お肉を使った10分レシピ

10分で完成!豚肉(ロース)のしょうが焼き

10分で完成!豚肉(ロース)のしょうが焼き,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2人分
豚ロース肉 10枚
醤油 大さじ4
みりん 大さじ5
砂糖 大さじ5
しょうがチューブ 大さじ3

【作り方】
①醤油、みりん、砂糖、しょうがを混ぜ合わせる。
②フライパンに肉を入れ、ほんのり焼き色がつくまで中火で加熱する。
③合わせておいた調味料をフライパンに加え、中火で2分ほど炒める。
④皿に盛りつけて完成です。

【ポイント】
子どもたちの大好きなしょうが焼きも簡単に作ることができます。お肉が噛み切れないお子さんがいる場合には、細切れを使っても良いですね。また、調味料を加えてから煮詰めすぎないうちに取り分けておくと味も濃すぎることがありません。

10分で仕上げる 鶏もも肉の蒸し焼き

10分で仕上げる 鶏もも肉の蒸し焼き,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2人分
鶏もも肉(骨つき) 2本
キャベツ 1/4玉
ミニトマト 10個
塩 小さじ1/2
コショウ 小さじ1/2

【作り方】
①キッチンペーパーを敷いたお皿に鶏肉を置き、両面に塩コショウをふる。(臭み取りと下味をつける意味があるので20分前にしておくと良い)
②鶏もも肉を1本ずつラップに包む。
③ラップしたお肉をレンジに入れて600w2分加熱する。
④レンジから取り出して、フライパンで強火で焼く。
⑤焼いている間は油がはねるので蓋をしておく。片方2分焼いたら、裏返してさらに2分焼く。さらに裏表を中火で焼く。
⑦キャベツは千切りにしておき、トマトと一緒に盛り付けたら完成!

【ポイント】
骨つき肉からお肉をかじり取る経験は、そしゃく力を付けるうえでとても大切です。小さいお子さんは食べにくいようなら、骨のない鶏肉を使われても良いですね。コショウの使い過ぎには注意しましょう。キャベツはカットキャベツでも。

簡単10分☆牛肉の甘辛煮丼

簡単10分☆牛肉の甘辛煮丼,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2人分
牛肉切り落とし 100g
しょうが(千切り) 1片分
酒 大さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1 
卵 2個
寄せ鍋のつゆ(4倍希釈)小さじ2
ネギ(小口切り)2本分
ごま油 適量
ごはん 1合

【作り方】
①ごま油をひいたフライパンでしょうがを炒める。
②牛肉と酒、醤油、砂糖を加えて煮詰める。
③卵は溶いて、寄せ鍋つゆを加えて混ぜる。
④ごま油をひたフライパンに入れて菜箸で手早く混ぜる。
⑤ごはんを盛り、牛肉と卵をのせ、ネギちらして完成!

【ポイント】
甘辛い牛肉と卵を使った丼はおいしくて食べやすいので子どもも大好きな一品。子どもはそのまま、大人はアクセントに紅ショウガや七味を加えて食べてみても良いですね。

魚を使った10分レシピ

10分で出来る☆基本の煮魚(赤魚)

10分で出来る☆基本の煮魚(赤魚),時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】3人分
赤魚 3切れ
しょうが 3切れ
水 200cc
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2

【作り方】
①魚の皮目に切れ込みを入れる。
②魚が重ならないくらいの大きさの鍋かフライパンにしょうが、水、酒、みりん、砂糖を煮立たせ、魚を入れて2分程度煮る。
③2分経ったら、醤油を入れて落とし蓋をして中火で5分煮る。煮汁がなくなりそうになったら弱火にする。
④火を止めて、魚を皿に盛りつける。鍋に残った煮汁をトロミが出るまで煮詰めて、盛り付けた魚の上にかけて出来上がり!

【ポイント】
赤魚は火の通りも早く、身離れも良いので子どもにとって食べやすい魚の一つです。しょうがはチューブのものを使うのも良いですよ。

簡単!10分で出来ちゃうアクアパッツァ

簡単!10分で出来ちゃうアクアパッツァ,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2~3人分
白身魚(タイ、タラなど) 2、3切れ
貝類(アサリ、ハマグリなど) 200g
トマト 7~10個
にんにく 1片
オリーブオイル 適量
白ワイン 大さじ2
水 1/2カップ
コンソメ 小さじ1
塩コショウ 適量

【作り方】
①魚の切り身に塩コショウをしてしばらく置く。
②深めのフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、魚を焼く。
③貝類、トマトを入れる。
④白ワイン、水、コンソメを入れ蓋をして弱火で煮込む。
⑤貝類の口が空いたら、スープの味見をしてコンソメや塩コショウで味を調節する。

