蕁麻疹とは

特発性蕁麻疹

かゆい女の子,蕁麻疹,子ども,

原因のはっきりとしない蕁麻疹を特発性蕁麻疹と言います。蕁麻疹の約7割以上を、この特発性蕁麻疹が占めており、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹とがあります。一過性のものを急性蕁麻疹と言い、治療をすると1ヶ月以内に治ります。

1ヶ月以上たっても蕁麻疹が治らなかったり、繰り返しできたりするものを慢性蕁麻疹と言い、治療には数ヶ月かかります。慢性蕁麻疹になってしまう原因はまだ解明されていません。

この記事に関連するリンクはこちら

アレルギー性蕁麻疹

特定のアレルゲンに触れたり、体内に取り入れたりすることで蕁麻疹が起こります。主なアレルゲンには、食べ物、薬品、植物、虫などがあり、どれがアレルゲンとなるかは個人によって違います。

食べ物、薬で起こったアレルギー性蕁麻疹は、他の蕁麻疹に比べて症状が重くなることも。アレルゲンを除去することで、蕁麻疹を防ぐことができます。

アレルゲンとなることの多い食べ物には、卵、牛乳、蟹、エビ、ソバ、小麦などがあります。虫には、蜂、ダニなどがあります。

その他の蕁麻疹

上記の代表的な蕁麻疹以外にも、以下のような蕁麻疹もあります。

・日光に当たるとできる、日光蕁麻疹

・体が温まることでできる、温熱蕁麻疹

・急にプールに入って体を冷やす、冷たい物をたくさん摂取することでできる、寒冷蕁麻疹

・皮膚をひっかいたり圧迫したりするとできる、機械性蕁麻疹

・発汗するとできる、コリン性蕁麻疹

・特定の物質に触れるとできる、接触蕁麻疹

・非ステロイド性抗炎症薬でできる、アスピリン蕁麻疹

その他に蕁麻疹に関連した疾患として、以下のようなものがあります。

・顔や目の周りの粘膜や皮膚深部に浮腫が起こる、血管性浮腫

・蕁麻疹に似た皮疹が消えた後に色素沈着する、蕁麻疹様血管炎

この記事に関連するリンクはこちら

症状|ボコボコした皮疹とかゆみ

主な症状

かゆみ,蕁麻疹,子ども,

突然、皮膚が赤く膨らみます。形は小さな斑点状のものから、斑点状が連なって大きくなったものまで様々です。大きい物だと、大人の手のひら大になるものも。

この症状は数時間から半日で消えるものが多く、長くとも1日以内に消えるものがほとんどです。消えた後には何の痕跡も残しません。

消えたと思ったら、他の場所にできているということもあります。かゆみを伴うことも多いです。見た目が虫刺されに似ていることもあります。

蕁麻疹ができる場所も様々で体の皮膚、口の中、のどなどいろんな場所にできます。体の一部だけにできることもあれば、全身にできることもあります。

原因|食べ物やストレスが原因なことも

原因

離乳食,蕁麻疹,子ども,

原因としては、以下のように様々なものが考えられます。

・食べ物や薬などのアレルギーによるもの
・虫刺され
・植物によるかぶれ
・圧迫やこすれなどの皮膚の刺激
・汗
・日光の照射
・室温やプールなどによる急激な温度差
・皮膚の乾燥によるバリア機能低下
・体力、免疫力の低下
・疲労
・ストレス

これらの原因は一つだけではなく、いろんな原因が合わさって蕁麻疹が発症することもあります。また、蕁麻疹のうち約7割は原因がはっきりとしないと言われています。

体験談:卵に反応し症状が出た

minmi6462さんからの体験談:
食後1時間で腹部、背中を中心にまだら模様の蕁麻疹ができ、発熱などはないものの、痒みを伴う状態でしばらく様子を見ていると5~6時間で症状は軽快しました。

数日後にも食後1時間で同様の症状が出現し、食事内容から卵が原因の可能性が高いと考え、病院を受診しました。

体験談:草木や花粉に反応

やまもりさんさんからの体験談:
軽いかゆみから始まり、掻いていると蚊に刺されたようなポツポツが手足に広がりました。しばらくすると消えましたが、何日か連続で出ました。

学校のプールに入ったあとや、草木の多い公園に行ったあとに蕁麻疹が出ていたので、それらが原因しているのかなと思います。

治療法|数時間経っても治らない場合は病院へ!

病院に行く目安

病院,蕁麻疹,子ども,

蕁麻疹は早ければ数時間で治るので、病院に行こうかと思ったら治ってしまったということもあります。しばらく様子をみて、1時間しても治らない場合には皮膚科の受診をおすすめします。

蕁麻疹の範囲が広く症状がひどい場合や、かゆみが強い場合は早めに受診してください。すぐに治るものの、出たり消えたりして繰り返し起こる場合にも受診した方がいいでしょう。

蕁麻疹に加えて、息苦しさ、吐き気、腹痛、立ちくらみ、顔面蒼白、呼吸困難、意識障害などの症状がある場合には、アナフィラキシーショックを起こしている場合があるので、すぐに救急車を呼んでください。

検査方法

蕁麻疹は発症してもすぐに治るため、あえて検査しないことがほとんどです。何度も繰り返したり、慢性化してしまったりする場合に検査をすることが多いようです。

検査では、何が蕁麻疹の原因となっているかを調べます。アレルギー性のものには、血液検査や皮膚検査などのアレルギー検査を行います。

薬が原因と思われるものには、その薬をごく少量摂取して検査を行います。その他のものには原因と考えられる事柄を試し、反応を検査します。

治療法

アレルギーに効果のある、アレグラ、アレロック、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬の内服治療を行います。抗ヒスタミン薬の塗り薬はあまり効果が出ないので、内服が中心になります。

かゆみが強い場合や症状がひどい場合には、リンデロンなどのステロイドの塗り薬を使用することもあります。

ホームケア

かきこわさないように注意

ミトンをする赤ちゃん,蕁麻疹,子ども,

蕁麻疹をかいてしまうと蕁麻疹の範囲が広がったり、蕁麻疹が治った後にみみず腫れのような掻き後が残ってしまったりすることがあります。できるだけ掻かないようにしましょう。

小さいうちはどうしても掻いてしまうので、爪を短くしてミトンを使用するのもおすすめです。かゆみを忘れられるように、お気に入りの玩具や遊びなどで気をそらせてあげましょう。

血行が良くなるとかゆみが増してしまうので、体を動かす遊びは避け、読書やテレビ鑑賞など静かに楽しめるものがいですよ。

原因を除去する

原因が特定されている場合には、その原因であるものを除去することが大切です。

蕁麻疹ができた時に食べたものや過ごし方などをチェックしておくと、繰り返し蕁麻疹ができた場合に比較して原因を特定するのに役立ちますよ。

保育園、幼稚園、学校は?

蕁麻疹が出ているからといって休む必要はありませんが、できるだけ安静にしてゆっくりと過ごす方がいいでしょう。

疲労やストレスからも蕁麻疹が出てしまうので、子どもの様子をよく観察してリラックスさせてあげるようにしてください。

まとめ

蕁麻疹についてご紹介させていただきました。蕁麻疹ができた場合には、子どもの様子をしっかりと観察して対処してあげてくださいね。

一度蕁麻疹ができた時のことを覚えておくと、次回できた時に役立つかもしれませんよ。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。