Q.やってよかった節電対策のうち、最もやってよかった方法は?以下の質問についてもお答えください!

・具体的な対策方法
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・どのような点がやってよかったと思ったか

A.やってよかった「節電対策」は、「エアコンの節電」が40%!

節電対策グラフ,節電,

コズレ会員のみなさんに「やってよかった節電対策」についてアンケートを行った結果、

・1位:エアコンの節電(40%)
・2位:照明の節電(23%)
・3位:待機電力の節電(11%)
・4位:暖房器具の節電・お得な電力会社に加入する(各7%)
・6位:冷蔵庫の節電・テレビの節電(各3%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=62)

A.やってよかった「節電対策」は、エアコンの節電!

匿名さん

昼間はエアコンは付けずに扇風機で我慢してました。寝る前になったらエアコンつけてました。生まれてからは毎日ずっと付けているので、電気代が高いです。最近は昼間涼しくなってるので、たまにけしてます。これでもだいぶ電気代が変わります。

匿名さん

今までは何も気にせず、ずっとエアコンを付けっ放しにして過ごしていたけど、子どもを妊娠してから、体を冷やさないようにするのにプラス、少しでも子どもの為に、これからのためにお金が必要になるので、貯めるとともに節約しようと思った。

匿名さん

ちょうど引っ越しをしたのですが、引っ越し先のアパートが2DKで広めなのに、ドアを開けていればダイニングのエアコン一台で家全体を冷やすことができて、今年の夏はかなり節約できました。

他にも、使っていないコンセプトはこまめに抜く、ガスも元栓を閉める、使っていない部屋の電気を消す、など地味ですが続けています。

匿名さん

でかけて帰ってくる頃にエアコンのタイマーで設定するようにして、家着く頃には涼しくしてます!ほんの少しでかけてすぐ帰ってくる時も、エアコンをつけたままでかけてます。節電を心がけてはないけど、なるべくこれから心がけます。

みぃ0913さん

エアコンは夏場や冬場フル活動するときは、電源は落とさず、春・秋と全く使わない時にコンセント自体を抜いておくと、少しですが節電になります。また、暑い時は支援センター等お金がかからない場所に行き、子どもを遊ばせつつ家でクーラー使わないようにしてました。

匿名さん

こまめに付けたり消したりすると逆に電気代が上がるので、基本付けっ放しにすることでだいぶ節約になる!産休でちょくちょく出かけてた頃は10000円超えたけど、子どもと2人だと、出かけてもそんな長い時間いないから、付けっ放しにして7000円程度で済んだ!

匿名さん

今年新築の家に引っ越しました。エアコンはダイキンの8キロで、大型のものを買いました。AI快適自動の設定にし、温度調節をうまくしてもらえるように設定しました。夏は風通りがよかったので、できるだけ窓を開けて過ごしました。

あやちょん1108さん

使わない時期は待機電力も電気代を使うときいていたので、コンセントを抜くようにしている。夏も冬も冷房や暖房をつけず、エコ自動にする。夏はあつくても温度をさげすぎない。体にも悪いので25度以上に温度設定をしている。

匿名さん

極力衣類のみで調節する。家にいない時間はエアコンを付けない。冬はエアコンをつけても、温度設定で20度程度にする。洗濯物を部屋に干して加湿をする。なるべく早めに寝るようにして、エアコンや電気の使用時間を短くする。

匿名さん

部屋が暑い時は温度を下げるのでは無く、風量を上げて調節し、スイングにする。窓をあけて過ごせる程度の風が入ってくるような日は、極力エアコンを使わずに網戸にして風を通して、半日以上付けない時間を作ったりして節電をしていた。

せんと6336さん

エアコンはなるべく、去年購入した節電タイプのものを使うようにした(寝室にあり)。リビングには扇風機で空気を循環させるようにして、エアコン二台使いにならないようにした。また、電源は基本的にいれっぱなし。

あとは、電力会社のプランで夜間と休日にまとめて洗濯などをするようにしたところ、電気代がおさえられた。

匿名さん

温度設定を夏なら28度位。つけたり消したりはあまりしないようにすること。

冬場は乾燥もあるので、タイマーをつけて寝る。湯冷めしないように体を温めたり腹巻きなどをして寝る。電化製品に頼り過ぎず、食べ物や普段からの基礎代謝を上げて、基礎体温が低くなり過ぎないように健康管理も少し意識する。

