ピーマンはいつから食べられる?

離乳食中期ごろから

ピーマン,離乳食,ピーマン,

ピーマンは、離乳食中期以降に与えるようにしましょう。独特な苦味やクセのある野菜なので、あげてみて口から出してしまうようであれば、甘みのある野菜などと合わせると良いでしょう。

また、苦味のある緑のピーマンより、甘みのある赤色に熟したピーマンや、黄色や赤色のパプリカが赤ちゃんにはおすすめですよ。彩りもキレイになりますし、赤ちゃんも食べやすいですね。

ピーマンに含まれる栄養は?

赤ちゃんの風邪予防にもいいビタミン類が豊富!

ピーマン,離乳食,ピーマン,

ピーマンは、ミネラル、カロテン、ビタミン類が豊富な緑黄色野菜です。その中でもビタミンAとビタミンCがとても多い野菜です。

ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強く、レモン並みに含まれているため、風邪予防も期待できます。

また、緑色のピーマンより赤色や黄色のパプリカのほうがさらにビタミンが多く含まれているので、使い分けて食べさせてみてくださいね。他にも夏バテを防ぐ効果や、免疫力アップの効果も期待できますよ。

食べ合わせの良い食材はしらす

しらすには、たんぱく質、カルシウム、ビタミンD、マグネシウムなどが豊富に含まれています。丸ごと食べることができるため、栄養を余すことなく摂取できるのがいいですよね。

ピーマンと合わせて食べることで、赤ちゃんだけでなく、大人にも必要な様々な栄養が一度に摂れます。苦みが出やすい食材でもあるピーマンを食べやすくするために、刻んだピーマンとしらすをオムレツにしたり、かつお節を混ぜて風味をよくしたりするのもいいですね。

ピーマンの選び方

新鮮さはヘタがポイント

ピーマン,離乳食,ピーマン,

緑色が鮮やかで、ヘタの切り口が黒く変色していないピーマンを選ぶのがポイントです。表面がツヤツヤしていて、ハリがあって肉厚なものを選んでくださいね。

ピーマンは鮮度が落ちると苦みが出てしまいますので、新鮮なものを選んで食べましょう。重みがあるもののほうが水分を多く含んでいて新鮮なので、日持ちもしますよ。

ピーマンを食べさせる際の注意点

ピーマンはアレルギーの恐れもあります

パプリカ,離乳食,ピーマン,

ピーマンはナス科の野菜で、アレルギーを起こす場合もあります。原因は「レクチン」という成分で、他にもナス、トマト、じゃがいも、ししとうなどはナス科の野菜に含まれます。

特にナス科の野菜のレクチンは、熱に強い、消化が悪い、腸壁の細胞にくっつきやすいなどの特徴があります。

症状として、胃もたれや下痢、おう吐などの症状が起こることがありますので、初めて食べさせるときは慎重に与えてくださいね。

また、最初のころは消化吸収がしやすいよう、皮を剥いてあげるのがおすすめです。ピーマンの独特な苦味は、火を通してあげることで抑えられて食べやすくなります。

種の近くにある白い部分に苦味があるので、この部分をキレイに取り除いてから食べさせてあげると、赤ちゃんも食べやすいでしょう。

ピーマンの下ごしらえ方法/冷凍保存方法

苦みの出にくい下ごしらえの方法は?

調理をする親子,離乳食,ピーマン,

離乳食に適したピーマンの下ごしらえをご紹介します。

1.ピーマンを縦半分に切り、中の種とワタを取り除きます。
2.縦半分にしたピーマンを柔らかくゆでます。
3.ゆであがったピーマンをすぐに冷水にさらして皮をむいていきます。
4.みじん切りにしてすりつぶします。

*裏ごし器で裏ごしすると、より滑らかで食べやすくなります。

後期以降、ピーマンは皮を剥かずに食べられます。ピーマンは輪切り(繊維を壊すよう)にしてしまうと苦みが出てしまいますので、切る時は縦に(繊維に沿って)切るのがおすすめです。

その他の調理法

・電子レンジ
縦半分に切ったピーマンにラップをかけて、30秒~1分30秒ほど加熱し、すぐに冷水にさらすと簡単に皮がむけて時短にもなります。加熱時間は電子レンジのワット数にもよりますので、30秒ずつ加熱して、様子を見てくださいね。

・コンロ
丸ごと1個または縦半分に切ったピーマンを、串やフォークに刺してコンロで皮が真っ黒になるまで炙りましょう。皮が浮いてきて簡単にむけるほか、甘みも増しますよ。

やりやすい方法で皮むきをしてくださいね。

冷凍保存できる?

