6歳が喜ぶ絵本って?選び方のポイント

今までチャレンジしたことないジャンルの絵本も読んでみましょう

ツインテールの女の子,6歳,おすすめ,絵本

6歳といえば、幼稚園・保育園の年長さんから小学1年生までの子どもの年齢ですね。子どもはもちろんのこと、パパ・ママにとっては入学前~新一年生にかけての一年は、心も体も大きく成長する一年間です。

子どもは成長とともに、思わず大笑いしてしまうようなおもしろい絵本も、ちょっとホラーテイストな怖い絵本も、どんなお話でも自分なりに受け止めて楽しむことができるようになっていきます。

幅広いジャンルのお話に触れて、夢や想像の世界を膨らませていくことができます。世間的によく知られている「童話」や「日本の昔話」に興味を持ち始めるのも6歳頃のようですね。

子どもとの会話の中で、ふと出てきた言葉や疑問などをヒントに、絵本を選んでみるのもなかなかおもしろいですよ。

子どもが興味を持った時が伸び時です。思わぬ出会いや発見がきっとあるはずです。古典、近代、前衛、アート、科学系、知育系などさまざまなテイストの絵本を積極的に見てみましょう。

文体や言葉選び、イラストや表現などもさまざまなので、いろんな刺激を受けることでしょう。また、ボキャブラリーが増えるきっかけにもなると思いますよ。

絵本を通して入学準備・新一年生への期待がふくらむかも!?

ちょうど小学校に入学する年齢ですので、入学準備の意味も兼ねて絵本選びをするのもおすすめです。お友達との生活に関する本や、ひらがな、数字などに楽しく親しむことができる本に触れておきましょう。

小学校の様子や、教室のイメージやお友達との関係など、入学後の生活をしてあげると子どもも入学や学校に対してポジティブに捉えられるかもしれませんよ。

6歳の子ども向け、おすすめ絵本をご紹介します

【1】だじゃれどうぶつえん|中川 ひろたか

子どもが大好きなだじゃれの絵本

だじゃれどうぶつえん,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

まずは、おもしろい絵本から紹介します。中川 ひろたかさんの「だじゃれどうぶつえん」です。

ペンギンがペンキを塗って、「ペンギンぬりたて」。ライオンがカレーを食べて、「かライオーン」。

リスがシャワーで頭を洗って、「シャンプー アンド リス」・・・などなど、動物が主役のダジャレがいっぱい載った絵本です。

だじゃれのおもしろさが理解できるのは、だいたい5歳くらいからだそうです。6歳はもちろん小学生って、いつの時代もだじゃれ大好きですよね。

お子さんひとりでも読めますし、パパママが読み聞かせでいっしょに笑って楽しむこともできる絵本です。

「だじゃれすいぞくかん」「だじゃれレストラン」など他にもシリーズがありますよ。だじゃれが好きになったら、親子で一緒にオリジナルだじゃれを作ってみましょう。

ことば遊びを通して、母音やことばの意味など、遊びながら知識を増やすことができるでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*メーカー:絵本館
*著作者:中川 ひろたか
*イラスト:高畠 純

口コミ

・くせになる面白さがある絵本です。大人も充分に楽しめ、子どもは繰り返し読んでも喜んでいます。

・だじゃれを口で説明するのは、難しいけど「だじゃれどうぶつえん」を通してだじゃれの意味を子どもも理解することできました。

・絵本の文章は単純だから子どもでも読みやすいです。コミカルなイラストと一緒なので面白い。

【2】みみずのオッサン|長 新太

長 新太さんの不思議ワールド

みみずのオッサン,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、長 新太(ちょうしんた)さんの「みみずのオッサン」です。

「オッサン」とは、主人公のミミズの名前です。ある日、ミミズのオッサンがあるいていると、ペンキ工場が爆発します。

ヌルヌル・ベトベト・ベタベタ…としたものがドシーンと落ちてきます。えのぐ工場とクレヨン工場も爆発して、町も食べ物も動物もベタベタ。

みみずのオッサンが、そのペンキとえのぐとクレヨンをどんどん食べていき…というストーリーです。

「みみずのオッサン」は、ストーリーもイラストも、結末も含め、大人にとってはなんだかよくわからない世界観なのです。

が、不思議とどうやら子どもの感性ではとっても楽しめるつくりになっているようです。色彩豊かで、まるでアートブックのような感覚で読み進められますよ。

ひとりで読む絵本としても、ぴったりです。大人もシュールな展開と、色使いに刺激を受ける前衛的な絵本です。

長 新太さんの独特なイラストとタッチは、一度見たら忘れられないほど個性的!本屋さんの店頭でも、すぐに発見できるはず。

長 新太さんの不思議ワールドに、親子ではまってしまうかもしれませんよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:童心社
*著作者:長 新太
*ページ数:32p

口コミ

・独特の色使いがとっても鮮やかで印象に残ります。

・文字が少ないので、子どもも読みやすいようです。

・次の展開が読めない破天荒なストーリーが子どもにウケています。感性が光る一冊です。

【3】もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう|土屋 富士夫

トイレ探しに奮闘するおもしろ絵本

もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、土屋 富士夫さんの「もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう」です。もっちゃう、とは、「もれちゃう」のこと。

男の子が、おしっこしたい!と、デパートにとびこみます。ところが、トイレはこうじちゅう。あわててほかのトイレをみつけても、キリン用のトイレやコウモリ用のトイレでとどかなかったり。

なかなかトイレに辿りつけず…というストーリーです。トイレをガマンしてあせって探す経験は、誰でも一度は当てはまる経験ですよね。

結末がこれまた、なんともゆかいなオチ付きです。ぜひ、親子で楽しんでくださいね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,512
*メーカー:徳間書店
*著作者:土屋 富士夫
*ページ数:40p

口コミ

・子どもと一緒にドキドキ感を楽しめる一冊です。

・いろんなトイレが登場するユーモア溢れる内容。トイレトレーニングにも使えました。

・子どもの興味を引くテーマと、「もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう」のフレーズに子どもは大喜びでした。

【4】シニガミさん|宮西 達也

ふたりの死期を知るシニガミさん

シニガミさん,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いては、ぜひ子どもに伝えたい、子どもに知ってほしいことがつまった絵本をご紹介します。まずは、宮西 達也さんの「シニガミさん」です。

ハラペコのオオカミは、ある日森で病気のコブタを見つけます。すぐに食べようとしたけれど、コブタが元気になってから食べてやろうと、自分の家に連れ帰り、看病をすることに。

ところがコブタはなかなか良くなりません。そして、そんなふたりの死期を知っている「シニガミさん」が見つめていて…というストーリーです。

ちょっと怖そうな表紙ですが、中のイラストはけっこうマンガテイスト。そして、大人も思わずウルっときてしまう内容になっていますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,028
*メーカー:えほんの杜
*著作者:宮西 達也
*ページ数:32p

口コミ

・最初から最後まで子どもも飽きることなく集中して見ていました。笑いあり感動あり。最高の一冊です!

・人を命の大切さ、人を思いやる心に気がつかせてくれる素晴らしい絵本。幅広い年齢が楽しめます。

・「シニガミ」というインパクトなタイトルと、ストーリーの展開に幼児から小学生、さらに大人までどんどん引き込まれます。

【5】ビロードのうさぎ|マージェリィ・W. ビアンコ 著、酒井 駒子 イラスト、 翻訳

大切なぬいぐるみとのお別れ

ビロードのうさぎ,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、マージェリィ・W. ビアンコ (著)/酒井 駒子さん(イラスト、 翻訳)の「ビロードのうさぎ 」です。

クリスマスの日、男の子のところにビロードでできたうさぎのぬいぐるみがやってきました。男の子とうさぎは、寝る時も遊ぶ時も、いつもいっしょ。

うさぎはどんどんボロボロになってしまい、他のおもちゃにバカにされることも。でもある日、ウマのおもちゃが「心から大事に思われ、子どもの本当の友達になったおもちゃが『ほんもの』だ」と教えてもらいます。

そして男の子との別れは突然に…というストーリーです。

どの子もひとつはお気に入りでずっと大切にしているおもちゃって、ありますよね。子どもにとっておもちゃは、単なる遊び道具としてもモノではなく、大切な友達なんだよなぁ…としみじみ感じることができます。

昔から世界中で愛されてきたお話に、酒井駒子さんのやさしい挿絵が合わさって完成度の高い感動作になっています。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,620
*メーカー:ブロンズ新社
*著作者:マージェリィ・W. ビアンコ (著)/酒井 駒子(イラスト、 翻訳)
*ページ数:32p

口コミ

・キュンと心がせつなくなる展開で、読み終わると胸がじわっと熱くなりました。酒井駒子さんの挿し絵が素敵です。

・子ども時代の純粋な気持ちを思い出させてくれます。大人の方にもぜひ、読んでいただきたい絵本です。

・古典的名作絵本。手触りやぬくもりさえ伝わってくるような愛に溢れた感動ストーリーです。

【6】いじわるなないしょオバケ|ティエリー ロブレヒト/フィリップ ホーセンス

うそをつくと口からオバケが!

いじわるなないしょオバケ,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いては、ちょっと子どもの心にはドキッとしてしまうような内容の絵本をご紹介します。ティエリー ロブレヒト(著)/フィリップ ホーセンス(イラスト)の 「いじわるなないしょオバケ」です。

サラちゃんは、「ぜったいにさわってはいけません」と言われている、ママの大切な首飾りをこっそり触ってしまいます。

すると糸が切れて、真珠が部屋中に散らばってしまいます。「どうしよう…」と黙りこくるサラに、ママが「どうしたの?」と尋ねます。

正直に謝ることができないサラは「ううん、べつに」と答えます。すると、サラの口からオバケが登場。

それから、サラがごまかしの言葉を言うたびに口からオバケが飛び出して…というストーリーです。6歳頃ともなると、怒られることは隠したりごまかしたりする年齢ですよね。

オバケのイラスト自体はとてもかわいいものです。が、隠し事をして正直にごめんなさいを言えずにいるとオバケが出てくるという展開は、子どもにとってはちょっと怖いかもしれませんね。

結末は、ホッとするものになっているので、ご安心くださいね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:文溪堂
*著作者:ティエリー ロブレヒト
*ページ数:25p

口コミ

・秘密やウソについてテーマにした絵本。子どもの心の葛藤をユーモラスに素敵に描かいた一冊です。

・登場するおばけは、怖くない感じなので小さな子どもに読み聞かせしても大丈夫です。

【7】おしいれのぼうけん |古田 足日 /田畑 精一

おしいれの中の世界で冒険がスタート

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1),6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、古田 足日さん(著) /田畑 精一さん(イラスト)の「おしいれのぼうけん」です。

舞台は、さくら保育園。そこでは、何度注意されても言うことを聞かない子は、真っ暗なおしいれに入れられてしまいます。

「ごめんなさい」と謝るまで、出してもらえません。ある日、ふざけて怒られたふたりの男の子がおしいれに入れられます。

すると、おしいれの奥の世界で恐ろしい「ねずみばあさん」と遭遇します。その後、ふたりは…というストーリーです。

ねずみばあさんは、迫力がありしっかり怖い存在として描かれています。その分、ふたりの男の子の冒険にドキドキしたり、友情にじんわりきたりしますよ。

ちなみにこちらは、全77ページとボリュームのある絵本になっています。「おしいれのぼうけん」を通して長いストーリーも集中して読めるようになったねと、子どもの成長を感じることができるでしょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:童心社
*著作者:古田 足日
*ページ数:77p

口コミ

・保育園の日常や、子ども達の様子が丁寧に描かれている作品。冒険と友情の物語として堪能できます。

・一度、読んでしばらく経ってからまた読むと、見方や考えるポイントが変わる面白い絵本です。

・押入れからつながる不思議な世界。鉛筆だけで描かれているモノトーンの色合いにグッと引き込まれます。

【8】ともだちや|内田 麟太郎 /降矢 なな

1時間100円で友だちになります

ともだちや (「おれたち、ともだち!」絵本),6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いては、小学校への準備にもなるような絵本をご紹介します。まずはじめは、内田 麟太郎さん (作)/降矢 ななさん(絵)の 「ともだちや」です。

あるところに、キツネがいました。キツネは、1時間100円で友だちになってあげる「ともだちや」という商売を思いつき、はじめます。

クマに2時間買ってもらって、美味しくないイチゴを食べることになったり、なかなかうまくいきません。そんなとき、オオカミに呼び止められ…というストーリーです。

ともだちって、お金で売ったり買ったりするものなのかな?というところから、ともだちってなんだろう?と考えることができる絵本です。

お友達関係に変化が訪れるお別れと出会いが多い卒園・入学シーズンにぜひ、子どもと一緒に読みたい一冊ですよ。

「ともだちや」は、「おれたち、ともだち!」シリーズ第一弾作品です。シリーズは全11作品なので、併せて読んでみましょう。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:偕成社
*著作者:内田 麟太郎
*ページ数:31p

口コミ

・子どもの行動や気持ちを代弁しているようなキツネの言動に、友達のあたたかさ、大切さが伝わってきます。

・キツネに友達ができるシンプルな話しですが、登場する動物達がほのぼのしていて個性的。読んだ後あたたかく、優しい気持ちになります。

【9】チックタックじかんってなあに?|ベス・ユーマン グレイク / ハーベイ ワイス

「じかん」をわかりやすく表現

チックタックじかんってなあに? (世界の絵本),6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、ベス・ユーマン グレイク (著)/ ハーベイ ワイス(イラスト)の「チックタックじかんってなあに?」です。
子どもに「じかんってなぁに?」と聞かれて、ぱっと答えられるパパママはどれくらいいらっしゃるでしょうか?(わたしはムリです。沈黙します)

小学校に入ると今まで以上に細かい時間刻みで動くことになりますし、時計の見方も勉強しますね。その前に一度「じかんってなんなんだ」というのをこの絵本で見ておくといいかもしれませんよ。

「1秒間は、ぽんとまりをつくあいだの時間」「1分間は、まちかどから次のまちかどへとことこ歩いて行くくらいの時間」など、とてもわかりやすい表現で「じかん」を教えてくれます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,512
*メーカー:偕成社
*著作者:ベス・ユーマン グレイク
*ページ数:41p

【10】くんちゃんのはじめてのがっこう|ドロシー・マリノ

ドキドキいっぱいの初登校

くんちゃんのはじめてのがっこう,6歳,おすすめ,絵本出典:www.amazon.co.jp

最後にご紹介するのは、ドロシー・マリノの「くんちゃんのはじめてのがっこう」です。

はじめてがっこうへ行くのが、嬉しくてドキドキのくんちゃん。森の動物たちに声をかけながら、ウキウキして学校へ行きますが、くんちゃんは文字がまだ書けなくて…というストーリーです。

くんちゃんシリーズの中の一冊で、新しい学校へ行くドキドキや不安が丁寧に描かれた、新学期にぴったりの絵本です。

入学してからも、小学校ではじめて「どうしよう」と不安に思ってしまうことが起きたときに、くんちゃんのことを思い出すだけでちょっと気持ちが変わりそうですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,026
*メーカー:ペンギン社
*著作者:ドロシー・マリノ

口コミ

・初めて学校へいく子どもの気持ちと、その様子をあたたかく見守る両親の姿が絵と文にもよく表れています。

・子どもは、くんちゃんの気持ちと自分の気持ちが重なるようです。幼稚園に登園する前によく読んでいました。

・子どもが初めて学校に行く時に抱く嬉しい気持ちや、不安な気持ちがやさしく温かいまなざしで上手に表現された素敵な絵本です。

(ご参考)コズレ会員の絵本お気に入りランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が読み聞かせをした絵本の評価を月齢別に集計。その結果をもとにランキングや診断をご覧いただけます。

(ご参考)Amazon・楽天の絵本人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の絵本人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。お気に入りの絵本選びの参考にしてください。

まとめ

6歳の子におすすめの絵本を10冊ご紹介しました。他にも冒頭で触れたように、イソップ童話やグリム童話、日本昔ばなしなども、6歳にもなるとだんだん楽しめる年頃になってくるでしょう。

昔ながらの絵本と最近の絵本、ベストセラーの絵本など幕の内のようにいろんな組み合わせで読むのも、おすすめです。

小学校にも入りぐっと世界が広がる時期ですので、いろんな絵本を読んであげたいですね。

また、コズレ会員にお寄せいただいた口コミをもとに、あなたのお子さんにぴったりの絵本をご紹介する絵本診断もご用意しております。ぜひ参考にしてみてください。

※診断はWEB限定コンテンツになります。アプリからはご利用いただけません

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。