匿名さん

日中は気温が高い為、エアコンはつけっぱなしの方が節電になる。夜は日中より気温が低くなるため、エアコンはこまめに電源のオンオフをする方が節電になる。扇風機を使い冷気を早く部屋中に行き渡せることができる。

匿名さん

日中1人でいるときは基本的にエアコンはつけずに、扇風機とアイスノンで過ごす。そして家族が帰ってきたらエアコンをつけて、なるべく寝るまでの時間は家族みんなが同じ部屋にいることで、エアコン代を節約する。

そして寝る1時間から30分前にはリビングのエアコンは消して、寝室のエアコンをつける。

匿名さん

夏場は汗をかいた後にこどもがお昼寝をするとき、体が冷えるからと思い、つけたり消したり何度もしていましたが、こどもの体調に合わせて温度調節をするようになってからは、常につけたままの状態で使うことが、逆に節電にも繋がっていました。

一度部屋が暑くなってしまうと、冷やすのに電力がとてもかかっていましたが、それをやめたことによって節電へと繋がりました。

匿名さん

なるべく窓を開け扇風機を使用して、風が通りやすくする。扇風機や暑くても28℃か27℃設定にして、それ以上下げない。つける時間を決めておき(タイマーをつけるなど)、多く使用しない。それでも暑い時は扇風機を使う。使わない時はコンセントから抜くようにする。

匿名さん

リビング用と寝室用の2台あります。リビング用は、昼暑い時はカーテンで日差しを遮ることと、設定温度は下げず、なるべく風量を強くして涼しくなるようにしています。

寝室用は温度を高めに設定し、途中で切ったりつけたりを繰り返さないように気をつけています。スイッチを入れるときが一番電力を消費すると聞いたからです。

匿名さん

エアコンは基本的には、onからoffの作業が1番電力を消費すると聞きました。なので、28℃のエコ設定にしたままほんの少し留守にする場合でも、つけっぱなしで出かけます。

1ヶ月間、ほぼ朝から寝る前までつけたままを試してみたところ、こまめに付けて消してをしてきたよりも電気代が安く収まったのです。

とても驚いた結果でしたが、ポイントは室内温度が変わらないような工夫、たとえば2階へ行く階段部分は、カーテンや布を垂らしてエアコンの気流が逃げないようにするなど、少しの手間を継続することで一定温度が保てて、エアコン自体の無駄な働きを抑えられます。

皆さんも一度試してみてください。

Lethuy1502さん

エアコンの節電について、みんなさんは気になるでしょう。一番節電対策は温度を変えることです。冷房の時は28度で、暖房の時は23度が一番適温だと思います。

温度だけではなく、湿度とのバランスを整えることが大切です。湿度を分かるため、100円ショップで売っている温湿度計を買うのをおすすめです。

匿名さん

赤ちゃんが生まれる前、産休に入ると家にいる時間が長くなり暑い時は、ずっとエアコンはつけっぱなしでした。特にリビングに居る時間が長いので、夜中は設定温度は夏は高めで、冬は低めでなるべく温度が変わらないようにしていました。

エアコンは電源を入れる時に電力消耗して電気代が上がると聞いていたので、つけたままにしていました。

匿名さん

元々古いエアコンを使っていて付けてから何時間もしないと、効きが悪かったりと性能もかなり悪かった。夏に引っ越しをした為、電気屋さんで増税前に思い切って少々高めのエアコンを購入。

子どもが産まれても直接肌に風を当てない・風邪も引きにくいエアコンらしく、電気代も節約できるそうで、一時的な金額は高くても買い替えてよかった!

