ゼリーはいつからOK?冷凍保存はできる?

片栗粉を使ったゼリー|初期から

離乳食,離乳食 ,ゼリー,

片栗粉は主にじゃがいもから作られるでんぷんの粉です。片栗粉はアレルギーの心配が比較的少なく、とろみをつけると赤ちゃんも食べやすいので、離乳食初期からよく使われる食材です。片栗粉を使って作るゼリーは、気軽に赤ちゃん用に少量から作れて、とても便利です。

ゼラチンを使ったゼリー|後期から

ゼラチンの原料は動物性たんぱく質です。一般的なゼラチンは、牛や豚などのコラーゲンを加熱して作られています。原料は動物性なので、消化機能が整っていない初期の離乳食では使えません。

使えるようになるのは、離乳食後期からです。ゼラチンは常温で溶け始めるので、冷蔵庫から取り出したら早めに食べましょう。

寒天を使ったゼリー|後期から

寒天は、テングサやオゴノリといった海藻からできています。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分や食物繊維が豊富なので、便秘ぎみの時などにもおすすめです。

一度固まれば、常温でも溶けません。海藻からできている植物性ですが、食物繊維が多いため消化機能が整ってくる離乳食後期から食べさせましょう。

アガーを使ったゼリー|後期から

アガーは、カラギーナンという海藻の抽出物や、ローカストビーンガムというマメ科の種子の抽出物などを混合したゲル化剤からできており、寒天と同じく常温で固まる性質をもっています。

プルンとしていて食感はゼラチンに近いですが、ゼラチンや寒天に比べて透明感があるので、一緒に使う食材の色を料理に生かすことができます。こちらも離乳食後期から食べさせるようにしましょう。

冷凍保存できるのは?

寒天やアガーで作ったゼリーは、冷凍保存が可能です。少し多めに作って冷凍しておくと、夏の時期は重宝します。ゼラチン、寒天などは、溶かす際に電子レンジ調理が可能ですので、手軽にできてとても便利ですね。

ゼリーをあげる時の注意点は?

アレルギーに注意を

離乳食を食べている赤ちゃん,離乳食 ,ゼリー,

どんな食品もアレルギーを引き起こす可能性があります。初めて食べさせる時には、様子を見ながら少しずつ与えましょう。

特にゼラチンは、食品衛生法における原材料表示すべき特定原材料等の中で、「可能な限り表示することが推奨された20品目」のひとつになっています。

初めての食材を使う場合は、同時に複数与えるとどれがアレルゲンか特定しづらいので、ひとつずつ試すようにしましょう。また、何かあった際にはすぐ小児科に行けるよう、与えるなら午前中のほうが安心です。

食後、口の周りやおなかの調子など、いつもと違う様子が少しでもあれば、経過をよく観察し、受診した際に医師に伝えましょう。

細かくして食べやすくするなどの配慮を

ゼリーは口に入れても溶けにくく、自分の力で噛まないと細かくなりません。そのため誤ってそのまま飲み込んでしまう恐れがあります。窒息の危険があるので、食べている時には注意が必要です。また、固さや大きさを調整して食べさせましょう。

【離乳食初期】片栗粉を使ったゼリーのレシピ

とろとろオレンジゼリー

市販のジュースと片栗粉で簡単ゼリー

とろとろオレンジゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

初期から食べられる、片栗粉を使ったレシピです。電子レンジで簡単に作れるのでうれしいですね。片栗粉の量で固さを調節できるので、赤ちゃんの好みに合わせたとろとろ加減で作ってみてください。

【作り方】
1.マグカップにオレンジジュースを入れ、砂糖と片栗粉を加えてよく混ぜます。
2.500wのレンジで1分ほど温めます。
3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【離乳食後期】寒天やゼラチンを使ったゼリーのレシピ

【1】すりりんごの寒天ゼリー

すりおろしたリンゴをゼリーにアレンジ

すりりんごゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

食べやすいすりおろしりんごを、寒天で簡単デザートにアレンジしたゼリーです。いつもと違ったおやつに赤ちゃんも大興奮!親子で一緒に楽しめるデザートです。

【作り方】
1.水と粉寒天を弱火で煮溶かします。
2.1の火を止め、レモン果汁を加えたすりおろしりんごと砂糖を加えて混ぜます。
3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】牛乳みかんゼリー

ミルク味で食べやすい

牛乳ミカンゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

優しいミルクの味とみかんの食感がおいしいゼリーです。赤ちゃんの好きな他のフルーツでもアレンジできそうですね。

【作り方】
1.鍋に牛乳、砂糖、ゼラチンを入れて火にかけます。
2.ゼラチンをよく溶かし、器に入れて粗熱を取ります。
3.みかんを上に乗せ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】りんごとかかぼちゃのゼリー

素材の優しい甘さで

りんごかぼちゃゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

粉ミルクとゼラチンで作る栄養満点のゼリーです。りんごとかぼちゃの自然な甘さがおいしく、赤ちゃんもぱくぱく食が進むことでしょう。材料の下準備が必要ですが、後はミルクと一緒にブレンダーで攪拌し、冷やし固めれば出来上がりです。

【作り方】
1.かぼちゃをレンジで温めるか茹でて柔らかくし、熱いうちに潰します。
2.りんごをみじん切りにします。ゼラチンはお湯で溶かし、ミルクも作っておきます。
3.1と2をすべてブレンダーに入れて、攪拌します。
4.容器に入れ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】ミルクヨーグルトゼリー

甘さ控えめのさっぱりゼリー

ミルクヨーグルトゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

粉ミルクとヨーグルトで作る簡単ゼリーです。ヨーグルトだけで食べると口の周りがベトベトになりがちですが、ゼリーになっているのでとても食べやすいですね。

【作り方】
1.お湯で溶かした粉ミルクに、水でふやかしておいたゼラチンを加えよく溶かします。
2.なめらかにしたヨーグルトに1を加えて混ぜます。
3.容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】いちごの寒天ゼリー

見た目がかわいいのでイベントにも

いちご寒天ゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

いちごと粉寒天ですぐできる簡単ゼリーです。見た目もかわいく華やかなので、お誕生日などのイベント時に作っても良いですね。砂糖を加えれば大人向けのデザートにもなります。

【作り方】
1.いちごを食べやすい大きさに切り、容器に敷き詰めます。
2.水と粉寒天を鍋に入れて火にかけ、煮溶かします。
3.寒天をしっかり溶かしたら1に流し込み、冷まして固めれば完成です。

【6】にんじんゼリー

野菜嫌いな子どもにも

にんじんゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

すりおろしたにんじんに甘いりんごジュースを加えるので、にんじんが苦手な子どもでも食べやすくなります。ヘルシーでおいしいおやつです。

【作り方】
1.にんじんを柔らかくなるまで茹でます。
2.1にりんごジュースとメープルシロップを加え、ミキサーなどで攪拌します。
3.鍋に粉寒天と水を入れて煮溶かします。
4.2を裏ごしして3に加え、ひと煮たちしたらレモン汁を加えて混ぜます。
5.容器に流し入れ、冷やし固めれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】ヨーグルト入りのパンプキンゼリー

ハロウィンの特別なデザートにも

パンプキンヨーグルトゼリー,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

ヨーグルトでマイルドな味になり、ムースのような食感になります。ハロウィンの時などに作ると、おしゃれでおいしいデザートに子どもたちも喜びますね。

【作り方】
1.かぼちゃはレンジで加熱し、熱いうちにすり潰して裏ごしします。
2.1にヨーグルトと砂糖を加え混ぜ、さらに水を加えて混ぜます。お湯で溶かしたゼラチンも加えてよく混ぜます。
3.容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。
4.加熱したかぼちゃなどをトッピングして完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】離乳食☆バナナと野菜ジュースのゼリー

粉寒天でいつもの食材がおいしいゼリーに

離乳食☆バナナと野菜ジュースのゼリー レシピ・作り方,離乳食 ,ゼリー,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

食べやすいバナナに野菜ジュースを加えた、お手軽で栄養満点のデザートです。食欲のない時など、さっと作れるので覚えておくといいですね。

【作り方】
1.粉寒天をお湯で溶かしておきます。
2.1と野菜ジュースをよく混ぜます。
3.バナナを食べやすい大きさに切って器に入れ、2を流し込みます。
4.冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

ゼリーといえばヘルシーなおやつのイメージがありますが、野菜や果物をうまく使えば栄養満点で子どもも喜ぶメニューになりますね。また色もカラフルになるので、離乳食が華やかになります。色々と作ってゼリー作りをマスターしましょう。離乳食期が終わっても、手作りおやつとして長く活躍してくれそうです。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。