Q.やってよかった「立ち合い出産のための対策」のうち最もおすすめは?以下の質問についてもお答えください!

・具体的な対策方法
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・どのような点がやってよかったと思ったか
・いつからはじめて、いつまで行ったか

A.やってよかった「立ち合い出産のための対策」は、「両親学級に行く」が44%!

グラフ,立ち合い出産,

コズレ会員のみなさんに「やってよかった立ち合い出産の対策」についてアンケートを行った結果、

・1位:両親学級に行く(44%)
・2位:立ち合いの体験談を調べておく(32%)
・3位:立ち合いのDVD、画像などを見ておく(4%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=540)

A.やってよかった「立ち合い出産のための対策」は、両親学級に行く!

匿名さん

父親は自覚を持つのに時間がかかると聞いたことがあったので、自覚を持ってもらうように常にコミュニケーションをとるようにしていました。両親学級も同じで、実際に妊婦体験をしてもらったり同じようなパパになる人たちと関わりを持つことで意識が高くなっていったと思います。つわりの時もどう辛いか、どうして欲しいか、なにをして欲しいか、旦那にはなにが出来るかを細かく話していました。

立ち会い出産は陣痛の時からそばにいてくれましたが、旦那もずっと手伝って支えてくれたお腹の赤ちゃんがやっと出てくる!という気持ちと私が痛がっている姿を見て泣いていました。産まれた時は本当に感動して、夫婦で貴重な体験ができました。立ち会い出産をして良かったと思いました。

匿名さん

最初から立会いを希望してましたが、里帰りしてるので、立会いできるか心配でした。予定日より早く産まれてきてくれたので、立会いしてもらえました!

立会いしてよかったのは、ずっとそばにいて声をかけてくれてたことです。1人じゃ乗り切れないとほんとに思いました。

助産師さんに言われて、いきむ時に頭を支えてくれました。呼吸とかいろいろわからないときそばで声をかけてくれてほんとに心強かったです!

匿名さん

旦那にも出産の流れや、生まれてきたあとのことを理解してもらったおかげでサポートもバッチリです。母乳の間隔がそんなに空いていないので旦那1人ではまだ任せられませんが、これからは1人でも見てもらう予定なので行って良かったと思います。

次回も期待です。1人だと心細かったですが、付き添いがいたおかげで乗り越えられたと思います。

匿名さん

第1子ということもあり、お互いわからないことだらけでしたので両親学級や夫のマタニティ体験など参加しました。妊娠後期の両親学級では陣痛が始まったらどうするかなど、具体的に教えて頂いていたのでよくわかりました。当日は破水してその数時間後には出産と早かったのですが、勉強していたおかげか夫も冷静で陣痛のタイミングが看護師さんとは合いませんでしたが、夫は合わせてくれてとても助かりました。

匿名さん

出産は想像以上に大変だったけど、旦那さんがずっと隣にいて励ましてくれたので頑張れました。1人だったら弱音を吐いていたと思うけど、すごく支えになりました。出産の瞬間はわたしよりも先に泣いていて、自分の赤ちゃんが生まれてきてくれたことに実感が湧いたと言っていました。

ちゃんむうさん

産院での出産前の両親学級には毎回夫婦で参加した。細かいお産までの流れや、母乳育児などグッズを使って説明されたので男性である夫も理解しやすそうだった。実際出産に立ち会ったが、夫も冷静だったので、こちらも安心した。

かおりんご8さん

3人の子どもがいますが、3人とも夫が立ち会い出産をしました。長男のときは、産婦人科で行われていた両親教室に参加し、夫とともにお産の流れを確認できてよかったなと思います。助産師さんが付き添いの人の心構えなどを話してくれて夫も心の準備ができたようです。

ma0109yaさん

沐浴やおむつ替えの練習や知識が夫婦ともに欲しく参加を希望しました。もちろんこの点に関する情報もしっかり頂けて、主人の育児に対する意欲ややる気も満々で良かったと思ってます。

それ以外、私が個人的に良かったと感じたのはパパさんへマタニティジャケットをつけて妊婦さん体験の時間です。実際に着用した状態で靴下を履いたり、洗濯物を干して畳んでの一連の動作含め、体感してもらえたことでどれだけ大変か分かったようです。その日以来、より私のサポートが増したように感じます!

匿名さん

母乳マッサージや実際に分娩台にあがり、力む練習を母親学級で行いました。母乳マッサージは出産前も自分でできるし、産後に役立ちます。

実際に練習ができたため、出産の時にスムーズにできました。母親学級ではそのほかにも自分の目でみて勉強できました。

やとみささん

私がお産をした病院では両親学級が3回あり、妊娠中から授乳中にかけての食事の指導や、お産方法など色々なお勉強をすることができました。そこで予定日の近い妊婦さん方とたくさん交流することができて、心強かったし、こういう機会は持っておくべきだなと改めて思います。経産婦さんの貴重な体験話も聞く事が出来、とても為になったと感じていました。

私な場合は最終的には計画入院になったので、主人と入院からお産までずっと一緒にいる事が出来ましたが、仕事中だったら…里帰り中の夜中だったら…など、その時々のケースを考えてお産までの流れをスケジュール化して話し合っておく事が大切だと思います。

私も主人とは何度も話し合って立ち会い出産までの流れをシュミレーションしていましたが、それでも出産間際までドキドキでした。あと、陣痛と戦ってる間、すごく喉が渇いたので、寝ながら飲めるストローキャップを用意しておくととっても便利だと思います。

匿名さん

男性は妊娠する母親とは違い、親になる意識がなかなかないと聞いたことがあり、健診や学級には積極的に付いてきてもらうようにしました。何よりひとりで出産は怖かったので立ち会い出産を私も、ありがたいことに主人も希望していました。実際何も役には立たなかったですが、いてくれただけで心強かったです。

エルフィさん

旦那は乗り気でなかったですが、立会いした方が命の大切さがわかるし、我が子の誕生を一緒に迎えたいと思い立会ってもらいました。パパママ学級にも積極的に参加してもらいパパになると自覚をしてもらいました。


当日、陣痛室から一緒にいてもらい、介抱してもらいながらいざ出産!産まれた時に旦那を見たら涙を流していました。乗り気でなかった旦那でしたが、立ち会ってよかったと言っていました。


私も一人では乗り切れなかったと思います。本当に旦那に感謝し、旦那は頑張った私に感謝してくれて、とてもいい関係になりました。

ちゃんちゃんちゃーんさん

主人が立会出産希望で育児にも積極的に参加してくれそうだったので自治体の両親学級に応募して参加し、お風呂の入れ方や立会出産での夫のできる手伝いや心構えなど勉強しました!そのおかげか実際に立会出産の際腰をボールで押してくれたり飲み物を定期的に飲ませてくれたりしました。

匿名さん

両親学級で沐浴やおむつ交換の方法を、事前に教えてもらったことで、夫に産後スムーズに育児に介入してもらえた。妊婦ジャケットの装着がなかったのが、残念だった。こんなに重くてだるいんだということをわかって欲しかった。

maioxさん

初産だと出産の知識がない為、用意するものや陣痛がきてから出産までの流れが分かりませんでした。旦那はもっと分からないと思うので、両親学級に参加し、自分に出来ることを少しでも分かってもらえると、いざという時に助かると思います。陣痛がくると冷静ではいれなくなるので、陣痛中どうしてほしいのかを前もって話し合っておくことで旦那さんもやりやすいと思います。

匿名さん

初めは立ち合いに気が向いてなかった主人ですが、いざ陣痛が来てみるとそうも言ってられず、最初からずっとそばにいてくれました。私自身、主人にはついていて欲しかったのでとても心強く、また生まれた瞬間を共有出来た点はとても良かったと思います。

匿名さん

漠然とした不安が夫にあったため、具体的に目で見てわかるように両親学級へいきました。陣痛が始まって病院へ電話するところ、陣痛の最中、夫が病院で付き添いをするところ、破水したあとの夫の役割、赤ちゃんが生まれるまで夫はどこで何をしているかなどとてもわかりやすくデモンストレーションしてくださり、とても助かりました。夫も不安が払拭されたと言っていました。

匿名さん

初めての出産で分からない事ばかりだった為、両親学級に夫婦で行きました。そこでは分かりやすく説明して下さり、出産が近くなったらどうすればいいのかなど対策を教わりました。実際に教わった事がためになり、出産本番は焦る事なく無事に終えられて、良かったなと思っています。

匿名さん

立ち会い出産にしてよかったことは、こまめに水分補給を手伝ってくれたり腰をさすってもらったり一緒に声かけなど、隣にいてくれるだけで気持ちを強く持てたことです。一人じゃきっと乗り越えれなかったと思います。周りの助産師さんの方達も親切にして下さって助かりました。

りっなからまはさん

立ち会い出産を希望し、夫婦でお産教室に参加しました。動画をみたりわかりやすい説明でイメージしやすく、本番でも協力してできました。みなさんもぜひ立ち会い出産をしてほしいです。夫婦の仲も深まりより子どもにも愛情がわくとおもいます。

さゆまりゅさん

産婦人科で行っている両親教室に旦那と一緒に行くことで、妊婦の自分がどれだけ体に負担が掛かっているのかを身をもって感じてもらえたり、赤ちゃんの抱っこ・着替え・お風呂の入れ方・おむつの交換の仕方などをひととおり体験させてもらえたので、父親としての気持ちが少しできたようでした。共通の話題や共感し合えることが増えたので一緒に赤ちゃんを迎える心構えができました。

匿名さん

両親教室に参加したことにより、妊婦のお腹の重さ、直立してても長時間だと足に負担がかかるし、座ってても、横になってもいろいろとキツイ状態なんだと感じることができた。また、陣痛発生時の夫としての対応方法が分かりよかった。

しかし、対応方法として、恥骨やお尻の穴付近を押したり、腰や背中をさするなど教えてもらったが、人によりいろいろとベストな対応方法があるということが分かった。その他にも、産後の子どものおむつ替えや、お風呂の入れ方など事前に人形ではあるが、体験することができ非常にいい機会であった。

匿名さん

父親としての自覚を持つ、生命の誕生の瞬間を共に分かち合うため立ち会い出産をしました。夫婦とも医療従事者だったため、経過については事前に勉強ずみ。実際は旦那はあまりやくに立てなかったと話していましたが、同じ時間を共有することが大切だと思います。

匿名さん

両親学校に行くことで母親、父親になる自覚もうまれます。1番良かったと思う部分はきれい事ではないところも知れるということです。

テレビや雑誌で知る情報は美化されている部分が多くあります。実際はもっと汚かったり壮絶です。そういった所をプロの助産師さんから聞くことによって、夫婦ともに覚悟がうまれるのかなと感じました。

A.やってよかった「立ち合い出産のための対策」は、立ち合いの体験談を調べておく!

まの0925さん

体験談は調べてる方が良いと思う。自分自身特に調べて出産に臨んだわけではないし、出産もそれぞれ違うので、これが正解!って言うのもないのですが、やはり旦那さんにもある程度知識はもっていてもらいたいし、自分が痛みと闘っている間、いかに旦那さんのサポートをしてもらえるか、そのサポートがあるだけでどんだけ違うかってのを実感した!

いきみたい気持ちが出てきたらテニスボールを挟むってのもわかったし、ボールがなくても旦那さんの拳でサポートしてもらうと全然違うし、少しの知識があるなしで、かなり奥さんの気持ちも違うので旦那さんにはぜひ色々調べて知識として頭に入れて置いてもらって実践してもらいたいです!

aitanさん

体験した人の話を事前に聞くことでお互いどういった出産にしたいかを把握できました。私はテニスボールで押さえてもらったり、側にいてもらうだけで気が紛れました。実際に立ち会いたく無い場合もいざいてもらうと安心できます。

匿名さん

最初はお互い立ち会いは望んでいませんでした。が、周りの出産経験者の方々の話を聞くにつれ、立ち会って欲しいかもと思うようになり、主人にも話したところ、立ち会う事になりました。

いざ出産の日を迎え、私は近くに居てくれる安心感が得られ、泣き顔を見たことなかったですが無事産まれた瞬間大号泣 笑。子どもが3人居てみんな立ち会ってもらい、いま4人目を妊娠しておりますが、今回は主人を筆頭に子ども達にも立ち会ってもらう予定です(^^)

匿名さん

私はトツキトオカのアプリを使用していました。出産までの残り日数によってそれぞれのアドバイスが書いてあるので、出産が近づいてきた際に出産の流れを事前に把握する事で、当日の心構えに余裕を持つ事が出来ました。

t0m0m1taさん

プラス面の体験談とマイナス面の体験談とを聞く&調べて、二人で話し合いました。プラス面は我が子の誕生の瞬間を間近で体感できる、新しい命が子宮から出てきたあとに呼吸する神秘的な瞬間をみれる。マイナス面は女性としてみれなくなりその後の性生活に影響がでる、子どもがキレイな状態で出てこないので血を見て気絶する、または、頭のいびつさを見て幻滅する、など。

のりしゅりさん

立ち会い出産のとき、立ち会ってほしい人に何をどうして欲しいか体験談を調べておくと良いと思います。例えば何が必要か。陣痛が来た時のために腰に当てるためのテニスボールだったり、ペットボトルを飲むためのストローだったりなど。

なちゃん23さん

商品名→テニスボール
値段→2つで200円くらい
良かった点→陣痛中、呼吸に合わせてテニスボールで背中を押してもらってました。

痛みが少し和らぐので、あるのとないのだと全然違うと思います!陣痛が来た時は最初から最後まで押してもらってました。

ちょこー?さん

出産自体も初めてで、1人でできるか不安でした。旦那に立ち会ってほしいというよりは自分の母親に立ち会ってほしいという気持ちの方が大きく、最後、分娩台に乗ってからは旦那だけしか立ち会えない病院でしたが、それまでは母親もずっと側で支えてくれました。

体験談を調べるのにはメリット、デメリットがあると思いますが、私は未知の体験を何も知らないで体験するよりは少しだけ心の準備ができてよかったです。当日はそんな前に調べてたことなど、何にも実践できないくらい疲れ果ててしまいましたが、当日までのイメトレ感覚でした。

匿名さん

体験談は調べておくことで、自分自身もイメージができ、パパもイメージトレーニングが出来たようで、初めての事でしたがうろたえる事なく、落ち着いて一緒にいてくれたので、心強かったです。陣痛の間隔も一緒にはかりながら応援してくれました。

匿名さん

夫婦でいろんな方の出産体験を聞いたり調べたりしながら、いろんなパターンを想定して準備をすることができた。分娩時に流したい音楽やアロマの香りなどを決める時間も夫婦で楽しめてよかったです。次の出産のときはどんな出産にしたいかを話し合うのが楽しみです。

匿名さん

対策と言えるものではないかも知れませんが、他の方の話は聞いてみました。人それぞれ違う出産現場ですが、聞いていてたことにより、私も出産の大変さ、パパも立ち合ったことにより私の産む大変さがわかりありがたみも湧いてよかったと思います。立ち合いは私はおすすめです。

匿名さん

立会いたいという夫が、単に居てオロオロして私がイラっとしない為に(笑)ネットで立ち会った夫達が何をしたのか、何をしてもらえばいいかを調べまくりました。結果 頑張って立ち会ってくれましたが、陣痛の時は私が痛がる度にオロオロ、出産時はいきむのを休んだらひたすら飲み物を持って来られ「今いらない」と言うのも一苦労でした(笑)。でも何も調べなかったらもっとテンパってオロオロしてイライラしたんだろうと思うと、ちゃんと調べて良かったと思います。

めぐいもさん

周りの先輩ママから立ち会い出産のエピソードを聞きました。産院でも事前にどこまで身内が立ち入れてどこからが旦那だけの立ち会いになるのか入院説明の時に教えて頂き、1人目の時と2人目の時の両方、立ち会い出産をしました。

莉也さん

自分も旦那も初めての出産で自分が陣痛に耐えてる間どんな感じになるかも想像出来ないので体験談を見て性格が変わるぐらいの勢いでも旦那もしっかりサポート出来るよう2人で勉強しときました!なのでイキミ逃しなど旦那も分かっててしてくれたので助かりました。

mizue_sさん

私が産休に入ってから2人とも初めての経験なので、ドキドキと不安の中で陣痛は。。。とか、立ち会い出産の時にあると便利なものは。。。などとネットで調べました。出産の体験談を読んで、旦那さんには覚悟と免疫をつけてもらいました。その甲斐あって、出産時には私が何か言わなくても、背中をさすってくれたり、あおいでくれたり、お水をくれたりと自ら動いてお世話をしてくれてとても助かりました。

こじろ1209さん

初めての出産で不安があり、1番頼れる夫に立ち会ってもらおうと決めました。通っていた産院では、先輩ママの体験談というものが本になっており、それを見て、「おしりをおさえてもらうといいんだな」とか、「飲み物を飲ませてもらうといいんだ」と知ることができ、夫にも事前に伝えておくことが出来たので、比較的スムーズに2人でお産に臨めたと思います。

匿名さん

へその緒を切る事が出来ると聞いていたので、旦那さんの立ち会い出産の希望を病院に伝えた時に、へその緒を旦那さんに切ってもらいたいとも伝えていたので、産後カンガルーケア直後に、へその緒を切らせてもらえた!

ここ1234さん

ネットで調べた事と上の子の時に聞いた事を主人に伝えて脅かしておきました^^下手な発言しないようにとか、出血を見て倒れるお父さんがいるくらいだからってお陰で立会い出産してよかったと心のそこから思える思い出になりました。この人と結婚してよかったと思えました!

ひぃ11さん

いろんな友達にどうしてもらったか、どうすれば助かったとかを聞きまくり事前にイメトレしました。ただその通りにはいかないので、して欲しいことを常に伝えて痛いところ押してくれたりとても心強かったです!やはりいるのといないのでは違います。

匿名さん

妊娠中からインスタなどで出産レポを読んでいた。そこで立ち会い出産ではじめて父親の自覚が芽生えるとのことだったので立会いを頼んだ。

バースプランに初めての抱っこは父親と記入したところ分娩室でカンガルーケアの後旦那に赤ちゃんが渡された。正直妊娠中は父親の自覚がなかった旦那だったが父親の自覚がちゃんと芽生えたようだった。

A.やってよかった「立ち合い出産のための対策」は、立ち合いのDVD、画像などを見ておく!

匿名さん

出産の時必要な物や旦那さんにしてもらいたいことなどをユーチューブなどで見て事前に考えたりした。ペットボトルにさすストローは100均で購入、すごく重宝しました!あと、タオル!めちゃくちゃ汗かくので汗拭きシートもあるといいです!

匿名さん

旦那も一緒に立ち会いの場合のDVDをみたのですが、当日DVDを思い出して一生懸命マッサージしてくれていました。立ち会い出産してくれたおかげで出産の大変を目の当たりにして育児にとてもとても協力的です。可能なら絶対立ち合ってもらったほうがいいと思います。

匿名さん

立ち会い出産の動画をみせていただき、心の準備をしていました。もちろん痛すぎてビデオのようにうまくは行きませんが、旦那さんに、尾てい骨を強く押してもらい、汗だくのときはあおいでもらい、なんとか乗り切ることができました。

A.やってよかった「立ち合い出産のための対策」 その他の回答

匿名さん

特に対策は立ててなかったんですが、陣痛がきて病院に一緒に行ってずっとそばにいてもらえただけで心強かったし、不安はなかったです。手を握ってもらってるだけでもホッとしました。頑張れって言うんじゃなくて陣痛と陣痛の間は水分補給をさせてくれたり汗を拭いてくれたりして気を紛らわせてくれたのが良かったです。

匿名さん

私は、立ち合い出産する予定ではなかったのですが、陣痛がきてから分娩室に行くまでに、旦那さんが付き添ってくれて、分娩台にのるまでが早かったので、立ち合ってくれました。出産まで、腰をさすってくれたり、手を握ってくれたり、汗を拭いてくれたり、飲み物を飲ましてくれたり、声をかけ続けてくれたりしました。いつもの生活では、分からない旦那さんの一面をみれました。

旦那さんが、赤ちゃん産まれた時に、ウルっとしたのと、出産までを見れたのは、よかったって言ってくれました。男は、見てないと大変なのがわからなかったからって...。見たお陰で、大切にしようと改めて思ったらしいので、出産は、立ち合ってもらった方が良いかと思います。

ランさんさん

初めての出産だったので事前に両親学級に行き、病院の見学DVDなどで勉強をしましたがいざその時になってみると全然役に立たないなぁーと思いました。看護師さんや助産師さん達が忙しいのはわかるのですが、やっぱりリアルタイムで説明や指示してもらわないと事前に想像しても想像通りにはいきません。

でも、わからないなりに側にずっと居てくれた主人にはとても感謝しています。しんどい中1番安心できたのは側にいてもらえた事でした。腰をさすったり飲み物をくれたり最後は手を握っていてくれたので本当に良かったです。

かっちゃん289さん

2人産む時両方ともタイミングよく立会い出産出来ました。しんどい時にそばにいてくれるだけでも安心するのですが、自分がどんだけ大変な思いをして産んだのかも見ていてもらったら出産がほんとに命懸けだということを体感してくれるので立会い出産をしてほんとによかったと思いました。

sn916さん

私自身が立ち会い出産を望んでいなかったのですが、旦那の強い要望で、立会いをしてもらうことになった。第一子だったのでどのようにお産が進んでいくのかまったくわからなかったが、旦那がただ隣にいてくれるだけですごく安心した。

*miko*さん

主人に立ち会ってもらいました。助産施設での出産だったため、とてもアットホームな雰囲気でリラックスできたし、ずっと主人が付いていてくれたので心強かったです。ずっと腰をさすってくれたり、手を握ってくれたり、色々なサポートをしてくれました。

出産を一緒に頑張った感じがしてとてもいい経験でした。産後、へその緒を主人に切ってもらったり、すぐ触れ合えたり、胎盤も触らせてもらったり、とても良かったです!

匿名さん

特に教室などは参加しなかったが、出産に立ち会うことで夫にも出産の大変さをわかってもらえたし、喜びを分かち合えたから 立ち会うことですぐにビデオやカメラで出産後の記録を撮影することが出来たのもよかった。

たまならさん

最初から立ち会い出産は決まってました。ただ、子どもが2人いたのでその子達のお世話等があり、今回はパパの立ち会いは無理かなと思ってましたが、義父、義母に子ども達をお願いして何とかパパが立ち会えました。

立ち会いはあった方がいいです。1人で陣痛を乗り越えて出産するのは少し寂しい…。

GDさん

私は初めは立ち会い出産は望んでいませんでした。自分がいっぱいいっぱいになっている姿を見られたくないという気持ちとイライラして主人にあたってしまうのではないかと思っていたからです。

しかし、実際に陣痛が始まってから分娩室に向かうとなったときに途端に不安になってきて、結局立ち会ってもらうことになりました。結果的に夫婦一緒に初めての出産を見届けることができて、主人も「産んでくれてありがとう」と言ってくれたので良かったなと思ってます。

匿名さん

初めての子どもだったので、立ち会い出産を希望していましたが、急遽帝王切開になったため、途中退席していきました。そういうこともあるということ、出産後はすぐに部屋に戻れない事など伝えてた方がいいと思いました。

匿名さん

初産であるため、バースプランもどのようなことをしたらよいか正直考えられなかった。しかし、出産の現場では一人では乗り越えられなかったと思う。

腰をさすってもらったり手を握ってもらったりストロー付きの飲み物を口元に運んでくれたり、たくさん支えてもらえた。立ち会い出産を希望していた割にバースプランと言われても、と矛盾していたかもしれないが、実際に体験してみて学べた。

匿名さん

私の姉の出産に立ち会った経験があり自分も出産するとき旦那さんや親などの立ち会いしてほしいなって思いました。実際に立ち会いしてもらって思ったのはすごく頑張る力や勇気をもらえました。1人で分娩室に入るとやはり不安になってたと思います。

ぽこ2566さん

うちはとくに立ち会い出産について事前になにかしませんでした。ただ、私自身が、出産シーンをビデオで録画しておいて欲しかったので、それを旦那に伝えたところ、わかったよ。と言われただけ。

しかし実際に出産となったとき、旦那はビデオで撮っていてくれたのに、肝心な産まれるところで、看護師に、お父さん!そんなのはいいから、お母さんの手を握って応援してあげなさい!と怒られてしまい、旦那もビックリしてビデオを止めてしまい、結局肝心な産まれる瞬間は撮れませんでした。次回は看護師に止めないでください。って伝えようと思います。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード