「妊娠線」って、みんなにできるの?

「妊娠線できましたか?」出産後のママに聞いてみました

ママたちの会話,妊娠線,ケア,保湿

「妊娠線」ができてしまうと、完全に消すことはできません。「妊娠線」ができてしまった、できなかった・・・先輩ママたちは妊娠期をどう過ごしていたのでしょうか。

「妊娠線はできましたか?」

・初期からクリームを塗りました。がんばったおかげなのかできませんでした。職場でもトイレに行くたび塗って、がんばって続けました。
・全然できなかったので、何もしませんでした。すると臨月に入った途端、下腹部に何本も線が出来ちゃいました。。。
・ケアしてましたが見えなかったところに線ができていました。

出典:pigeon.info

早い時期からの「保湿ケア」が、いちばん大事!

保湿クリームケア,妊娠線,ケア,保湿

キレイなおなかをキープしたい!そのために、まずいちばんに大切な「保湿」のケアから・・・。

【しっかり保湿】
皮膚が伸びについていけなくなり裂けてしまうのが妊娠線。つまり肌が柔軟ならできにくく、肌が硬く伸びにくいとできやすくなります。
肌をやわらかく、柔軟性がある状態に保つには、乾燥を防ぎしっかりと保湿することが大切です。

「早めにスタート」がポイント!

おなかの大きさを確かめ合うママ友,妊娠線,ケア,保湿

「保湿ケア」と合わせて、忘れてはいけない妊娠初期から気をつけておきたい、4つのポイントをチェックしておきましょう。

【大きくなる前に】
おなかが大きくなったときは、もう肌が伸ばされている状態。妊娠初期、早い時期からケアをして、引き伸ばされる前に柔軟性のある肌にしておくことが大切です。

【全身のケアを】
乳腺が発達するバストや、ボリュームの出る太もも、おしり、二の腕にも「妊娠線」ができることがあります。おなかだけではなく、全身の保湿ケアをしてあげることも忘れずに。

【急な体重増加はNG】
徐々に伸ばされるよりも、急激な伸びの方が亀裂につながりやすいんです。できるだけ体重増加はゆるやかにと心がけましょう。安定期にはいったら病院の先生に相談しながらウォーキングやストレッチなどの運動もおすすめ。

【妊婦帯でささえる】
おなかが大きくなると、重みが増し、前にせり出してきます。動くたびに重みでおなかの皮膚が引っ張られるように。妊婦帯で下からささえてあげると負担をやわらげることができます。

「妊娠線」―正しいケアの方法もおさえておきましょう

全身をケアしましょう!部位別のケア方法をアドバイスします

ケアのやり方のポイントをおさえておくことも大切です。見えにくいところにいつの間にか「妊娠線」ができていたという先輩ママもいましたよね。

おすすめは、肌があたたまっているおふろあがり。保湿効果の高いクリームを、あたたまった手に取ってやさしくなでるようにボディケアしましょう。

毎日のケア:おなか編

おなかケア,妊娠線,ケア,保湿

おなかが大きくなってくると、おなかの下のほうが見えにくくなります。意識して忘れずにケアするようにしましょう。

毎日のケア:おしり編

おしりケア,妊娠線,ケア,保湿

おしりの下、太もものあたりからケアするのがポイントです。

毎日のケア:太もも編

太ももケア,妊娠線,ケア,保湿

ボリュームが出る太もものケアも大切です。

時間のある時には、バストと二の腕もケア

バスト余裕のある時ケア,妊娠線,ケア,保湿

バストは、包むようにやさしくケアしましょう。

二の腕,妊娠線,ケア,保湿

肘下から、上部にむかってケアします。

まとめ

妊娠すると誰もが気になる「妊娠線」。産後もキレイなおなかをキープするために、知っておきたいポイントをまとめました。

「妊娠線」は、どんなにケアしていても、できてしまうこともあります。できてしまった「妊娠線」は残念ながら消せませんが、産後は目立たなくなります。できてしまったら、それも素敵な勲章とおおらかに考えて。

「妊娠線」ケアは、だんだん大きくなるおなかに赤ちゃんの成長を感じるひとときでもあります。今日から毎日、おなかの赤ちゃんを思いながら、ケアタイムを楽しんでみませんか。

この記事を読んだ方は、こちらの記事もオススメ!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード