妊娠中はなぜ便秘になりやすい?

妊娠中の便秘の原因は?

腸のイラスト,妊娠中,便秘薬,

「妊娠してから便秘になった」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。妊娠が原因で便秘になるケースとしては、大きく3つあります。

ホルモンの影響

1つ目はホルモンバランスの変化による便秘です。妊娠すると体内のホルモンバランスが変化するため、便秘になりやすくなります。妊娠するとプロゲステロンというホルモンが多量に分泌されます。

このプロゲステロンというホルモンが腸の働きを抑制し、便秘になりやすくなると言われています。妊娠によるストレスも、便秘に悪影響を及ぼします。

子宮が腸を圧迫

2つ目はお腹の赤ちゃんが大きくなることでの便秘です。お腹(子宮)の中で赤ちゃんが大きくなるにつれて、その子宮が大腸を圧迫します。大腸の圧迫により腸の運動がスムーズに行われにくくなり、便秘が起こります。

つわりによる食生活の変化や水分不足

3つ目はつわりによる食生活の変化、水分不足から起こる便秘です。つわりでいつもの食生活と違って食物繊維不足になるなどすると、便秘になりやすくなるどころか、体調を崩して寝込んでしまうことも珍しくありません。

妊娠中は赤ちゃんに水分が回りがちになり、水分の排出が鈍くなることで便秘になることもあります。水分不足になると、便が体外に排出されにくくなり、お腹が常に張った状態となります。積極的な水分補給を心がけてください。

妊娠と便秘薬

妊娠中、便秘薬は服用可能?

錠剤,妊娠中,便秘薬,

どうしても便秘で苦しい時は便秘薬の服用もお考え下さい。医師に症状を伝え、どの薬を飲んだ方がよいかをご相談ください。

その際、体に強い負担がかかる薬は控え、比較的体への負担が少なくて赤ちゃんにも影響の少ない成分である薬を選んで服用してください。医師に相談すると、おすすめの薬を紹介してくれますよ。

妊娠中に服用できる便秘薬

薬の服用,妊娠中,便秘薬,

妊娠中に服用できる便秘薬はいくつかあります。例えば妊娠中に服用でき、体への負担が少ない便秘薬として酸化マグネシウムを主成分とするものや、ピコスルファートを主成分とするものがあります。

座薬の中でも副作用や刺激が少ないものは妊婦さんでも使用できます。また漢方薬もおすすめです。ただしこちらも医師に相談のうえ、市販のものではなく処方薬を服用してくださいね。       

薬に頼らない便秘解消法

適度なストレッチを

ウォーキングイメージ,妊娠中,便秘薬,

なるべく薬に頼りたくないという方も多いと思いますので、薬に頼らない便秘解消法をいくつかご紹介します。

まずは適度なストレッチをすることがおすすめです。長時間同じ姿勢を取り続けることで、血流が悪くなり腸もうまく動かず便秘になる原因となります。定期的に伸びをするなど、適度なストレッチを心がけください。軽いウォーキングも効果的ですよ。

ハーブティーでリラックスしながら便秘を改善

温かいハーブティーはリラックス効果もあり、体を暖めることで便秘の解消につながります。またノンカフェインなものが多く、妊婦さんの体にも安心です。気軽に始められますので、便秘に効果的な嬉しいハーブティーを選んでみてください。

よく「便秘に効くツボ」などが特集されたりしますが、妊娠中は控えてください。赤ちゃんがお腹にいる時の体は思った以上に弱っています。

ツボ押しで刺激することは禁物です。規則正しい生活を送って、毎日の生活リズムを整えることで体が排便のタイミングを覚え、便秘の解消となっていきます。

まとめ

参考になりましたでしょうか。まずは薬に頼らない解消法を試していただき、それでもあまり効果がない場合には我慢せず医師に相談しましょう。ご自身と赤ちゃんのためにもお体お大事にしてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。