沐浴剤って何?

沐浴剤は洗い流す必要がないのでママも楽ちん!

沐浴中の赤ちゃん,沐浴材,おすすめ,選び方

沐浴剤とは洗浄成分と保湿成分が含まれた新生児用の入浴剤のことです。使い方は簡単で、ベビーバスなどにお湯をはってから、お湯の量に合わせた沐浴剤を混ぜて赤ちゃんを沐浴させるだけです。

石鹸などと比べると洗浄力は弱いのですが、新生児の頃はウンチ汚れなどがひどい時を除き、十分にきれいになりますよ。

沐浴剤のメリットといえば、すすぎや赤ちゃんの沐浴が終わったときの上がり湯が必要ないことです。その分、沐浴時間が短く済むので、赤ちゃんの体に負担がかからず、また、産後すぐのママにとってもありがたいですよね。

石鹸やボディソープはお湯で洗い流さなければ赤ちゃんの肌荒れに繋がりますが、沐浴剤の洗浄成分は弱いため、洗い流さなくても赤ちゃんの肌の害になりません。

また、石鹸と違って泡が出ないため、赤ちゃんを支える手が滑って赤ちゃんをお湯の中に落としそうになった、ということや、赤ちゃんの目に石鹸が入ってしまった、ということもないので安心ですよ。

いつからいつまで使える?

沐浴剤はその名の通り、沐浴の時に使用するものなので、生後すぐから生後1ヶ月の、ベビーバスでの沐浴の際に使用します。新生児から安心して使えます。

しかし、生後1ヶ月過ぎてしまったら使えないというわけではなく、沐浴剤にもよりますが、ベビーバスを卒業した後も、パパママと一緒に入る際に使えるものがあります。

その際は入浴剤に近い使い方となるので、身体は石鹸で洗ってあげてくださいね。

沐浴剤の選び方

保湿成分と香りの成分に違いがあります

ベビーバスに入る赤ちゃん,沐浴材,おすすめ,選び方

沐浴剤は新生児用に作られているものなので、基本的に低刺激で赤ちゃんの肌にやさしいのですが、保湿成分や香りの成分にそれぞれ違いがあります。

敏感肌の赤ちゃんには肌に安心な素材のものを、沐浴タイムをより楽しくしたいママは赤ちゃんとママのリラックス効果を考えて香りの良いものを選ぶといいですよ。

敏感肌の赤ちゃんには、無着色・無香料・弱酸性・パラベンフリーといった表示があるものを選ぶと良いでしょう。

時期が冬で、乾燥が気になるという場合には保湿成分がしっかり入っているものを選ぶと良いですね。また、夏場で2~3回入れたいという場合は赤ちゃんの肌に負担が少ないマイルド処方のものを選ぶと良いです。

商品を見ただけだとにおいの強さなどはわからないと思いますが、気になる場合は口コミなどを参考にしてから購入されるといいかもしれません。

おすすめの沐浴剤をご紹介します!

【1】スキナベーブ 500mL|スキナベープ

沐浴剤の老舗メーカーなので安心です!

スキナベーブ 500mL (医薬部外品),沐浴材,おすすめ,選び方出典:www.amazon.co.jp

沐浴剤といえばスキナベーブ!というくらい、とても有名な沐浴剤です。さまざまな雑誌などで紹介されたり、病院などでサンプルを配布していたりもします。

おじいちゃんおばあちゃんの世代でも使っていたという方もいるくらい長い歴史があるメーカーですので、実家からすすめられたという方も多いようですよ。

500ml以外に200mlというサイズも販売されているので、新生児の短い期間だけ使いたい方は1サイズ小さい200mlを購入されてもいいかもしれませんね。

この商品の基本情報

商品の特徴
*内容量:500ml・200ml
*サイズ:87×170×60(mm)

商品情報
*ブランド:スキナベープ
*メーカー:持田ヘルスケア
*参考価格:¥ 2,322
*商品重量:0.5kg

口コミ

・香りが優しい香りで、とても良い
・沐浴が楽になる
・手軽で、スムーズに沐浴ができるので、使いやすい
・昔からあるものなので、安心して使える
・使うと子どもの肌がしっとりする

【2】ベビー沐浴料|ピジョン

天然成分や使いやすさが赤ちゃんやママにやさしい

ピジョン ベビー沐浴料 250ml (0ヵ月~),沐浴材,おすすめ,選び方出典:www.amazon.co.jp

こちらは赤ちゃん用品を多数販売しているピジョンの沐浴剤です。

透明のキャップに目盛りがついているため、使用時の計量に便利です。赤ちゃんの沐浴はスピードも重要なので、このような使いやすさはうれしいですね。

香りの成分としてオレンジ油を使用していますが、天然の成分なため安心で、とても良い香りなのでおすすめです。

保湿成分として、胎脂類似成分のひとつピジョンベビーリピッド(イソステアリン酸コレステリルタス・セラミド2)が配合されているので、赤ちゃんの肌をしっとりすべすべにしてくれます。