あゆあゆちさん

除湿ができるエアコンがいいと思います。湿気の多い日は除湿が効きがいいとかんじます。室外機に日陰を作ってあげることも重要です。あとは、温度は26~28度でこまめに切るより、付けっ放しが節約になると思います。

匿名さん

エアコンはできるだけ使わないようにする。日立白くまくん。寝苦しい時はエアコンをタイマーにして扇風機にする。扇風機は山善の扇風機。また枕にアイスノン、冷感マットを敷いて寝たりしていた。アイスノンの名前も白くまくん。

エアコンの風邪は、アレルギー体質の私にはすぐに鼻炎になってしまうので、扇風機やアイスノンの方が体に優しく感じ、エアコンならではの体調不良も感じなかった。電気代の節約にもなるし、体にもいいし一石二鳥であった。

またエアコンするにしても、28度から30度で温度設定し、冷えすぎないように注意した。

匿名さん

エアコンは消費電力が高いから、基本28度くらいに設定して、すごい暑い日は25度くらいにするけど、2時間くらいで消すようにして、扇風機を有効活用した。寝るときは付けっ放しで寝ないで、タイマー1時間セットにした。

匿名さん

真夏に悪阻真っ最中で、ずっと家に引きこもっていたが、旦那が家に帰ってくる以外はエアコンは消していた。なるべく扇風機とタオルを冷やして、首に当てるなどして、節電していた。夜も28度で設定することを心がけていた。上手く扇風機と使用していた。

A.やってよかった「節電対策」は、照明の節電!

匿名さん

まだ生後3ヶ月なので、昼夜問わずに起きたり寝たりしますし、毎日夜中や朝方にミルクの時間がやってきます。それに夜中に泣いて起きて、全然寝てくれないことも。

そうなったとき夜中でも照明をつける羽目になるので、明るい朝や昼間はできるだけ電気をつけないようにしています!

716noSORA さん

普段よく使う電気をLEDに交換し、明るい時間のうちに家事などを済ませるようにしていました。 現在は引っ越して、全部がLEDなので、必要最低限の場所のみ、電気を付けて使用しています。明るさ調整ができる場所は、その都度明るさ調整しながら使用しています。

匿名さん

エアコン節約は、子どもが熱中症なったりすると怖くて1日中付けっぱなしでしたから、それ以外の使わない時は電気を消したり、できるだけ暗くなるまで電気を付けないなど節電しています!

あとは、使わないコンセントを抜いて置くだけでも節約になったので、やってよかったと思いました!

匿名さん

基本的に使ってない場所は付けないでいます。つけたりけしたりも良くないようで、消す前にまたすぐ来るかなと考え行動しています。すぐ来るようなら付けたまま、行かないなら消すなどしています。キッチンで料理する際は明かりを小さくし、行っています。

匿名さん

赤ちゃんが生まれてくると、おむつやミルクなどお金がかかることがたくさんあるので、少しでも節約になればと節電をしてました。使っていない部屋の電気はこまめに切り、洗濯機や充電器など使っていないときは、コンセントを抜いていました。

匿名さん

子どもが自分で動くようになってから、部屋以外の廊下やフリースペースを人感センサー付きのLEDライトに変更しました。

出来るだけ見ているように気をつけていても、家事の最中など目が行き届かないこともあり、室内といえども暗くて危険がある可能性が高いことと、電気が付いたことで移動したことにすぐに気付けるようになり、駆けつけることが出来る様になりました!

匿名さん

不必要な電気は消す。使わないスイッチ等のコンセントは抜くなど対策をしました。電気もなるべく使わないよう、夕飯の支度も明るい時になるべくしています。エアコンも自動にしたり、こまめにフィルターを掃除し節約していました。

匿名さん

朝はカーテンをあけて、夜までにはなるべく家事を早く終わらせて、電気を消して寝ていました。朝は明るいので太陽の光を浴びることもでき、リフレッシュできますし、気分転換にもなり、一石二鳥でした!照明の節電は、お昼まではカーテンを開けることだと思います。

ゆきのみさん

簡単なことになりますが、いちいちではあっても使用してない部屋の電気は即消すこと。また、引っ越してからLEDに変わったことも節電の一つ。夜には照明を暗くする癖をつけています。同じ部屋に家族がいれば、それだけ消費する電力は減ります。

エアコンは、少しの外出なら付けっ放しで行きます。もう一度部屋全体を温めなおす、冷やしなおす方が消費するみたいだから、そうしています。オール電化のため、冬場は手荒れ防止も含めてなるべく水で洗いものをします。