ピーマンは冷凍可能な野菜です。下ごしらえをしたピーマンをペースト状にすりつぶしたり、生のままピーマンを月齢に合った大きさに刻んだりして冷凍保存ができます。

製氷皿にいれて冷凍し、凍ったら冷凍用保存袋に移しかえして保存します。冷凍用保存袋に板状に伸ばして入れて冷凍してもOK。その際、板チョコのように箸などで筋目をつけておくと、使うときに1回分が折れやすく便利です。

また、他の野菜と一緒に煮込んだり、味付けしたりしたものを冷凍することで時短にもなります。冷凍保存をしたら1週間で使い切ってくださいね。

離乳食中期におすすめのピーマンを使ったレシピをご紹介します

ピーマンの好き嫌いを調査しました!結果は?

コズレの行った調査によれば、ピーマンが好きだと答えた子どもは1%(男の子:2%、女の子:0%)。嫌いだと答えた子どもは14%(男の子:12%、女の子:16%)という結果となりました!

好きな野菜ランキングは16位、嫌いな野菜ランキングでは2位でした。子どもがピーマン嫌いという方は、以下でご紹介するレシピを参考に、色々な食材との組み合わせや調理法で克服できるようにしてみましょう。

【1】簡単♪離乳食中期~ 豆腐としらすのうま煮

材料

・豆腐 20g
・しらす 10g
・だし汁 大さじ2
・にんじん 5g
・ピーマン 5g
・白菜 5g

作り方

1.野菜は加熱し、みじん切りにしておきます。豆腐は崩してから電子レンジで加熱し、水気を軽くきります。

2.すべてを混ぜ合わせ、ふんわりラップをかけて加熱して出来上がり。(500wで約30秒~40秒)

また、片栗粉でトロミをつけることで赤ちゃんも食べやすくなりますよ。もちろん他の野菜と組み合わせてもおいしく作れますよ!

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食中期 豆腐と鶏肉のハンバーグ

材料

・鶏挽き肉 100g
・豆腐 100g
・玉ねぎ 少々
・ピーマン 少々
・人参 少々
・和風だし  大さじ1

作り方

1.すべての材料を混ぜ合わせ形をつくります。

2.フライパンで焼いて出来上がり。

離乳食中期の頃は、油はひかずに焼きましょう。ふたを閉めて蒸し焼きにするとふんわり仕上がります。手づかみ食べもしやすいのでおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食☆納豆しらす野菜かゆ

材料

離乳食☆納豆しらす野菜かゆ ,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・ご飯 大さじ2
・しらす 大さじ1/2
・納豆 大さじ1
・ピーマン 1cm×3cm
・かつおだし 100cc

作り方

1.しらすは茹でて塩抜きしておきます。

2.ピーマンはみじん切りに、納豆は刻んでおきます。

3.小さめの鍋に、かつおだしとご飯・下ごしらえをしたしらす・ピーマン・納豆を入れて、ご飯が柔らかくなるまで煮込みます。具材がやわらかくなってご飯もお粥状になったら完成です。

こちらのレシピは1品で、ご飯・タンパク質・野菜が手軽に摂れます。冷凍してあったピーマンを使うと時短になりますね。

ピーマンと納豆は、どちらもしらすと相性が良いので、それらが全部入ったレシピはきっと赤ちゃんにも気に入ってもらえるはずです。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食中期~後期 ラタトゥイユ☆

材料

・鶏挽き肉 50g
・ピーマン 1個
・パプリカ 1/4個
・玉ねぎ 1/4個
・なす 1/2個
・ミディトマト 3個
・赤ちゃん用コンソメ 1袋

作り方

1.野菜を食べやすい大きさに細かく切り、トマトは湯むきして皮と種を取り除いて同じように細かく切ります。

2.鍋で挽き肉をほぐしながら炒め、火が通ったら野菜も加え少し炒めます。

3.水80mlとコンソメを入れてじっくり煮込んで、柔らかくなったら出来上がり。

トマト風味にすることで食べやすくなり、ピーマンを含め、色々な野菜をたくさん食べられます。最初は片栗粉などでとろみをつけてあげたほうが食べやすいかもしれません。大人もおいしく食べられるので、大人ごはんとの取り分けにするのもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】とりそぼろごはん(離乳食・中期~)

