着いてやりましょう。

赤ちゃんの首の後ろを片手で支えたまま、もう一方の手をわきの下に入れて、両手を使ってゆっくりとうつぶせにします。

赤ちゃんの首が苦しくないように、手首に赤ちゃんのあごを乗せるように、顔がお湯についていないか気をつけながら、背中とおしりを洗います。

終わったらまた仰向けに戻します。残っている泡がないか見てあげて、上がり湯をかけて、ベビーバスから出してあげます。

【手順6】湯冷めしないよう手早くお手入れをしましょう

赤ちゃんのマッサージ,新生児,沐浴,

お湯から出した赤ちゃんを、バスタオルの上に寝かせてあげて、全身をやさしく拭いてあげます。

用意しておいた綿棒で、耳や鼻、おへそのお手入れをしたり、必要に応じてベビークリームなどを塗ったりした後に、おむつと服を着せてあげれば終了です。

体が冷えてしまわないよう、ぱぱっと手早くすませましょう。

まとめ

以上、沐浴の手順やコツについてご紹介しました。慣れるまでは本当にバタバタしてしまう沐浴ですが、赤ちゃんの安全とママパパのやりやすさを優先してくださいね。

1人で不安な場合は、無理にうつぶせにして洗わなくても、お湯の中で背中とおしりを手でやさしくなでて洗ってあげるなど、赤ちゃんのお世話に必ずしも育児書通りにしなければならない!ということはありませんよ。

1番大切なのは、ママパパが沐浴に挑む時の気持ちです。穏やかな気持ちで優しく声がけしながら行えば、赤ちゃんも安心してお風呂に入れます。

沐浴期間は限られていて貴重な機会ですので、慣れてきたら動画や写真に残しておくのもおすすめです。

沐浴は、毎日家族にとって良いタイミングで無理なく行っていきましょう!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。