インフルエンザとは

高熱や関節痛など全身症状が特徴の感染症

発熱,妊活,インフルエンザ,予防接種

インフルエンザとは、一般的な風邪とは異なり「インフルエンザウィルス」に感染してから1~3日の潜伏期間を経て発症する感染症です。

特に冬に流行る感染症として知られており、日本では、毎年11月~12月頃に始まり、翌年1月~3月に減少する傾向があるとされています。

症状としては、

・38度以上の高熱
・関節痛、筋肉痛、頭痛など
・全身倦怠感
・食欲不振

などが挙げられますが、咳や喉の痛み、鼻水などの「呼吸器症状」、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を伴うこともあり、また重症化することで肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)へと繋がるケースもあります。

また、特に妊娠中のインフルエンザ感染は重症化する傾向が強いと言われています。昨シーズンでは国内での妊婦死亡者はありませんでしたが、諸外国では妊婦死亡例が多数報告されています。

また、妊婦がインフルエンザに罹る事により、早産の確率が高くなったとの報告もあります。そのため、妊活中・妊娠中のインフルエンザ予防の必要性は日本産科婦人科学会からも注意喚起されています。

この記事に関連するリンクはこちら

インフルエンザワクチンについて

妊娠中の接種も可能な不活化ワクチン

ワクチン,妊活,インフルエンザ,予防接種

それでは、インフルエンザワクチンについて説明しましょう。インフルエンザにはA型・B型・C型がありますが、主に流行するにはA型とB型といわれています。

そして現在のインフルエンザワクチンでは、A型2種類・B型2種類の計4種類のワクチン株を使用しています。

厚生労働省によると、予防接種にはウイルスの「感染」を完全に防ぐ効果はありませんが、インフルエンザの「発症」を一定程度抑える効果があると認められています。そして、「重症化」を予防する効果が最も大きいとされています。

先でも説明した通り、妊娠中はインフルエンザに罹ると重症化しやすいと言われています。そのため、WHOも妊娠中の予防接種を推奨しています。妊活中に予防接種を受けていれば安心ですね。

インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンなので、妊娠中の全時期において接種しても安全とされています。これまで胎児に影響が出たという報告はありません。

なお、インフルエンザの予防接種の効果は、摂取後2週間から現れ、5ヶ月間継続するといわれています。そのため、インフルエンザが流行り始める11月下旬より2週間前、10月下旬~11月上旬頃に接種すると良いとされています。

この記事に関連するリンクはこちら

妊活中の予防接種のメリット・デメリット

メリット

妊活,妊活,インフルエンザ,予防接種

インフルエンザの予防接種を受けるメリットは、前述の通りインフルエンザ発症を一定程度抑えること、また万が一罹った場合でも重症化を防ぐ効果があることが挙げられます。

また、妊活中は排卵のタイミングで性交渉を行わねばならないなど、様々な規制が伴うので特に感染症には罹りたくない期間であるといえるでしょう。

大切な排卵のタイミングや受診のタイミングを逃さないためにも、また心と身体の健康のためにも、発症や重症化を防ぐ効果は大きなメリットであるといえるでしょう。

デメリット

それでは、インフルエンザの予防接種におけるデメリットについて考えてみましょう。まずは前述の通り、予防接種を受けたからといって必ずしもインフルエンザの感染を防げるわけではありません。

それでも、インフルエンザに罹った場合も重症化を防ぐことができるので、それが接種のデメリットであるとは言い切れないでしょう。

しかしながら、インフルエンザの予防接種を受けるために病院を訪ねることで、インフルエンザウイルスを貰ってしまう危険性はあります。

そのため、予防接種を受ける際は専用の時間帯を利用したり、予約可能の医療機関を選んだりと注意が必要です。医療機関に行く際には、マスクの着用アルコール除菌をするなどの対策が重要となります。

その他には、ワクチンによる副反応が起こることがありえます。卵アレルギーを持っている場合は、重篤な副反応(アナフィラキシーショック)が起こる可能性が高いとされていて、予防接種を受けられないケースもあります。

その場合は、実際にインフルエンザに罹った段階で、抗インフルエンザ薬を服用する治療方法が用いられることもあります。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

以上のようにインフルエンザ予防接種の概要、また予防接種のメリット・デメリットについて解説させていただきました。インフルエンザは毎年冬になると猛威を奮う感染症です。

また、A型・B型インフルエンザウィルスの他にも新型ウィルスも現れており、その対応は年々異なります。

妊活中というのは、いつ妊娠してもおかしくない状態です。そのため、特に母体・胎児に影響があるウィルスに関しては常に予防しておくことが大切です。(文章作成:とまときっちん)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。