腹帯を触る武富さん,

妊娠生活も後期になってくると、お腹が大きくなり、今までのように動けなくなってきます。また一方で、赤ちゃんの成長をはっきりと感じられるようになり、ママになる実感がふつふつと湧いてくる幸せな時期でもあります。

妊娠後期を心地よく過ごす妊婦帯の選び方について、ピジョンで妊婦帯の商品開発をしている武富さんに伺いました!

−−7ヵ月くらいになってくると、いよいよお腹が大きくなってきます。

武富さん(ピジョン株式会社 開発推進部 デザイングループ)

武富さん
この時期には、しっかりとお腹を支える妊婦帯を着けると、本当にラクになります。少し動くのも辛かったのに、妊婦帯を着けたら急に動きやすくなったと、驚かれる妊婦さんも多いんですよ。

−−妊婦帯の威力がわかりやすくなってくる時期なんですね!

武富さん
5ヵ月ごろの妊娠初期に、はらまきとサポーターがセットになったものを買われた方は、いよいよサポーターの出番です。

妊婦帯セットのサポーターの場合、後期になっていよいよお腹が大きくなってくると“ささえ感”が頼りなく感じられることも。

もっとしっかりささえたいと感じた妊婦さんは、単品のサポータータイプを買い足すことをおすすめします。

−−妊娠生活もあとわずかだと思うと、なんとなくもったいない気も…

武富さん
確かにそうおっしゃる方もいらっしゃいますが、「やはりしっかりささえているとぜんぜん違う!すごくラク」と、買った妊婦さんはみんな声を揃えます。

妊娠後期をお腹の赤ちゃんと一緒に心地よく過ごすためにもおすすめのアイテムなんですよ。また、2人目、3人目を考えている方は、2人目以降はお腹が大きくなる時期も早いので、早くから活躍して長く使え、決して無駄にはならないと思います。

パンフレットを持つ女性,

−−商品によって「M」「L」などサイズがありますが、どうやって選べばいいですか?

武富さん
基本的には妊娠前のサイズと同じサイズで大丈夫です。妊娠前にMサイズだった方が、自分の体型変化に驚いて、『こんなにお腹が大きくなったならLサイズじゃないと』と考えてしまうこともあるのですが、体重増加が通常のレベルなら、そのままMサイズで大丈夫です。

体重増加が大きかったり、どうしても心配な場合は店頭で見本を見たり、店員さんに聞いてみてくださいね。

−−なるほど!よくわかりました。では最後に妊婦帯を選ぶプレママさんに向けてメッセージをお願いします。

武富さん
おなかの赤ちゃんと一緒に過ごす妊娠期は、とても大切な時期であり、幸せな時間だと思います。

妊婦帯は、この貴重な限られた時間を心地よく過ごす手助けになるアイテムです。ぜひ自分に合う商品を見つけて、充実した毎日を過ごしてください。

ピジョン商品5種類,

まとめ

妊娠後期は
・サポータータイプが活躍
・お腹が大きくなり、より“ささえ感”が必要になってきたら、しっかりささえられるサポータータイプを買い足すのもおすすめ
・サイズは妊娠前と同じが基本(体重増加にもよる)

をポイントに選ぶことがわかりました!

多くの種類があって、悩んでしまう妊婦帯選び。ぜひ参考にして自分に合う妊婦帯を選び、プレママ期を心地よく過ごしてください!

著者PROFILE

コモドライフ取材班

コモドライフ取材班の丸ロゴ,

楽しい育児をサポートする最新の情報を取材します。

コモドライフ取材班の角ロゴ,

(※本記事は、ベビー用品の「ピジョン」による子育てノウハウ満載の情報サイト『コモドライフ』の提供です。)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。