材料

・鶏ひき肉 80g
・にんじん 1/3本
・ピーマン 小1個
・砂糖 ひとつまみ
・しょうゆ 小さじ1/3
・片栗粉 適量

作り方

1.にんじんとピーマンはみじん切りにしておきます。

2.小鍋ですべての材料とひたひたになる程度の水を加え、あくを取りながら柔らかくなるまで煮込みます。(弱火で10分程度)

3.砂糖としょうゆで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。

ご飯にかけて鶏そぼろご飯、卵に混ぜ込んでオムレツ、しょうゆの代わりにトマト缶を混ぜてミートソースなど、様々なアレンジが可能です。多めに作って冷凍ストックしておけば、毎日の離乳食作りのお助けメニューになりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】☆中期☆ ピーマンとキャベツとたらのスープ煮

材料

☆中期☆ ピーマンとキャベツとたらのスープ煮 レシピ・作り方,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・ピーマン 10g
・キャベツ 15g
・たら 15g
・ベビーフード野菜スープ 30cc

作り方

1.ピーマンとキャベツを2mm角に切っておきます。たらは3分ほど茹でてから、骨を取ってほぐします。

2.小鍋に1を入れ野菜スープを加えたら、やわらかくなるまで弱火で煮ます。たらを加え、水分がなくなるまで煮詰めたら完成です。

野菜とたんぱく質を一緒に摂れる一品です。塩たらは塩分を多く含みますので、離乳食では生たらを使いましょう。

たらの代わりに、お刺身の鯛などを使うと骨や皮取りの必要がないので簡単にできますよ。白身のお魚はあっさりしていますが、鶏ひき肉にするとコクが出てまた違う味になります。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食☆中期☆ なすとピーマンと人参のトマト煮

材料

離乳食☆中期☆ なすとピーマンと人参のトマト煮,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・なす 10g
・ピーマン 10g
・にんじん 10g
・ミニトマト 2個
・ベビーフード野菜スープ 50cc

作り方

1.なす、ピーマン、にんじんは2mm角に刻みます。ミニトマトは皮をむいて種を取り、粗く刻んでおきます。

3.小鍋に1を入れ、野菜スープを加えて、軟らかくなるまで弱火で煮たら完成です。

アクが強いなすですが、皮をむいて切ったらすぐ水に10分さらしておくだけで簡単にアク抜きができますよ。なすは抗酸化作用など、うれしい効能もあります。過熱するとトロトロになって食べやすいので、離乳食に取り入れることも多いですよね。

離乳食の時期に、色々な種類の野菜の味や食感に慣れさせてあげましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】離乳食中期 ミートそうめん

材料

離乳食中期 ミートそうめん,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・そうめん 1/3束
・鶏ささみ 5g
・トマト 10g
・玉ねぎ 少量
・ピーマン 少量

作り方

1.そうめんを短く折ってゆでます。鶏ささみ、トマト、玉ねぎ、ピーマンもそれぞれゆでてから、みじん切りにします。

2.ささみと野菜を混ぜ合わせ、電子レンジで30秒温めたら、そうめんの上にかけて完成です。

そうめんは、塩分が多く含まれているので、ゆでたあとはよく水洗いをして塩分を落としましょう。そうすることでぬめりも落とせて、のどごしもよくなりますよ。

玉ねぎは電子レンジでチンするよりゆでた方が甘味が増し、そのゆで汁も一緒に使うと風味が良くなります。トマトは湯むきをして、種を除いてから刻むといいですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食(中期~)☆色んな食感で練習!温ポテトサラダ

材料

離乳食(中期~)☆色んな食感で練習!温ポテトサラダ ,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・じゃがいも 50g
・玉ねぎ 10g
・にんじん 15g
・赤ピーマン 5g
・野菜スープ 大さじ2

作り方

1.じゃがいもは切ってから水にさらしてアク抜きをし、ゆでてマッシュしておきます。

2.野菜は大きめのまま全部一緒にゆでたあと、にんじんは大きめにフォークでつぶし、玉ねぎはみじん切り、赤ピーマンは薄皮と種を取り除いてから玉ねぎより小さいみじん切りにします。

3.1に野菜スープと2の野菜を入れて混ぜれば完成です。

月齢に合わせて野菜の大きさを変えていけば、ずっと使えるメニューです。野菜の下ごしらえを多く作って冷凍保存しておくと、レンジで温めて混ぜるだけなので便利ですよ。

【10】離乳食モグモグ期♪トマトピーマンヨーグルト

材料

離乳食モグモグ期♪トマトピーマンヨーグルト ,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・プレーンヨーグルト 50g
・ピーマン 10g
・トマト 10g

作り方

1.ピーマンの皮をむき、みじん切りにします。

2.切ったピーマンを中火で10分程度茹で、しっかりと水気を切ります。

3.トマトの皮と種を取り除き、みじん切りをします。

4.ピーマンとトマトにプレーンヨーグルトを混ぜて完成です。

ピーマンを柔らかくするためには、茹でてからみじん切りにしたほうが良いかもしれません。やりやすい方法で下ごしらえをしてみてください。

ヨーグルトの酸味とまろやかさがピーマンの苦みを軽減してくれます。甘みのあるトマトと合わせ、デザート感覚で食べられる離乳食です。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食☆中期☆ 人参とピーマンの納豆和え

材料

離乳食☆中期☆ 人参とピーマンの納豆和え ,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・人参 10g
・ピーマン 10g
・納豆 15g
・ベビーフードの野菜スープ 30㏄

作り方

1.にんじんとピーマンは皮をむいて細かく刻んでおきます。

2.納豆は茶こしに入れて熱湯を回しかけておきます。(これで粘り気が取れて食べやすくなります)

3.1のにんじんとピーマンを野菜スープと一緒に鍋に入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

4.3に2の納豆を入れて混ぜ合わせたら完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【12】離乳食モグモグ期♪トマトピーマン豆腐のおじや

材料

離乳食モグモグ期♪トマトピーマン豆腐のおじや,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・ごはん 大さじ2
・水 大さじ6
・野菜スープ 大さじ1
・トマト 大さじ1
・ピーマン 小さじ1
・絹ごし豆腐 40g

作り方

1.ごはんと水を合わせて、電子レンジで加熱します。(500Wで2分程度)途中でかき混ぜながら様子を見て、1~2分ぐらいずつ追加で加熱して蒸らし、お粥の状態にします。

2.豆腐を茹でてつぶしておきます。

3.ピーマンはみじん切りにして茹でておきます。(10分程度)

4.皮と種を取ったトマトもみじん切りにしておきます。

5.野菜スープと1から4までの材料を電子レンジで加熱(500Wで30秒程度)して完成です。

こちらのレシピはビタミン・タンパク質・炭水化物が一度に摂れるレシピになっています。野菜は下ごしらえ済みで冷凍保存している物を使うと簡単です。

野菜スープはベビーフードのものを使っても良いですね。いつも食べているお粥と一緒なら、食べにくいピーマンも上手にゴックンできそうです。

この記事に関連するリンクはこちら

【13】離乳食☆中期☆ ピーマンと人参の卵粥

材料

離乳食☆中期☆ ピーマンと人参の卵粥 ,離乳食,ピーマン,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・7倍粥 60g
・ピーマン 10g
・ニンジン 10g
・ゆで卵の黄身1個分

作り方

1.ピーマンとニンジンは、皮をむき、みじん切りにしてやわらかくなるまで茹でます。

2.固ゆで卵の黄身を裏ごしします。

3.7倍粥(冷凍してあったものなら電子レンジで加熱しておきます)に1と2を混ぜたら完成です。

こちらは、卵を使った彩り豊かなお粥です。卵の風味と食感で、苦手な野菜も食べやすく変身します。

離乳食中期に卵の白身は使えません。黄身だけは使うことができますが、卵アレルギーの心配もあるので、初めて食べさせる場合には少量ずつ与え、十分にご注意ください。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?大人でも苦手な方が多いピーマンですが、下ごしらえやレシピを工夫すれば赤ちゃんもおいしく食べられる野菜です。栄養もあり、色がはっきりしていて料理のアクセントになる食材なので、上手に使いたいですね。

ピーマンに慣れたら、大人ごはんからの取り分けもだんだんできるようになるので、無理なく楽しく離乳食作りをしてみてくださいね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。