弱酸性・無着色・低刺激・パラベンフリーで、敏感肌の赤ちゃんにも安心です。

この商品の基本情報

商品の特徴
*商品サイズ (幅×奥行×高さ) :165mm×45mm×67mm
*内容量:250ml

商品情報
*メーカー:ピジョン
*参考価格:¥ 886

口コミ

・ほんのり柑橘系の香りがとてもリラックスできる
・洗い上がりがしっとりしている
・沐浴がとても楽になり、便利で役立つ

【3】ベビーマドンナ沐浴剤|ベビーマドンナ

素材にこだわって作られているので敏感肌の赤ちゃんにおすすめ

ベビーマドンナ沐浴剤 500ml(*初めてのママ、パパに人気です),沐浴材,おすすめ,選び方出典:www.amazon.co.jp

天然の馬油が主成分の、赤ちゃんにやさしい沐浴剤です。こちらはオーガニックなど特に素材にこだわって作っている沐浴剤なので、敏感肌の赤ちゃんにもおすすめです。

香りはオーガニックのパルマローザ油を使用していて、とてもいい香りがします。香りが沐浴後に赤ちゃんの体を拭いた後に残らないので、使いやすいと評判です。

天然モモ葉エキス、天然ビワ葉エキスなどを、天然素材を使用しているため、肌にもやさしいですよ。無着色・無香料・弱酸性・パラベンフリーで安心ですね。

この商品の基本情報

商品の特徴
*原産国:日本 / 内容量:500ml
*天然馬油、天然モモ葉エキス、天然ビワ葉エキス配合

商品情報
*ブランド:ベビーマドンナ
*メーカー:マドンナ株式会社
*参考価格:¥ 2,376

口コミ

・柑橘系の香りがほのかに香って良い
・洗ったあと、拭くとあまり匂いが残らないので良い

【4】ベビー ベイジングリキッド 400ml|ICREO

保湿性能抜群の脱脂を研究して作られた沐浴剤です

アイクレオ ベビー ベイジングリキッド 400ml,沐浴材,おすすめ,選び方出典:www.amazon.co.jp

こちらは粉ミルクの会社である「アイクレオ」がその技術を生かして、”胎脂”という成分に着目して作ったという沐浴剤です。

胎脂とは、お母さんの胎内で赤ちゃんを包んでいるクリーム状の脂質のことで、水分を抱え込む力と、その持続性が優れています。この胎脂の類似成分が配合されているので、赤ちゃんの肌をやさしく守ってくれます。

また、こちらはお湯がにごらないタイプなので、赤ちゃんの体がよく見えて洗いやすいのが特長です。刺激が少ないので、1日に複数回沐浴が必要な場合でも赤ちゃんの肌の負担は少ないです。

汗や皮脂になじみやすいので、さっぱりした洗い心地です。デリケートな赤ちゃんの肌をたっぷりのうるおいで守って洗うことができます。

夏場、赤ちゃんはよく汗をかきますし、2回~3回入れたいというときにも、赤ちゃんの肌への負担が少なくて済むのでうれしいですね。

この商品の基本情報

商品の特徴
*商品サイズ (幅×奥行×高さ) :79×60×198mm
*内容量:400ml

商品情報
*メーカー:ICREO(アイクレオ)
*参考価格:¥ 2,052

口コミ

・沐浴剤を入れても透明なので、赤ちゃんの皮膚が見やすく、便利
・気になる匂いもなく、使いやすい
・粉ミルクに定評のあるアイクレオから出ているので安心

まとめ

いかがでしたか?保湿力が強いものやほのかな香りがするものなど、商品によって様々な特徴がありますね。

沐浴剤は産婦人科の病院や薬局などでサンプルを配布している場合もありますよ。一度サンプルで試してみて、香りや使い心地をチェックしてみてもいいかもしれませんね。

筆者の家でも、産まれたばかりの頃に様々な場所でサンプルを8回分ほどもらったので、試しに使ってみました。それまでは病院で指導を受けた石鹸で洗う沐浴をしていたのですが、沐浴剤を使うとこんなに楽になるなんて!と感動したのを覚えています。

沐浴は大変ですが、赤ちゃんと触れあうことのできる時間でもあります。赤ちゃんとママにぴったりの沐浴剤を見つけて、新生児期の沐浴が楽しく快適になるといいですね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。