【ポイント】
切り身の魚を使うことで、子どもも食べやすくなります。ワインが入っていますが、加熱することでアルコール成分は飛んでしまうので心配いりませんね。クタクタになったトマトがとてもおいしいイタリア料理です。

10分で..皮カリッ ムニエル

10分で..皮カリッ ムニエル,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2人分
白身魚の切り身 2~4切れ
塩コショウ 小さじ1
小麦粉 大さじ1.5
オリーブオイル 大さじ2
バター 5~10g

【作り方】
①魚の切り身に塩コショウをし、小麦粉をまぶす。
②オリーブオイルとバターを入れたフライパンに魚の皮目を下にして並べて中火で焼く。
③皮をパリっとさせるために、小さめの蓋や落とし蓋をのせたまま4~6分焼き、火が通ったところで裏返して1分焼いたら完成!

【ポイント】
小麦粉をまぶして焼くことで、普段とは違う香ばしい魚に変身します。お刺身が苦手な子どももムニエルにすると魚をおいしく食べることができますよ!

野菜を使った10分レシピ

10分加熱で煮崩れなし☆フライパンでかぼちゃの煮物

10分加熱で煮崩れなし☆フライパンでかぼちゃの煮物,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】3~4人分
かぼちゃ 1個
水 500ml
酒 大さじ2
醤油 大さじ1
みりん 大さじ2
顆粒だし 大さじ1

【作り方】
①かぼちゃの皮を、ところどころ剥いて、食べやすい大きさに切る。(包丁が難しい場合は、ピーラーなどを使う)
②切ったかぼちゃは、フライパンに重ならないように皮面を下にして並べる。
③水、酒、しょうゆ、みりん、顆粒だしを入れ10分煮る。
④沸騰したら火を中火にしてアルミホイルで落とし蓋をしてさらに煮る。
⑤5分くらい煮たところで、中を確認して火加減を調節する。10分程度加熱して火が通っていたら完成!

【ポイント】
皮を下にしたまま、落とし蓋をして煮ることで火の通りが早くなります。あまり煮詰めすぎると辛くなるので、火加減に注意しましょう。

10分で完成★さっぱりサラダうどん

10分で完成★さっぱりサラダうどん,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】2~3人分
冷凍うどん・ゆでうどん 2~3袋
カット野菜 1袋
ミニトマト 8個
だし   200cc
酢 80cc
醤油 80cc
みりん 40cc
しょうがすりおろし 小さじ1
ごま油 小さじ1
いりごま 小さじ1
削り節 適量

【作り方】
①だし、酢、しょうゆ、みりん、しょうが、ごま油を鍋にいれて一煮立ちさせて火をとめる。
②うどんは、冷たいうどんとして食べるという表示の通りに湯がいて、冷水でしっかり洗ってぬめりをとる。
③ミニトマトは半分に切っておく。
④カット野菜はさっと洗って水切りしておく。
⑤うどんの水をしっかり切り、皿に盛りつける。
⑥うどんの上に、カット野菜、ミニトマトを盛り付けて上からつゆをかけ、削り節をトッピングして完成!

【ポイント】
つゆは、めんつゆを使うともっと時短になりますよ。また、子どもが大好きな天かすやツナをトッピングに加えると旨味が出て、さらに食べやすくなります。

10分で..油使わず野菜炒め風蒸し焼き野菜

10分で..油使わず野菜炒め風蒸し焼き野菜,時短レシピ,主食,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】4人分
もやし 1袋
キャベツの葉 3枚
にんじん千切り 大さじ1
青菜(ほうれん草、春菊など) 1本分
塩コショウ 小さじ1/2

【作り方】
①キャベツは食べやすい大きさに切っておき、フライパンに野菜を入れ蓋をして中火で2分加熱する。
②蓋を取り、塩コショウをして全体を混ぜ合わせると完成!

【ポイント】
蒸し焼きにすることで油を使わずにヘルシーな野菜炒めが出来上がります。皿洗いも簡単に。ソースやゴマドレッシングをかけてもおいしくいただけます。キャベツは手でちぎることもできるので、お子さんに手伝いをお願いしても良いですね

まとめ

育児に仕事に毎日忙しくてご飯作りにまで手が回らない、でも惣菜ばかりは心苦しいし、カレーやどんぶりものばかりも飽きてくる。そんなときはこの簡単10分レシピを試してみませんか?

電子レンジやフライパンに蓋をするなど、ちょっとした工夫やコツで大幅に時間を短縮して食事の準備をすることができます。

子どもも旦那さんも待たせることなく、お肉、魚、野菜といろいろな種類の食事をパパッと作ることができます。おいしくて栄養もばっちりですよ!(監修:栄養士)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード