【1】ぐりとぐら|なかがわ りえこ

誰もが憧れるあの!カステラが登場

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集),絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「ぐりとぐら」は、1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話です。

この世で一番すきなことはお料理することと食べることという「ぐり」と「ぐら」。ある日森にでかけると、大きなたまごを発見し、大きいカステラを作ることにします。

「たまごが大きすぎて運べないならこの場で作ろう!」「たまごの殻が残ったら自転車を作って乗って帰ろう!」など、次々と楽しいことを思いつき軽やかに実行してみせるふたりのお話。

甘いにおいにつられて森の動物たちが次々に集まってきます。おなべの蓋を開けるとふんわり黄色いカステラが顔を出す。みんなにごちそうする「ぐりとぐら」。

今回はこのお話に出てくるカステラの作り方をご紹介します。

絵本の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店

商品の特徴
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

【おすすめレシピ】ぐりとぐらのカステラ

ぐりとぐらのカステラ,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

「ぐりとぐら」のカステラは、卵・薄力粉・お砂糖・バター(or マーガリン)だけで作れちゃうのでとっても簡単です。

最初に卵と砂糖をまったり泡立てることに集中すれば、あとは材料を混ぜ合わせてフライパンに入れて焼き上がるのを待つばかり…という、まさに「ぐりとぐら」の調理法そのもののような、素敵レシピです。

作る前に「ぐりとぐら」をしっかり読み聞かせて、いざお菓子作りスタートしましょう!半分割っておいた卵を持たせてあげて、ボールにぱかっと空けるだけでもお子さんは満足です。

さらに、ふだんは触らせない泡立て器を使ったり、フライパンに流し入れたりしているうちに興奮度と期待値はMAXに!ぜひ卵を割るところから、子どもにお手伝いをさせてあげましょう。

お味のほうも何とも素朴ないいお味で、できたてをフゥフゥしながらいただくのは、とってもおいしいですよ。

筆者のようなぐうたらママにとっては、思いついたときに、家に常備している材料だけで作れるお菓子っていうのは本当にポイントが高いです。

しかも、「バターを室温に戻しておく」というちょっと面倒な作業もレンジで10秒ほどチンすればより手軽ですね。

この記事に関連するリンクはこちら

福音館書店がご紹介するレシピはこちら

ぐりとぐらのカステライメージ,絵本,レシピ,出典:www.fukuinkan.co.jp

「ぐりとぐら」の出版元である福音館書店が提供しているレシピもあります。こちらも雰囲気たっぷりでいいです。写真を見ているだけでおなかが減っちゃいそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】しろくまちゃんのほっとけーき|わかやま けん

直球のホットケーキにお子さんもワクワク

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん),絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「しろくまちゃんのほっとけーき」は、1970年の発売以来ロングセラーを続ける「こぐまちゃんえほん」シリーズで、シリーズの中でも特に人気の1冊です。

しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話です。ホットケーキが焼けていく12の工程が、楽しい擬音とともに見開きページに並んでいます。

この本を開くたびにホットケーキが食べたくなるような一冊だと人気です。今回はそのホットケーキの作り方をご紹介します。

絵本の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:こぐま社
*著作者:わかやま けん

【おすすめレシピ】ふわもち しろくまちゃんのホットケーキ

ふわもち しろくまちゃんのホットケーキ,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

こちらもとっても簡単なレシピなのですが、泡立てた卵白を加えることによって、フワフワ感が断然あがります。

ふだんはホットケーキミックスですませている方も、小麦粉とベーキングパウダーで作った方が、独特のフワフワ感と口の中に入れたときのさっくり感が出るのでぜひ試してみてくださいね。

「しろくまちゃんのほっとけーき」では、見開きページでのほっとけーき調理シーンがとっても印象的ですよね。調理中そのページを開いてお子さんに持たせて、「しろくまちゃんと同じやり方でホットケーキを作ってみよう!」と声をかけると、子どもも興味津々。

絵本の調理ページを見せながら作れば臨場感アップですよ。盛りつけるときはもちろん、しろくまちゃんとおかあさんのように、お皿に高くつんで雰囲気を盛りあげて! 

おやつや朝食にホットケーキはよく作る方は、小さめに作ってこうしてホットケーキタワーを作るだけで、目線が変わってお子さんも喜ぶかも。

こぐまちゃん(おともだち)をおうちに呼んで、一緒に作っても面白そうですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3】14ひきのかぼちゃ|いわむら かずお

秋におすすめ!おいしそうなかぼちゃまんじゅう

14ひきのかぼちゃ (14ひきのシリーズ),絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「14ひきのかぼちゃ」は14ひきのシリーズの一冊で、14ひきた達がたったひと粒の種からかぼちゃを大切に育てていくお話です。草のふとん敷いてあげたり、雨の日には励ましたり。

やがて花がさき、立派なかぼちゃになります。収穫のあと、14ひきの食卓にはたくさんのかぼちゃ料理が並び、盛大なかぼちゃパーティーを開きます。

その中の料理のひとつ、かぼちゃ饅頭によく似たお饅頭の作り方をご紹介します。

絵本の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:童心社
*著作者:いわむら かずお

【おすすめレシピ】ふわふわのかぼちゃまんじゅう

ふわふわのかぼちゃまんじゅう画像,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

「14ひきのかぼちゃ」の最後にでてくる、かぼちゃまんじゅうに似たレシピのご紹介です。みんなで作ったかぼちゃが、いろんな料理になって食卓にずらりと並んでいるあのシーン印象に残っているお子さんも多いのでないでしょうか。

ホットケーキミックスを使うレシピなので、作り方はやっぱりとても簡単です。途中で生地を休ませる時間が30分ありますが、お子さんに家事を手伝ってもらったり、絵本を読んだりしているうちにあっという間にすぎます。

お子さんがお手伝いできるのは裏ごしのパートです。ヘラをぎゅっと押しつけるだけなので、小さいお子さんにもできる楽しいお手伝いになりますよ。

なお、スキムミルクを家に常備していないご家庭は、コーヒー用のクリームパウダーで代用することもできます。乳児さんがいるご家庭なら、粉ミルクで代用もできますよ。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【4】バムとケロのにちようび|島田 ゆか

幼時に人気の絵本!おいしそうなドーナツが登場

バムとケロのにちようび,絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「バムとケロのにちようび」は大人気のバムとケロシリーズの第1作です。日本人絵本作家、島田ゆかさんの作品ですが、英語版・フランス語版も出版されていて、その人気は世界に広まってきています。

雨の降る日曜日。本を読むことに決めたバムは、泥んこで帰ってきたケロと一緒に部屋を片付けドーナツを作り、準備万端です。読む本を探しに屋根裏へ行ってみると…。

一度読み終わっても小さい楽しい仕掛けがちりばめられていて、何度も繰り返し楽しめる絵本です。今回ご紹介するのは、バムとケロが大量に作っていて、屋根裏の住人達も大好きなドーナツ。バムとケロのドーナツをイメージしたレシピを発見しました。

絵本の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:文溪堂
*著作者:島田 ゆか
*ページ数:32

【おすすめレシピ】ドーナツ~バムとケロの気分で~

ドーナツ~バムとケロの気分で~,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

「バムとケロ」のドーナツは、卵・薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・牛乳・バターと家にある材料ばかりで作れるので大助かりです。

油で揚げる部分は子どもには難しいですが、材料も作り方もシンプルなのでぜひ子どもと一緒に挑戦してみてくださいね。

卵を割り、砂糖・牛乳・溶かしバターを加えて混ぜるところは子ども担当がおすすめです。途中30分生地を休ませるところがあるので、絵本を読んでモチベーションキープしましょう。

型抜きも子どもと楽しく作業できますね。小学生くらいになれば自分でケロなど成形できると思います。

できあがったドーナツはぜひ絵本のように山積みにしてくださいね。揚げたてのドーナツは本当においしいですよね。香りづけのバニラエッセンスはなくても十分においしいと思いますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】おひさまパン|エリサ クレヴェン

絵本のタイトルにもある、おいしそうなおひさまパン

おひさまパン,絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「おひさまパン」は翻訳が作家の江國香織さんだからか、子どもだけでなく大人のファンも多い絵本です。

色彩が本当に豊かで、布や包装紙、千代紙、レースペーパーなどがコラージュされているそうです。

読み終えると焼き立てのパンを食べた時のように幸せな気分で満たされる1冊です。おひさまが隠れてしまって暗く寒くなってしまった街。

犬のパン屋さんはおひさまのような味のするパンを作り始めます。そのにおいにつられて、家に閉じこもっていた街の動物たちがパン屋さんに集まってきて…。と物語は展開します。

今回は一口食べると空を飛べそうなおひさまパンをイメージしたレシピを紹介します。

絵本の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:金の星社
*著作者:エリサ クレヴェン

【おすすめレシピ】おひさまパン

おひさまパン,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

「おひさまパン」のパンは本の裏表紙にレシピが書いてあるのですが、卵3個やバター1/2箱使うなど、かなりしっかりしたパンになるのでアレンジレシピをご紹介します。

ホームベーカリーではなく生地から作るレシピです。一晩生地を寝かせるので、子どもには成形から手伝ってもらうのもいいでしょう。

成型のコツも絵本裏表紙に、書いてあります。目や口を指でへこませて作る作業は、すごく楽しそう!小さいお子さんには鼻を付けてもらうお手伝いもいいですね。

やはりおひさまは輝いていたほうがきれいなので、卵の黄身を表面に塗ることをおすすめします。成型から焼き上がりまでも少し時間がかかるので、時間に余裕がある日に試してみてください。

パンの焼ける匂いが立ち込めるととても幸せな気分になれます。焼き立てを食べると、それこそ空を飛べそうな気分になれちゃいますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】ジャムつきパンとフランシス|ラッセル・ホーバン

フランシスも食べたいスパゲッティミートボール

ジャムつきパンとフランシス,絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「ジャムつきパンとフランシス」は、アナグマの女の子フランシスの絵本シリーズの1冊です。鉛筆で描かれた絵に優しい色付けがしてあります。

食べず嫌いのフランシスはジャムつきパンばかり食べています。おとうさんが卵をすすめても見向きもしません。

ジャムつきパン以外を全然食べないので、ある日おかあさんはフランシスにジャムつきパンだけを出すようになります…。

好き嫌いの多い子どもだけではなく、育児に悩むご家族が読んでみてもヒントを得られる絵本かもしれません。

今回はフランシスが食べたくなったスパゲッティミートボールをイメージしたレシピをご紹介します。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,296
*メーカー:好学社
*著作者:ラッセル・ホーバン
*ページ数:31

【おすすめレシピ】フランシスのスパゲティミートボール

フランシスのスパゲティミートボール,絵本,レシピ,出典:cookpad.com

「フランシス」のスパゲティミートボールは材料も作り方もいたってシンプルです。オレガノ抜き、トマト缶を代用してもおいしいので、思いついた時にすぐに作れます。

ひき肉と玉ねぎを団子状に丸める作業は子どもでもお手伝いできます。子どもは粘土遊びが大好きなので、丸めるのは喜びそうですね。お手伝い後は石けんでよく手を洗いましょう。

トマト缶と一緒に煮込むので、多少大きさに差があっても大丈夫です。味ももちろん抜群です。フランシスが残さず食べたのがうなづけます。

大人用には粉チーズ必須!です。休日のランチにおすすめです。きっと、子どもの大好物になること間違いなしですよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【7】サラダでげんき|角野 栄子

元気になれるりっちゃんのサラダ

サラダでげんき (こどものとも傑作集),絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

「サラダでげんき」は小学校の教科書にも載っている心温まるお話です。主人公のりっちゃんが病気になってしまったお母さんのためにサラダを作ります。

りっちゃんが作り始めると動物たちがりっちゃんの家に訪れてアドバイスをしてくれます。ねこはかつおぶし、いぬはハム、すずめはとうもろこしなど。

いろんな動物たちが、お母さんが元気になるようなサラダのトッピングをりっちゃんに次々と教えてくれます。

お母さんのためにサラダを作るりっちゃんの優しい気持ちがギュッと詰まったストーリーですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:角野 栄子
*ページ数:31

【おすすめレシピ】【絵本レシピ】りっちゃんが作ったサラダ

【絵本レシピ】りっちゃんが作ったサラダ,絵本,レシピ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

材料を切って混ぜていくだけのシンプルなレシピです。火を使わないので小さな子も一緒に作れそうですね。

「サラダでげんき」の絵本と同じように、まずはきゅうりとキャベツ、トマトを切ります。そこにかつおぶしをかけ、切ったハムをのせ、茹でとうもろこしを散らします。

その上に、砂糖を上から振りかけます。さらに、薄く切ったにんじん、刻み昆布をのせます。最後にサラダ油、塩、酢をふりかけて全体に行き渡るように混ぜたら完成です。

ボウルを使うと混ぜる時に楽なのですが、絵本を忠実に再現するには大皿でやってみてくださいね。

絵本のとおりに工程が進んでいくので、レシピ本のように絵本を見ながら作っていけば絵本のストーリーを再現しているようで子どももきっと喜んでくれると思いますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】ピヨピヨ おばあちゃんのうち|工藤ノリコ

暑いときに食べたい!フルーツいっぱいひんやりデザート

ピヨピヨ おばあちゃんのうち,絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

工藤ノリコさんの「ピヨピヨ」シリーズは大人気の絵本です。いろいろなことをして楽しく過ごすひよこたちの姿を描いた絵本シリーズです。

「ピヨピヨ おばあちゃんのうち」のお話では、おとうさんとおかあさんがおでかけの日にひよこたちはおばあちゃんちでお留守番をします。

おばあちゃんのおうちでは、さくらんぼやしそを収穫するお手伝いをして夏にお似合いの飲み物と、ひんやりデザートをおばあちゃんが手作りしてくれます。

普段できない経験をたくさんするひよこたちの姿を見ると、いろいろなことにチャレンジしてみたいなと刺激を受ける子も多いはず。読んでいてワクワクする絵本ですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:佼成出版社
*著作者:工藤ノリコ
*ページ数:28
*商品サイズ:21cm x 21cm x 1cm

【おすすめレシピ】ピヨピヨ絵本のフルーツ白玉団子

ピヨピヨ絵本のフルーツ白玉団子,絵本,レシピ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

「ピヨピヨおばあちゃんのおうち」でおばあちゃんとヒヨコの兄弟が一緒に作る白玉入りフルーツポンチの再現レシピです。

まずはシロップ作り。仕上げにかけるときに冷えた状態にするために先に砂糖と水を耐熱容器に入れて電子レンジで加熱して作り、冷蔵庫に入れておきます。

次に白玉粉に少しずつ水を加えて耳たぶくらいの固さにし、小さく丸めて茹で、冷水にとって冷まします。最後にカットした好みのフルーツと一緒に皿に盛り、シロップをかければ完成です。

白玉を丸める作業は小さい子でもできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。自分で作ったおやつはよりいっそうおいしく感じることでしょうね。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】ヘンゼルとグレーテル|いもとようこ

アイシングクッキーで作る「お菓子の家」

ヘンゼルとグレーテル (いもとようこ世界の名作絵本),絵本,レシピ,出典:www.amazon.co.jp

グリム童話に収録されている有名なお話「ヘンゼルとグレーテル」。いろんな作者によって描かれている昔話ですね。

今回は、やさしいタッチと色使いが魅力のいもとようこさんの「ヘンゼルとグレーテル」をご紹介します。

ヘンゼルとグレーテルという名の兄妹が貧しさのあまり森に捨てられてしまいます。道に迷ったとき、見つけたのが壁もドアも全てがクッキーやチョコレートなどできているお菓子の家。

ヘンゼルとグレーテルが夢中でお菓子を食べていると、その家の持ち主の魔女に捕まってしまいます。魔女に捉えられてしまったふたりは…と、ストーリーはドラマチックに展開します。

お話の中で登場するお菓子の家は、子どもにとっては夢のようなお家ですね。ママパパも幼いころ、一度は想像してみたのではないでしょうか。まさに、永遠の憧れですね。

お子さんと一緒にあの頃描いた「お菓子の家」を作ってみてはいかがですか?

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:金の星社
*著作者:いもとようこ
*ページ数:32

【おすすめレシピ】まるで絵本の世界♪パンケーキミックスでお菓子の家☆

まるで絵本の世界♪パンケーキミックスでお菓子の家☆,絵本,レシピ,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

パンケーキミックスを使って作るお菓子の家です。まず、室温に戻したバター、砂糖、溶き卵をよく混ぜ、パンケーキミックスを入れて練り、生地を作ります。

冷蔵庫で30分ほど寝かした生地を伸ばし、家のパーツを切っていきます。色粉を混ぜていろいろな色の生地を作り、デコレーション部分も作ると楽しいですよ。

形ができたら焼き、アイシングを糊代わりに使って組み立てていきます。家の形ができたら周りにお菓子やパーツを好きに飾って完成です。

どんな家が作りたいか、子どもと一緒に相談して計画をたてるところから始めるとより楽しくできそうですね。理想の「お菓子の家」設計図を一緒に書くのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?ここでご紹介したおやつを作りながら思ったのは、思い出の絵本のレシピを再現することは、親にとってもすごく幸せな時間になるということです。

小さいころに自分も読んで、心に残っている絵本の世界。それを、自分の子どもと共有する日がくるなんて、あのころは想像すらしませんでした。

絵本って本当にいいな、子どもと楽しい時間が共有できて良かったな、と心から思える大事な時間になりましたよ。みなさんもぜひ親子で作ってみてくださいね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。