匿名さん

アパートですが、とっても日当たりの良い立地なので、朝はカーテンを開けて朝日を取り込み、電気は不要です。夕方くらいまで電気をつけないでも明るい日もあり、電気代の節約になっています。また、朝日を浴びると、生後3ヶ月の娘も、私たち夫婦も、目覚めがいいです♪

匿名さん

一般的な電球から全てLEDに変更。その後、電気の付けっ放しを改善する為に、廊下などは人間感知センサータイプの物に変更した。初期投資は確かに大きかったが、月々の電気代は安く抑えられるようになった為、今後に期待したい。

しぽぽjさん

普通の電気を付けてたけど、節電のためにシーリングライトにした!リモコン操作だから、授乳の時もわざわざスイッチまで動かなくていいから楽!あと、月々の電気代も抑えられてる。こんなに違うとは思いもしなかった!

匿名さん

LEDにしてから電気代がぐっとへりました。明るさの調整ができるものも最近多く出ているので、私も今それを使っていますが、電力も抑えられて目にも優しいし一石二鳥です。

冷蔵庫の開け閉めでの電気代も気になっているので、楽して簡単に節電できる方法を今調べているところです。

A.やってよかった「節電対策」は、待機電力の節電!

匿名さん

基本的には必要ない場所のコンセントは抜く、電源は切る。部屋を移動したらこまめに消す。部屋の電気は一個消して使う。テレビはつけっぱなしにしない。

エアコンをつける前は窓を開けて空気の入れ替えをして、使用時は扇風機との併用で設定温度は高めにする。

匿名さん

いつも繋げたまま置いておくのではなく、使う時だけ繋げるようにしています。それか1つ1つ電気を繋げたり消したりできる、延長コードを使ったりしています。繋げたままにしておくと火事の原因になることもあるので、安全性を考えた面でもいいと思います。

匿名さん

夏はエアコンや扇風機などを使用することが多く、電気代が心配だったので、簡単にできる待機電力の節電をしてました。

家電を使用するたびに、コンセントを入れて外すのは少し面倒でしたが、気持ちばかり電気代の節約になったので、おすすめです。

匿名さん

今では常識かもれませんが、10年前からコンセントはスイッチつきのものを使って、使っていない家電のコンセント部分は切るようにしていました。

また、出かけるときは主電源のブレーカーは落とすとよくないと聞いていたので、玄関周り以外のブレーカーを落としてから出かけるようにしていました。家に自分と子どもだけのときは、電気を使わない生活を心がけていました。

maimai24さん

妊娠中はずっと家にいて、どうしても電気代が高くなっていたので、テレビの電源を元から切ったり、使わない電化製品のプラグ抜いたりして過ごし、電気代が安くなった。

テレビも見ない時は消して過ごし、スマホアプリをしたり、スマホでAbemaTVを見たりして、電気代を節約した。

匿名さん

結婚する前はコンセントは差しっぱなしにしていることが多かったですが、今は使わない物はすぐ抜くようにしています。洗濯機や炊飯器、レンジなど。最初は面倒でしたが、なれると抜かないと気が済まなくなります。

匿名さん

極力使ってない電気は消すのは当たり前ですが、使っていない家電などのコンセントを極力抜くようにしています。また、コンセントの抜き差しがめんどくさいところは、スイッチでオンオフできるコンセントを使うようにしています。

A.やってよかった「節電対策」は、暖房器具の節電!

匿名さん

暖房は消した後もしばらくは暖かいので、出かける予定がある時はその時間の15~20分前に消して余熱で過ごしていました。出かける頃には寒くなっていますが、その頃には出かける準備をしてバタバタしてたりコートを着てたりしたので、特に寒いと感じたことはありませんでした。

A.やってよかった「節電対策」は、お得な電力会社に加入する!

匿名さん

大阪ガス電気のPプランにすることで、実際にAmazon primeの年会費が無料になりました!電気代と合わせるとお得になってます。契約の変更も割と簡単にできたので、めんどくさい私でもすぐにできました!もっとはやくやっておいたらよかったと後悔!

匿名さん

auでんきに切り替えたところ、真冬のエアコン代が2万円から1万5千円に下がりました。オイルヒーターと兼用しても、2万円以内に収めることができました。

auでんきにすると、電気代が安くなるほかにも、ポイントバックがたくさんもらえます。還元率も高いので、スマホの支払いに充てたり、auウォレットにチャージして買い物にも使えるので、節電と同時に節約ができてとてもお得です。

匿名さん

中部電力を使っていましたが、プランを見直すことによって、ガスとのセットで毎月1000円程浮かすことができました。

これから子どもが生まれることによって三人世帯になる為、生まれる前に段取りできてよかったなあと感じています。出産後に対応するのはイライラして難しいと思うので!

匿名さん

家計の見直しをはかり、携帯電話会社で電気契約をし、電気代と携帯代を節約。ついでにネット代も割引されたのでかなり節約になりました。ただ、対応エリアが違ったりなどのマイナーなトラブルがあるので、下準備や下調べは念入りに。

A.やってよかった「節電対策」は、冷蔵庫の節電!

匿名さん

冷蔵庫の中に音がなる機械を入れて節電していました!かわいくて値段もお手頃です!中に何が入っているか外に貼っておくことで、取り出すときにどこにあるか悩まずに取り出すことができました!節約を目的としていたので、お金をかけずにできる節電をしていました。

匿名さん

購入時に運転稼働の消費エネルギーを確認し、省エネ運転の物を購入する。そして常時稼働させている家電なので、常にエコモードで運転させる。

冷蔵庫の中身はパンパンにしてしまうと冷やすのにエネルギーがかかってしまうので、中央を空けるような配列で食品をおく。常に何があるか分かる状態で食品ロスも防げます。

A.やってよかった「節電対策」は、テレビの節電!

匿名さん

私は現在、産休に入りました。一日中お家にいる時間が増えますよね。ということは、電気、ガス、水道などの使用頻度が増えるのは当たり前です。

そこで、私が気をつけている事を紹介します。まず、日中はテレビはつけません。夕方、旦那さんが帰ってきてからつけるようにします。電気もよっぽど暗くなければつけません。

テレビを見なくても本を読んだり、お掃除をしたり、片付け、赤ちゃんのよだれかけ作り、ウォーキングをしています。そうする事を意識し、節電しています。

あかさかさかすさん

子どもにテレビは悪影響とよくインターネットの記事で見ますが、必要な時(料理中)以外は子どもにテレビを見せないよう心がけています。オール電化のため日中の電力が割高な為、あまりテレビをつけないようにしています。

その他の回答

匿名さん

オール電化なので深夜から朝方にかけて、日中より価格が安いのでその時間にできるだけ洗濯などをしています!ベビが産まれたらできないとは思いますが、まだ妊婦なのでお風呂もその時間に入れたら入ってます!些細なことですが気持ちの問題ですかね?(笑)。

匿名さん

家を建てる時にソーラーパネルを設置し、発電した電気を売って収入を得ている。作られた電気は日中は使用し、残りは売っているため、夜はなるべく節電するように心がけている。電気の使う家事などは、発電している日中に終わらすようにしている。

匿名さん

Wi-fiを一日中付けっ放しにするのと外出、深夜だけでも消すのとは電気代が違ってきます。いちいちコンセントを抜き差しするのも面倒なので、ボタン一つON-OFFできるコンセントを買うと、少しですが時短になりストレスフリーになりました。

匿名さん

私の家では、洗濯機の節電をしています。Panasonicのキューブルという洗濯機を使用しています。夜中の深夜料金で洗いとすすぎをし、脱水はせずに注水の状態にしておきます。朝までその状態にし、朝脱水だけします。そうすると、節約にもなり忙しい朝の時間の節約にもなります。

乾燥機もキューブルはついているのですが、乾燥は時間が凄く時間がかかるので尚更、深夜料金の安い時間にやるのが私の節約術です!

匿名さん

暖かいラグを敷いて、ブランケットはお気に入りのふかふかにする。色は暖色系。お天気のいい日は天日干ししてあたためておく。換気をして、たまに空気の入れ替えをすると、あたたかく感じる。加湿を心がけて、暖かい下着を着る。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード