母乳で育てたい!でも、最初は思い描いていた通りにいかないもの

プレママの約8割が授乳について「不安がある」

授乳の不安グラフ,さく乳,母乳育児,

授乳は産前・産後にプレママ・ママが大きな関心を持つテーマの1つ。そこで現在、妊娠している525人の方に授乳の「不安」があるかどうかをアンケート※1で尋ねてみたところ、およそ8割の方が「不安がある」と回答。

楽しくて待ち遠しい反面、さまざまな不安を抱えながら妊娠期を過ごしている方が多い実態が明らかになりました。

不安の内訳では、
「おっぱいがちゃんと出るかどうか」76%
「おっぱいの出具合が不安定だったらどうしよう」52%

「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれなかったらどうしよう」が44%
「乳腺炎になったらどうしよう」39%などが上位を占める結果に。

※1【さく乳器】に関するWebアンケート※実施期間2019.06.28-2019.07.03※n=1662

【先輩ママの告白】おっぱいがうまくでなかった、赤ちゃんが飲んでくれなかったのは想定外だった

先輩ママたちの中にも実際に「おっぱいが出ない」「赤ちゃんがのんでくれない」というお悩みを体験した方が...。

「生後4ヶ月くらいまで、母乳の出方が安定せず、よく出るときもあればあまり出ないときもありました」(syaaa24さん)

「母乳は出るのにくわえるのを嫌がり『母乳を飲んで欲しいのに、、少しでも飲んで欲しいのに、、』と思い通りにいかないことが不安になりました」(よっぴぃ あこさん)

特に最初の数ヶ月はスムーズにいかないことが多いので、上手くいかないながらも、少しずつ自分と赤ちゃんなりのスタイルを見つけていくことが大事。

母乳育児がさまざまだから、さく乳のシーンもさまざま。たとえばこんな場面が...

育児用品メーカーのピジョンのサイト「さく乳器 母乳アシスト」では、さまざまなシーンに寄り添う「さく乳器」が紹介されています。

授乳間隔が不安定な時期、大変な夜中の授乳、パパがママをサポートする状況など。さく乳が必要となるシーンは人それぞれ。

コズレのアンケートに回答頂いた方からも、同様のお悩みをさく乳器で乗り越えた方のコメントが見受けられました。

「出産後しばらくは授乳が安定せず、赤ちゃんが寝ていて授乳時間が空くと胸が張ったり、赤ちゃんが飲みたいときにあまり出なかったりしたのでさく乳器があって助かりました。どれくらい母乳が出ているか目で見て確認できるのが良かったです」(homihoさん)

「毎日3時間毎、夜中も子どもの泣き声ではなく目覚ましで起こされてしなければならなかったので本当に辛かったですが、さく乳器のおかげで何とかその辛い時期を乗り越えました」(こがも3さん)

「1人目出産の時、退院してすぐにいきなり胸の張りが耐えられなくなり、さく乳器をさっそく使用。パパも自分の腕の中でミルクを飲む我が子を愛おしそうに見守っていて、ほっこりしました。哺乳びんで自分であげられることによって、パパになった実感が湧いたと思います」(anaさん)

【素朴な疑問】さく乳は必要なの?直接おっぱいからあげればいいと思うんだけど…

さく乳で悩むママ,さく乳,母乳育児,

「おっぱいを直接、あげるつもりだから私には関係ない」。そんな方にこそ知っていただきたいのは
おっぱいが吸いにくい形だった時
おっぱいに傷ができてしまった時
など想定外のことは誰にでも起こりうるということ。

「扁平、陥没乳頭で出産後すぐからさく乳器が大活躍でした。母乳が軌道にのるまでは毎回授乳の度に使用し、軌道にのってからは赤ちゃんの飲み残した分をさく乳して冷凍母乳でストックできとても便利でした」(ちぃこ61さん)

「初めての出産で、乳首かすぐ切れることもあり、吸わせてあげきれないくらい痛くなり、それでも母乳はあげたいと悩んでいたら、病院の看護師さんがさく乳してみない?と教えてくれ、さく乳器を使うことに」(なんこちゃんさん)

毎年たくさんのママが出産をするなか、母乳育児をするママが100人いれば、そこには100通りの母乳育児のスタイルやシーンがあるのが自然なのです。

「自分もそういうケースに出会うかも?」いざという時に備えて、知っておくとよいかもしれません。

母乳育児中「さく乳器」が役に立つことはまだまだあります!妊娠中から選ぶポイントを知っておきましょう

さく乳器を理解することは、出産に向けた不安を和らげることにもつながります

どんな種類があるのか、選ぶポイントや自分の生活スタイルに合いそうなものはどれか、などを妊娠中から知っておきましょう。

身体の負担が少ない電動と、自分の手で調節しながらできる手動

大きく分けるとさく乳器は「電動」と「手動」のタイプがあります。

自動だからラクにさく乳でき、吸収の力や機種によってはリズムを選べるのが電動タイプ。こちらはさく乳する機会が多い方や、おっぱいの状態に合わせたさく乳をしたい方におすすめ。

手軽に使える手動タイプは、自分の手でリズムを調節したい方、飲み残しやちょっとした圧抜きに使いたい方に向いていると言えます。

スムーズな授乳・さく乳に大切!「射乳反射」って何?

ママのおっぱいは“愛情ホルモン”とも呼ばれるオキシトシンの作用によって、射乳反射※2が起こります。

それを促すために最初は弱くやさしい吸引リズムで刺激を与えるのがポイント。次に、母乳が出てくるようになると、しっかりとさく乳するための吸引力やリズムに切り替えることができるのが理想的。

自分のおっぱいの状態にふさわしい吸引リズムなら、心地よくさく乳ができるのです。

上記のような、電動/手動を選ぶことができて、吸引リズムの調節にも優れた機能を持つシリーズを今回はご紹介します!

※2 オキシトシンの分泌により、乳腺の筋上皮細胞が収縮し乳汁が勢いよく放出されること(世界大百科事典 第2版「乳房」より)

母乳育児を心地よく!4つの「さく乳器 母乳アシスト」がおすすめ

母乳育児の信頼ブランド「ピジョン」

ピジョン製品の歴史,さく乳,母乳育児,出典:www.youtube.com

1949年に日本初の『キャップ式広口哺乳器』を発売、現在に至るまで哺乳研究を常にリードし続けてきたピジョン。

これまでに生まれた商品の数々は、日本の母乳育児にずっと寄り添い続けてきた歴史でもあるのです。もちろん「さく乳器 母乳アシスト」もその1つ。

先述のアンケート結果でも記されている通り、さく乳のお困りごとはさまざま。その1つ1つのお悩みに寄り添ってくれるラインアップが揃っているので順に見てまいりましょう。

哺乳研究の集大成!「赤ちゃんここちリズム」のココがすごい

育児用品メーカーとして60年にわたって哺乳研究で実績を重ねてきたピジョンならではの機能、それが「赤ちゃんここちリズム」。

1:吸いはじめの赤ちゃんのようなやさしく速いリズムのさく乳準備ステップ
2:母乳が出始めたら、しっかり吸引できるさく乳ステップ


という2段階設定で、おっぱいが出やすいよう、射乳反射を促すために開発されたリズムなのです。

全てのモデルに対応しています。

①『電動プロパーソナル』スマートにラクラク、アプリも連動で使いやすい

電動プロパーソナル,さく乳,母乳育児,

「出産後しばらく子がNICUにいたため、直接母乳をあげられる時間が限られていました」(とまとまとまとまさん)

さく乳の回数が多い時期や夜中のさく乳には、電動はとても便利です。おっぱいにあてているだけで、自動でさく乳できるだけでなく、吸引の力やリズムが自分に合ったものを選べる「電動プロパーソナル」は、シンプルなボタンで操作がとても簡単。

準備ステップでは母乳の出を2段階で促し、さく乳ステップでは吸引圧は6段階調節、吸引のリズムも3モードから選べて、使い方のカスタマイズが可能な1台です。

②『電動プロパーソナルプラス』ダブルでさく乳ができる、高性能タイプ

電動プロパーソナルプラス,さく乳,母乳育児,

「生後間もない頃は飲む量が少なく、おっぱいが張りまくりでさく乳器で何度もしぼってました」(mayuka0512さん)

こうした場面では、一度に両胸でさく乳できるタイプがおすすめ。

さらにさく乳をスピードアップしたい、母乳の分泌がよくおっぱいがよく張るという方にも「電動プロパーソナルプラス」が最適。

高性能なプログラム制御で両胸同時にさく乳できるタイプです。

専用アプリ「Pigeon Switch(ピジョンスイッチ)」で、さく乳をもっと便利にカスタマイズ

アプリ画面,さく乳,母乳育児,

上記の2モデルは「Pigeon Switch(ピジョンスイッチ)」という専用アプリと連動させることで、さらに簡単・便利に!

・さく乳器を手元のスマートフォンで操作
・「保存」と記録した母乳のストック管理
・授乳の記録や管理

が可能になるのです。

③『電動ハンディフィット』コンパクトで簡単なダイヤル操作が魅力

ハンディフィット,さく乳,母乳育児,

“電動を使いたいけれど、手軽なものがいい”。そのような方には、電動ハンディフィットがおすすめ。

電動の機能性を持ちながら、コンパクトで取り回しがよく気軽に使えるのが特徴です。

切り替えが簡単なダイヤルは、さく乳しながら見やすい位置だから操作もラクラク。吸引圧も6段階に調節が可能です。

④『手動タイプ』人間工学によるハンドルで握りやすく操作性が◎

母乳アシスト手動タイプ,さく乳,母乳育児,

「手動のハンドルで毎日さく乳してると疲れて痛くなり腱鞘炎になってしまった」(miparun322さん)

こんなお悩みは、デザインが特徴的な「手動タイプ」が解決。

エルゴノミクス(人間工学)によるハンドル部分は向きが90°の範囲で調節が可能、自分の握りやすい状態でさく乳ができ、手が疲れにくいのが特徴です。取り回しがよく、手軽なうえに自分のペースで吸引の力や速さをコントロールできる安心感も◎

このようにママと赤ちゃんの母乳育児のシーンに合わせて、最適なさく乳器を選ぶことができるラインアップが「さく乳器 母乳アシスト」なのです。

「母乳実感」の哺乳びんが1本セットになっていておトク!

母乳実感,さく乳,母乳育児,

ピジョンは母乳育児を応援するブランドとして、「母乳実感」という哺乳びん(写真上)を手がけていることでもおなじみ。

「さく乳器 母乳アシスト」にはすべて、この哺乳びんが1本標準装備!※3

※3 母乳実感 哺乳びん プラスチック製(オレンジイエロー)160ml・SSサイズ乳首付

おトクなのはもちろん、さく乳から授乳やストックなど次の動作への流れがスムーズなのも大きなメリット。

周辺アイテムが充実、保存にもちゃんと配慮

母乳フリーザーパック,さく乳,母乳育児,

さらに、さまざまな利用シーンで活躍する周辺アイテムにも注目!

さく乳した母乳を冷凍保存(3ヶ月までの保存を推奨)できる母乳フリーザーパックも別売りでスタンバイ。

母乳を入れる時、手で触れたヘッダー部を切り取るので、パックの中を衛生的にキープ。上から入れて下から注ぐ、衛生面を配慮した設計が秀逸です。丈夫で衛生的なラミネートフィルムを使用(食品衛生法適合)、電子線滅菌済み。

まとめ

母乳育児は100人いれば100通り。だから周囲と比べることなく、少しずつ自分と赤ちゃんなりの母乳育児を進めることができればOKです。

そんな1人1人の母乳育児を、気持ちや身体のケアの両面で支えてくれる「さく乳器 母乳アシスト」を今からチェックしてみませんか?

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。